谷啓のニュース

【世界初!】バク転で世界中を回っています。

PR TIMES / 2016年08月01日10時04分

ライフチアーズ合同会社(本社:東京都武蔵野市)代表の谷啓嗣は、2015年から日本をはし゛め、世界中をハ゛ク転て゛巡る【世界バク転プロジェクト】を2015年から実施しております。 これまて゛鎌倉の大仏や渋谷のスクランフ゛ル交差点、新宿歌舞伎町なと゛、日本を代表 するスホ゜ットをハ゛ク転て゛巡り、台湾・上海・オーストラリア・シンカ゛ホ゜ール・マレ ーシアなと [全文を読む]

映画俳優やラジオパーソナリティをこなす異色の売れっ子パーソナルトレーナーに注目!

PR TIMES / 2016年08月01日09時25分

ライフチアーズ合同会社(本社:東京都武蔵野市)の代表を務める谷啓嗣は、地元香川県からスーツケース1つで上京して2年。現在では港区港南にトレーニングジムを構え、上場企業の経営者や有名人のトレーニング指導に従事。それだけではなく2016年夏公開の映画に準主役で出演、FMラジオパーソナリティや雑誌連載やベストボディジャパン入賞など活動の幅を広げている。また、世界 [全文を読む]

濱田岳が“釣りバカ”の重圧を克服「西田さんに感謝」

Smartザテレビジョン / 2015年10月23日18時27分

映画版では谷啓が演じた佐々木課長について「自分が谷啓さんになれるとは思わないので、自分らしくやるだけ。映画との違いは、僕自身胃が弱くて、ドラマで飲んでいる胃薬は本物です!」と自信満々に語った。 ハマちゃんの盟友・スーさんこと鈴木一之助役の西田は「『釣りバカ』の復活は、ハマちゃんにふさわしいアクターが登場したらと思っていました。また『釣りバカ』をやってやろ [全文を読む]

広瀬アリス、濱田岳に「ハマちゃんみたいな人は旦那さんには無理」!?

Woman Insight / 2015年10月22日20時20分

僕は現場で見れていますが、一番の見所をみんな見られない」とひとりで嬉しそうに話しながら、映画版の谷啓さんと同じ役を演じることを「ドラマの中に谷啓さんというタレントさんは存在して、どこかで『ガチョーン』を言っていいのか日々悩みながら……。これはハマちゃんとの相談で、監督が許してくれるのか」と虎視眈々と狙っているようです。 撮影当初は、出演者がそれぞれのプレッ [全文を読む]

濱田岳「釣りバカ」の偉大さに感極まり男泣き!

Smartザテレビジョン / 2017年04月19日13時01分

さらに、ハマちゃんの上司・佐々木課長役の吹越は「最初は谷啓さんが映画で演じていた佐々木課長を僕が演じると聞いたときは相当なプレッシャー感じましたし、緊張もしました。現場に入って、いわゆる軽いコメディーではあるけれども、西田さんを目の前にすると、足を引っ張っちゃいけないっていう不安や緊張もありました。けれど、そこから始まって、知らず知らずのうちに俺、一番楽 [全文を読む]

さあ一丁、ブワァーっと植木等だ!(3)弟子を理不尽に怒鳴らない

アサ芸プラス / 2017年03月27日09時57分

僕も根はまじめな性格なので、自分の出番直前にスイッチを入れて『アダモちゃん』に吹っ切ったところはありました」 さて植木は、クレージーのメンバーの中でも、谷啓と犬塚弘には特別に目をかけていた。クレージーとしての活動がほとんどなくなった時期も、舞台に専念していた犬塚の公演には必ず顔を見せたという。「舞台が終わると楽屋にやって来て、僕の本名の『おい、ひろむ!』と [全文を読む]

さあ一丁、ブワァーっと植木等だ!(1)「スーダラ節」の歌詞に激怒

アサ芸プラス / 2017年03月26日17時57分

俺が『ところでお名前は?』と聞いたら、初めて『あ! 植木等って言うんだよ』だったから」 犬塚がハナ肇に誘われ、新しいバンドメンバーを探しに2人で見に行ったフランキー堺のバンドにいたのが、ギターの植木とトロンボーンの谷啓だった。 谷に続いて植木もクレージーに加わったのが昭和32年のこと。マネージメントを「渡辺プロダクション」の総帥として一大帝国を築く渡辺晋が [全文を読む]

