佐伯貴弘のニュース

2016年12月に開催し大好評のプロ野球ファン交流トークイベント「みんなのプロ野球ファンミーティング」第4回開催決定!

PR TIMES / 2017年03月16日12時28分

今回のファンミーティングのゲストは佐伯貴弘さん。プロ実働19年、出場試合数1895試合、放った安打数は1597本。 佐伯貴弘という野球人の野球道を熱く語っていただきたいと思います。 株式会社ブースト(東京都世田谷区、代表取締役 内海周作)と株式会社ムードメーカーは、プロ野球ファン交流トークイベント「みんなのプロ野球ファンミーティング」を、2017年4月19 [全文を読む]

野球殿堂の候補者が発表!プレーヤー部門で4名、エキスパート部門で5名が新候補に

ベースボールキング / 2016年11月30日17時45分

プレーヤー表彰では前年までの候補者12名から新たに、通算228セーブをあげた小林雅英氏、日本とメジャーで活躍した田口壮氏、98年に38年ぶりの日本一に貢献した佐伯貴弘氏、最多セーブのタイトルを2度獲得した豊田清氏、4名が新たに候補として加わった。 エキスパート表彰では、前年までの9名の候補者から新井宏昌氏、郭源治氏、中畑清氏、原辰徳氏、山下大輔氏の5名が新 [全文を読む]

元中日・佐伯「野球続けたい…でも需要と供給の世界だから」

NEWSポストセブン / 2012年11月26日16時00分

ノンフィクションライターの柳川悠二氏が、元中日の佐伯貴弘のケースを紹介する。 * * * 佐伯貴弘(42・元中日)の目に、うっすら光るものがあった。 第2回12球団合同トライアウト(11月21日、千葉県鎌ヶ谷スタジアム)を終えて球場をあとにしようという時、大勢のファンが佐伯を取り囲み、自家用車までたどり着けないのだ。「1998年からのファンです。がんばって [全文を読む]

「野球殿堂」ってなんだ?

ベースボールキング / 2017年01月16日07時30分

【平成29年・競技者表彰候補者】▼ プレーヤー表彰赤星憲広 伊東 勤 川相昌弘 桑田真澄 斉藤和巳 佐々岡真司 佐藤義則 高津臣吾 立浪和義 野村謙二郎 松永浩美 タフィ・ローズ 小林雅英(☆) 佐伯貴弘(☆)田口 壮(☆) 豊田 清 (☆)▼ エキスパート表彰 大沢啓二 岡田彰布 権藤 博 田淵幸一 土橋正幸 長池徳士 平松政次 星野仙一 ランディ・バー [全文を読む]

落合博満「オリックス全権監督」の逆襲が始まった!(1)身の危険を感じて退任を申し入れ

アサ芸プラス / 2017年01月15日09時56分

あらためて説明するまでもないが、落合氏への逆風が吹き始めたのは、昨年8月に谷繁元信前監督(46)と佐伯貴弘前守備コーチ(46)を途中休養させた事件。チームは8カード連続で負け越して最下位に低迷、観客動員が激減していた。 そんな状況に業を煮やし、事実上の電撃解任を断行したのだが、それを白井文吾オーナー(88)に進言、裏で画策していたのが落合氏だったという事 [全文を読む]

中日低迷の原因は落合GMの補強失敗か 谷繁監督とも確執

NEWSポストセブン / 2016年10月04日16時00分

谷繁氏が専任監督となった今年は、シーズン半ばに監督と佐伯貴弘・守備コーチが休養に追い込まれ、ついに最下位に終わった。低迷の原因は、落合GMの補強失敗にあるとする声が少なくない。 「落合GMはいつも即戦力にこだわり、補強が社会人に偏重する傾向が強い。一昨年のドラフトでも、スカウト陣が有原航平(早大→日ハム)か山崎康晃(亜細亜大→横浜)をドラ1にとリストアップ [全文を読む]

西武ファン「来季の監督は秋山幸二でいいじゃないか」

NEWSポストセブン / 2016年09月09日07時00分

加えて、「週刊ポストが嫌いな名古屋のほうから横浜の人材(谷繁元信、佐伯貴弘・守備コーチ)が溢れてきそうですね。反省して戻ってくるなら、広い心で迎え入れてあげたい」と、中日の内紛劇を皮肉ることを忘れなかった。 優勝から一転、最下位危機に陥ったヤクルトのファンは、2年目の真中満監督に早くも三行半気味。 「うちは生え抜きが多いから、後継候補はたくさんいる。無理 [全文を読む]

「暗黒球団」に転落させた中日・落合博満GMの全悪行(1)独自理論のドラフト結果は…

アサ芸プラス / 2016年08月28日17時56分

中日・谷繁元信監督(46)は佐伯貴弘守備コーチ(46)とともに、西山和夫球団代表、佐々木崇夫球団社長に名古屋市内のホテルに呼び出され、「休養」を通告された。 兼任だった2年間が4位、5位。今年は専任となったが、この時点で8カード連続の負け越しで最下位に転落。観客動員にもかげりが見られたため、その責任を取らせた、事実上の「解任」だった。球団関係者が言う。「監 [全文を読む]

谷繁監督休養でも勝てない中日「落合・白井降ろし」の予兆

NEWSポストセブン / 2016年08月23日07時00分

孤立して、最後は谷繁監督が連れてきた佐伯貴弘・守備コーチくらいしか話せる味方はいなかった」(球団関係者) 谷繁パージ後の球団内には火種が残った。親会社・中日新聞社の内部で、白井―落合ラインの専横に批判的な勢力が力を増しているのだ。同社関係者はこういう。 「社内に相当数の反オーナー派が存在するのは、紙面でわかる。中日新聞・中日スポーツが自社の代表取締役会長で [全文を読む]

中日、谷繁監督「解任」で歴史的暗黒時代に突入…勝手に選手解雇する落合GMの横暴

Business Journal / 2016年08月13日07時00分

8月9日、プロ野球の中日ドラゴンズは谷繁元信監督と佐伯貴弘守備コーチの休養を発表、森繁和ヘッドコーチが監督代行を務め、一部コーチ陣の配置転換が明らかになった。 谷繁監督は2014年から選手兼任監督を務め、今年から専任監督となっていたが、中日は借金15の最下位に沈んでおり、48年ぶりの8カード連続負け越しという記録的な低迷にあえいでいる(休養が発表された8月 [全文を読む]

フォーカス