伊良部秀輝のニュース

【著者に訊け】田崎健太 豪速球投手『球童 伊良部秀輝伝』

NEWSポストセブン / 2014年06月11日07時00分

【著者に訊け】田崎健太氏/『球童 伊良部秀輝伝』/講談社/1600円+税 その突然すぎる幕切れを、私たちは予め知っている。それでも彼、伊良部秀輝の、不器用なだけに純粋な野球への思いや、壊れやすく繊細な魂の輝き、そして時に覗く茶目っ気が、読む者を捕えて放さない――。田崎健太著『球童 伊良部秀輝伝』はそんな評伝だ。 著者は生前の彼に〈最後に話を聞いた人間〉であ [全文を読む]

故・伊良部秀輝の追悼イベント 中止理由は“会費2万円”他

NEWSポストセブン / 2012年01月14日07時00分

昨年12月20日、東京・千代田区にある東京會舘では、午後4時から「天国の伊良部秀輝君を激励する会」と題した追悼セレモニーが予定されていた。 伊良部氏が生前所属していたマネジメント事務所が音頭を取って計画されたもので、会費は2万円。米国在住の京淑夫人も来日して参加するとの情報もあり、「夫人から伊良部氏の“遺言”が明かされるのでは」(スポーツ紙記者)と期待され [全文を読む]

プロ野球記録を作っても…容易ではない“平成の奪三振王”への道

ベースボールキング / 2017年06月09日11時45分

【平成限定・シーズン奪三振ランキング】1位 287個 野茂英雄(近鉄/1990)1位 287個 野茂英雄(近鉄/1991)3位 276個 野茂英雄(近鉄/1993)3位 276個 ダルビッシュ有(日本ハム/2011)5位 247個 今中慎二(中日/1993)6位 241個 石井一久(ヤクルト/1998)6位 241個 田中将大(楽天/2011)8位 239 [全文を読む]

【阪神】西岡剛から伊良部秀輝、村田兆治、たけし軍団まで? 阪神とロッテの妙な縁

文春オンライン / 2017年05月31日11時00分

近年では西岡剛や小林宏之、久保康友(現DeNA)といった、なにかとキャラの濃い面々が印象的で、もっと遡ると2003年の阪神リーグ優勝に大きく貢献した伊良部秀輝が思い浮かぶ。 あのとき、メジャー帰りの伊良部はとにかく衝撃的だった。なにしろ1990年代のロッテで一時代を築いた剛速球投手が、速球派が極めて少なかった阪神投手陣に加わったのである。全盛期とピッチング [全文を読む]

故・伊良部秀輝自宅前の献花・手紙がゴミ箱に捨てられた理由

NEWSポストセブン / 2012年01月16日07時00分

剛速球投手として日米球界を沸かせた伊良部秀輝氏(享年42)が、昨年7月27日、ロサンゼルスの自宅で首を吊って自らの命を絶ってから約半年。彼は今、千葉市内のある寺で身寄りのない「無縁仏」としてひっそりと眠っていたことが明らかになった。 死の直後、ファンや関係者によってロスの自宅前に供えられた献花やお悔やみの手紙が、ゴミ箱に捨てられていたというできごとがあった [全文を読む]

嫁と実家の確執の末に伊良部秀輝氏の遺骨が「無縁仏」に

NEWSポストセブン / 2012年01月13日07時00分

昨年7月27日、ロサンゼルスの自宅で首を吊って自殺した伊良部秀輝氏の亡骸は現地で火葬され、「本人の希望で、ロスのリトル・トーキョーにある東本願寺別院に納骨されることになっていたはず」(在米のスポーツジャーナリスト)といわれていた。 ところが、死後半年経った今、伊良部氏の遺骨は日本で「無縁仏」になっているというのだ。米国在住で伊良部氏を「ラブちゃん」と呼ぶ間 [全文を読む]

【ロッテ】ウグイス嬢歴27年目 マイクの鉄人・谷保恵美さんの“仕事の流儀”

文春オンライン / 2017年05月11日11時00分

先発は伊良部秀輝で、勝ち投手は現在スカウトで佐々木千隼投手、平沢大河内野手などを担当した井辺康二。堀幸一14号3ラン、愛甲猛が3号3ランを放っている。 「私自身は必死だったのでまったく覚えていない。ただ、放送室とグラウンドがすごく近かったのはよく覚えている。放送室の窓の目の前がネクストバッターサークル。選手の大きなお尻がハッキリと見えたことだけは覚えている [全文を読む]

王貞治を激怒させた「開幕投手・園川事件」 本人が振り返る

NEWSポストセブン / 2017年03月28日16時00分

もちろん、よく覚えていますよ」 1996年、伊良部秀輝、小宮山悟、ヒルマンの3本柱を差し置いてロッテの開幕投手を務めた園川一美は、苦笑しながら振り返る。試合前日、開幕投手にエース・工藤公康を立てたダイエー・王貞治監督は、相手の予告先発が園川と聞き、報道陣に「開幕投手には“格”というものがあるだろう」と不満をブチまけてスポーツ紙の一面を飾った。 「奇策といわ [全文を読む]

元メジャー超大物は“四国の先生”【二宮清純スポーツコラム】

日刊大衆 / 2017年03月20日07時35分

ドミンゴ・グスマン、伊良部秀輝、藤川球児(いずれも高知ファイティングドッグス)をはじめ、これまで独立リーグ・四国アイランドリーグplusでは5人の元メジャーリーガーがプレーしたことがある。しかし今回はケタ違いの大物である。MLB歴代15位となる通算555本塁打の記録を持つマニー・ラミレスが高知に入団したのだ。 それにしても、なぜラミレスが四国の地に? きっ [全文を読む]

天龍と長州が今明かす『WJプロレス』6連戦中断の真相「源ちゃんがぼくに塩を送ってくれたんです」

週プレNEWS / 2016年12月22日10時00分

著書に『真説・長州力 1951―2015』(集英社インターナショナル)『偶然完全 勝新太郎伝』(講談社+α文庫)『球童 伊良部秀輝伝』(講談社)『電通とFIFA サッカーに群がる男たち』(光文社新書)など。現在『KAMINOGE』(東邦出版)で「真説・佐山サトル」を連載中 (撮影/平工幸雄) [全文を読む]

フォーカス