姫川亜弓のニュース

【極秘】誰も知らない「ガラスの仮面」の秘密11選 / 少女マンガ史に残る不朽の名作

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年09月21日06時00分

幻の演劇作品『紅天女』を巡り、平凡な少女・北島マヤと演劇界のサラブレッド・姫川亜弓が舞台上で闘い続ける成長物語。現在までに単行本の累計発行部数が5,000万部を突破した大ベストセラーです。 まだマヤと亜弓の決着はつかない 「ガラスの仮面」は1976年の連載スタートからいまだ未完のままの漫画です。連載はかろうじて続いていますが、近年その発表ペースは落ちる一方 [全文を読む]

新宿高島屋に限定オープン!「ガラスの仮面カフェ」

Walkerplus / 2016年01月19日19時05分

カフェメニューは美内氏監修のもと、北島マヤと姫川亜弓の性格にあわせてアレンジしたケーキセットを、吉祥寺のフランス料理の人気店・Cafe Crepusculeが提供する。また、カフェメニューを頼んだ人だけが知ることができる“サプライズ”も。 さらに、高島屋のバレンタイン企画「アムール・デュ・ショコラ」では、「ガラスの仮面」のオリジナルショコラも登場する。 [全文を読む]

ガラスの仮面、なりきりアイマスクキャンペーン第2弾が実施中

Entame Plex / 2015年11月09日13時10分

仮面部分に月影千草、北島マヤ、姫川亜弓、速水真澄の目を彩ったキャラクター気分が味わえる「カラー版 ガラスの仮面なりきりアイスチーム(抽選で40名/※いずれか1種類)」か、表現力豊かな月影千草、北島マヤ、姫川亜弓、速水真澄の4種がセットになった「カラー版 ガラスの仮面なりきりアイマスクセット(抽選で400名)」が、抽選で440名にプレゼントされる。 第1弾で [全文を読む]

死ぬまでに絶対“最終話”を読みたいマンガTOP5―あのギャグ漫画もランクイン!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月30日06時30分

2位:天才女優・北島マヤと姫川亜弓の戦いやいかに―『ガラスの仮面』1巻(美内すずえ/白泉社)なんと1976年から続いている長期連載作品『ガラスの仮面』が、2位にランクイン。演劇をテーマにした作品で、作中の名台詞「…おそろしい子!」は、CMや数々のマンガでパロディとして登場するくらい有名だろう。本作は、長期休載を何度か挟んでおり、単行本が出る頻度もややスロー [全文を読む]

【小西遼生インタビュー】リアル真澄さまに狂喜! 『ガラスの仮面』舞台化

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月20日12時10分

原作では北島マヤと姫川亜弓による「紅天女」を巡る戦いがまだまだ続くが、8月15日より舞台『ガラスの仮面』が東京・青山劇場で公演中だ。北島マヤを演じるのは実力派女優・貫地谷しほり。姫川亜弓役にマイコ、月影千草役に一路真輝といった豪華キャストが集結する。『ダ・ヴィンチ』9月号ではあの“真澄さま”を演じる俳優・小西遼生にインタビュー&紫の薔薇を抱えてのグラビアを [全文を読む]

“運命の相手”を探している貴女へ 私たちの恋愛がしんどいのはなぜですか?

ウートピ / 2017年08月26日14時00分

二村ヒトシさん(以下、二村):なるほど、というと今回取り上げた少女マンガで言ったら『ガラスの仮面』の姫川亜弓タイプが多いんじゃないかな。——姫川亜弓……。1997年に放送されたドラマ版では松本莉緒さん(当時は松本恵さん)が演じていましたね。美人でお金持ちで……。どういうことでしょうか?二村:亜弓は『ガラスの仮面』の主人公・北島マヤのライバルなんだけれど、じ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】まゆゆ、声優・湯浅かえでと『ガラスの仮面』観劇 元宝塚・春花きららを激励

TechinsightJapan / 2016年09月21日12時56分

美内すずえさんの人気漫画を原作にした舞台『ガラスの仮面』では北島マヤ役を貫地谷しほり、姫川亜弓役をマイコ、桜小路優役を関西ジャニーズJr.浜中文一が演じている。9月11日に大阪公演を終えて、16日より新橋演舞場で東京公演がスタートした。まゆゆは20日に『渡辺麻友(karaage_mayu)ツイッター』で「かえる氏と新橋演舞場にて舞台『ガラスの仮面』観劇。 [全文を読む]

「おそろしい子!裸でスマホを使うなんて」あのガラスの仮面とタイアップして話題のLEPLUS iPhone7の発売に合わせて第2段・第3弾CMが解禁!

