片岡秀太郎のニュース

紀香 3歳年上義母のいる大阪へ…始めていた遠距離梨園妻修業

WEB女性自身 / 2016年10月04日00時00分

そこで本誌は、その舞台裏を徹底取材! 現在、紀香に梨園妻としての心得を教えているのが、義母の片岡秀太郎夫人。片岡秀太郎(75)が愛之助を養子にしたのは93年。翌94年に秀太郎は27歳年下の女性と再婚し二女を授かったという。つまり義母は紀香より、たったの 3歳年上 でしかないのだ。 「紀香さんとは歳の差がないので、互いに気を遣うことも多いでしょう。当初は2人 [全文を読む]

藤原紀香 ノリノリ“出産宣言”に先輩梨園妻たちが送る冷視線

WEB女性自身 / 2016年04月05日00時00分

しかし、そもそも愛之助さんも片岡秀太郎さんの芸養子でした。それなのに紀香さんが実子にこだわっていたことに驚いていたおかみさんも多かったですよ」 確かに彼女はこれまでもインタビューなどで、たびたび出産への夢を語っており、著書『藤原主義』にも、《結婚や出産でますます輝く女になる》と綴っている。だが会見での出産宣言は、単純に彼女の美意識によるものではないという。 [全文を読む]

野村萬斎、片岡愛之助…“伝統芸能”を背負いながらも挑戦をためらわない俳優たち

dmenu映画 / 2017年06月02日07時00分

その才能と意欲を十三代目片岡仁左衛門に見出され、二代目片岡秀太郎の養子となって上方歌舞伎の伝統を継ぐことになりました。 実は片岡愛之助は、歌舞伎界初で唯一の仮面ライダー俳優です。彼の演じた仮面ライダーマルスは、『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦! 黄金の果実争奪杯!』(2014年)に登場したライダー。自らを新世代の神と称する謎の男という役どころでし [全文を読む]

デジタルアートで江戸の秘密を暴く「スーパー浮世絵『江戸の秘密』展」を開催

NeoL / 2016年10月24日07時33分

1992年1月、片岡秀太郎の養子となり、大阪・中座『勧進帳』の駿河次郎ほかで六代目として片岡愛之助を襲名。2008年12月、上方舞楳茂都流四代目家元を継承し、三代目として楳茂都扇性(うめもとせんしょう)を襲名。近年は歌舞伎のみならず、舞台・映画・TVドラマでも活躍する。2017年3月、東京・新橋演舞場にて、初ミュージカル『コメディ・トゥナイト!ローマで起こ [全文を読む]

紀香の梨園妻デビューに先輩妻たちからの“怖すぎる通信簿”

WEB女性自身 / 2016年10月12日06時00分

この日、都内にある国立劇場では義父・片岡秀太郎(75)出演の『国立劇場開場50周年記念 仮名手本忠臣蔵』も初日のため、紀香は愛之助と午前中に挨拶へ訪れていたのだ。 「初々しいお着物姿でしたよ。常に愛之助さんの後ろを歩き、お会いする方に何度も深々と頭を下げていました。ご自身はお話をほとんどせず、愛之助さんの言葉に相槌を打つだけ。慎み深い印象でした」(歌舞伎 [全文を読む]

藤原紀香 京都“特別挙式”で愛之助と祈った「子授けの社」

WEB女性自身 / 2016年09月28日06時00分

彼は芸養子として片岡秀太郎さん(75)の籍に入りましたが、それを後押ししてくれたのは、ほかならぬ実父でした。愛之助さんの襲名披露の際も、そのお父さんが『あとは結婚式だね』と嬉しそうに言っていたのが、今でも忘れられません。きっと愛之助さんも、お父さんに晴れ姿を見せたかったのでしょう」(歌舞伎関係者) 紀香もそのことを知っていたのだろう。だからこそ愛之助が育っ [全文を読む]

美容思想で周囲ドン引きの藤原紀香と“愛之助商法”に勤しむ熊切あさ美

デイリーニュースオンライン / 2016年05月29日13時01分

さらに、愛之助の養父・二代目 片岡秀太郎(74)から“待った”をかけられ、デビューは延期となっていた紀香の“梨園の妻デビュー”だったが、愛之助が10月に出演する歌舞伎公演で本格的に梨園の妻としてデビューする事も報じられている。 5月中旬、紀香が銀座の産婦人科へ通っている姿が写真週刊誌に掲載された。記事では、紀香を迎えに来た愛之助は直撃した記者に対し、「妊活 [全文を読む]

