和田義明のニュース

北海道補選で当選した自民党・和田候補の選対幹部に有名“ヘイト“活動家が! アイヌ、韓国差別発言を連発

リテラ / 2016年04月26日09時00分

自民公明が推薦した和田義明氏(自民党)と、民進党や共産党、生活の党と山本太郎となかまたちなどが推薦した池田真紀氏(無所属)の一騎打ちは"野党共闘"が進む夏の参院選の前哨戦と位置付けられていた。 投票の結果、当選したのは自民党の和田氏だったが、票差はわずか約1万2千票という大接戦。もともと、この北海道5区は町村信孝元官房長官の選挙区で、その娘婿である和田氏の [全文を読む]

民進・共産連合も大惨敗…SEALDsよ、今すぐ学校へ帰れ!

デイリーニュースオンライン / 2016年04月30日13時05分

当然、町村氏の後継者である娘婿の和田義明氏(44)が、自民党の公認を受けて楽勝するはずだった。それが追い上げられたのは、池田氏の強烈なキャラクターもさることながら、初めて民進党と共産党が連合を組んだ(注1)ことも大きかったのだろう。 とはいえ、終わってみれば和田氏が60歳代(注2)を除く全ての年代の支持で上回り、池田氏の得票数も前回の民主党候補+共産党候 [全文を読む]

W選諦めぬ安倍首相にモノ申す

Japan In-depth / 2016年04月29日19時00分

山田厚俊(ジャーナリスト)町村信孝前衆議院議長死去に伴う北海道5区の補欠選挙が4月24日に投開票され、町村氏の娘婿で、自民党公認の和田義明氏=公明党、日本のこころを大切にする党、新党大地推薦=が、無所属の池田真紀氏=民進党、共産党、社民党、生活の党推薦=を破り、初当選を果たした。 しかし、それぞれの得票は、13万5842票対12万3517票で、1万2325 [全文を読む]

衆院補選 北海道5区は自民・和田氏、京都3区は民進・泉氏

NewsCafe / 2016年04月24日22時28分

北海道5区補選は、町村信孝氏の娘婿で自民党新人の和田義明(44)(公明、こころ推薦)が、無所属新人の池田真紀(43)(民進、共産、社民、生活推薦)を抑え初当選を確実にした。自民党が候補者擁立を見送った京都3区は、民進党前職の泉健太(41)(社民党推薦)が、おおさか維新の会新人の森夏枝氏(34)ら5新人を抑え6回目の当選を果たした。 [全文を読む]

地震で放映中止、松本人志『ワイドナショー』の安倍首相出演はそもそも放送法違反だ! 選挙テコ入れ協力の偏向

リテラ / 2016年04月17日10時00分

町村信孝元官房長官の娘婿である和田義明候補が野党の池田真紀候補に4ポイント差で負けているというもので、この調査データに自民党は真っ青。なにせ町村さんの盤石な地盤を引き継いだ"弔い合戦"にもかかわらず、この結果ですから。これはまずいということで、安倍首相自ら北海道の有力者へ次々に"直電"するなど対策を講じていましたが、一気に巻き上げるため、もっとも訴求力があ [全文を読む]

解散総選挙で「自民40議席減、過半数割れ」の調査結果は本物だった! 党本部パニック、官邸は解散強行の姿勢崩さず

リテラ / 2016年04月15日20時00分

「実は4月初頭に、北海道新聞の調査で、自民党の和田義明候補が野党の池田真紀候補に4ポイント差で負けているという初めてのデータが出たんです。和田候補は町村信孝元官房長官の娘婿で、選挙は強いと思われていただけに、党本部は『そんなはずはない』と大慌て。そこで1週間後の先週末、北海道5区に限らず全選挙区で独自に調査をかけてみようとなった」 その結果、やはり3ポイン [全文を読む]

安倍政権は倒れるのか。共産党の英断で自公過半数割れの悪夢

まぐまぐニュース! / 2016年03月29日19時00分

2月には、故・町村信孝の女婿である元商社マンの自民党候補=和田義明に10ポイントほども差を付けられていたのに、3月に入って5ポイント差に縮まり、さらに最近は2~3ポイント差の「接戦」状態になってきたと言われている。特に無党派層では28:41で池田が圧倒しているという調査もあって、勝てない戦いではない。 自民党は、北海道で民主と連携してきた鈴木宗男を野党陣 [全文を読む]

大物代議士の娘の夫が「姓」を変えて出馬? 成人が姓を変えるための「3つの方法」

弁護士ドットコムニュース / 2015年07月13日11時46分

候補者を公募していた自民党の北海道5区支部は7月11日、町村氏の次女の夫・和田義明氏(43)と元衆議院議員秘書の飯田佳宏氏(42)の2人の応募を受け付けたことを明らかにした。 町村氏といえば、文科相や外相、官房長官を務め、自民党の有力派閥を率いた大物政治家。その後継と目される和田氏については、公認候補となった場合、「和田」姓のままで出馬するか、「町村」姓に [全文を読む]

フォーカス