谷啓のニュース

【世界初!】バク転で世界中を回っています。

PR TIMES / 2016年08月01日10時04分

ライフチアーズ合同会社(本社:東京都武蔵野市)代表の谷啓嗣は、2015年から日本をはし゛め、世界中をハ゛ク転て゛巡る【世界バク転プロジェクト】を2015年から実施しております。 これまて゛鎌倉の大仏や渋谷のスクランフ゛ル交差点、新宿歌舞伎町なと゛、日本を代表 するスホ゜ットをハ゛ク転て゛巡り、台湾・上海・オーストラリア・シンカ゛ホ゜ール・マレ ーシアなと [全文を読む]

映画俳優やラジオパーソナリティをこなす異色の売れっ子パーソナルトレーナーに注目!

PR TIMES / 2016年08月01日09時25分

ライフチアーズ合同会社(本社:東京都武蔵野市)の代表を務める谷啓嗣は、地元香川県からスーツケース1つで上京して2年。現在では港区港南にトレーニングジムを構え、上場企業の経営者や有名人のトレーニング指導に従事。それだけではなく2016年夏公開の映画に準主役で出演、FMラジオパーソナリティや雑誌連載やベストボディジャパン入賞など活動の幅を広げている。また、世界 [全文を読む]

濱田岳が“釣りバカ”の重圧を克服「西田さんに感謝」

Smartザテレビジョン / 2015年10月23日18時27分

映画版では谷啓が演じた佐々木課長について「自分が谷啓さんになれるとは思わないので、自分らしくやるだけ。映画との違いは、僕自身胃が弱くて、ドラマで飲んでいる胃薬は本物です!」と自信満々に語った。 ハマちゃんの盟友・スーさんこと鈴木一之助役の西田は「『釣りバカ』の復活は、ハマちゃんにふさわしいアクターが登場したらと思っていました。また『釣りバカ』をやってやろ [全文を読む]

広瀬アリス、濱田岳に「ハマちゃんみたいな人は旦那さんには無理」!?

Woman Insight / 2015年10月22日20時20分

僕は現場で見れていますが、一番の見所をみんな見られない」とひとりで嬉しそうに話しながら、映画版の谷啓さんと同じ役を演じることを「ドラマの中に谷啓さんというタレントさんは存在して、どこかで『ガチョーン』を言っていいのか日々悩みながら……。これはハマちゃんとの相談で、監督が許してくれるのか」と虎視眈々と狙っているようです。 撮影当初は、出演者がそれぞれのプレッ [全文を読む]

濱田岳「釣りバカ」の偉大さに感極まり男泣き!

Smartザテレビジョン / 2017年04月19日13時01分

さらに、ハマちゃんの上司・佐々木課長役の吹越は「最初は谷啓さんが映画で演じていた佐々木課長を僕が演じると聞いたときは相当なプレッシャー感じましたし、緊張もしました。現場に入って、いわゆる軽いコメディーではあるけれども、西田さんを目の前にすると、足を引っ張っちゃいけないっていう不安や緊張もありました。けれど、そこから始まって、知らず知らずのうちに俺、一番楽 [全文を読む]

さあ一丁、ブワァーっと植木等だ!(3)弟子を理不尽に怒鳴らない

アサ芸プラス / 2017年03月27日09時57分

僕も根はまじめな性格なので、自分の出番直前にスイッチを入れて『アダモちゃん』に吹っ切ったところはありました」 さて植木は、クレージーのメンバーの中でも、谷啓と犬塚弘には特別に目をかけていた。クレージーとしての活動がほとんどなくなった時期も、舞台に専念していた犬塚の公演には必ず顔を見せたという。「舞台が終わると楽屋にやって来て、僕の本名の『おい、ひろむ!』と [全文を読む]

ご存知ですか? きょう3月27日は植木等没後10年の日です

文春オンライン / 2017年03月27日07時00分

左から安田伸、犬塚弘、ハナ肇、植木等、谷啓、桜井センリ ©共同通信社 植木等といえばここ最近、ACジャパンが、2020年の東京オリンピックに向け「ライバルは、1964年」というキャッチフレーズのもとキャンペーンを展開中だ。そこでは前回の東京オリンピックが開催された高度成長期の象徴として、当時の植木等の写真が使われている。しかし筆者は、こういう形で植木が登場 [全文を読む]

さあ一丁、ブワァーっと植木等だ!(1)「スーダラ節」の歌詞に激怒

アサ芸プラス / 2017年03月26日17時57分

俺が『ところでお名前は?』と聞いたら、初めて『あ! 植木等って言うんだよ』だったから」 犬塚がハナ肇に誘われ、新しいバンドメンバーを探しに2人で見に行ったフランキー堺のバンドにいたのが、ギターの植木とトロンボーンの谷啓だった。 谷に続いて植木もクレージーに加わったのが昭和32年のこと。マネージメントを「渡辺プロダクション」の総帥として一大帝国を築く渡辺晋が [全文を読む]

いま大人が読んでもハマる!スヌーピーコミックの魅力とは? 放送作家・山田美保子とイラストレーター・平澤まりこが“スヌーピー愛”を語る!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月10日11時00分

チャーリー・ブラウンの声を谷啓さんが、ルーシーの声をうつみ宮土理さんがやっていたんです。平澤 私も「花の館」が大好きでした! 通っていた幼稚園がその近くにあったので、母に連れられて、お友達とよく行っていました。私の定番は、ホットケーキと砂糖の入っているミルクだったのですが、そのストローが紙のストローで、スヌーピー柄だったんです。それで飲むのがうれしくって。 [全文を読む]

草刈正雄 昌幸ロス訴えるコメントを読み涙ポロポロ

NEWSポストセブン / 2016年10月22日16時00分

一方、『美の壺』では谷啓から引き継ぎ、コミカルな“草刈さん”が好評だ。 「ジャズが流れるオシャレな番組で谷さんの時代から大ファンだったんだよ。番組の“草刈さん”は考古学者だっけ? ぼく自身設定はとくになくて、自然にやってますね。妻が気が強いってところはうちのかみさんと一緒ですが。 セリフのダジャレはアドリブです。台本読んでるとピーンとひらめくときがあって… [全文を読む]

フォーカス