藤原紀香の素行不良に“梨園追放”の危機

デイリーニュースオンライン / 2016年04月25日09時05分

■周囲の擁護で守られる紀香 夫・愛之助の養父である片岡秀太郎(74)は、18日に自身のブログで鴈治郎襲名興行が大盛況の内、中日を迎えたことを報告。そして「(愛之助の)嫁の紀香は東京で、仁左衛門の月命日に、私と一緒に池上にお参りに行きました」と、紀香が梨園の妻として修業を行っていることを明かしている。 また、紀香が義父の秀太郎とともに留守の夫に代わり、梨園 [全文を読む]

藤原紀香、ノリノリですまない梨園

NewsCafe / 2016年04月17日16時00分

劇場にかけつけたご贔屓筋への挨拶を行う梨園妻デビューについて、愛之助が出演する香川・金丸座での『四国こんぴら歌舞伎』と予想されていましたが、結局は延期されました」 同興行は4代目中村鴈治郎(57)の襲名披露を兼ねた公演だったため、愛之助の養父である片岡秀太郎(74)が紀香に自重を説いたと聞く。 「秀太郎の一存ではなく、興行主の松竹が各方面からの意見を考慮し [全文を読む]

義父と亀裂?藤原紀香「梨園の妻デビュー延期」の裏事情

アサジョ / 2016年04月17日09時59分

「義父の片岡秀太郎がブログで、今回の公演はあくまで四代目中村鴈治郎の襲名披露がメインで、マスコミが騒ぎ立てて紀香の梨園の妻デビューばかりが注目を集めてはいけないと、遠慮するようにと2人に忠告したのです」(週刊誌記者) 梨園は役者の妻でさえ、年齢より業界に入った年で序列ができるほど立ち位置に厳しい世界。当然といえば当然のアドバイスだ。しかし、わざわざブログで [全文を読む]

片岡愛之助と結婚した藤原紀香の結婚に厳しい批評 なんで?

NEWSポストセブン / 2016年04月17日07時00分

愛之助の義父で歌舞伎役者の片岡秀太郎(74才)は、4月9日と目されていた紀香の梨園デビューに、「9日に初日を迎える金丸座は(中村)鴈治郎さんの襲名興行。鴈治郎さんが主役なので、愛之助たちが騒がれては配慮に欠ける。初日に行くのは遠慮するように」と“待った”をかけたのだ。《今夏にはミュージカル“南太平洋”が控えておりますし、ライフワークとしてのボランティア活 [全文を読む]

藤原紀香はなぜ叩かれる?”隠し子”騒動再燃と孤立無援の背景

デイリーニュースオンライン / 2016年04月15日18時05分

愛之助の養父・片岡秀太郎(74)も紀香が“梨園の妻デビュー”を焦るあまりKY言動に走らないよう気を配ってますが、その時点で失格。会見も陣内智則(42)との入籍時と同じく金屏風の前で行われ、取材に訪れた記者たちからも失笑を買っていました」(週刊誌記者) ■相乗効果で下がる好感度 そんな会見から半月で、今度は愛之助の隠し子スキャンダルが再燃。火消しのためか、す [全文を読む]

藤原紀香“バッシング報道”に反論も歌舞伎界から浴びる冷視線

デイリーニュースオンライン / 2016年04月12日12時03分

理由は、4代目を襲名した中村鴈治郎の披露も兼ねた同興行を、愛之助の養父・片岡秀太郎(74)が考慮したためだ。 「初日に愛之助たちが騒がれては配慮に欠けるとの理由ですが、紀香さんがまた自分を主張しすぎる行動をとるのではないかという意見もあったようです」(前出の関係者) 1991年に歌舞伎俳優・中村橋之助(50)と結婚した女優の三田寛子(50)は「入籍以来24 [全文を読む]

