大沢啓二のニュース

男・川藤が侍ジャパン批判の張本に喝!「よくぞ言った」と称賛の声

しらべぇ / 2017年02月26日12時00分

小久保采配批判する張本に川藤「まだ始まったとこやないか、おっさんガタガタ言うなや!」wwwwよく言った会長!ちなみに張本が9歳年上ですw#サンデーモーニング #川藤幸三 #張本勲— 千葉虎ノフ(春の一大事参戦) (@kazunatumi) February 26, 2017川藤さん、よくぞ言った!侍ジャパンの現状にぐちゃぐちゃいう張本さんに、まだ始まったば [全文を読む]

【プロ野球】神ってるだけじゃない?流行語大賞に選ばれた野球用語…トラキチ、イチローも

デイリーニュースオンライン / 2016年12月06日16時45分

(肩書きは受賞当時) 1985年流行語部門・銀賞 「トラキチ」受賞者:松林豊(阪神タイガース私設応援団長) 1986年流行語部門・金賞 「新人類」受賞者:清原和博、工藤公康、渡辺久信(西武) 1987年特別賞部門・特別賞 「鉄人」受賞者:衣笠祥雄(広島) 1991年表現部門・金賞 「川崎劇場」受賞者:金田正一(元ロッテ監督) 1993年新語部門・銅賞 「 [全文を読む]

後世に残る名試合ばかり! プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「激闘!昭和編2」

週プレNEWS / 2016年10月26日11時00分

【1981 巨人vs日本ハム】 どっちもホームの後楽園対決 “親分”こと大沢啓二監督率いる日本ハムと、藤田元司体制となった巨人が激突。どちらも本拠地が後楽園球場のため、全試合同球場で行なわれたシリーズは、江川卓、西本聖、ホワイトらの活躍で、巨人がV9以来の王座奪還。 【1984 広島vs阪急】 三冠王ブーマーがまさかの不発 この年のパ・リーグ三冠王のブー [全文を読む]

【プロ野球】日本ハム最後の20勝投手”工藤幹夫伝説”を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年05月22日16時05分

それは、当時の日本ハム・大沢啓二監督の「骨折の工藤は投げるはずがない」という相手予想を踏まえた上での奇襲作戦だった。 結果的に、プレーオフ第1戦は黒星で奇襲失敗。工藤氏は期待に応えて6回終了まで無失点の好投を見せたが、後続ピッチャーが打たれてしまったのだ。 もっとも、奇襲はこれで終わらなかった。“大沢親分”はプレーオフ第3戦でも工藤氏を先発起用し、今度は完 [全文を読む]

蒼井優や長澤まさみ以上の人気!? 大沢あかね、カリスマモデル時代を振り返る

メンズサイゾー / 2016年02月12日17時00分

さらに、野球解説者の故・大沢啓二さんの孫でもあるため"2世・3世タレント"という顔も持っている。お笑い的な素養も十分ですから、今後もさまざまなタイプの番組で重宝されることでしょう。エピソードトークなども番組によって使いわけることができるので、視聴者に新鮮な印象を与えることができると思います」(ネットライター) 現在、第2子を妊娠中で8月初旬に出産予定の大沢 [全文を読む]

【プロ野球】清原・金本はランク外?球界の”ケンカ番長”は意外すぎるあの男だった!

デイリーニュースオンライン / 2016年01月05日07時30分

「プロ野球界の“真の番長”とは誰か」 質問前に想定していたのは大沢啓二氏(元日本ハム監督)、金田正一氏(元ロッテ監督)、清原和博氏(元巨人など)の3名だった。 大沢監督といえば「親分」の相性で親しまれており、番長の風格は十分。金田監督もハチャメチャなイメージがあり、番長のニオイを感じさせる。そして清原氏は文字通り「番長」のニックネームをもっていた選手だ。 [全文を読む]

女性蔑視や何様発言...極論を言わざるを得ない「サンデーモーニング」の空気と、張本勲の問題発言

tocana / 2015年12月03日08時00分

同番組の人気コーナー「週刊ご意見番」はかつて、張本と大沢啓二(通称:親分)のふたりが解説を務めていた。当時は張本よりも大沢の方が注目されていたように思う。サッカーの中村俊輔選手とプロ野球・日本ハムファイターズが大好きな大沢親分は、私情をがっつり挟みつつ「喝」と「あっぱれ」を使い分け、その好好爺っぷりがとても微笑ましかった。しかし2010年、大沢親分が荼毘 [全文を読む]

