越路吹雪のニュース

越路吹雪、生前の貴重なリサイタル映像「愛の讃歌」「ラストダンスは私に」「ろくでなし」をYouTubeにて初公式公開!

PR TIMES / 2012年06月18日19時57分

そんな中、日本を代表するシャンソン歌手の一人・越路吹雪の、生前録画されたリサイタル映像『華麗なる宵』(1981年VHSビデオカセットで発売)から、「愛の讃歌」「ラストダンスは私に」「ろくでなし」の3曲がYou Tubeに初めて公開されました。貴重な映像を是非ご堪能ください。なお、今回公開されたこの映像などが特典DVDとなっている「越路吹雪 華麗なる世界」も [全文を読む]

「宝塚」を彩ってきた歴代のスターの歌声を収録「宝塚卒業生<魅惑の歌声>」発売!

PR TIMES / 2014年04月04日17時12分

越路吹雪の歌声をはじめ、今回初めてCD化された15曲の中にはパリ公演の模様なども収録されています。 初CD化曲の他の楽曲には、深緑夏代が遺したわずか3曲のスタジオ録音の中から、日本グラモフォンの第1号レコードとなった昭和33年の「悲しみよこんにちは/パリの夜」という貴重なレコードの復刻や、寿美花代作詞・高島忠夫作曲という珍しい夫婦作品を自身で歌った寿美花 [全文を読む]

佐良直美語る「岩谷時子さんの“言葉へのこだわり”」

WEB女性自身 / 2013年11月07日07時00分

’50年代、越路吹雪が宝塚を退団して上京すると、岩谷さんも行動を共にした。東宝の文芸部に所属し、越路のマネージャーも兼ねていた当時、渡辺プロダクションの渡邊美佐さん、夫の故・晋さんと出会う。 岩谷さんは’08年の渡辺音楽文化フォーラムが主催する第1回渡辺晋賞特別賞を受賞したとき、こんなスピーチをしている。「関西から東京の東宝へ仕事を移りましたとき、東宝の建 [全文を読む]

池畑慎之介☆ 越路吹雪さんに捧ぐ舞台で「降霊させます」

WEB女性自身 / 2013年03月26日00時00分

同舞台は2部構成となっており、1部は還暦を迎えたピーターによる『ピーターズレヴュー』、2部は2人が敬愛する越路吹雪さん(享年・56)の歌とエピソードを披露する『越路吹雪トリビュート』という内容だ。意気込みを聞かれた池畑は「1部ではみなさん嫌でしょうけど、歌を歌ったり足を出して踊ったりします。還暦をむかえましたが、『まだ元気なんだぞ』というところを見せられた [全文を読む]

名曲2枚組2,000円の『EMIプレミアム・ツイン・ベスト』に新たにシャンソン、ブラスバンド、ジャズ、SLサウンドなどが登場!

PR TIMES / 2012年07月24日15時48分

今年が三十三回忌にあたる越路吹雪をはじめとする、日本を代表するシャンソン歌手の選りすぐりの名唱を収録しています。洋楽は、ジャズ、シャンソン、タンゴ、フラメンコ、ボサ・ノヴァからクラシック、フォルクローレ、ムード音楽まで、大人の音楽ファンの心をくすぐるラインナップ。今回は新たにディスコ、チェロ、西部劇テーマ曲などをラインナップ。EMIだからこそ可能な、充実の [全文を読む]

深く心を揺さぶられる、「生きる」を考えさせられる。偉人たちの最期の言葉

TABIZINE / 2016年02月20日07時30分

いっぱい恋をしたし、おいしいものを食べたし、歌もうたったし、もういいわ(越路吹雪) 「日本のシャンソンの女王」と称される越路吹雪。戦争、そして戦後と、激動の時代を大好きな歌と共に、駆け抜けるように生きた越路さんは、56歳という若さでこの世を去りました。 「あの時ああしていれば・・・」と最後に後悔するよりも、たった一言「やりたいことは全部やった、生きたいよ [全文を読む]

田中好子、越路吹雪、淡路恵子が人生の最期に遺した言葉とは

NEWSポストセブン / 2015年10月05日16時00分

越路吹雪さん(享年56) 「いっぱい恋をしたし、おいしいものを食べたし、歌も歌ったし、もういいわ」 戦中から戦後は宝塚男役スターとして活躍。1951年に退団した後は、歌手としてシャンソンを多くカバーし、「日本のシャンソンの女王」と呼ばれた。独身時代は恋多き女といわれ、作家・三島由紀夫の恋人として取り沙汰されたこともある。作曲家の内藤法美氏と結婚後は、内 [全文を読む]

