藤沢和雄のニュース

ジョッキー格差の過酷実態(1)「営業下手で騎乗機会が減り…」

アサ芸プラス / 2013年01月17日09時59分

「一説にはうつ状態だったとも言われていますが、デビュー時の師匠だった藤沢和雄調教師でさえ、『細かいことはよくわからないんだ』と困惑してました。何しろ、青木騎手は数年前から美浦トレセンのそばに住まず、神奈川県横浜市に自宅を構えていた。朝の調教に姿を現すこともめったになく、昨年4月15日の騎乗が最後で、その後は休業していましたからね」 95年に藤沢和雄厩舎で [全文を読む]

春競馬最大のクライマックス!「ダービー&オークス」を競馬総合誌『サラブレ』が総力特集! 本番で買って儲けられるのは“コノ馬”だ!!

PR TIMES / 2017年05月15日17時50分

競馬総合誌『サラブレ』では皐月賞・桜花賞・トライアルレースの検証はもちろん、皐月賞で、自身の管理する馬がワンツーフィニッシュを飾り、さらには未完の大器・サトノアレスをダービーに送り出す池江泰寿調教師の大一番への秘策や、桜花賞の大本命・ソウルスターリングが3着に敗れ、ダービーも有力馬で巻き返しを図る藤沢和雄調教師の逆転のシナリオなど、大一番に向けて重要なポイ [全文を読む]

史上初!「親子4人」騎手が実現、家族が見る夢 震災を乗り越えた福島出身・木幡騎手の一家

東洋経済オンライン / 2017年03月03日08時00分

関東の名門藤沢和雄厩舎に所属する。現役最年長騎手の木幡初広さん(51)が父。初広さんの長男初也さん(21)、2男巧也さん(20)も中央競馬の騎手で、育也さんは3男だ。父と2人の兄に続いて騎手となった。■父の初広さんは福島出身、実家は津波で被災した中央競馬で親子4人がいずれも騎手となったのは史上初めて。しかも全員が現役だ。少子化の時代にあって今後ほぼ破られな [全文を読む]

角居勝彦調教師、調教の要諦は「走らせすぎない」

NEWSポストセブン / 2017年01月29日07時00分

※週刊ポスト2017年2月3日号 [全文を読む]

2017年は牝馬の時代? 「怪物の娘」がダービーと凱旋門賞制覇を果たす可能性

週プレNEWS / 2017年01月18日10時00分

あとひとつ気になるのは、ソウルスターリングを管理する藤沢和雄調教師は、わりと現実路線であること。同厩舎には牡馬の期待馬もそろっていますから、現状、ソウルスターリングを牡馬路線に参戦させるとは思えません。それでも、桜花賞を好内容で圧勝すれば、矛先をダービーに変える可能性も十分にありえます。 今年の牡馬勢相手なら十分に勝機はありますし、ソウルスターリングもそ [全文を読む]

ヒット中『世界一難しい恋』だけじゃない!? あからさまに「名前」に意図がある確信犯ドラマに驚愕

Business Journal / 2016年05月20日01時00分

同ドラマのシーズン1には「藤沢和雄」、2には「武田幸四郎」も登場するあたり、完全に確信犯に違いない。 他にも綾瀬はるか主演『きょうは会社休みます。』にも競馬関係者の名前がいくつか隠れている。ドラマを楽しみつつ、名前に注目するのも面白いかもしれない。 [全文を読む]

【G1展望・優駿牝馬オークス】大本命シンハライトの「一強」か、それとも新勢力の「台頭」か......同世代にとって「生涯に一度」の頂上決戦が始まる

Business Journal / 2016年05月15日19時00分

中でも、オークストライアルとなるフローラS(G2)を快勝したチェッキーノ(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は、逆転が期待できるほどの器の持ち主かもしれない。 ここまでシンハライトと同じ4戦3勝。桜花賞トライアルのアネモネSを快勝しながらも、あえて桜花賞をパスして挑んだのが前走のフローラSだった。レースでは、不利と言われる大外枠のハンデを跳ね返し、メンバー最速 [全文を読む]

角居勝彦氏が見据える「競走馬のセカンドキャリア」......超絶実績の調教師が描く未来と「誇り」

Business Journal / 2016年04月25日18時00分

厩舎を起こす前は松田国英厩舎、森秀行厩舎、藤沢和雄厩舎と日本競馬を代表する調教師のもとでスキルを磨いた。特に松田厩舎では「外から見ていて『変わったやり方をする人だな』と思われた松田国英というホースマンは、中に入ってみるといっそう、ビックリするほど新しかった」ともコメントしており、その影響を多分に受けつつ、独自の理論を形成していった様子だ。 2013年、JR [全文を読む]

競馬界の巨大王国「ノーザンファーム」の独走と野望(5)一流調教師との強固な関係

アサ芸プラス / 2015年05月18日17時55分

例えば美浦の堀宣行、藤沢和雄、戸田博文、萩原清、加藤征弘厩舎など。栗東では池江泰寿、角居勝彦、矢作芳人、松田博資、石坂正厩舎などがあげられよう。毎年、クラシックレースに活躍馬を送る名伯楽に期待馬を預ける。そして両者は揺るぎない関係で結ばれている。例えば──。 12年春にオルフェーヴル(池江厩舎)が不調に陥ったことがあったが、栗東近郊のノーザンファームしが [全文を読む]

成績だけでは分からない…トップ騎手7人「本当は崖っぷち」な裏事情(2)

アサ芸プラス / 2014年02月20日09時57分

昨年のダービーで藤沢和雄厩舎が管理するコディーノを下ろされてから、リズムに乗れていないのが横山典弘騎手(45)だ。 「12年に93%だった単勝回収率も13年は58%、今年は34%と落ち込む一方。特に中山では買えないよな。馬場がいい開幕週で、先行有利なのにもかかわらず、後方ポツン。若手じゃないんだからさ。スタート直後から馬券が外れた気分になるよ(苦笑)。勝負 [全文を読む]

フォーカス