田辺聖子のニュース

宝塚歌劇 花組公演『新源氏物語』-田辺聖子作「新源氏物語」より-・『Melodia -熱く美しき旋律-』 宝塚ホテル パティシエ考案「公演デザート」新作を発売

@Press / 2015年09月30日12時15分

宝塚ホテル(兵庫県宝塚市梅野町1-46 総支配人:今井善夫)が運営する宝塚大劇場レストランでは、2015年10月2日(金)より宝塚大劇場で公演される宝塚グランド・ロマン『新源氏物語』-田辺聖子作「新源氏物語」より-・『Melodia -熱く美しき旋律-』をテーマにしたデザートを販売いたします。 これは、公演毎に宝塚ホテルパティシエが考案するデザートシリーズ [全文を読む]

宝塚歌劇 花組公演『新源氏物語』-田辺聖子作「新源氏物語」より-・『Melodia -熱く美しき旋律-』 宝塚ホテル パティシエ考案「公演デザート」新作を発売

PR TIMES / 2015年09月30日12時11分

2015年10月2日(金)より 宝塚大劇場内レストランにて 宝塚ホテル(兵庫県宝塚市梅野町1-46 総支配人:今井善夫)が運営する宝塚大劇場レストランでは、2015年10月2日(金)より宝塚大劇場で公演される宝塚グランド・ロマン『新源氏物語』-田辺聖子作「新源氏物語」より-・『Melodia -熱く美しき旋律-』をテーマにしたデザートを販売いたします。 こ [全文を読む]

「もっと俺の噂をしてくれよ」まさかのご本人登場!でも……~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

ガジェット通信 / 2016年07月10日16時00分

「なんか許せない、人妻を無理やり引き込んで」と思う人もいらっしゃると思いますので、最後に田辺聖子先生のお話を紹介しましょう。 空蝉は、<わたくしはこういう形では、いや>と、必死に抵抗しました。 源氏のさまざまな女性関係の中で、この空蝉の場合だけはレイプだと言われますが、私はそういう直截的な言葉を使いたくありません。源氏という人は女の心のなかに<内通者>をつ [全文を読む]

池波正太郎、湯川秀樹…数々の文士、文化人たちが愛した洋食の味とは

Woman Insight / 2015年05月16日22時00分

【店舗情報】 「重亭(じゅうてい)」 住所:大阪府大阪市中央区難波3-1-30 電話:06-6641-5719 営業時間:11:30~15:00(L.O.)、17:00~20:30(L.O.) 休:火曜(祝日の場合は翌日休) ◆田辺聖子さんが愛する「欧風料理もん」のもん風コロッケ 昭和11(1936)年、神戸三宮に創業したこの店は、2代・3代にわたるファ [全文を読む]

【恋愛映画のススメ】彼とまったりお家デートはいかが?

恋学 / 2017年01月12日11時00分

田辺聖子さんの原作も合わせてオススメ。珠玉の1本です。 【私の頭の中の消しゴム】2004年 韓国キャスト:チョン・ウソン、ソン・イェジン他 <あらすじ>社長令嬢のスジンと工事現場で働くチョルス。育った環境の違う二人だが、互いに惹かれ合って結婚する。幸せな日々を送っていた矢先、スジンが若年性アルツハイマーに侵されていることが判明する。徐々に記憶障害が進行し、 [全文を読む]

「2016 エイボン女性年度賞」 新審査員決定 2017 年 1 月 31 日(火 )授賞式典開催!

PR TIMES / 2016年11月30日13時49分

第一回目の大賞には、日本の婦人運動家の先駆けとして活躍した市川房江氏が受賞しており、以降も芥川賞を受賞した作家の田辺聖子氏、数多くのヒット作を手掛けた脚本家の小山内美江子氏らが受賞してきました。今回で37回目となる「2016エイボン女性年度賞」では、審査員に、日本女性のロールモデルとして、各分野で 活躍されている方々を新たに選出しました。新しい審査員には、 [全文を読む]

『5時に夢中!』で「久しぶりの天才」と大絶賛された小説『QJKJQ』に注目集まる!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月12日17時30分

中瀬はこれまでに編集者として、群ようこ、田辺聖子、福田和也、林真理子、町田康、柳美里、辻仁成などの人気作家を担当。彼らのエッセイに「ペコちゃん」「魔性の女A子」などの名前で登場する名物編集長こそ中瀬なのだ。そんな中瀬が「久しぶりの天才」とまで評してしまったので「今回のエンタメ番付の作品は特に面白そう」「早速読んだぞ」「Kindleでサンプル読んだら続きが [全文を読む]

早くも“ととロス”!? 『とと姉ちゃん』常子のモデル大橋鎭子、「不倫が一番面白い」瀬戸内寂聴…27人の女性先駆者たちの「名言」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月01日09時00分

ほかにも作家の田辺聖子さん、舞台美術家の朝倉摂さん、デザイナーの森英恵さん、岩波ホール支配人の高野悦子さんのほか、小唄や芸事の師匠、華道家、医師、シスターなどさまざまな方々が登場。すでに鬼籍に入られた方もいるものの、素晴らしい先輩方の言葉を同時代に生きる者としてリアルに受け取ることができるのは、実はとっても幸せなことかもしれない。 中でも異色なのは「10 [全文を読む]

夕方に微笑んで咲く白い花……まるで天使のような彼女~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

ガジェット通信 / 2016年07月24日14時00分

「源氏はおばあちゃんキラー」と田辺聖子先生も仰っていましたが、おばあちゃん子だったせいか、源氏はお年寄りにはとても優しいです。 見舞いの帰り、さっきの白い扇が出てきました。美しい字でラフに「あなたは源氏の君ではありませんか?」と言うような和歌が書いてあります。女の方から何か言ってくるなんて! 源氏はワクワクして返事を持たせ、「一体どんな女だろう?惟光(これ [全文を読む]

素材にこだわったコラージュ絵画60点を展示。長谷川洋子氏の個展を開催。

DreamNews / 2016年03月28日17時00分

装画を担当したおもな書籍に「Tanabe Seiko Collection1~8」(田辺聖子著、ポプラ社)、「カーリー」シリーズ(高殿円著、講談社)など。TIS公募での連続入選(第6、7、8回)の他、第1回「イラストノート」ノート展大賞など受賞多数。 http://www.haseyoko.com/ 【ギャラリートーク開催】 2016年4月15日(金)18 [全文を読む]

フォーカス