五味太郎のニュース

トイレでうんちがしたくなる! トイトレに役立つ“うんちの名作”4選

Woman.excite / 2017年02月20日18時00分

■ママ世代にも懐かしい、読み継がれる“うんち絵本”の名作『みんなうんち』(作・絵 五味太郎/福音館書店)絵本作家・五味太郎さんのあたたかみのあるイラストとともに、さまざまな動物のうんちについて紹介しています。約40年にもわたって読み継がれている絵本なので、子どものころに読んだというママもいるかもしれませんね。「いきものはたべるから みんなうんちをするんだ」 [全文を読む]

絵本作家・五味太郎のすべてが明らかになる、永久保存版の一冊「五味太郎 絵本図録」が発売!

PR TIMES / 2016年07月29日16時25分

これまでに400冊近くの絵本を手掛けてきた絵本界の巨人・五味太郎の世界を大解剖!! 絵本を「チャイルド・ブック」から「ピクチャー・ブック」に変えたパイオニアが、自身の創作の秘密を明かす初の試み。五味太郎ビギナーからマニアまで楽しめる1冊。 五味太郎(1945-)はこれまでに400冊近くの絵本を生み出し、そのうち50タイトル以上が国外で翻訳され、 20か国以 [全文を読む]

代官山発のクリエイションが一堂に「代官山デザインデパートメント2015」開催中

TABROOM NEWS / 2015年10月31日15時45分

五味太郎氏の作品。 角田陽太氏の作品。 ペトロールズの3人。 中村竜治氏の作品。 代官山デザインデパートメント2015 会期:2015年10月24日(土)~11月3日(火) ・代官山 蔦屋書店 7:00~2:00 ・GARDEN GALLERY 11:00~20:00(3日のみ18:00まで) 会場:代官山T-SITE 蔦屋書店/東京都渋谷区猿楽町17- [全文を読む]

代官山発のクリエイションが一堂に「代官山デザインデパートメント2015」開催中

TABROOM NEWS / 2015年10月31日15時45分

五味太郎氏の作品。 角田陽太氏の作品。 代官山デザインデパートメント2015 会期:2015年10月24日(土)~11月3日(火) ・代官山 蔦屋書店 7:00~2:00 ・GARDEN GALLERY 11:00~20:00(3日のみ18:00まで) 会場:代官山T-SITE 蔦屋書店/東京都渋谷区猿楽町17-5 GARDEN/東京都渋谷区猿楽町16- [全文を読む]

五味太郎の翻訳絵本を集めた展示会イベント「海外出版の愉しみ」が開催中

Woman.excite / 2015年10月13日09時00分

子どもから大人まで、多くのファンを持つ絵本作家・五味太郎の翻訳絵本を集めた展示会イベント「海外出版の愉しみ」がギャラリー ル ベイン(港区西麻布)で10月18日まで開催中です。「きんぎょがにげた」「まどから おくりもの」「あいうえおばけだぞ」など、これまでに350タイトル以上にもの絵本を描き上げた五味太郎さん。なんとそのうち100タイトルあまりは、海外25 [全文を読む]

【子育てクイズ】「なぜ勉強しなくちゃいけないの?」と聞かれたら?

しらべぇ / 2015年01月07日11時30分

(3)は絵本作家の五味太郎さんの答えの一部 「勉強」じゃなくて「学習」しろということです。五味さんは、「本当に下品だと思うのは、キャンプに行って森に入っていって、例えば昆虫に興味をもってほしいみたいな発想。(中略)そこで興味や関心を示さないと、そういう大人は怒るんだよね。はっきり言ってこれ、幼児わいせつみたいでしょう。『ちょっとおいで。おじちゃんがいいこ [全文を読む]

日本ランズエンド 刺しゅう絵本作家“五味太郎”作品とコラボレーション 2014年12月1日より新発売!http://www.landsend.co.jp/co/lp-gomi-taro.html

DreamNews / 2014年12月01日10時00分

日本ランズエンド スペシャルコラボレーション刺しゅう 絵本作家 “五味太郎”作品とコラボレーション ~ オリジナル刺しゅう、2014年12月より新発売!~ http://www.landsend.co.jp/co/lp-gomi-taro.html 日本ランズエンドは、絵本作家、 五味太郎氏の作品を使ったスペシャルコラボレーション刺しゅうを12月1日より発 [全文を読む]

五味太郎さんが描く「一億人のシナリオ。」イメージイラストが、シナリオ・センター公式Facebookページのカバーに!