PR TIMES / 2016年09月15日16時20分

その光景をみたライバルの姫川亜弓は嬉しくてしょうがない模様。しかし、実は壊れた携帯はマヤのものではなく亜弓のものであった。そう、これは最初から仕組まれたマヤの作戦であった。なんというマヤの仕返し。二人の因縁の対決はさらに泥沼化するのであった。[画像1: http://prtimes.jp/i/21271/2/resize/d21271-2-808737-1 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】貫地谷しほり、“新婚”マイコと透明感溢れる2ショット「ますます綺麗」

TechinsightJapan / 2016年09月05日10時30分

貫地谷は主人公の北島マヤを、マイコは北島のライバルである姫川亜弓役を熱演している。この日は2人の“先生”である月影千草を演じている一路真輝にお寿司をごちそうになったそうで、貫地谷は「本当に本当に美味しかったです!!!」「ご馳走様でした」と感謝のコメントを残していた。 舞台上では幻の“紅天女”役をめぐり熱いライバル関係を見せている2人だが、写真では和やかな笑 [全文を読む]

【恐ろしい子...!】月影先生も3頭身キャラに 新作ショートアニメ「3ねんDぐみガラスの仮面」が放送スタート!

AOLニュース / 2016年08月30日16時00分

各キャラクターを演じる声優はマヤ役に阿澄佳奈、姫川亜弓役に大久保瑠美、月影千草役に田中敦子、桜小路優役に梶裕貴、速水真澄役に小野大輔、など豪華な面々が名を連ねている。 主人公マヤを演じる阿澄氏は「光栄です!いろんな意味でみなさんの想像を超えた「ガラスの仮面」を楽しんでいただけるよう、全力でぶつかります!」と熱い意気込みを語った。 また、クールな速水役の小 [全文を読む]

アラサー女子なら読み返したいはず!懐かしの少女漫画トップ10

ANGIE / 2016年08月23日21時00分

平凡で何のとりえもない主人公・北島マヤが、天才演劇少女でサラブレッドの姫川亜弓と「紅天女」をめぐって競い合いながら、演劇の才能を開花させていく壮大な物語。 マヤが舞台「石の微笑」で人形を演じたり、「忘れられた荒野」では狼少女を演じたりと、「演劇って、奥が深い……」と思わせてくれる作品。昨今の、月並みなテレビドラマに飽きてきた......という人にオススメで [全文を読む]

ガラスの仮面、白目アイマスクや舞台チケットが当たる! ガラスの仮面検定キャンペーン実施中

Entame Plex / 2016年06月02日12時00分

プレゼントキャンペーンは、AとBの全2コース、両コースへの応募が可能となっており、Aコースは、「舞台『ガラスの仮面』東京9月公演ペアチケット(20組40名/応募は7月14日まで)」、Bコースは、月影千草、北島マヤ、姫川亜弓、速水真澄といったキャラクターが全員白目のホワイトアイマスク4種がセットになった「ガラスの仮面なりきりアイマスクセット(400名/応募 [全文を読む]

「あの感動の舞台をまた観れるとは」『ガラスの仮面』14年と同キャストで舞台化に喜びの声

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月25日17時30分

もうひとりの主人公にあたるライバル・姫川亜弓との戦い、大都芸能社長・速水真澄との恋模様などを展開しつつ、連載から40年が経つ今も人気を博している。残念ながら2012年に刊行された49巻で止まってしまっているが、2015年11月発売の『別冊 花とゆめ』に、作者・美内すずえの「50巻ただいま描いています」というイラストが掲載され、ファンを喜ばせた。【画像あり】 [全文を読む]