大沢あかね「シッタ―利用は理解できない」発言で好感度が大暴落

デイリーニュースオンライン / 2015年09月18日12時00分

「記念に撮ったっていいでしょ、芸能人の特権なの?」 「一般人を見下しているようで、イヤな感じ」 「個人で楽しむなら誰が何を撮ろうが勝手でしょ」 「妊婦写真なんて一般人でも芸能人でも見たくないよ!」 「この人、ママ代表みたいな顔するのやめてほしい」 最近は情報番組のコメンテーター業などもこなし、祖父・大沢啓二さんのような「ご意見番」的ポジションになることも [全文を読む]

プロ野球界を創った“荒ぶる男”たち「長島茂雄・江夏豊 他」

アサ芸プラス / 2015年08月21日09時56分

そりゃ王さんもあれだけのモノなら自信あるでしょう」 最後は日本ハム監督を退任して球団常務になった頃の大沢啓二の豪放現場を。「ある夕刊紙に『親分などと呼ばれているが、実際はケツの穴が小さい男だ』という記事を書かれて激怒し、その編集部にみずから電話をかけたんです。そして『おぅ、明日から(日本ハムを)取材しなくていいぜ!』と出入り禁止を宣告した」 慌てた夕刊紙は [全文を読む]

乱闘もなくなったプロ野球に江本孟紀が「今は仲良しグループ」

週プレNEWS / 2015年08月13日06時00分

―江本さんご自身が乱闘に巻き込まれた経験は? 江本 南海に移籍したばかりのロッテ戦で、試合開始早々にバッターに当てた時、ロッテの監督だった大沢啓二さんがすっ飛んできて「小僧、この野郎!」ってケンカになりました。 そしたら、兼任監督でキャッチャーだったノムさん(野村克也)が「おまえら、ケンカしにきたんちゃうぞ!」って後ろからきて収まりましたね。でもノムさん [全文を読む]

今こそ伝説の80年代パ・リーグを熱く語れ! こんな名言、あんな珍言…「国民栄誉賞もろうたら立ち小便もできない」?

週プレNEWS / 2014年12月21日11時00分

そんな杉浦の立教大学の先輩、日本ハム・大沢啓二監督は82年プレーオフで対戦する自然食推進派の広岡・西武に対し「草の葉っぱを食べているヤギさんチームに負けるわけがねぇだろ」とハ厶屋らしい挑発。 その大沢の愛弟子・江夏豊もハムから西武に移籍した84年、遠征先の朝食会場で通風持ちの広岡達朗監督と席を同じくし、「ねぇ監督、こんなもん食べて監督はなんで痛風なの?」 [全文を読む]

「庶民派」のはずが…大沢あかね、ベビーシッター事件の無神経コメントで炎上

メンズサイゾー / 2014年03月19日19時00分

だが、祖父は元プロ野球選手で日本ハムの監督や球団常務を歴任した大沢啓二氏であり、夫は人気芸人の劇団ひとり。芸能界の中で庶民派をきどってみても、一般との感覚にズレがあるのは否めないようだ。 確かに、ネットを通じて接触した素性のよく分からない人物に子どもを預ける行為は褒められたものではない。通常ならシッター企業と契約し、選別や教育を受けたベビーシッターを派遣し [全文を読む]

大沢親分 女性に下半身見せ逮捕元日ハム選手に“喝”入れた

NEWSポストセブン / 2013年05月29日16時00分

球団常務を務めていた親分こと大沢啓二氏が観戦に訪れることもあり、難波がノーヒットに終わると、「それでも四番か!」と“喝”を入れたエピソードもある。 現在の大谷翔平ほどとはいえないまでも、“ハムの希望の星”だったのだ。プロ入り1年目にして、規定打席に到達。打率1割9分4厘という数字を見れば、いかに首脳陣が辛抱強く使ったかがわかるだろう。 2年目の秋にも、芝 [全文を読む]

「ママタレ」の冠が重い!? 大沢あかねが育児ノイローゼ気味だった

サイゾーウーマン / 2012年07月25日13時00分

故・大沢啓二氏の孫であり、現在は「庶民派ママタレ」ともいわれる大沢あかねが、実は出産後の仕事復帰直後から家族について周囲に“ある”相談をしていたという。業界にも強い影響力を持つ神田うのの対抗馬として、同じく庶民派である藤本美貴、辻希美らのリーダーともいわれる大沢だが、いったい何が起こっていたのだろうか? 子役モデル時代を含めて9歳からタレント活動を行ってき [全文を読む]

フォーカス