島田洋七のニュース

「お父ちゃんなんかさっさと死んでくれたら...」島田洋七、安藤桃子、春やすこら著名人が語る苛烈な介護体験

リテラ / 2017年01月30日12時48分

そこには島田洋七、春やすこ、ねじめ正一、城戸真亜子、安藤桃子、香山リカなど17人の赤裸々で率直な介護体験が語られている。 たとえば『佐賀のがばいばあちゃん』で注目を集めた島田洋七氏は妻の母親(義母)の介護を経験している。1999年、佐賀で暮らす義母が脳梗塞で倒れたのだ。東京から片道2時間かかる老母の遠距離介護が始まった。しかし、こうした生活は過酷だった。〈 [全文を読む]

ビートたけしと島田洋七、知られざる“夫婦のような深い関係”があった!

アサ芸プラス / 2016年12月10日17時59分

80年代漫才ブームの牽引者である、ツービート・ビートたけしとB&B・島田洋七。出会いから30年以上の月日が流れ、現在、たけしは東京、洋七は佐賀県に住んでいるため、かつてのようなベッタリ親密な関係ではなくなった。ところが、売れっ子時代は夫婦のような間柄だったことはあまり知られていない。演芸雑誌のベテラン編集長はいう。「2人は7年ほど同居していたんです。たけし [全文を読む]

『しくじり先生』島田洋七が語らなかった“吉本退社”全真相「事実上のクビだった」

日刊サイゾー / 2016年07月21日13時00分

2004年に出版された自叙伝『佐賀のがばいばあちゃん』(徳間書店)が累計600万部を超す大ベストセラーになりながらも、テレビ界から消えていた漫才コンビ「B&B」の島田洋七が、7月18日に放送されたトークバラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に登壇。事務所移籍4回、コンビ解消6回、副業失敗、参議院選落選と、しくじり人生を面白おか [全文を読む]

島田洋七が“がばい”しくじりを赤裸々告白

Smartザテレビジョン / 2016年07月04日05時00分

7月18日(月)夜7時から放送される「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP」(テレビ朝日系)に、島田洋七が登場する。 島田は'75年に漫才コンビ「B&B」を結成し、後の漫才ブームで一躍人気者に。また、'07年には著書「佐賀のがばいばあちゃん」がヒットを飛ばした。 漫才ブームをリードしたB&Bは、当時19本ものレギュラー番組を持つ売れっ子だった。し [全文を読む]

結婚するならポッチャリメンズ!? 日本初、ポッチャリ系男子のためのファッション誌『Mr.Babe』創刊!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月08日18時00分

創刊号には、元プロレスラーの佐々木健介や、島田洋七、TKO木下など、ポッチャリ系のドリームチームが集結! 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら いま日本男性の30%以上が“肥満”となり、30代・40代を中心に男性肥満率は増加中(厚生労働省調べ)だ。その一方で、「結婚するならポッチャリメンズがいい!」という大人女子が50%を超えているという噂も…。ついに [全文を読む]

又吉受賞に島田洋七「がばいばあちゃんも小説にしとけば…」

NEWSポストセブン / 2015年07月29日16時00分

芸人としてだけでなく、作家としても大先輩の島田洋七から、こんな有り難いお言葉を頂戴した。 「お笑いに学歴や学校の勉強はいらんと。でもお笑いで売れよう思ったら本読んだり努力するし、そういうことが世間に分かってもらえて嬉しかったね、おめでとう。 ただ、俺の『佐賀のがばいばあちゃん』は自伝だから、子供の頃を思い出してギャグを散りばめて書いたけど、いま思えば、『小 [全文を読む]

「BEST VALUE SOLUTION 2014」を東京・大阪にて開催

PR TIMES / 2014年10月16日16時36分

大阪会場の特別講演は、ご自身の祖母との実話を基にした「佐賀のがばいばあちゃん」の著者であるパーソナリティ・タレントの島田洋七氏に、「人生楽しくて当たり前」と題し、ご登壇いただきます。さらに、セミナーでは、ソフトバンクモバイル株式会社首席エヴァンジェリスト 中山五輪男氏に、これから主流となるスマートデバイスについて最新の活用事例も交え、ご講演いただきます。 [全文を読む]

