岸田今日子のニュース

<渡辺徹座長・文学座コント部>旗揚げ公演『おもしろいやつ』出色は助川嘉隆

メディアゴン / 2017年03月12日07時30分

岸田今日子がいた文学座である。岸田今日子がいた文学座である。神山繁がいた文学座である。三谷昇がいた文学座である。名古屋章がいた文学座である。山崎努がいた文学座である。北村総一朗がいた文学座である。徳川夢声がいた文学座である。宮口精二がいた文学座である。樹木希林がいた文学座である。岸田森がいた文学座である。金子信雄がいた文学座である。大泉滉がいた文学座である [全文を読む]

“伝説のいい女”に会いたい!「<傷だらけの天使>ホーン・ユキ」

アサ芸プラス / 2016年01月03日09時57分

ショーケン演じる修の雇い主・綾部情報社社長(岸田今日子)の美人秘書役である。「萩原さんはもちろん、岸田今日子さんや岸田森さんなど、個性的で存在感ある俳優さんがたくさん‥‥。でも私としては、それだからこそ、あまり周囲を意識せずにドラマの世界に入っていけたというのはあります。私は私なんだって。プレッシャーを感じたということも特になかった」 本格的な女優活動を始 [全文を読む]

「スマホでUSEN」朗読番組追加のお知らせ

PR TIMES / 2014年04月10日13時57分

<4月11日 配信作品> NHK朗読~中原中也「中原中也作品集」~ 朗読:蟹江敬三 NHK朗読~中原中也「晩年の日記抜粋」~ 朗読:蟹江敬三 <今後配信を予定している作品 ※4月中旬以降、順次配信予定> NHK朗読~太宰治 「雪の夜の話」 朗読:奈良岡朋子 NHK朗読~芥川龍之介 「少年」 朗読:橋爪 功 NHK朗読~芥川龍之介 「或る日の大石内蔵助」 [全文を読む]

ブラックライトシアター 大型人形劇 エリック・カールの「はらぺこあおむし」いよいよ明日一般発売開始!

PR TIMES / 2017年04月21日14時16分

声の出演には岸田今日子で上演される。絵本をもとにした質の高い子ども向け人形劇は0歳から大人まで、幅広い世代が楽しめる公演となっている。チケットはいよいよ明日4月21日から一般発売となる。子どもの頃に目を輝かせながら絵本を読んでいた大人も、現在絵本に夢中な子どもたちも、夏休みの思い出に是非お見逃しなく!![画像3: https://prtimes.jp/i/ [全文を読む]

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

他に、岸田今日子や岸田森ら個性派俳優たちも共演した。メインライターを市川森一が務め、深作欣二をはじめ、映画界から神代辰巳や工藤栄一、恩地日出夫といった第一線の監督たちが参加した。 そのヌードや暴力シーンも辞さないアバンギャルドな作風は若者たちの心を捉えるが、同ドラマはテレビ界のどんな賞ももらわなかった。視聴率も一度も20%に届かなかった。 最終回、水谷豊演 [全文を読む]

「3月のライオン」で完コピ!あの伝説のドラマが始まる

Smartザテレビジョン / 2017年02月05日10時00分

共演は水谷のほか、岸田今日子、岸田森。恩地日出夫、深作欣二、神代辰巳、工藤栄一らの監督陣が参加し、メインライターは当時新進気鋭の市川森一が務めた。 文字どおり“傷だらけ”の2人の青春ストーリーは、当時の若者に多大な影響を与えた。その後、さまざまな番組からオマージュを受け、まさに“伝説のドラマ”に。'97年には、阪本順治監督の手により、豊川悦司&真木蔵人の [全文を読む]

男がとろけた「芸能界・魔性の女」を徹底追跡!(6)毒婦を味わう傑作シネマ

アサ芸プラス / 2017年02月02日12時57分

「私を取るのか、会社を取るのか!」 結局、田宮は嫉妬した恋人(岸田今日子)によって絶命するが、こうした「男の死」があってこそ、魔性の女と言えるでしょう。 谷崎潤一郎原作の「痴人の愛」(67年、大映)では安田(現・大楠)道代(70)が光る。小沢昭一と田村正和の2人が、安田演じるナオミによって性のとりこになってゆく。安田はヌードではないが、全身から野性美が漂っ [全文を読む]

BS12 トゥエルビ特番「萩原健一、『傷だらけの天使』を語る。」

@Press / 2017年01月31日18時30分

http://www.twellv.co.jp/event/kizudarake/special.html2.『傷だらけの天使』番組概要放送日時:2017年2月7日(火)~3月22日(水) 毎週火~金曜 よる9時~9時55分(全26本)出演者:萩原健一、岸田今日子、水谷豊、岸田森 ほか画像2: https://www.atpress.ne.jp/relea [全文を読む]

病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第1回・松方弘樹」(2)弘樹のイメチェンを図れ!

アサ芸プラス / 2016年10月18日05時57分

「大学出のインテリヤクザという役どころも難なくこなし、さらに実力派の女優・岸田今日子と“男と女”を感じさせる芝居を堂々とこなした。弘樹ちゃんのことはずっと見ているけど、あの芝居の成長ぶりは、思わず『おおっ!』とうなったね」 一方で仁科との再婚後も「きつい一発」は収まらない。海外ロケには日数分のコンドームをスーツケースに詰めさせ、地方の愛人宅から「新幹線で着 [全文を読む]

船越英一郎&バカリズムのタッグで名作が連ドラ化!

Smartザテレビジョン / 2016年07月30日00時46分

映画では岸恵子、山本富士子、中村玉緒、宮城まり子、岸田今日子など、そうそうたる女優陣が顔をそろえただけに、今回はどんな顔ぶれとなるのか。 [全文を読む]

壇蜜のエロスの原点がここに!東西希代の悪女が集結!!

Smartザテレビジョン / 2015年02月20日13時22分

ひとりの男が10人もの愛人に囲まれるというありえない状況ですが、岸田今日子さんが演じる女性のように、職場で知り合った既婚者の男性に戦友のような愛着が湧いてくるということも、分からないでもないですね。 洋画「上海から来た女」は、今回紹介する6つの作品の中では一番縁遠い世界の出来事です(笑)。悪女と呼ばれる女性の姿がかわいらしく見える瞬間がたくさんあります。リ [全文を読む]

元祖ゆるキャラのムーミン 作家生誕100周年で新たなブーム

NEWSポストセブン / 2014年08月09日16時00分

岸田今日子が声優を務めた温かみのあるムーミンの声を覚えている方も多いのではないだろうか。90年代入ると、作者のヤンソンが監修に参加したアニメが新たに日本で制作される。この作品は翌年から母国フィンランドに輸出され、さらに欧州やアジアなど世界各地で放送されて、世界的なムーミン人気に一役買った。 現在日本は、フィンランドに次いで世界で2番目に多くのムーミンファン [全文を読む]

土屋アンナ「舞台降板騒動」 公演中止のほうが丸儲け

アサ芸プラス / 2013年08月19日10時00分

商業的に成功しているのは劇団四季と宝塚ぐらいなもので、あの故・岸田今日子さんだって、持ち出しで公演をしていたし、80年代の小劇場ブームの時の第三舞台だって、利益が出ても、スタッフと役者で分けたら、1人数千円だったぐらいです。甲斐氏はちょっとふっかけすぎではないでしょうか」 99年に甲斐氏はCD「人間は…」を発表した歌手でもある。この楽曲は自身が作詞作曲して [全文を読む]

フォーカス