菅賢治のニュース

第19回「王者日テレの歴史」(後編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年04月06日18時01分

さらに、後にダウンタウンの番組を手掛ける菅賢治サンもこの年、中途入社を果たしている。 最初にブレイクしたのは永井美奈子アナだった。入社1年目にして、いきなり『アメリカ横断ウルトラクイズ』のコンピュータ予想の担当に抜擢され、アイドルアナとしてブレイク。丁度、フジテレビの同期入社が八木亜希子・有賀さつき・河野景子の三人娘で、そのライバルとしても脚光を浴びた。 [全文を読む]

松本人志さん「今後も自分の仲間や家族が傷付けられたとき僕はいかります」 『日刊大衆』はお詫びを掲載

ガジェット通信 / 2017年02月07日05時20分

6日朝に、『日刊大衆』にアップされた ダウンタウン『ガキの使い』、ガースー&ヘイポー「電撃リストラ」の衝撃 という記事において、日本テレビ『ガキの使いやあらへんで!!』の菅賢治プロデューサーと、“世界のヘイポー” こと斉藤敏豪さんがクビになったという内容が掲載された。 同日のお昼、松本人志さん(@matsu_bouzu)が『Twitter』を更新。 日刊 [全文を読む]

松本人志さん「ガキ使の菅さんとヘイポーがクビ? 2人に失礼やわ」 『日刊大衆』の記事に苦言ツイート

ガジェット通信 / 2017年02月06日14時25分

「ダウンタウンが1989年から28年間続けるレギュラー番組『ガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)の元チーフプロデューサーで現在、“総監督”の菅賢治さんと“世界のヘイポー”としておなじみで番組の総合演出を務める斉藤敏豪さんが、今年に入って“クビ”になったんです。要職にあるうえ、2人は番組にもちょくちょく出てくる“人気キャラ”でもあり、衝撃のニュース [全文を読む]

2016年9月12日 「モテワンコンテスト 2016 in 幕張メッセ」追加審査員の発表!

DreamNews / 2016年09月12日16時30分

2001年、第38回ゴールデン・アロー賞芸能新人賞受賞 ■主なレパートリー タモリ/鈴木雅之/桑田佳祐/松村邦洋/松山千春/笑福亭鶴瓶/武田鉄矢/阿藤快/桂歌丸/石橋貴明/西田敏行/伊東四朗 他 ■菅賢治氏 1954年 長崎県出身 1975年、日大芸術学部放送学科後、アメリカ放浪の旅に出る。 帰国後、日本テレビエンタープライズに契約社員として入社。渡辺徹 [全文を読む]

『ガキの使い』『さんま御殿』名物プロデューサーが語る「視聴者との“握り”ができていないテレビに未来はない」

日刊サイゾー / 2014年08月19日14時00分

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』や『踊る!さんま御殿!!』など数多くの人気バラエティに企画段階から携わり、現在視聴率で独走する日本テレビの屋台骨を長らく支え続けてきた“ガースー”こと菅賢治プロデューサー。会社からの慰留を断り、今年フリーとして活動を始めた彼が最初に手掛けた仕事は、テレビマンとしての知恵や経験を余すことなく詰め込んだ異色のビジネス [全文を読む]

上田晋也が狙う「第二の島田紳助」の座

日刊大衆 / 2017年03月21日16時05分

「日テレの『笑ってはいけない』シリーズの元名物プロデューサー・菅賢治氏も“一流のプロデューサーは、生涯で一流のMCに3人会う。明石家さんま、松本人志、そして、もう一人が上田晋也だ”と語っていたそうです」(前同) 上田が、お笑い最強司会者の座に君臨する日も近い。週刊大衆2017年03月27日号 [全文を読む]