「のん」能年玲奈主演のアニメ映画を著名人たちが「これはスゴイ!」と激賞

アサジョ / 2016年11月16日10時15分

僕は国民的な娘だと思っている」、この日のMCを務めた島田洋七は「知っていても言えないよなぁ」と回答する場面もあった。 この映画をきっかけに、のんの活躍の場は増えるのだろうか。「この世界の片隅に」は11月12日から全国公開がスタートしている。(笠松和美) [全文を読む]

バラエティーの新金脈 大物タレント再発掘ブームのワケ

NEWSポストセブン / 2016年10月04日16時00分

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に、Mr.マリックさん、辺見マリさん、木根尚登さん、野村宏伸さん、島田洋七さんらが出演しました。また、10月スタートの新番組『クイズ スター名鑑』(TBS系)も、前身番組の『クイズ タレント名鑑』に大物タレントが大量出演していたため、今作でも出演は間違いないと言われています。 それぞれの番組内容は、大物 [全文を読む]

日本で初めての太った男性のためのファッションショー東京ポッチャリコレクションpresented by SAKAZEN2016年9月22日(木・祝)@品川インターシティにて開催決定

PR TIMES / 2016年06月28日13時27分

また、当日は島田洋七さんの開会宣言や総体重370kg超のぽっちゃり系アイドルPottyaがライブを披露します。またさらなる出演者の拡充も行っており、今後随時発表してまいります。 FRESH! by AbemaTVにて、イベントの生中継配信が行われます。会場にお越しになられない方は、是非FRESH! by AbemaTVでイベントの様子を御覧ください。(h [全文を読む]

<多様性なきバラエティ?>80年代のMANZAIブームと現在の芸人ブームの明らかな違い

メディアゴン / 2016年05月07日07時30分

出演はツービート(ビートたけし、ビートきよし) / B&B(島田洋七、島田洋八)ザ・ぼんち(おさむ、まさと) / 島田紳助・松本竜介(島田紳助、松本竜介)星セント・ルイス(星セント、星ルイス) / 中田カウス・ボタン(中田カウス、中田ボタン)横山やすし・西川きよし(横山やすし、西川きよし)であるが、筆者のセント・ルイス、カウス・ボタンに対する印象は薄い。司 [全文を読む]

「昆虫を食べていた」風間トオルの幼少期が壮絶すぎ! “貧乏話”を求めるテレビ界の制作事情とは

日刊サイゾー / 2016年04月14日21時00分

トレンディ俳優という現在の立場とのギャップが、余計にインパクトを増大させているともいえますね」(放送作家) 風間の著書のタイトルは、島田洋七のヒット作『佐賀のがばいばあちゃん』(徳間書店)を彷彿とさせる。貧乏だけれども強い家族の絆、といったエピソードは感動的ではあろう。だが、安易でベタな印象も受ける。 「最近のトーク番組は、芸能人がぶっちゃけ話をすることも [全文を読む]

日本初!ポッチャリ系メンズのためのファッション誌『Mr.Babe』(ミスターベイブ)10月26日創刊!!

@Press / 2015年10月01日15時00分

さらに、元プロレスラーの佐々木健介さん、お笑い界からは島田洋七さん・TKO木下さん・豊満乃風さん、さらには映画監督の大根仁さんや、爆笑ツイートでおなじみの意識の高いデブといったポッチャリ系のドリームチームによるコラム・インタビュー記事も掲載。まさに特盛りの内容です。 また、創刊を記念して、クラウドファンディングサイト『GREEN FUNDING by T- [全文を読む]

芸能界復帰への動きも……? “盟友”島田洋七が明かす、島田紳助の現在

日刊サイゾー / 2015年04月24日11時00分

だが最近、紳助に会ったという、彼の兄弟子に当たる島田洋七は筆者に「『戻る気はない』と言ってましたわ」と、復帰を否定。紳助の近況とは――? 紳助は、第一次漫才ブームで一世を風靡した「B&B」洋七のしゃべくりの絶妙さに感激し、洋七の弟弟子として、お笑いの世界に入ったという。確かに、ビートたけしも「洋七のしゃべりは誰もかなわない」と絶賛するほどだ。 お笑いの世界 [全文を読む]

島田紳助が作詞提供したRYOEIに紳助の近況を直撃!