いま大人が読んでもハマる!スヌーピーコミックの魅力とは? 放送作家・山田美保子とイラストレーター・平澤まりこが“スヌーピー愛”を語る!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月10日11時00分

チャーリー・ブラウンの声を谷啓さんが、ルーシーの声をうつみ宮土理さんがやっていたんです。平澤 私も「花の館」が大好きでした! 通っていた幼稚園がその近くにあったので、母に連れられて、お友達とよく行っていました。私の定番は、ホットケーキと砂糖の入っているミルクだったのですが、そのストローが紙のストローで、スヌーピー柄だったんです。それで飲むのがうれしくって。 [全文を読む]

草刈正雄 昌幸ロス訴えるコメントを読み涙ポロポロ

NEWSポストセブン / 2016年10月22日16時00分

一方、『美の壺』では谷啓から引き継ぎ、コミカルな“草刈さん”が好評だ。 「ジャズが流れるオシャレな番組で谷さんの時代から大ファンだったんだよ。番組の“草刈さん”は考古学者だっけ? ぼく自身設定はとくになくて、自然にやってますね。妻が気が強いってところはうちのかみさんと一緒ですが。 セリフのダジャレはアドリブです。台本読んでるとピーンとひらめくときがあって… [全文を読む]

ガチョーン、バンザイ、ノールック 平成の変則投法5選

NEWSポストセブン / 2016年09月12日16時00分

【ガチョーン投法】多田野数人(2008~14年 日本ハム)18勝20敗 4.43 大きく振り被ってコンパクトに投げる様が、谷啓のギャグに似ていることから命名。超スローボールの「ただのボール」も有名。 【バンザイ投法】浜田智博(2015年~ 中日)0勝0敗 40.50 テークバックが小さく、両手を上げた状態で投げるため、球の出所が見えにくい。中学時代に考案 [全文を読む]

【夏限定イベント】「90分で分かる!”やせ体質メソッド”」 8月18日イベント開催!

PR TIMES / 2016年08月02日16時05分

ライフチアーズ合同会社(本社:東京都武蔵野市、代表兼CEO:谷啓嗣)は夏限定イベント『90分で分かる!一生役立つ”やせ体質”のつくり方』と題したセミナーイベントを開催致します。場所はサンクチュアリ出版イベントホール(千駄ヶ谷)。開催日時は2016年8月18日19:00~21:00。主な対象は30代男女ダイエット希望者。多くの方が「瘦せ体質メソッド」により人 [全文を読む]

【DMM.com企画】夏に瘦せたい人のための『ダイエットアカデミー』開講!

PR TIMES / 2016年08月01日09時25分

ライフチアーズ合同会社(本社:東京都武蔵野市、代表兼CEO:谷啓嗣)はDMM.comが運営する「DMMラウンジ」にて、オンラインダイエットが出来る【ダイエットアカデミー】を開講しました。対象はダイエットに悩んでいる30代男女。参加者は男女別の90日プログラムで理想の自分を目指します。自分の体型にコンプレックスを持っている人を1人でも減らすために、このオンラ [全文を読む]

芸人が出ていない連ドラなんてほとんどない?

Smartザテレビジョン / 2016年06月04日20時50分

「鼠、江戸を疾る2」(NHK総合)にシーズン1に引き続き出演するのに加え、「トットてれび」(NHK総合)第3話では、クレイジーキャッツにふんした(坪倉由幸が植木等、杉山裕之がハナ肇、谷田部俊が谷啓)。杉山と谷田部は「とと姉ちゃん」(NHK総合ほか)にも出演しNHK3タテ。坪倉といえば「警視庁捜査一課9係」(テレビ朝日系)第1話で“殺されていた”(年商100 [全文を読む]

