見城徹のニュース

「友人・見城徹君に告ぐ! 元少年Aのような三流チンピラに関わると狂猿病になるぞ」怪人・康芳夫が、幻冬舎社長(怪人)にメッセージ!!

tocana / 2015年09月19日08時00分

そこでは、自らの公式HPを開設したという告知文以外に、当初手記を出版予定だった幻冬舎の見城徹社長とのやりとりを暴露。週刊文春が行った『絶歌』をめぐる見城氏のインタビューが事実と異なる点などを指摘したうえで、その後の彼の態度に対する激しい激しい怒りをぶつけた。【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2015/09/post_7365.htm [全文を読む]

「経験はありません。処女です」...幻冬舎社長・見城徹との枕営業疑惑をかけられたNMB48須藤凜々花の返しがスゴい!

リテラ / 2015年09月04日12時00分

現役の48グループ所属メンバーから「処女」「枕」といった直接的過ぎるワードが出てきたことに驚きが隠せないが、ここで彼女が「枕」という言葉を用いて指しているのは、先日当サイトでも報道した、幻冬舎代表取締役社長・見城徹との関係についての噂なのは間違いない。 彼女が一気に注目を集めたきっかけとなった見城徹との出会いについて、事情に詳しくない方のために軽くおさら [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】NMB48は須藤凜々花の抜擢で巻き返せるか? 幻冬舎・見城徹氏も「革命児になる気がする」

TechinsightJapan / 2015年06月11日11時40分

この“りりぽん”だが、幻冬舎代表取締役社長の見城徹氏もトークアプリ「755」で「オリジナリティの塊」「NMBのみならずAKBグループの革命児になる気がします」と評価するほど、底知れない魅力を感じさせる。須藤凜々花は、2013年11月10日に開催された『第1回AKB48グループ ドラフト会議』でNMB48・チームNに1位指名された。彼女は山本彩から指名される [全文を読む]

秋元康「食事仲間を総動員して、新しい店の開拓に尽力しましたよ」秋元康&小山薫&見城徹のお薦めレストラン

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月30日15時00分

作詞家・秋元康、放送作家/脚本家・小山薫堂、幻冬舎社長・見城徹が集結した『GOETHE(ゲーテ)』3月号が、2016年1月23日(土)に発売となった。この3人、1年のほぼすべてが会食といっても過言ではない。それゆえ、知っている店の数や質も半端ではない…。3人が、胸を張っておすすめするレストラン特集「ゲーテイスト」が掲載されている。 「日本人を舐めるな! ミ [全文を読む]

見城徹氏「人生の中で一番の奇跡」“劣等感”乗り越え喜び語る

モデルプレス / 2015年10月06日22時02分

【モデルプレス】株式会社幻冬舎・代表取締役社長の見城徹氏が、笑顔で喜びを語った。6日、東京ビッグサイトで行われた“今メガネの最も似合う各界の著名人”に贈られる『第28回日本メガネベストドレッサー賞』の表彰式に出席。経済界部門で選出された見城氏は、報道陣向けの囲み取材で「本当にメガネが世界一似合わない顔だと思っていたので、人生の中で一番の奇跡ですよ」と満面の [全文を読む]

ナメクジだらけのHPよりもスゴい中身...少年Aが『絶歌』出版から逃げ出した幻冬舎・見城徹社長の裏切りを告発!

リテラ / 2015年09月11日12時00分

彼が文面のほぼすべてを使って訴えているのは、幻冬舎の見城徹社長への"怒りの反論"なのだ。■出版をあきらめようとした少年Aに見城氏が出版をけしかけていた 〈この本(『絶歌』)の出版に至る経緯を巡り、6月25日発売(編集部注・実際は6月18日発売)の『週刊文春』に"少年A「手記」出版 禁断の全真相"と題された、幻冬舎社長・見城徹氏の独占インタヴューが掲載されま [全文を読む]

見城徹、堀江、与沢翼…大ヒット本編集者が内幕暴露!20代からの「超大物」の口説き方【後編】

ソーシャルトレンドニュース / 2015年06月30日09時00分

第一回目のインタビューでは、「当初まったく企画に乗り気でなかった」という見城徹さんを口説くまでの過程を、第二回目ではホリエモンと与沢翼に熱狂していた日々のことを収録した。今回は著者や外部スタッフだけでなく社内に至るまで、信頼を勝ち取るための秘訣を伺った。与沢翼の撮影を嫌がるレスリー・キーをどのように説得していったか、息を飲むような交渉の裏側を公開。 ■日本 [全文を読む]

見城徹、堀江、与沢翼…大ヒット本編集者が内幕暴露!20代からの「超大物」の口説き方【中編】

ソーシャルトレンドニュース / 2015年06月29日07時23分

第一回のインタビューでは、見城徹『たった一人の熱狂』が生まれるまでの裏話の数々を赤裸々に語ってくれた。どうやら相手に“熱狂”することと、相手の立場になって想像力を働かせることが、大物を口説くカギとなるようだ。今回のインタビューでは、堀江貴文『逆転の仕事論』から与沢翼責任編集『ネオヒルズ・ジャパン』の制作秘話を伺った。話を聞けば聞くほど、ヒット作を生み出すた [全文を読む]

見城徹、堀江、与沢翼…大ヒット本編集者が内幕暴露!20代からの「超大物」の口説き方【前編】

ソーシャルトレンドニュース / 2015年06月28日06時00分

数々のベストセラーを生み出してきた伝説の編集者・見城徹『たった一人の熱狂』だ。“圧倒的努力”を信条とする見城氏の過剰なエピソードに唸り声を漏らし、やっとのことで読み終えようとしたとき、あとがきに目が留まった。■僕が755を始めてから1週間ほど過ぎた頃、「みのわ」と名乗るユーザーが「本にさせてください」とコメントを入れて来た。双葉社の若き編集者、箕輪厚介だ。 [全文を読む]

安倍首相がお友達の秋元康、見城徹と撮った「組閣ごっこ」写真が流出! 憲政冒涜の声

リテラ / 2015年06月27日08時00分

右隣には、幻冬舎社長で、神戸連続児童殺傷事件の加害男性の著書『絶歌』(太田出版)の仕掛人として話題の見城徹氏。後列には、ネクシィーズの近藤太香巳社長、GMOインターネットの熊谷正寿社長、損得舎の佐藤尊徳社長。いずれも、最近、安倍首相とゴルフや会食をともにし、親しくつきあっている面々だ。 そう、この写真、安倍首相がオトモダチと「組閣ごっこ」をしているのを撮影 [全文を読む]

フォーカス