浅利慶太氏が語る岩谷時子さん「すぐれた才能持った女神」

NEWSポストセブン / 2013年11月12日07時00分

「お時さん(岩谷さん)のほうから“お会いしたい”と言ってこられました」(浅利氏・以下「」内同) 岩谷さんは越路吹雪さん(享年56)と一緒で、越路さんが「浅利さんに舞台の演出をお願いしたい」と切り出した。話すのはもっぱら越路さんだったが、浅利氏に演出をゆだねたいというのは、先見の明ある名マネジャー岩谷さんの強い意志だった。 そのとき、浅利氏は、「わかりまし [全文を読む]

『第7回 和酒フェス in 中目黒』が7月22日に開催決定!夏こそ美味しい夏酒、スパークリング日本酒を楽しむ! ~全国から厳選41蔵、100種類以上の日本酒が集合!awa酒協会の8蔵が勢揃い!~

DreamNews / 2017年06月05日12時00分

主催:和酒フェス実行委員会 後援:観光庁(予定)【和酒フェス実行委員会】 『公式サイト』 http://sakefes.com/ 『Facebook』 https://www.facebook.com/washufes/ 『Twitter』 https://twitter.com/sakefes【和酒フェス参加予定酒蔵・銘柄】(全国より厳選41蔵、内新規1 [全文を読む]

大竹しのぶ 紅白で大反響の『愛の讃歌』を遂に配信開始へ

dwango.jp news / 2017年03月21日11時16分

日本語の歌唱としては、岩谷時子の日本語詞により越路吹雪が歌ったものが特に有名だが、数多くの別な訳詩も存在しており、美空ひばり、岸洋子、美輪明宏、近年では宇多田ヒカルなど様々な歌手が様々な訳詞で『愛の讃歌』を歌っている。 大竹しのぶ版の『愛の讃歌』は、舞台「ピアフ」の中で歌われたもので、作詞を松永祐子が担当。今回の日本語詞は、ピアフを演じた大竹しのぶ自身が、 [全文を読む]

『第6回 和酒フェス in 中目黒』が3月25日に開催決定!全国厳選30蔵以上、100種類以上の日本酒が中目黒に集結!目黒川の桜がほころぶ春、新酒、花見酒、吟醸酒を楽しむ!

DreamNews / 2017年01月24日14時30分

【和酒フェス参加予定酒蔵・銘柄】(全国より厳選30蔵以上、内新規9蔵)酒蔵ブース(20ブーズ)【陸奥八仙(むつはっせん)】八戸酒造・青森県 ☆【出羽鶴(でわつる)】 出羽鶴酒造・秋田県 ☆【花の井(はなのい)】西岡本店・茨城県 ☆【力士(りきし)】釜屋・埼玉県【伝衛門(でんえもん)】越後伝衛門・新潟県【宝山(たからやま)】宝山酒造・新潟県 ☆【白川郷(しら [全文を読む]

紅白本番中に司会に曲変更させられた橋幸夫、その真相を直撃

NEWSポストセブン / 2016年12月21日07時00分

そこでNHKは近くで年またぎの忘年・新年会をしていた越路吹雪に緊急オファー。越路は泥酔しながらも無事に“代打”を果たした。紅白ウオッチャーのコラムニスト・ペリー荻野氏が話す。 「新宿コマ劇場で行なわれた第9回(1958年)時には、裏番組で生放送が急増。売れっ子は紅白と掛け持ちだったため、出演者が到着せず、司会の黒柳徹子さんがトークで場をつないだりしていた。 [全文を読む]

紅白選考に苦言「なぜ視聴者が業界の理屈を呑む必要ある?」

NEWSポストセブン / 2016年12月14日16時00分

◆出場歌手全員が歌って踊った『ビギン・ザ・ビギン』 子供のころ、紅白の越路吹雪に目を奪われたのち、佐良直美に中村晃子、黛ジュン、天地真理を通って、中三トリオ。アイドル時代を経てバブルへ。「昔は」と言うのは、老人の始まりだそう。それでも言わずにいられないのは、かつての紅白の面白さよ。「うぉ~っ」と声をあげたことが何度もあったもの。 中でも1983年の紅白出 [全文を読む]

