藤沢和雄のニュース

ジョッキー格差の過酷実態(1)「営業下手で騎乗機会が減り…」

アサ芸プラス / 2013年01月17日09時59分

「一説にはうつ状態だったとも言われていますが、デビュー時の師匠だった藤沢和雄調教師でさえ、『細かいことはよくわからないんだ』と困惑してました。何しろ、青木騎手は数年前から美浦トレセンのそばに住まず、神奈川県横浜市に自宅を構えていた。朝の調教に姿を現すこともめったになく、昨年4月15日の騎乗が最後で、その後は休業していましたからね」 95年に藤沢和雄厩舎で [全文を読む]

【安田記念】ダービーは本誌予想★○で決着! 今週はイスラボニータを狙い撃ち「週刊大衆本誌 今週の決断」

日刊大衆 / 2017年05月31日07時35分

単穴に指名した★レイデオロが勝ち、同馬を管理する名伯楽・藤沢和雄調教師は悲願のダービー制覇を果たした。今週は、東京競馬場で芝1600mのG1戦・安田記念が行われる。春のマイル王に輝くのは!? 海外馬を含め、実力馬が揃った安田記念。前走で2年半ぶりの勝利を収めたイスラボニータが、2014年皐月賞以来のG1のタイトルを手にする。 同馬の鞍上といえば、その皐月賞 [全文を読む]

土屋太鳳、“とと姉”高畑充希と朝ドラファン歓喜の“まれ”なツーショット公開

Smartザテレビジョン / 2017年05月29日18時30分

同馬を管理する名伯楽・藤沢和雄調教師は、これが悲願の日本ダービー初制覇となった。 [全文を読む]

【ダービー】あの名馬と戦績瓜二つ「井崎脩五郎 競馬新理論」

日刊大衆 / 2017年05月22日08時35分

歴史は繰り返すというから、ウイニングチケットがダービーを勝って、名騎手柴田政人に初のダービーの栄冠をもたらしたように、レイデオロも名トレーナー藤沢和雄に、初のダービーの栄冠を届けるのではないか。ウイニングチケットのダービー制覇のときと同じように、四角で内がパッと大きく開いたりして。 ■井崎脩五郎 プロフィール 1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コ [全文を読む]

春競馬最大のクライマックス!「ダービー&オークス」を競馬総合誌『サラブレ』が総力特集! 本番で買って儲けられるのは“コノ馬”だ!!

PR TIMES / 2017年05月15日17時50分

競馬総合誌『サラブレ』では皐月賞・桜花賞・トライアルレースの検証はもちろん、皐月賞で、自身の管理する馬がワンツーフィニッシュを飾り、さらには未完の大器・サトノアレスをダービーに送り出す池江泰寿調教師の大一番への秘策や、桜花賞の大本命・ソウルスターリングが3着に敗れ、ダービーも有力馬で巻き返しを図る藤沢和雄調教師の逆転のシナリオなど、大一番に向けて重要なポイ [全文を読む]

史上初!「親子4人」騎手が実現、家族が見る夢 震災を乗り越えた福島出身・木幡騎手の一家

東洋経済オンライン / 2017年03月03日08時00分

関東の名門藤沢和雄厩舎に所属する。現役最年長騎手の木幡初広さん(51)が父。初広さんの長男初也さん(21)、2男巧也さん(20)も中央競馬の騎手で、育也さんは3男だ。父と2人の兄に続いて騎手となった。■父の初広さんは福島出身、実家は津波で被災した中央競馬で親子4人がいずれも騎手となったのは史上初めて。しかも全員が現役だ。少子化の時代にあって今後ほぼ破られな [全文を読む]

2017年は牝馬の時代? 「怪物の娘」がダービーと凱旋門賞制覇を果たす可能性

週プレNEWS / 2017年01月18日10時00分

あとひとつ気になるのは、ソウルスターリングを管理する藤沢和雄調教師は、わりと現実路線であること。同厩舎には牡馬の期待馬もそろっていますから、現状、ソウルスターリングを牡馬路線に参戦させるとは思えません。それでも、桜花賞を好内容で圧勝すれば、矛先をダービーに変える可能性も十分にありえます。 今年の牡馬勢相手なら十分に勝機はありますし、ソウルスターリングもそ [全文を読む]

ヒット中『世界一難しい恋』だけじゃない!? あからさまに「名前」に意図がある確信犯ドラマに驚愕

Business Journal / 2016年05月20日01時00分

同ドラマのシーズン1には「藤沢和雄」、2には「武田幸四郎」も登場するあたり、完全に確信犯に違いない。 他にも綾瀬はるか主演『きょうは会社休みます。』にも競馬関係者の名前がいくつか隠れている。ドラマを楽しみつつ、名前に注目するのも面白いかもしれない。 [全文を読む]

【G1展望・優駿牝馬オークス】大本命シンハライトの「一強」か、それとも新勢力の「台頭」か......同世代にとって「生涯に一度」の頂上決戦が始まる

Business Journal / 2016年05月15日19時00分

中でも、オークストライアルとなるフローラS(G2)を快勝したチェッキーノ(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は、逆転が期待できるほどの器の持ち主かもしれない。 ここまでシンハライトと同じ4戦3勝。桜花賞トライアルのアネモネSを快勝しながらも、あえて桜花賞をパスして挑んだのが前走のフローラSだった。レースでは、不利と言われる大外枠のハンデを跳ね返し、メンバー最速 [全文を読む]

角居勝彦氏が見据える「競走馬のセカンドキャリア」......超絶実績の調教師が描く未来と「誇り」

Business Journal / 2016年04月25日18時00分

厩舎を起こす前は松田国英厩舎、森秀行厩舎、藤沢和雄厩舎と日本競馬を代表する調教師のもとでスキルを磨いた。特に松田厩舎では「外から見ていて『変わったやり方をする人だな』と思われた松田国英というホースマンは、中に入ってみるといっそう、ビックリするほど新しかった」ともコメントしており、その影響を多分に受けつつ、独自の理論を形成していった様子だ。 2013年、JR [全文を読む]

阪急杯(G3)はミッキーラブソングで“男泣き“! 名伯楽・橋口弘調教師の集大成に「奇跡」は起こるか!?

