大谷智久のニュース

【プロ野球】ロッテ大谷、ヤクルト大引…開幕直後に戦線離脱した主力選手

デイリーニュースオンライン / 2016年04月06日16時04分

大谷智久(ロッテ) 腰椎椎間板症 <今季成績> 1試合/0.1回/0勝0敗/防御率0.00 <オープン戦> 7試合/7回/1勝0敗/防御率1.29 日本ハムのエース・大谷翔平を撃破したロッテの開幕戦。しかし、その試合中にリリーフエースがやってしまった。 8回表、3点リードで登板した大谷智久。無死から中島卓也にヒットを許し、さらに陽岱鋼がセンター前ヒット [全文を読む]

ロッテ・大谷、初のオリジナルグッズに「売れるか心配」

ベースボールキング / 2017年05月06日10時15分

ロッテは6日、大谷智久、内竜也、松永昂大、西野勇士の4投手がデザイン監修をしたフェイスタオルの発売開始したことを発表した。 大谷は球団を通じて「ボクをイメージした海坊主が、とてもコミカルなデザインに仕上がっていて気に入っています。オリジナルグッズはプロ8年目、32歳で初めてですね。売れるか心配ですねえ…。買っていただいて自分が投げる際にスタンドで掲げていた [全文を読む]

ロッテ、4安打完封負け 伊東監督「いつものこと」

ベースボールキング / 2017年04月19日22時20分

1点を追う7回から登板した大谷智久は、昨季までチームメイトだったデスパイネにタイムリーを浴びた。 一方の打線は、ソフトバンクの先発・東浜巨に、7回を3安打に抑え込まれる。8回から登板した岩崎翔、9回にマウンドにあがったサファテも打ち崩すことができず完封負け。 敗れたロッテの伊東勤監督は「いつものことです。ヒット4本で点が取れないのでは。なんとかしたいと思っ [全文を読む]

ロッテ・涌井、7回無失点と好投 1-0で勝利!

ベースボールキング / 2017年04月15日17時11分

8回・大谷智久、9回は前日メヒアに決勝2ランを浴びた守護神の益田直也が守り切り、勝利した。 試合後、伊東監督は「連日接戦のゲームが続いて、昨日落として正直空気が重たかったんですけど、また同じような展開で益田がしっかり抑えてくれました。本人も気持ちが楽になってくれたと思います。今日借りを返してくれたのでよかったです」と安堵の表情。 打線については「点を取れて [全文を読む]

ロッテ・涌井秀章が7回無失点で今季初勝利、細谷圭が値千金の決勝打

サイクルスタイル / 2017年04月15日16時33分

その後は西武投手陣の抑え込まれ、わずか3安打に終わったが、先発の涌井の後を継いだ大谷智久投手、守護神の益田直也投手も西武打線を無失点に抑え、虎の子の1点を守り切った。 対する西武は、先発の野上亮磨投手が8回1失点の好投を見せるも、打線が5安打とロッテ投手陣の前に沈黙した。 [全文を読む]

ロッテ・伊東監督、今季初勝利に「ようやく新聞やニュースを見る事ができる」

ベースボールキング / 2017年04月05日18時17分

1点のリードを奪ったロッテは、8回・大谷智久、9回・益田直也のリレーで逃げ切り勝利した。 今季初勝利に伊東監督は「これでようやく、スポーツ新聞やスポーツニュースを見る事ができる。内容的には喜ばしい試合ではないが、大地がよく一振りで決めてくれた」とキャプテンの逆転2ランを称賛。「うちもミスがたくさんでたけど、向こうもミスがでたね。1つ勝ててよかった」と伊東 [全文を読む]

ロッテ・高野、二軍で再スタート「進化していかないと」

ベースボールキング / 2017年03月30日10時00分

南昌輝、松永昂大、藤岡貴裕、大谷智久、内竜也、益田直也といった強力リリーフ陣に割って入るため必死に腕を振った。 3月に入ってからも無失点投球を続け9日の阪神戦が終わった時点で、2月の練習試合からの無失点記録は10イニングまで伸びた。 ◆ 3月12日のDeNA戦で初失点… だが、3月12日のDeNA戦でオープン戦初失点を境に、走者を背負う場面が目立つようにな [全文を読む]

ロッテの選手たちが掲げた今季の抱負

ベースボールキング / 2017年03月21日18時35分

千隼と呼んでください」14 大谷智久今季の抱負:怪我のないシーズンを送るコメント:「2011年以降、怪我のないシーズンがないので、今年1年フル回転して頑張ります」18 藤岡貴裕今季の抱負:怪我をせずにフル回転コメント:「去年は怪我をしてシーズンをフルで戦えなかったので、怪我をせずにしっかり一軍で頑張りたいです」19 唐川侑己今季の抱負:泰然自若コメント;「 [全文を読む]

【プロ野球】昨年は山崎康晃が370個! 今年のチョコレート王は誰だ!? バレンタインデーとプロ野球の甘い関係

デイリーニュースオンライン / 2017年02月13日17時05分

現役選手で2月14日が誕生日なのは、大谷智久(ロッテ)、大嶋匠(日本ハム)、島本浩也(阪神)、茂木栄五郎(楽天)といった面々。茂木は昨年の活躍で知名度も上がっただけに、明日はかなりのチョコ攻めを受けるのではないだろうか。 ■球界の紳士たちのバレンタインデーの過ごし方 近年、バレンタインデーの新しい潮流として注目されているのが男性から女性へチョコレートをプ [全文を読む]

先発からリリーフに転向した投手といえば…

ベースボールキング / 2017年02月07日07時45分

右投手ではロッテの大谷智久が当てはまる。09年ドラフト2位で入団した大谷は、先発とリリーフの両方を務めていたが、14年から本格的にリリーフへ配置転換。春先、ビハインドゲームでの登板が多かったが、シーズン途中からセットアッパーとして起用され、49試合に登板し23ホールドをマーク。15年は開幕から守護神・西野勇士に繋ぐ“8回の男”としてリーグ2位の32ホール [全文を読む]

フォーカス