村井俊治のニュース

不気味なほどの的中率。村井教授のMEGA地震予測が支持されるワケ

まぐまぐニュース! / 2017年04月09日22時00分

そんな中、最新の地震予知・予測の手法を用いて、数々の地震発生を的中させている人物が、フジTV系『Mr.サンデー』や雑誌『週刊ポスト』など数多くのメディアにも頻繁に取り上げられ、話題を呼んでいる村井俊治東大名誉教授です。村井教授が顧問を務めるJESEAジェシア(地震科学探査機構)の発行するメルマガ『週刊MEGA地震予測』は、2015年に発生した震度5以上の地 [全文を読む]

【注意】村井氏次に震度5以上の危険がある地域は「北信越地方・岐阜県」

秒刊SUNDAY / 2016年03月06日21時21分

テレビなどで活躍している地震予測を行っている「村井俊治」さんによると、現時点で一番地震の危険がある可能性がある地域は「北信越地方・岐阜県」であるという。これは村井氏のメルマガ週刊MEGA地震予測によるものだが、最近驚異の的中率だとテレビでも話題となっておりドコモとの協力も話題となっている。 ―本当に当たるの? 9月6日のフジテレビで南関東(テレビでは首都圏 [全文を読む]

驚異の的中率『MEGA地震予測』が指摘する「2017年ここが危ない」

まぐまぐニュース! / 2017年03月12日22時00分

そんな状況の中、メールマガジン『週刊MEGA地震予測』で独自の手法による地震予測を配信し続けているのが、東京大学名誉教授の村井俊治氏率いるJESEA(地震科学探査機構)。村井教授は、2017年の日本の地震活動をどの様に予測しているのだろうか。 後悔から始まった地震予測 関西地方を襲った1995年の阪神・淡路大震災に、東北地方に未曽有の被害を与えた2011年 [全文を読む]

南関東が危ない。地震予測の権威が小田原沖に見た不穏な兆候

まぐまぐニュース! / 2016年10月17日15時21分

今回、2015年に発生した震度5以上の5つの地震発生を事前に検知した新技術「プライベート電子観測点」について、JESEA顧問であり測量工学の世界的権威である村井俊治東大名誉教授が解説しました。更に、2016年現在で「本当に地震を警戒すべき地域」は「南関東」と、具体的に名前を出して警戒を呼びかけました。 最大の危険地帯は南関東! 『週刊MEGA地震予測』ユー [全文を読む]

震度5弱の地震が的中!週刊MEGA地震予測が再び南関東に警告

まぐまぐニュース! / 2015年09月16日19時50分

JESEA顧問で測量学の世界的権威、村井俊治東大名誉教授も自身のツイッターで、「9月6日のフジテレビで南関東(テレビでは首都圏)に震度5以上の地震が9月か10月に起きるであろうと公言しました。今日起きました。根拠はありましたので勇気をもって言いましたが胸のうちは苦しい思いでした」と、予測を発表した苦悩を明かしていた。 9月6日のフジテレビで南関東(テレビ [全文を読む]

観測データを持たぬ御用学者に地震は予測できない【村井vs早川対談】

まぐまぐニュース! / 2017年05月11日11時00分

なかでも測量学のメソッドを駆使し地表のわずかなズレから将来の揺れを予測する村井俊治・東大名誉教授、そして大規模地震の直前に発生するとされる電波の異常を察知して予測する早川正士・電通大名誉教授の両氏は、その的中率の高さにも定評があり、民間による地震予測研究をけん引する存在として、大いに注目を集めています。 ともにメルマガ著者でもある村井氏と早川氏ですが、この [全文を読む]

関東でも続く「いやな揺れ」。相次ぐ震度5を専門家はどう見る?