PR TIMES / 2012年04月20日15時49分

五味太郎さんが描く「一億人のシナリオ。」のイラスト 2010年に40年の節目を迎え、これからの活動を“一億人のシナリオ。”という言葉に集約しました。そして、“一億人のシナリオ。”のシンボルマークを、世界的な絵本作家である五味太郎さんに描いていただきました。人の数だけ色々なシナリオが生まれるという思いを込めて、そのシンボルマークを、公式Facebookペ [全文を読む]

お金とは何かを伝えられる! お金の価値が子どもにもわかる絵本<絵本ナビ監修>絵本をえらぶ Vol.44

Woman.excite / 2017年03月15日04時00分

買物絵本作・絵:五味 太郎/出版社:ブロンズ新社「買物絵本」(絵本ナビ紹介ページ)たくさんの人に愛されてきた五味太郎さんワールド。今回のテーマは「お金」です。ほかと一味違うのは「お金で買えるもの」について心理的な考察をしているところです。たとえばお菓子を買うと「うれしい」と感じますが、食べ過ぎて虫歯になると治療でお金が必要になります。つまりお菓子を買うこと [全文を読む]

おしゃれママが指名買い! クリスマスギフトに喜ばれる絵本5選<絵本ナビ監修>絵本をえらぶ Vol.27

Woman.excite / 2016年11月28日07時00分

まどから おくりもの作・絵:五味 太郎/出版社:偕成社「まどから おくりもの」(絵本ナビ紹介ページ)人気作家、五味太郎さんのクリスマス絵本は仕掛けがたっぷり! 主人公はちょっとあわてんぼうのサンタクロース。みんなにプレゼントを届けるつもりが、勘違いの連続で…。窓の形に開いた穴から、次のページがちらっと見える仕掛けに子どもは大喜び!「大丈夫かな?」という心配 [全文を読む]

七里ヶ浜・パシフィック ドライブインに、“海”の絵本を詰め込んだトレーラーハウス「えほんうみのいえ」オープン

FASHION HEADLINE / 2016年07月31日14時00分

今回はレオ・レオニによる名作「スイミー」や、ロングセラー「ぐりとぐら」シリーズの「ぐりとぐらのかいすいよく」、五味太郎の「うみのむこうは」などの有名な絵本の数々を展開。また、インドの工房で熟練の職人の手により手漉き紙に刷られ、1冊ずつ丁寧にハンドメイドで仕上げられたランバロス・ジャーの「水のいきもの」や、自然への敬意を込めて作り上げられた、美しいイラスト [全文を読む]

帰宅後、魔の時間にたった5分!泣く子もママもご機嫌「爆笑絵本」4選

BizLady / 2015年12月08日18時00分

■4:『まどから おくりもの』(偕成社) 絵本界の大御所、五味太郎さんのスーパーロングセラー絵本です。おっちょこちょいのサンタクロースが、窓からプレゼントを置いていくのですが、サンタの勘違いに思わずクスリ。仕掛け付きで、子どもはワクワクしながら自分でページをめくりたがるはず。家族からのクリスマスプレゼントにもおすすめです。 以上、親子で笑える絵本を4冊ご [全文を読む]

【巻頭大特集】ミリオンセラー絵本が生まれた秘密を総力特集! 100万冊売れた絵本のはなし【とじこみふろく】「ぐりとぐら」ポストカード4枚セット。MOE 11月号は、10/3発売!

DreamNews / 2015年10月02日16時00分

MOE 11月号は、10/3発売!MOE2015年11月号、10月3日発売! ■ 巻頭大特集 ■ミリオンセラー絵本が生まれた秘密を総力特集! 100万冊売れた絵本のはなし ● 最新スペシャルインタビュー1中川李枝子『ぐりとぐら』 ● 世代を超えて愛される 日本のミリオンセラー絵本ランキング ● 最新スペシャルインタビュー2かこさとし『はははのはなし』 ● [全文を読む]

インスタで人気のあのコンビが帰ってくる! 『ムーとたすく』2作目は、大人も子どもも楽しめる写真絵本に

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月15日11時30分

イラストは、たすくくんがお気に入りの絵本『きんぎょがにげた』(五味太郎)のように、カラフルでごちゃごちゃしたおもちゃ箱のようなイメージでお願いしたのだとか。子どもも大人も、ハッと手が止まる仕掛けがたくさん施されている。この世界観、写真好きなママさんたちには、コラージュの参考にもなりそう! そうそう、子どものころってこんな想像を働かせながら遊んでいたなぁ、 [全文を読む]

【巻頭大特集】トーベ・ヤンソン生誕100周年記念/北欧で見つけた宝ものムーミン。【特別付録】ムーミンダイアリー 2015。MOE12月号は、11月1日発売!

DreamNews / 2014年10月31日09時00分

(C)Moomin Characters TM 《ムーミン3大スペシャル!》 ■ 特別付録 ■ ムーミンダイアリー 2015 ■ 懸賞 ■ ムーミン砂時計 100名プレゼント! ■ 口絵 ■ ムーミンシール ● ムーミンの世界をはぐくんだ森の家 ● 『ムーミン谷の十一月』を描いた部屋 ● 知れば知るほど好きになるムーミン谷の住人たち ● ヤンソンが愛した海 [全文を読む]

フォーカス