Business Journal / 2016年02月27日23時00分

これは現役調教師では、美浦の藤沢和雄調教師に次ぐ第2位の記録となる。 ただ当時、絶対的な存在だったディープインパクトをハーツクライで下す大金星を挙げた2005年の有馬記念(G1)など数々の栄光がある一方で、橋口弘調教師は「勝ち切れない男」としても有名だった。 先述したハーツクライにしても日本ダービー、宝塚記念、ジャパンCと3度G1での2着を経験。有馬記念制 [全文を読む]

“買える騎手、買えない騎手”最新裏パドック情報!(2)数字からも見えてくる岩田康誠のスランプ状況

アサ芸プラス / 2016年02月13日17時56分

「13年にコディーノの騎乗を巡って藤沢和雄調教師と衝突し、断絶状態となりました。以降、関東トップ騎手と関東トップトレーナーのコンビは消滅。そのせいかどうか、13年に83勝だったのが、14年は76勝、15年は57勝と急落しています。横山は『もう(関係を)修復するつもりもない。いつ(騎手を)辞めてもいい』と話しているそうで、騎乗数は少ないですが、逆にむしろ捨て [全文を読む]

競馬界の巨大王国「ノーザンファーム」の独走と野望(5)一流調教師との強固な関係

アサ芸プラス / 2015年05月18日17時55分

例えば美浦の堀宣行、藤沢和雄、戸田博文、萩原清、加藤征弘厩舎など。栗東では池江泰寿、角居勝彦、矢作芳人、松田博資、石坂正厩舎などがあげられよう。毎年、クラシックレースに活躍馬を送る名伯楽に期待馬を預ける。そして両者は揺るぎない関係で結ばれている。例えば──。 12年春にオルフェーヴル(池江厩舎)が不調に陥ったことがあったが、栗東近郊のノーザンファームしが [全文を読む]

成績だけでは分からない…トップ騎手7人「本当は崖っぷち」な裏事情(2)

アサ芸プラス / 2014年02月20日09時57分

昨年のダービーで藤沢和雄厩舎が管理するコディーノを下ろされてから、リズムに乗れていないのが横山典弘騎手(45)だ。 「12年に93%だった単勝回収率も13年は58%、今年は34%と落ち込む一方。特に中山では買えないよな。馬場がいい開幕週で、先行有利なのにもかかわらず、後方ポツン。若手じゃないんだからさ。スタート直後から馬券が外れた気分になるよ(苦笑)。勝負 [全文を読む]

武豊 乗ってよし、買ってなおよし!「伝説の天才馬券術」があった!(3)

アサ芸プラス / 2014年02月12日09時57分

しかも、自分が騎乗した馬だけでなく、他の馬の癖にも気づくのは、名伯楽・藤沢和雄調教師とも共通しています。とにかくふだんからレースをよく見ており、その記憶の積み重ねの結果なのだと思います」 ギャンブルの格言に「競馬は記憶のゲーム」というのがあるが、騎手としてだけでなく、勝負の展開を予想するうえで、過去のデータがモノを言うのは言うまでもない。そうしたデータの裏 [全文を読む]

「本当にうまい騎手」BEST30人を格付け公開!(3)

アサ芸プラス / 2014年01月23日09時57分

アスカクリチャンを勝利に導いた戸崎圭太(33)の完璧な騎乗ぶりは、負けず嫌いで知られる東の御大・藤沢和雄調教師をもうならせた。日刊スポーツの鈴木良一記者が話す。 「藤沢先生がレース後『うちの馬(ルルーシュ・3着)に道を作らせて、きっちり差し切った。あれをやられちゃ、つらい』と、戸崎騎手を絶賛していました。6枠12番の発走だったのに、気がついた時には馬群の最 [全文を読む]

騎手と調教師「相性抜群 or 絶縁不仲」を一挙紹介(2)

アサ芸プラス / 2014年01月22日09時57分

112勝から83勝まで落とした理由は、御大・藤沢和雄師との「絶縁」だった。美浦の厩舎関係者が明かす。 「藤沢師が管理するフラムドグロワールが5月のNHKマイルCで惨敗して以降、騎乗馬はゼロ。ただ、豊と違って他の厩舎のバックアップが少ないのも影響していますね。東の御三家の堀宣行師は戸崎圭太(33)、国枝栄師は蛯名正義(44)という主戦を抱える状況とはいえ、蛯 [全文を読む]

「日本競馬界3大遺恨」が有馬記念で大激突!(1)

アサ芸プラス / 2013年12月19日09時57分

その原因の一端は大御所、藤沢和雄調教師(62)の管理馬がまったく回ってこなくなったことにもあるのか──。 有馬記念での横山の騎乗馬は、デスペラード(安達厩舎)。ステイヤーズステークス(GII・11月30日)を勝ったあと、みずから「有馬記念を使ってほしい」と申し出たのだという。 「有馬では他に乗る馬がいないから、という理由もありましたね」(競馬専門紙トラック [全文を読む]

フォーカス