まぐまぐニュース! / 2016年09月01日04時30分

測量学の世界的権威として知られる東京大学名誉教授の村井俊治氏が顧問を務めるJESEA(ジェシア・地震科学探査機構)は、南関東周辺を“震度5以上の地震が発生する可能性が極めて高く緊急性がある”エリアとして、引き続きの警戒を呼び掛けている。 8月24日に配信されたメルマガ『週刊MEGA地震予測』によると、静岡県の賀茂において一週間で5.9cmという大きな変動 [全文を読む]

【悲報】地震予知学者村井さん「東京がレベル5に」超絶危険な兆候へ

秒刊SUNDAY / 2016年08月02日08時34分

脅威の的中率を誇る「地震予知学者」の村井俊治さんですが、ここ最近ちょっと関東が不穏な動きを見せているといいます。どうやら最高レベルの警戒をしなければならない「レベル5」という状況が南関東に示しているといいます。一体これはどういうことなのだろうか。本当に地震は来てしまうというのだろうか。 ー「MEGA地震予測」とは?「MEGA地震予測」というのは最近テレビで [全文を読む]

もうすぐ「伊豆諸島沖スーパー巨大地震」がくる!? 学者・研究機関が同一地域の地震発生を警告!

tocana / 2016年07月28日09時00分

■学者・研究機関が次々と警告!【東京大学名誉教授・村井俊治氏】 次に、学者や研究機関による最新の地震予測を紹介していきたい。まず、東京大学名誉教授・村井俊治氏を顧問とする「JESEA(地震科学探査機構)」は、全国1,300地点に設置された電子基準点のデータによって地震予測を行っているが、毎週水曜日に発行する有料メルマガの最新版で、南関東周辺を「レベル5」( [全文を読む]

関東で相次ぐ震度4の揺れ。首都直下地震との関連を研究家が緊急分析

まぐまぐニュース! / 2016年07月22日04時30分

以前にもご紹介した通り、地震予測や予知を目指す民間団体の活動が、このところ大いに活発化しているが、それらのなかでも、南関東周辺で近く大きな地震が発生する可能性があると警鐘を鳴らしているのが、東京大学名誉教授の村井俊治氏が顧問を務めるJESEA(ジェシア・地震科学探査機構)だ。 全国各地に点在する国土地理院の電子基準点にくわえ、今年度からはNTTドコモの基 [全文を読む]

「2年前から警戒していた」専門家が語る熊本地震が予測困難だった訳

まぐまぐニュース! / 2016年05月05日03時00分

取材に対応してくださった、JESEAの顧問を務める東京大学名誉教授の村井俊治氏は、今回の地震について「このような小さな兆候でも、これほどの大規模な地震に繋がるというのは、今回の地震で得た大きな教訓。同じような間違いを再びしないように、今後さらに経験を積んでいきたい」と、後悔の念をにじませながらも、今後のさらなる予測精度の向上への強い決意を語ってくれた。 [全文を読む]

【悲報】いい加減にしろ!ドコモと提携した地震予知「村井氏」に批判殺到!

秒刊SUNDAY / 2016年04月16日12時07分

村井俊治 (@sh1939murai) 2016年4月15日 地盤の隆起現象を観測し、地震予知を行っている「村井俊二氏」。ドコモと提携することでより精度を高めるなどとテレビでもたびたび報道され話題となっておりましたが、今回の「熊本地震」に関してはどうだったのでしょうか。ということで先週のメールを確認してみますと・・・ なんと、まったく記載がなかったので [全文を読む]

ドコモが地震予測に本気。携帯基地局で察知した異常を『MEGA地震』に送信

まぐまぐニュース! / 2016年03月03日11時00分

なお、今週末3月6日(日)に放映される『Mr.サンデー “首都直下”地震予測SP』(フジテレビ系列 21:00~)には、JESEAの村井俊治東京大学名誉教授が出演予定。村井教授の日々の活動に迫る密着取材のほか、今回のNTTドコモとの協力により、予測の精度がどこまでアップするかも検証される予定で、こちらも要チェックだ。 image by: Shutters [全文を読む]

12日の東京・震度5弱の地震は完全に予測・予言されていた!! 発生時刻に“アノ“疑惑も!?

tocana / 2015年09月16日07時30分

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2015/09/post_7345.html】■村井俊治・東大名誉教授 まず、全国の電子基準点の変動データによって地震予知を行う村井俊治・東大名誉教授だが、過去の記事で紹介したように、氏が顧問を務める民間会社「JESEA(地震科学探査機構)」が発行する有料メールマガジン「MEGA地震予測」で、最新の [全文を読む]

地震予知当たる!村井俊治さん今朝の地震を当てる!