上條恒彦 「やりたい」に束縛されるといい芝居はできない

NEWSポストセブン / 2016年04月24日16時00分

「ラザールは僕の前は谷啓さんがおやりになっていまして、ブロードウェイの芝居を大きく広げてお作りになった。僕はその方向ではなく、できるだけシンプルに作りたくてかなり苦労しました。 偉大な森繁先生と一対一で芝居するわけですから、そりゃあ勉強になりました。セリフ一つにしても、息を抜くタイミングとか、声の張り方とか。よく観察しました。森繁先生は何もおっしゃいません [全文を読む]

渡辺えり×戸田恵子 体を張って舞台に挑むも…年齢による異変

WEB女性自身 / 2016年04月03日06時00分

谷啓さん、(俳優の)塩島昭彦さん、(劇作家の)秋浜悟史さんもそう。頭を打ってしまうのよね」 戸田「そうですか。年を取ると、平坦なところでもつまずいちゃうし」 渡辺「そう。私も3日前、何にもないところでコケちゃった。でも戸田さんは鍛えてるもんね」 戸田「いえ、ジムには行ってますけど、年に10回行くか行かないか、っていうくらいですよ(笑)」 渡辺「ジムね。私は [全文を読む]

娘の恋人役演じた草刈正雄「本番」の声で父から役者の顔に

NEWSポストセブン / 2016年03月27日16時00分

「この『美の壺』は、谷啓さんが初代案内役を務めていらっしゃった頃から大ファンでね。なんてセンスのいい番組なんだろう、と。だから2代目のお話が来たときはすごくうれしかった」 それまであまり興味がなかった美術品にも目を留めることが増えたというが、 「以前よりは、というくらいのものですよ。単に『テーブルだな』と眺めていたものに対して『どこのものかな?』と思って [全文を読む]

日本テレビを見て育った中高年が現在の日テレ番組を面白く思えない理由?

メディアゴン / 2016年03月14日07時30分

筆者は谷啓さんのコントが好きな「通好みの子ども」であった。ザ・ピーナッツは決して演歌は歌わなかった。「11PM(1965〜1990)」は夜、ひとりだけ起きてきてこっそり女のハダカを見ていると、母親に見つかった。大橋巨泉という人は遊びならなんでも上手。麻雀、釣り、ゴルフも玄人はだしで、オルガンまで弾ける。朝にまるで弱い朝丘雪路さんはセクシーだ。後に筆者も巨泉 [全文を読む]

1000人アンケート!“本当にテレビで見たいお笑い芸人”(2)「“やすきよ”のコンビ芸をもう一度見たい」

アサ芸プラス / 2016年01月10日17時57分

谷啓の『ガチョーン』は、今でもマネするくらい大好き。正月のかくし芸大会では、銅像姿のハナ肇がメタクソにイジり倒されるのが最高だった。今はイジメを助長するとか問題視されるから、もう見られないんだろうね。残念!」(東京都・小売業・53歳) お笑い不況の時代こそ、無責任でも黙って俺についてこい! と言い放つカリスマが欲しいところだ。 [全文を読む]

<「コメディとコント」の違いって何だ?>コントは稽古の痕跡を見せずにアドリブでやっているように見えるのが最上

メディアゴン / 2015年09月07日07時10分

作・構成とクレジットされることが多く、青島幸男、前田武彦、津瀬宏、塚田茂、谷啓、河野洋、小林信彦、野坂昭如、大橋巨泉、永六輔といったメンバーだった。こうしてみるとコメディからコントが派生したのではないかということが何となく想像できる。テレビ草創期には作家とコメディアンが「俺のホン(脚本)通りにやれ」「こんなつまんないホンで、できるか」と、健全なけんかがあっ [全文を読む]

<決定版・欽ちゃんインタビュー>萩本欽一の財産(30)「欽ちゃんが使う笑いの形は5種類」

メディアゴン / 2014年12月06日04時42分

成立するときはあるよ、編集で」◯植木等さんの「お呼びでない」谷啓さんの「がちょーん」 「これはわかるよね、ギャクがおもしろいんじゃなくて植木さんや谷さんがおもしろい。演じている人の『可笑しみ』だ。哀愁なんかあると可笑しいよこれは」②しゃべりやセリフのギャグ 「代表的なのはダジャレだなあ、浅草じゃ絶対禁止。でもテレビでは使うときはあるよ。大人には馬鹿にされる [全文を読む]

フォーカス