小野二郎のニュース

中国人学生、すきやばし次郎で「火を通した寿司」要求 “予約席の無駄遣い”と海外からも非難轟々

NewSphere / 2014年05月14日11時38分

これを断った店主の小野二郎さんは「すしは中国では調理して出されるのか、生の食べ物が口に合わないのなら、予約するときにそう伝えてほしい」と怒りをあらわにしたという。 ところが客の中国人学生はこの店の態度に不満を抱き、中国版ツイッター・ウェイボーに「そんなこと誰にも分らない。これがオバマ大統領や安倍総理でも同じ態度をとるのか」と書き込んだ。これに対し、ネット上 [全文を読む]

「人生で最高」オバマ絶賛の寿司職人、小野二郎氏 生き様が米国で映画化されていた

NewSphere / 2014年04月24日17時45分

店主の小野二郎氏は1925年静岡県生まれ。人間国宝と評される。 海外各紙は、この高級寿司店の様子とその主人に高い関心を寄せている。 【オバマ大統領、「人生で最高の寿司」と絶賛】 オバマ大統領は安倍首相の招待を受け、駐日米大使キャロライン・ケネディー氏、防衛顧問のスーザン・E・ライス氏と共に寿司を食べた。 両首脳ともノーネクタイで、食事はとてもカジュアルな雰 [全文を読む]

震災で危機に陥った閖上「日本一の赤貝」 再興へ向け奮闘中

NEWSポストセブン / 2014年01月21日16時00分

銀座の名店「すきやばし次郎」の店主・小野二郎氏に「日本一」と称えられた赤貝の漁は、船も港もそして人までもあらゆるものを失った。漁の再開はまさに無からの出発だった。〈築地で手に入る赤貝では、閖上(宮城)が最高でして、もう殻を見ただけでわかるんです。それに、あれだけ身が太ったのは、ヨソにはありません。凄く肉厚なくせに、不思議に思えるほど柔らかい〉(『すきやばし [全文を読む]

訪日旅行者へ日本最高峰の体験をプレゼント!Voyaginで「すきやばし次郎本店」の鮨を食べよう!

PR TIMES / 2016年11月04日12時28分

日本食のシンボル的存在である「鮨」、そのなかでも特に人気があり、ウェイティングリストが1,000人以上と予約が最も取りにくい鮨屋の一つである「すきやばし次郎・本店」を一夜限りで貸切り、ミシュラン史上最高齢の三ツ星シェフである小野二郎さんの握る鮨をお楽しみいただきます。2014年4月には、オバマ大統領と安倍首相との夕食会にも使用されました。本キャンペーンの大 [全文を読む]

なぜ日本人が“匠の精神”を代表するようになったのか―中国メディア

Record China / 2016年09月15日07時20分

中国では「すしの神」と称される小野二郎氏のドキュメンタリーが有名で、それを見た多くの中国人が何カ月も前からすきやばし次郎に予約を入れる。また、同店はオバマ大統領訪日の際に安倍晋三首相が招待したことで世界的にも有名になった。記事は、「NHKや首相、日本人がそれぞれの方法で日本の『信頼』という概念を宣伝したことによって、日本式の“匠の精神”の種が世界中にまか [全文を読む]

日本料理が評価される理由はここにあった!中国料理にない美点―中国メディア

Record China / 2016年08月20日00時40分

4.日本料理は細部にこだわり、中国料理は大きさにこだわる 記事は、「料理人は食材に第2の命を吹き込む」とし、寿司の世界で“神様”とも評される小野二郎氏を例に、日本の料理人の研さんを惜しまない精神をたたえる。そして、日本と中国のこだわりの違いこそが両者の差に表れていると分析している。(翻訳・編集/北田) [全文を読む]

「なぜ女性の寿司職人はいないのか?」海外からあがった疑問の声

まぐまぐニュース! / 2016年02月19日13時00分

「月の周期」「体温」という定説を「遅れている」と批判 女性職人が少ない理由の説明として海外メディアで広く定説として受け止められているのは、名店『すきやばし次郎』の小野二郎氏の跡継ぎ、小野禎一氏が米『ビジネス・インサイダー』に語った次の言葉だ。「女性の生理のためです。プロであるということは、安定した味覚を持っているということ。生理の周期のため、女性は味覚が [全文を読む]

“なぜ女性の寿司職人はいないの?”海外が疑問 生理、体温説には納得できない?

NewSphere / 2016年02月17日11時00分

◆「月の周期」「体温」という定説を「遅れている」と批判 女性職人が少ない理由の説明として海外メディアで広く定説として受け止められているのは、名店『すきやばし次郎』の小野二郎氏の跡継ぎ、小野禎一氏が米『ビジネス・インサイダー』に語った次の言葉だ。「女性の生理のためです。プロであるということは、安定した味覚を持っているということ。生理の周期のため、女性は味覚が [全文を読む]

オバマ大統領を巻き込む高級寿司の中間選挙|プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.69

東京ブレイキングニュース / 2014年11月11日12時40分

私にとって先週のオバマ・ニュースはなんと言っても《「すきやばし次郎」の小野二郎さん、「オバマ大統領は寿司を半分残した」という報道を否定。》である。 いけない、つい興奮してしまった。まず整理したい。今年の4月に来日したオバマ大統領が安倍晋三首相と寿司の有名店『すきやばし次郎』で会食した。そして「オバマ大統領は寿司を半分残した」という報道が話題になった。まだ記 [全文を読む]

「おいしい映画」ばかり集めた映画祭 「ごはんつき上映会」も実施

太田出版ケトルニュース / 2013年10月11日09時20分

今年度は、料理部の女子高生4人組が、部の存続を懸けて炊き込みご飯のコンテストに挑む『乙女のレシピ』や、“世界一予約のとれないレストラン”と言われた「エル・ブリ」の料理長・フェラン・アドリアに迫ったドキュメンタリー『エル・ブリの秘密 世界一予約がとれないレストラン』、ミシュラン3つ星の銀座の鮨屋『すきやばし次郎』の初代店主・小野二郎の技と生き様を伝えた『二 [全文を読む]

フォーカス