秒刊SUNDAY / 2015年09月12日08時42分

東大名誉教授村井俊治氏は、今朝の地震をピタリと当てたと話題となっている。9月6日に出演したテレビでは震度5以上の地震が9月~10月に起こると公言。すると、その予想はピタリとあたってしまった。この状況にネットでは大きな反響があるようだが、このような地震予知は365日誰でも予測している。一体誰の情報を信じればよいのだろうか。9月6日のフジテレビで南関東(テレビ [全文を読む]

南関東が警戒レベル最大に。地震予測の第一人者が警告する巨大地震Xデー

まぐまぐニュース! / 2015年08月25日19時50分

JESEA顧問で測量学の世界的権威、村井俊治東大名誉教授が講演に立ち、巨大地震の予測について、「2011年の東日本大震災が起きる3日前には、私達が解析している電子基準点のデータで、プレスリップと呼ばれる異常な現象が確認できました。今後、データ解析の精度を高めていけば、巨大地震のXデイを予測する事は不可能ではない、その為にJESEAで自前の電子基準点を設置 [全文を読む]

「2ちゃんねる」でも予言されていた!? 長野県地震、9つの予言と前兆

tocana / 2014年12月05日09時00分

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2014/12/post_5322.html】■科学者たちは予測していた・村井俊治氏「電子基準点」のデータが示す地殻変動に基づき地震予知を行う村井俊治・東大名誉教授は、『週刊ポスト』(2014年5月30日号、小学館)で、半年以内に震度5以上の地震が起きる可能性が高い"4つの警戒ゾーン"をまとめて [全文を読む]

御嶽山噴火の前兆を察知していた人々!! 南海トラフ地震・富士山大噴火との関係は!?

tocana / 2014年09月30日08時00分

■噴火を事前に察知していた人々・村井俊治氏(東京大学名誉教授) まず、過去に何度も大きな地震を予測・的中させてきた村井俊治・東京大学名誉教授は、御嶽山の噴火についてどのような見解を表明していたのだろうか。測量学の分野における世界的な権威である村井氏は、国土地理院が構築した全国1300カ所の電子基準点から得られるデータを利用して地震予測に挑んでいる。そんな村 [全文を読む]

16日の震度5弱は首都直下地震の前触れか!? 予測を的中させた、いま注目すべき人々

tocana / 2014年09月19日08時00分

学者では、東大名誉教授の村井俊治氏。そしてブロガーのミッヒー氏、リシル氏、スズ氏だ。さらに、筆者と生後6カ月の娘も、事前に"ある異変"を感じ取っていた。今回は、これらの予測について検証しつつ、果たして一昨日の地震が首都直下地震の前触れなのかどうか考えてみたい。■東大名誉教授の予測が的中 16日の地震を事前に予測していた1人が東大名誉教授・村井俊治氏だ。村井 [全文を読む]

南海トラフ地震の前兆か? 沖縄と伊予灘の地震 ~学者と予言者、そして神のお告げ~

tocana / 2014年03月24日14時00分

村井俊治教授が伊予灘の地震を予測していた その後、14日未明に伊予灘で発生したM6.2の地震では、日本の西半分が揺れた大きな地震となった。実はこの地震は、今年3月までに「南海トラフ地震」が起きるとしていた、村井俊治(しゅんじ)東大名誉教授の予測に対応するものだった。村井氏は自身のTwitterで、「場所はぴったり的中はしていませんがほぼ当たっています。人 [全文を読む]

フォーカス