松本人志、1000万円金銭トラブルで絶縁!? 三又又三は「報道後も吉本に連絡なし」の非道

サイゾーウーマン / 2017年02月10日11時45分

ところが、三又はこの金を女遊びなどで使い果たし、これを知った松本が呆れて、1年ほど前から三又の話題を出さなくなってしまったと伝えています」(スポーツ紙記者) 松本といえば、「日刊大衆」(双葉社)のウェブサイトが6日、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の総監督・菅賢治氏と、総合演出の“ヘイポー”こと斉藤敏豪氏が今春リストラされると報じ [全文を読む]

松本人志『日刊大衆』に謝罪要求 今後を不安視するネット民も

しらべぇ / 2017年02月06日18時00分

(画像はTwitterのスクリーンショット)『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)でおなじみの元チーフプロデューサーのガースーこと菅賢治さんと総合演出のヘイポーこと斎藤敏豪さんが「クビ」になったと日刊大衆が報じた。しかし、これについて松本人志(53)が自身のツイッターにて反論したことが話題になっている。■松本人志「ふたりに謝って」と激怒 [全文を読む]

「モテワンコンテスト 2016 in 幕張メッセ」10月1日より投票開始!

DreamNews / 2016年10月03日15時00分

【モテワンコンテスト 2016 in 幕張メッセ 開催概要】 【モテコン 2016 】 開催日 :2016年12月3日(土) 会場 :幕張メッセ コンベンションホール (千葉県美浜区中瀬二丁目一番) 時間 :開場11:30、開始13:00、終了21:30予定 チケット :100,000円(VIP席) :30,000円(S席) :15,000円(A席) : [全文を読む]

事実無根! 月亭方正の「ガキ使降板」報道、なぜそうなった?

tocana / 2015年10月27日18時00分

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』は、監督を菅賢治、プロデューサーを大友有一とダウンタウンの松本人志の理解者たちが務め、松本自身も企画構成に関わっている。浜田雅功が"松本の番組"とまで評するこの番組において、松本と付き合いの長い方正を切るとは到底思えない。 実際に、この記事が紹介されると、松本をはじめとする出演者たちは笑いに包まれ、方正も「番組 [全文を読む]

マニアックな世界にいとう&土田&市川が言いたい放題

Smartザテレビジョン / 2015年06月26日19時44分

同番組は「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(毎週日曜夜11:25-11:55日本テレビ系)など数々の人気番組を手掛けてきた菅賢治プロデューサーが制作、芸能界でもマニアックな知識を持つことで知られるいとうせいこう、土田晃之、市川紗椰が出演する。 「地下アイドル」「ガチャガチャ」「カメムシ」など、“そんなこと”までランキングにするのかというコアな内 [全文を読む]

大晦日「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」は「紅白歌合戦」と同じ轍を踏むのか?

メディアゴン / 2015年01月04日01時00分

(だから、この「きつさ」が苦手な人にはとことん合わないのだが)番組でもよく露出するチーフプロデューサー・菅賢治(通称ガースー)が、ダウンタウン(の漫才)を東京の人にも知ってもらいたいと考えて、2人の東京進出の足掛かりとして作ったのが「ガキ」である。今ではすっかり大物になって楽そうな仕事ばかりをしている松本・浜田も、ガキでは体を張っていた。年をとってからも、 [全文を読む]

ダウンタウン「ガキの使い」世界中にも熱狂的ファンの存在がいる事が判明

AOLニュース / 2014年12月01日16時45分

先日もガースーこと菅賢治プロデューサーの日テレ退社について海外のファンの間で、心配の声が寄せられ、最終的にはただ単にガースーいじりのネタで盛り上がるなど、どうも世界中にかなりコアなガキのファンがいるようで、その実態が海外の専用フォーラムでも話題となった。 日本でもお馴染みのRedditの掲示板には約1万人のファンが出入りしているようで、アメリカにはかなり [全文を読む]

大晦日「ガキ使」の絶対に笑ってはいけないが不安・・・ガースー引退に海外からも心配の声

AOLニュース / 2014年11月19日22時30分

先日番組の菅賢治プロデューサーが年内退職するとの報道で番組存続が危ぶまれているという報道を受け、以外にも海外からも「どうなるんだろう・・・」と不安の声が寄せられている。 ネットにも映像がアップされ海外にもファンがいるという「笑ってはいけない」。ネット掲示板redditで 「彼の伝説的な編集スキルが恋しくなるに違いない」「ガースーがいないとどう影響があるのか [全文を読む]