ノリノリは目障り? 藤原紀香を嫌う男の中にある「出しゃばる女への恐怖心」の正体は

WEB女性自身 / 2016年04月09日03時00分

しかし「こんぴら歌舞伎大芝居」が「四代目中村鴈治郎襲名披露」興行であるということで、愛之助氏の養父、片岡秀太郎氏が1日にブログで「騒がれては主役に配慮が欠ける」というアドバイスをしたことが明らかになりました。一般人からするとさじ加減のよく分からない問題ですが、9日の妻デビューについて質問された際、紀香さんは「多分、行かないと思います」とコメント。この言い方 [全文を読む]

藤原紀香、結婚会見へ批判噴出の理由…「自分に酔ってる」「勝ち誇った笑顔」

Business Journal / 2016年04月06日07時00分

しかし、今回はA氏が反対している結婚ということで、今回の愛之助の結婚についてならどれだけバッシングしても問題ないだろうというのが、スポーツ紙をはじめとする主要メディア側の判断なのです」(同) ●日陰の存在 一方、愛之助サイドは松竹の演劇部が全面的にサポートしているとはいうものの、愛之助の養父である片岡秀太郎から、藤原は愛之助の舞台初日には劇場へ来ないよう言 [全文を読む]

藤原紀香の“ウェディングハイ”に嫌悪感?歌舞伎界からは微妙な反応

デイリーニュースオンライン / 2016年04月05日19時05分

本人も乗り気だったようだが、これに愛之助の養父で歌舞伎俳優の片岡秀太郎(74)が苦言を呈したことも話題になった。 同公演は昨年四代目を襲名した中村鴈治郎(57)の襲名披露興行であり、片岡は「主役は鴈治郎さんです。その初日に愛之助たちに騒がれては配慮に欠ける」と紀香の暴走に待ったをかけたのだ。結婚早々に夫の養父にいさめられるという状況は「3歩下がって……」が [全文を読む]

藤原紀香、結婚しても四面楚歌!! 「おかみさんから陰口」「子作り問題で炎上」ら苦難続き

サイゾーウーマン / 2016年04月05日13時00分

交際発覚当初から、紀香に対しては、『おかみさん業に徹する意識はまるでなさそうだ』と、歌舞伎界の伝統を重んじる人々から批判が噴出していました」(週刊誌記者) 紀香の“おかみさんデビュー”に関しては、9日から香川で開かれる「四国こんぴら歌舞伎大芝居」初日が有力視されていたが、この件については当初結婚に反対していたといわれる、愛之助の養父・片岡秀太郎が「金丸座は [全文を読む]

まったく祝福されない片岡愛之助と藤原紀香、テレビマンは「披露宴中継の価値下落」と……

日刊サイゾー / 2016年04月04日09時00分

確かに、隠し子までいて二股騒動を起こした遊び人の愛之助と、ブログで持ち物を自慢したり自己愛の強さが漂う紀香という2人、嫌いなタレントの上位にきそうなカップルでは、この反応も当然といえば当然ですが、これでは秋に予定する挙式・披露宴の中継はテレビコンテンツとしての価値が上がらないのでは? 少なくとも、放送権の争奪戦にはならないでしょう」(同) 極めつきは、愛之 [全文を読む]

藤原紀香の結婚発表は最悪のタイミング 梨園のタブー破りも

NEWSポストセブン / 2016年04月04日07時00分

「当初は結婚に反対していた養父の片岡秀太郎さん(74)も、愛之助さんの思いに根負けして結婚を認めました。交際発覚直後、愛之助さんは他の女性とも飲みに行っていましたが、紀香さんが先回りして“監視”することもあった。そんな彼女の情熱にほだされ、今では歌舞伎界の伝統さえも破るほどの愛情を彼女に感じているようです」(梨園関係者) だが今回の結婚発表は、「最悪のタ [全文を読む]

結婚発表の藤原紀香 正月には挨拶まわりし「若旦那」と呼ぶ

NEWSポストセブン / 2016年03月31日05時00分

愛之助の養父・片岡秀太郎(74才)もまた、紀香との交際に反対していると報じられてきた。 「秀太郎さんは大阪の町工場の長男として生まれた愛之助さんを自らの後継者として養子縁組し、一人前の歌舞伎役者に育てられた大恩人です。秀太郎さんの意向は愛之助さんにとって“絶対”のため、結婚は難しいと思われていました」(スポーツ紙記者) それでもふたりの思いは揺るがなかった [全文を読む]

フォーカス