ブルセラ騒動で消えた『GTO』出演女優...中村愛美、復活ヌード披露で再浮上なるか

メンズサイゾー / 2015年01月21日18時30分

実写ドラマ版『ガラスの仮面』(テレビ朝日系)の完結編スペシャルでは、当時休業していた松本恵(現・松本莉緒=32)の代役として姫川亜弓役に抜擢された。「意地悪キャラを演じさせたら若手で右に出る者はいない」と絶賛され、大手事務所「研音」のホープとしてブレイクが約束されていた。 ところが、2001年~02年にかけて当時ゴシップ誌だった「BUBKA」(白夜書房/当 [全文を読む]

妻夫木聡の「真剣交際」はやっぱり主演ドラマ低迷のテコ入れ?

messy / 2014年08月12日17時00分

一方のマイコは8月15日から舞台「ガラスの仮面」に姫川亜弓役で出演予定だが、こちらもまだまだ席に余裕がありチケットが盛大に売れ残っているという。 [全文を読む]

貫地谷しほり、『ガラスの仮面』マヤ役を熱演 作者からお墨付きもらう

WEB女性自身 / 2014年07月29日19時00分

マヤの永遠のライバル、姫川亜弓を演じるマイコも「物語の世界にすっと入っていけるところがすごいです」と原作に劣らない熱い演技を称賛した。 『ガラスの仮面』は東京・青山劇場で来月15日から31日まで上演される。 [全文を読む]

貫地谷しほり演じる『ガラスの仮面』マヤに原作者も太鼓判!

WEB女性自身 / 2014年05月14日15時00分

累計5000万部を超える漫画『ガラスの仮面』は、地味で平凡な北島マヤ(貫地谷)と、お嬢さまの姫川亜弓(マイコ)が女優としてしのぎを削る物語。30年以上連載が続いており、今なお多くのファンを魅了している。 劇中では主人公・マヤを演じ、原作の大ファンだという貫地谷は「高校時代、オーディションにまったく受からなかったとき、すごく励まされて衝撃を受けた作品です」 [全文を読む]

『アメトーーク』の“『ガラスの仮面』芸人“が取り上げた“美内すずえイズム“とは?

おたぽる / 2014年01月24日14時00分

北島マヤに扮した光浦靖子をはじめ、それぞれ"マヤ扮するビアンカ"を鈴木砂羽、一ツ星学園演劇部部長を土田晃之、姫川亜弓を大久保佳代子、人形役を演じたマヤを、お笑いコンビ2丁拳銃・川谷修士の妻で放送作家の野々村友紀子、作中劇『たけくらべ』出演時の亜弓をケンドーコバヤシ、月影千草を前田健らがコスプレして出演した。 トークは、『ガラスの仮面』が連載開始から38年 [全文を読む]

美内すずえ 年賀状でライバルのマヤと亜弓が楽しげな姿描く

NEWSポストセブン / 2013年12月07日07時00分

「親しい編集部には一言添えるのですが“原稿が遅れてごめんなさい”“今年こそ頑張ります”と書いて“去年も同じことを書いたな”と後になって気づいたことも(笑い)」(美内さん) 物語中はライバル同士の北島マヤと姫川亜弓が、楽しげにほほ笑み合う場面は年賀状ならでは。 ※女性セブン2013年12月19日号 [全文を読む]

北斗の拳、ガラスの仮面…原作者公認パロディはココまできた!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年04月15日11時30分

実際、どのような内容かというと、まず『ガラスの仮面ですが』は、第1話でヒロインの北島マヤと姫川亜弓が暴走族に扮して「レディース紅天女」の総長の座をバイクで争うというもの。もちろん、師匠である月影千草も初代総長として登場する。演劇の世界における熱いストーリーが描かれる原作と比較すれば、真面目に紹介するのがバカバカしくなるほどその内容は著しくかけ離れているが [全文を読む]

フォーカス