アサ芸プラス / 2015年04月21日05時57分

06年公開の映画「佐賀のがばいばあちゃん」の主題歌「ばあちゃん」の作曲を担当し、その縁で島田洋七から紹介を受け、06年11月から紳助の経営する「Bar HASEGAWA」(大阪市中央区)のライブにも出演するようになった。「月に1回歌わせてもらってるんで、そのライブにもたまに紳助さんは来られます。お客さんはみんなビックリされてますね(笑)」 今回の新曲発表で [全文を読む]

松村雄基が最後まで堪能! とんこつ100%で野菜てんこ盛り「特製ちゃんぽん」

ぐるなび / 2014年11月26日19時10分

漫才師の島田洋七さんは「量と味は完璧日本一かもね。野菜が多い、キクラゲ入りがものすごくうまい!」と紹介する。松村さんが、この日注文したのは、島田さんイチオシの名物「特製ちゃんぽん」。炒め野菜とキクラゲが麺を覆い隠してしまうほどのてんこ盛り、その上に生卵がトッピングされる。こだわりのスープに、ちゃんぽんで一般的な鶏ガラは使わない。豚の骨を丸1日煮込み、ポター [全文を読む]

酒井法子が1年ぶりテレビ出演! タレント再生工場『5時に夢中!』で、あの真相を生激白か

日刊サイゾー / 2014年11月10日20時30分

「『5時に夢中!』といえば、“タレント再生工場”と呼ばれ、これまでも“ペニオク騒動”後の小森純や、洗脳騒動後の元オセロ・中島知子、所得隠し問題でバッシングを受けていた坂東英二、事務所移籍騒動で露出が減った島田洋七らが出演。中島、坂東、島田は、この出演後、同局の兄弟番組『バラいろダンディ』のレギュラーコメンテーターに決まった。NHKや民放キー局への出演が絶 [全文を読む]

消えた芸能人「裏口復帰レース」で勝ち名乗りを上げるのは?(1)保田圭の電話が矢口真里復活の前兆?

アサ芸プラス / 2014年09月16日09時58分

テレビ出演時とは違ってロン毛にポロシャツ姿とラフな格好でしたが、マイクを持つと『3年ぶりに人前に出てきました』と島田洋七と15分ほどマシンガントークを披露しました。ただ、復帰に関しては『1000%、2000%ありえへん』と完全否定しています」(音楽ライター) しかし、ありえないことが起こるのが芸能界の常。 「今回のゲスト出演のことを吉本サイドは事前に知って [全文を読む]

芸能界50年間の「壮絶バトル」を一挙公開!(5)笑えない「殺伐芸人」-松本人志VS太田光 他-

アサ芸プラス / 2014年07月15日09時58分

ベテラン芸人、島田洋七(64)のバトルは若くもなければ、いまだに水に流れていない。90年、洋七が竜雷太(74)の紹介で東伊豆に民宿開業のための土地800坪を購入。だが、この土地は温泉どころか、水道を引くのも困難だった。洋七はワイドショーに出演し、竜を罵ったのだ。 「原野商法じゃないか!」 一方の竜も「僕はあの人を認めていない」など反撃し、このバトルは法廷 [全文を読む]

「たかじんとたけし」東西帝王の酒場交流“涙”秘話(1)

アサ芸プラス / 2014年01月23日09時58分

この時、たけしの横でグラスを傾けていた共演者・島田洋七(63)が、たかじんの“過剰反応”について語る。 「あれは、大阪の番組やから、視聴者へのリップサービスかもね。大阪はけっこう意識するから。でも、たかじん自身、本当は東京でやりたかった。『1回ぐらい東京でやりたい』って言うてたもん。俺が『世界恋愛教教祖』って企画書を書いて、どっか持ってったけど通らなかった [全文を読む]

フォーカス