柴田勝家のニュース

「嫁コレ」に『織田信奈の野望』の“柴田勝家”と『神様はじめました』の“巴衛”と『AMNESIA(アムネシア)』の“イッキ”を追加

@Press / 2013年03月08日15時15分

BIGLOBEプレスルームhttp://www.biglobe.co.jp/anime/2013/03/130308-1BIGLOBEは3月8日より、アニメやゲームキャラクターの録り下ろしボイスが聴けるカードコレクションアプリ「嫁コレ」(iPhone及びAndroid(TM)向け)(注1)に、アニメ『織田信奈の野望』の“柴田勝家”と、アニメ『神様はじめまし [全文を読む]

作家の柴田勝家氏「ワシは戦国メイド喫茶で構想を練ります」

NEWSポストセブン / 2015年05月06日16時00分

ハヤカワSFコンテスト大賞受賞作『ニルヤの島』(早川書房刊)でデビューした柴田勝家氏は、名前の通り戦国武将と歴史をこよなく愛する27歳の新人作家だ。保存修理工事が終わった姫路城が観光地として脚光を浴びているが、柴田氏からおすすめの城郭めぐりと戦国メイド喫茶の楽しみ方、武将にまつわる願いについてきいた。 * * *――今年は大天守の保存修理工事が終わった白鷺 [全文を読む]

高校に6年通った柴田勝家氏 「ヤバいヒゲ」と呼ばれていた

NEWSポストセブン / 2015年05月03日16時01分

バラエティ番組に出演したことで話題を集めた柴田勝家氏は、ペンネームの通り戦国武将好きで一人称は「ワシ」、ヒゲが立派な27歳の新人作家だ。現在は修士論文準備中の大学院生だが、高校に6年間通うなどしたため学生生活は20年に及ぶ。人より少し多い回数、新学期を迎えた経験がある柴田氏に、初対面の人との付き合い方、自己紹介などについてきいた。 * * *――新学期の季 [全文を読む]

「豊臣秀吉」はやっぱり妬まれる?部下の大出世が許せない人の割合は…

しらべぇ / 2016年12月06日10時00分

■出世頭・秀吉の苦悩たとえば、当初は秀吉の上司だった柴田勝家から見れば、秀吉はどのような存在に映ったのだろうか。「なぜあのような猿が、お館様に可愛がられるのか。猿めの小芝居ごとき、誰にだってできる!」。そう考えていたからこそ、勝家は常に秀吉と対立していた。自分より後発の人材を「新参者」と言って見下す者は現代社会にも散見されるが、要するに自分が追い抜かれるか [全文を読む]

T.M.Revolutionら出演、戦国BASARA「バサラ祭2015~冬の陣~」ライブ・ビューイング開催決定

okmusic UP's / 2015年01月09日20時00分

そして今回は、舞台「戦国BASARA4」より藤田玲(柴田勝家 役)、高橋光(風魔小太郎 役)の出演が追加決定している。ライブ・ビューイングおよびチケットなどの詳細については、情報サイト(http://liveviewing.jp/basara-matsuri/)をチェックしよう。--------------------------------------- [全文を読む]

戦国BASARA「バサラ祭2015~冬の陣~」ライブ・ビューング開催決定!

PR TIMES / 2015年01月09日18時41分

さらに今回は舞台「戦国BASARA4」より藤田玲(柴田勝家 役)、高橋光(風魔小太郎 役)の出演が追加決定!!豪華出演者によるスペシャルなイベントをリアルタイムで体感しよう!出演者【アーティスト】 T.M.Revolution【ゲーム『戦国BASARA4』】池田秀一(足利義輝 役)、中村悠一(島左近 役)、岡本信彦(柴田勝家 役)、三木眞一郎(後藤又兵衛 [全文を読む]

戦国武将ロマン『英傑の日本史』が カドカワ・ミニッツブックに登場

PR TIMES / 2013年10月10日09時38分

同時配信の『英傑の日本史 激闘織田軍団編 佐々成政・柴田勝家』では、豊臣秀吉・前田利家のライバルだった佐々成政と柴田勝家が優秀な武将であったにも関わらず“負け組”になってしまった当時の事情を解説します。『英傑の日本史 激闘織田軍団編 前田利家』 井沢元彦・著想定読了時間20分。希望小売価格100円。公式サイト:http://j.mp/1aRfTNh?adp [全文を読む]

人生二度目の落城でお市が自害を選んだ理由

NHKテキストビュー / 2017年01月25日08時00分

そして本能寺の変のあと、織田家の重臣・柴田勝家(しばた・かついえ)に嫁ぐも、勝家の居城・北庄(きたのしょう/北ノ庄)城が落城する際には、夫とともに自害する道を選びました。なぜ彼女は自らの命を絶ったのでしょうか。東京大学史料編纂所教授の本郷和人 (ほんごう・かずと)さんが考察します。* * *1583(天正11)年、柴田勝家は羽柴秀吉に居城・北庄城を落とされ [全文を読む]

お土地柄は人柄から。郷土愛の遺伝子が歴史上の偉人を生み出している

まぐまぐニュース! / 2016年09月14日00時50分

白駒さんの本では、柴田勝家とお市の方の夫婦愛が語られている。お市の方は、夫・浅井長政が織田信長に滅ぼされ、3人の子供と共に越前北の庄に居城を構える柴田勝家の許に嫁入りする。60代の勝家とは二回り以上も年が離れ、かつ家庭生活は1年足らずだったが、仲睦まじかったと言われている 勝家は、秀吉軍に攻められて最期を迎えるが、お市の方も運命を共にする。「きっと2人は [全文を読む]

真田丸『第19話』解説。なぜ天下人の秀吉に5つも城が必要だったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年05月15日13時00分

秀吉がもともと本拠にしていた長浜城は、清洲会議によって柴田勝家に割譲してしまったし、姫路城は織田軍の部将として対毛利戦線の作戦基地として使っていた城だ。信長死後の後継体制で主導権を保つために、敵に攻められても自力で持ちこたえられるような山城を、織田家勢力圏の中心に構えたかったのだ。 賤ヶ岳合戦で柴田勝家を滅ぼしたのち、新たな本拠として選んだのが大坂だった。 [全文を読む]

フォーカス