指原莉乃ディナーショー フット後藤がギターで『秋桜』コラボ

dwango.jp news / 2016年11月20日23時09分

ショータイム1曲目は、越路吹雪をはじめ、たくさんのアーティストがカバーしてきた楽曲『サン・トワ・マミー』で開演しました。指原は会場後方の扉から登場し「こんな冴えない私に、こんなにたくさんの人が集まってくださるとは夢にも思いませんでした。私と一緒に素敵な時間を過ごしましょう」と挨拶。各テーブルを回りながらステージへ向かった。冒頭のMCでは、聖地となる会場でデ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】爆問・太田、ロケに間に合うように息を引き取った最愛の母

TechinsightJapan / 2016年11月16日17時00分

その時、太田は母の大好きな越路吹雪の歌が自分のiPodに入っていたのを思い出した。急いでイヤホンの片方を母の耳に、もう片方を自分の耳に挿して『愛の讃歌』、『バラ色の人生』を2人で聴いた。そして『バラ色の人生』が終わる頃、ベットサイドモニターから「ピィーッ」とアラーム音が鳴り、瑠智子さんは静かに天国へ旅立った。 実はこの日、太田には外せない番組のロケが入って [全文を読む]

PUSHIM、4年ぶりのカバーアルバムよりショートMV8本を制作

okmusic UP's / 2016年11月16日15時00分

■「バナナ・ボート(DAY-O)」MV(ショートver.)https://www.youtube.com/watch?v=3m00jYW_gxc■アルバム『THE ノスタルジックス』2016年11月16日 (水) 発売 TKCA-74430/¥3,000+税 <収録曲> 1. バナナ・ボート (DAY-O) / (浜村美智子 / 1957年) 作詞・作曲: [全文を読む]

『第5回 和酒フェス IN 中目黒』が11月19日に開催決定!全国厳選43蔵、100種類以上の日本酒が中目黒に集結!

DreamNews / 2016年09月15日16時00分

【和酒フェス参加予定酒蔵・銘柄】(全国より厳選43蔵、内新規14蔵) 酒蔵ブース【浦霞(うらかすみ)】佐浦・宮城県【米鶴(よねつる)】米鶴酒造・山形県 ☆【六歌仙 (ろっかせん)】六歌仙・山形県 ☆【水芭蕉(みずばしょう)】永井酒造・群馬県【力士(りきし)】釜屋・埼玉県 ☆【金婚(きんこん)】豊島屋本店・東京都 ☆【伝衛門(でんえもん)】越後伝衛門・新潟県 [全文を読む]

PUSHIM、昭和歌謡&ポップスがテーマのカバーアルバム第二弾を11月に発売

okmusic UP's / 2016年09月13日11時00分

今作では、PUSHIMが敬愛する美空ひばりが歌唱した事でも知られる「Over The Rainbow 虹の彼方に」の日本語ヴァージョンや、井上陽水の名曲「傘がない」、ビルボード・チャートでも週間1位を記録、日本でも越路吹雪が歌唱し大ヒットを記録した「ラストダンスは私に」など、彼女に影響を与えた50年代~70年代の昭和歌謡&ポップス珠玉のナンバーが数多く収 [全文を読む]

【DAM 音源カラオケベストシリーズ】16タイトルをMEG-CDで発売!

DreamNews / 2016年08月24日10時00分

発売商品■DAMカラオケベスト 演歌・歌謡曲 Vol.34 品番:DAM-EK034 収録曲:1.長崎の鐘/藤山一郎 2.懐しのブルース/高峰三枝子 3.喫茶店の片隅で/松島詩子 4.雨の夜汽車/奈良光枝¥5.君待てども/平野愛子 6.蘇州夜曲/渡辺はま子 7.みかんの花咲く丘/童謡 8.高原の旅愁/伊藤久男 9.古き花園/二葉あき子 10.小判鮫の歌/小 [全文を読む]

仲間由紀恵、軽部アナと「Mフェア」新司会者に決定

Smartザテレビジョン / 2016年02月24日10時01分

'64年8月31日にスタートした「MUSIC FAIR」は、ことし52年目を迎え、これまで越路吹雪、左幸子、長門裕之・南田洋子、星野知子、古手川祐子らそうそうたる司会者が名を連ねてきた。 そして今回“8代目”となる仲間といえば、「NHK紅白歌合戦」「輝く!日本レコード大賞」でも司会を務め、経験・キャリアは十分だ。 仲間は「50年という伝統と歴史のある音楽 [全文を読む]

フォーカス