<テレビ番組がヒットした理由>人気プロデューサーが書いた本を放送作家として冷静に読んでみた

メディアゴン / 2014年10月30日17時25分

ところで、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」「恋のから騒ぎ」「踊る!さんま御殿」(いずれも日本テレビ)といった人気番組を手がけてきた菅賢治プロデューサーが『笑う仕事術』(ワニブックス)という本を出した。大抵、こういった制作者が書いた本で、まず目に止まるのは華やかな番組制作歴だろう。こういう業界人が出した本のほとんどすべてを読んでいる筆者は、もちろん、 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松本人志が「しないわけではない」と言及。ダウンタウン『ガキの使い』名物コーナーは復活する?

TechinsightJapan / 2014年09月17日17時15分

“ガースー”の愛称でおなじみの名物プロデューサー菅賢治氏による著書『笑う仕事術』(ワニブックスPLUS新書)によれば、そもそも『ガキの使い』を始めたきっかけは「単純に(自分が)ダウンタウンの漫才を生で見たい」との思いからだったという。 1989年の放送開始から数々の名物コーナーを生んできた『ガキの使い』であるが、その中でも視聴者から絶大な支持を集めていた [全文を読む]

女性芸能人のタブー真相「衝撃の告白」篇(2)

アサ芸プラス / 2014年05月09日09時58分

「バラエティに出るようになった時、“どうしたらおもしろい発言ができるか”ってことを教えたのが“ガースー”こと元日本テレビの菅賢治さん。杉田さんは初めからオチまで丁寧に順序立てて説明するんだけど、日テレ時代の菅さんは『途中の話はいらないからポイントとオチでいいよ』って教えた。例えば、ケンカをして、怒って皿を割りましたっていう話だとすると、オチは『皿を割った [全文を読む]

「1ケタ台連発、菅Pも退社で……」波紋呼ぶ、ダウンタウン浜田雅功“リタイア宣言”の本気度

日刊サイゾー / 2014年01月12日09時00分

「唯一の高視聴率番組ともいえる『笑ってはいけない』シリーズは、昨年末の放送でも民放ではトップの視聴率を記録しましたが、同番組の元総合プロデューサーである菅賢治氏が、日テレの慰留を断って定年退職することが決定しており、番組の存続が危ぶまれている状況。同シリーズは、現在のダウンタウンの“存在意義”を支えているといっても過言ではないコンテンツ。菅氏の退職は同番 [全文を読む]

ダウンタウン、大ピンチ!? 頼みの綱「笑ってはいけない」シリーズ終了の可能性

サイゾーウーマン / 2014年01月07日13時00分

しかし関係者の間では、昨年末からすでに『14年末はあまちゃんがないから、視聴率がヤバそう』といわれているようです」(スポーツ紙記者) 対する『ガキの使い』は「録画視聴を入れれば、30%を超えると見られている」(同)というだけに、今年はさらに『紅白』から視聴者を奪えると見られていたのだが…… 「実は今年で、番組の元総合プロデューサーである菅賢治氏が、日テレの [全文を読む]

BPO審議、動物虐待、撮影地詐称ら不祥事6連発! 年間“最低” テレビ局は?

サイゾーウーマン / 2013年12月24日13時00分

菅賢治制作局長代理らが「何やってんだ」と激怒する緊迫した空気の中、さんま自身は菅局長をとりなすように「(その服装)いいねぇ」と言ったという。【スポーツ局ディレクター逮捕】 9月、スポーツ局所属の男性ディレクターが窃盗未遂容疑で逮捕された。それがみのもんたの次男であったことからさらに騒ぎが大きくなり、非難の矛先は父親であるみのへ。みのは『朝ズバッ!』と『サタ [全文を読む]

フォーカス