小林旭のニュース

【エンタがビタミン♪】日本エレキテル連合を、ガン無視! 『24時間テレビ』の小林旭の態度に物議。

TechinsightJapan / 2014年09月01日15時55分

番組のクライマックスに、ベテラン歌手の小林旭が登場。代表曲「熱き心に」を大舞台で熱唱する姿に感動の声があがる一方、終始受け答えが無愛想な小林に対して不愉快になった視聴者もいたらしい。 『24時間テレビ37 愛は地球を救う』(日本テレビ系)では大物ゲストを日本武道館でお迎えするという大役を任された女性お笑いコンビ・日本エレキテル連合。特に子どもたちの間で人気 [全文を読む]

小林旭の「演技指導いじめ」で降板 東てる美FBで激怒の背景

NEWSポストセブン / 2014年03月27日07時00分

小林旭(75才)と浅丘ルリ子(73才)という、かつて事実婚状態にあったふたりの44年ぶりの共演で話題となった舞台『熱き心で突っ走れ!』が、今年も3月19日から始まった(6月30日まで)。しかし、その裏で大きなトラブルが勃発していた。 《初日4日前の一昨日の夜、突如、降板させられ出演しなくなりました》 自身のフェイスブックにこう綴ったのは、『渡る世間は鬼ばか [全文を読む]

暑い夏が過ぎても、熱い心は忘れたくない5曲

okmusic UP's / 2016年08月22日18時00分

■1.「熱き心に」(’85)/小林旭コーヒー『マキシム』CMソングに起用され、作曲は大滝詠一、作詞は阿久悠という最強コンビで作られた楽曲。当初、作詞は松本隆にお願いする予定だったが、小林旭のキャラクターにそぐわないという理由で、阿久悠に依頼したという。そして、この大名曲が誕生した。イントロからさわやかなストリングが広がり、小林旭のやさしくも芯の強さを感じ [全文を読む]

元ちとせが小林旭の名曲をカバー!

Smartザテレビジョン / 2015年12月10日21時21分

14日(月)、元は'85年の小林旭の大ヒット曲「熱き心に」をカバー。ほか、中森明菜の「飾りじゃないのよ涙は」、アメリカのフォーク歌手・ピート・シーガーの名曲「腰まで泥まみれ」を披露する。 21日(月)は、野宮真貴が荒井由実の「中央フリーウェイ」、松田聖子の「ガラスの林檎」、尾崎亜美の「マイ・ピュア・レディ」、アメリカを代表する女性シンガー・ソングライター [全文を読む]

没後25年 未公開取材メモで明かされる美空ひばりの「光と孤独」(5)小林旭が明かしたひばりとの出会い秘話

アサ芸プラス / 2014年07月08日09時58分

元夫が赤裸々に語った破局までの1年半、結婚生活で起こった封印「事件」とは!? 我が高校時代を振り返って思い出すのは、北国は田舎のションベン臭い映画館で、小林旭(75)の「渡り鳥シリーズ」をよく観たことだ。昭和30年代後半、映画は全盛時代で、日活スターといえばタフガイ裕次郎か、マイトガイ旭だった。どういうわけか、私は「湘南の貴公子」で売り出した裕次郎にはなじ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】KinKi Kidsの“大切な歌”『硝子の少年』と『愛のかたまり』 2人しか到達できない世界を表現

TechinsightJapan / 2016年11月19日13時50分

司会の宮根誠司から無茶ぶりされて『硝子の少年』を歌いながら堂本剛は小林旭の歩き方ばかりか仕草までものまねすれば、堂本光一も“階段落ち”の途中まで試みた。新曲の『道は手ずから夢の花』は一変して情感たっぷりに歌い上げ、僅か2曲ですっかりKinKi Kidsのステージにしてしまう彼らの底力を見せつけられた思いだ。 同日にNHK総合で放送された音楽番組『SONGS [全文を読む]

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(12)若い頃は遅刻グセがあった

アサ芸プラス / 2015年01月02日09時57分

健さんにしたって年下の中村錦之助、日活でも石原裕次郎や小林旭のほうが先に売れてしまう。あの頃の健さんの口ぐせは『明日があるから!』だったけど、歯を食いしばって自分に言い聞かせていた感じだった」 さらに女流スターとのせめぎ合いもあった。大歌手であり、東映の看板女優でもあった美空ひばりは高倉を気に入り、小林旭よりも先に「ダーリン」と呼んで相手役にたびたび指名。 [全文を読む]

追悼・菅原文太 「仁義なき戦い」共演俳優たちが明かした秘話(3)幻のジャズ歌手時代

アサ芸プラス / 2014年12月16日09時57分

小林旭という日活の大スターに続いて、画面を華やかにした。 「俺が出ることになったのは、菅原文太が呼んでくれたからじゃないかな。あれとは宮城県同士、学年も一緒だから」 その出会いは古く、宍戸が日大で、文太が早大法学部の学生だった53年秋に遡る。宍戸の下宿に、宮城の高校を出た4人の若者が集まっていた。 宍戸が生姜醤油で煮込んだサンマのブツ切りをつまみに、カスト [全文を読む]

追悼・菅原文太 「仁義なき戦い」共演俳優たちが明かした秘話(2)酔うとマイクを離さない

アサ芸プラス / 2014年12月16日09時56分

やがて「仁義なき戦い」は、シリーズを重ねるごとに小林旭らが参加し、オールスター映画に発展してゆく。第4作「頂上作戦」(74年、東映)では、旭が演じた武田明が、梅宮扮する神戸・明石組の岩井信一に言い放つ。 〈広島極道はイモかもしれんが、旅の風下に立ったことはいっぺんもないんで〉 これに岩井も切り返す。 〈おんどれらも吐いたツバ飲まんとけよ〉 ハードな場面を [全文を読む]

没後25年 未公開取材メモで明かされる美空ひばりの「光と孤独」(6)当時のふたりの結婚生活

アサ芸プラス / 2014年07月09日09時58分

驚いたひばりプロの関係者に問い詰められたセールスマンは「小林旭さんに言いつけられた」と言う。 報告を受けたひばりが小林に尋ねると、 「新しいジャガーで新婚旅行に行きたいし、お金はご祝儀が集まってるだろう」 と涼しい顔で答えた。 「そんな非常識なところのある旭さんにひばりはカチンときて、言い争いになった。2人とも折れずに激しい口論になって、旭さんが投げつけた [全文を読む]

片岡鶴太郎が考えるモノマネと芝居、その共通点と違い

NEWSポストセブン / 2017年03月21日07時00分

今までは例えば小森のおばちゃまや小林旭さん、現実の人をモチーフに表現していたわけですが、今度は架空の人。残像に近い存在を具現化していく作業になるわけです。それは初めての体験でしたが、『この部分は西田敏行さんのあのフレーズがあるな』とか、いろんな人の『この部分がある』というのを引っ張ってきて、モノマネの延長線上にある表現を考えていました。 でも、そこで声マ [全文を読む]

誰もが憧れる生き方…ムッシュかまやつが語った「音楽以上に大切なもの」

アサ芸プラス / 2017年03月03日17時58分

石原裕次郎や小林旭、赤木圭一郎などとも昵懇だったそうです。赤木がゴーカートの事故で亡くなった際には、『カーブの先だからぶつかったところは見てないですけどね』と語っていましたが、ムッシュはその場にいたのだそうです」(週刊誌記者) 当時のミュージシャンとしてのつながりには、今なお芸能界に多大な影響力を持つそうそうたる名前が並ぶ。「『(スパイダースの前は)僕はワ [全文を読む]

文太、松方、千葉、梅宮ほか『仁義なき戦い』シビれる名言集

NEWSポストセブン / 2017年02月23日07時00分

脚本は笠原和夫から高田宏治に交代し、広能や武田明(小林旭)の世代から、後を引き継ぐ若い世代への襲名が大筋となった。そして全5作は、どこから切り取って観てもクセになる大傑作として今に名を残す。主要出演者のシビれる名ゼリフを振り返ろう。●菅原文太(広能昌三役)【山守さん 弾はまだ残っとるがよう】『仁義なき戦い』 山守組・山守義雄組長(金子信雄)の謀略により、若 [全文を読む]

鬼才・小沼勝が愛した日活ロマンポルノと美しき女優たち

NEWSポストセブン / 2017年02月09日16時00分

約10年の助監督生活の中で、小林旭や吉永小百合など日活を支えたスターらとともに映画製作に没頭した。 1960年代後半から映画館の客足が減り、日活は経営難に陥る。ついに1971年の『八月の濡れた砂』(藤田敏八監督)、『不良少女 魔子』(蔵原惟二監督)を最後に製作中止に追い込まれた。 そこで日活が社運を賭けたのが、「製作期間7~10日」「予算750万円」「上映 [全文を読む]

買収に翻弄され漂流し続けた日活…「パックマン」生みの親との接点

Business Journal / 2017年02月07日06時00分

老舗映画会社の日活は、1960年代前半には石原裕次郎、吉永小百合、赤木圭一郎、小林旭などの“青春スター”を擁し、黄金時代を築いた。だが、映画は国民の娯楽のエースの座をテレビに奪われ、あっという間に凋落。日活は93年、会社更生法の適用を申請して倒産した。 会社更生法の終結に伴い、97年にナムコが30億円を出資して子会社化し、中村氏が日活の社長に就いた。 05 [全文を読む]

大ヒット歌手・力士の増位山 紅白出演オファーあった

NEWSポストセブン / 2017年02月05日16時00分

まだ前頭の頃、部屋の千秋楽パーティーで歌っていたら、小林旭さんの歌を書いたこともある文芸評論家の小島貞二さんが「そんなに好きならレコード出す?」といってくれたから、「出したいです」と即答したね。それで、1972年に小島さん作詞の『いろは恋唄』でデビューした。嬉しかったね。 歌は相撲にも活きたよ。ウチの親方は趣味を持ったほうが人間的にも幅が出るという方針だ [全文を読む]

ラーメン番組のナレーションを佐藤二朗が担当「スガキヤが好き!」

Smartザテレビジョン / 2017年01月13日16時04分

小林旭さんや渥美清さんとか。若い世代の方も親父の世界をのぞき見するような気持ちで見ていただけたら」と呼びかけた。 自身もラーメン好きだという佐藤は、オススメのラーメンに東海エリアで特に人気のあるチェーン店「スガキヤ」を挙げ、「愛知県出身なんで、地元に帰ったら必ず2回は行きます。僕は毎回肉入りラーメンを食べるんですけど、すごくうまい。遺伝子に組み込まれてるん [全文を読む]

動員150万人、昭和スター総出演コンサートを黒沢年雄が語る

NEWSポストセブン / 2016年12月24日16時00分

小林旭さんを中心にした、夢コンサート。1960年~1970年代のヒット曲を集めた、同窓会コンサート。昭和歌謡の黄金期を築いた、夢をいつまでも。小林幸子さんのコンサート…いくつあるのかわかんないくらいですよ(苦笑)」 指を折りながら教えてくれた黒沢が、途中で教えるのをやめてしまうほど、企画も、コンサートも増えている。──その理由は? 「みんな弾けたいんで [全文を読む]

「篠山紀信展 写真力」が横浜美術館で開幕、ゆずや草笛光子など新出展作を含む約120点を公開

FASHION HEADLINE / 2016年12月03日12時00分

「STAR」のセクションでは、山口百恵、吉永小百合、AKB48、松田聖子、小林旭、南沙織、舟木一夫、長崎茂雄、ピンク・レディー、北野武などの著名人を写した作品が展示される。 また、「SPECTACLE」では複数の写真を横につなげる篠山独自のパノラマ写真「シノラマ」を公開。東京ディスニーランドや、後藤久美子が遊ぶメルヘンの舞台軽井沢、歌舞伎、草間彌生などのイ [全文を読む]

病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第2回・梅宮辰夫」(3)今でも不良番長をやりたい

アサ芸プラス / 2016年10月28日05時57分

第4作「頂上作戦」(74年)で梅宮が演じた岩井と、小林旭が演じた広島の武田明のやり取りは、シリーズでも1、2を争う緊迫した空気をもたらした。〈わしは、明石組の岩井じゃ!〉〈ほいじゃ言うとったるが、広島極道は芋かもしれんが、旅の風下に立ったことはいっぺんもないんで。神戸のもんいうたら猫一匹通さんけん、よう覚えとけよ〉〈よおし、おんどれらも吐いたツバ飲まんと [全文を読む]

フォーカス