熊切和嘉のニュース

THE BACK HORN×熊切和嘉による、映画『光の音色 -THE BACK HORN Film-』が今秋劇場公開

okmusic UP's / 2014年06月19日22時00分

THE BACK HORNが映画監督である熊切和嘉とタッグを組み、映画『光の音色 –THE BACK HORN Film-』を制作。今秋、劇場公開することが決定した。 【その他の画像】THE BACK HORN1998 年に結成されたTHE BACK HORN は、"KYO-MEI“という言葉をテーマに、聴く人の心をふるわせる音楽を届けていくというバンドの [全文を読む]

綾野剛「今日まで培った全ての感情を注ぎ尽くす」 藤沢周『武曲』熊切和嘉監督&綾野剛で映画化決定にファン大興奮!「才能がどんだけ集結するのよ!!」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月16日18時00分

メガホンを取るのは映画「私の男」で「36回モスクワ国際映画祭」の“最優秀作品賞”を受賞し、多くの映画ファンに支持される熊切和嘉監督。そしてキャストは矢田部役を実力派俳優・綾野剛が、羽田役を歌手のUAと俳優の村上淳を両親に持つ村上虹郎が務める。村上は2014年に映画「2つ目の窓」で俳優デビューし、同作で「第29回高崎映画祭」の“最優秀新人男優賞”を受賞するな [全文を読む]

松田翔太主演で『ディアスポリス』実写ドラマ&映画化決定!「ついに実写化かぁ!」「まさか実写化するとは」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月15日17時30分

■ドラマ「ディアスポリス-異邦警察-」 放送日:2016年4月 原作:すぎむらしんいち、リチャード・ウー 出演:松田翔太、浜野謙太、柳沢慎吾、康芳夫、マリーほか 放送:MBS、TBS 監督:冨永昌敬、茂木克仁、真利子哲也、熊切和嘉 脚本:熊切和嘉、守屋文雄 ■映画「ディアスポリス-異邦警察-」 公開日:2016年 夏 原作:すぎむらしんいち、リチャード・ [全文を読む]

THE BACK HORN×熊切和嘉による映像作品の一端が明らかに

Entame Plex / 2014年09月27日11時39分

ロックバンド:THE BACK HORNと映画監督:熊切和嘉による映像作品「光の音色-THE BACK HORN Film-」。11月1日の全国ロードショーにさきがけて、このたび予告編が公開された。 今作は、THE BACK HORNと熊切和嘉監督がタッグを組み制作された映像作品で、撮影はロシアのウラジオストックで敢行。このたび公開された予告編は、既に公開 [全文を読む]

THE BACK HORN、恒例のスペシャルイベント『マニアックヘブンVol.8』が福岡と東京で開催決定

okmusic UP's / 2014年07月11日10時00分

全28公演に及ぶ全国ツアー『「KYO-MEIワンマンツアー」~暁のファンファーレ~』を終えたTHE BACK HORNは、このあとも各地でのフェス、イベントへの出演が決定しているほか、“鬼才"熊切和嘉監督による映画『光の音色 –THE BACK HORN Film-』が11月1日(土)より全国ロードショーとなる。言葉や感情を音楽で表すという映画、『光の音色 [全文を読む]

映画『光の音色 -THE BACK HORN Film-』特報が公式サイトで公開

okmusic UP's / 2014年06月21日12時30分

THE BACK HORNが“鬼才"熊切和嘉監督と組んだ2014年秋公開の映画『光の音色 –THE BACK HORN Film-』の特報が公式HPにて発表された。【その他の画像】THE BACK HORN1998年に結成されたTHE BACK HORNは、"KYO-MEI“という言葉をテーマに、聴く人の心をふるわせる音楽を届けていくというバンドの意思を掲 [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(6月1日付)

ガジェット通信 / 2017年06月01日20時00分

■関連映像:花戦さ プロモーション映像 プロモーション映像 劇場予告編(https://yahoo.jp/MePGND) 花戦さ プロモーション映像 特報(https://yahoo.jp/blZdV9) 3位 『武曲 MUKOKU』(https://yahoo.jp/ShMlGf) ■公開日 :2017年6月3日(土) ■監督 :熊切和嘉 ■キャスト: [全文を読む]

松田翔太、台湾グルメを思わず食べ過ぎる?中国語はリン・チーリンのお墨付き―台湾

Record China / 2016年10月23日12時30分

台湾南部を代表する都市・高雄で開催中の映画祭では、日本映画「ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-」がオープニング作品として招待され、このほど主演の松田翔太、熊切和嘉監督が現地入り。22日には台北市でも記者会見を開いた。 「ディアスポリス」では「異邦都庁」の警察官を演じた松田翔太だが、劇中で中国語のセリフも話している。かつて日本のドラマ「 [全文を読む]

異邦人のために戦う、松田翔太主演ドラマの劇場版!

NeoL / 2016年09月10日23時16分

ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS- 監督:熊切和嘉 脚本:守屋文雄、熊切和嘉 出演:松田翔太、浜野謙太、須賀健太、NOZOMU、安藤サクラ/柳沢慎吾 (2016年/日本) 9/3(土)公開 ©リチャード・ウー,すぎむらしんいち・講談社/「ディアスポリス」製作委員会 http://www.dias-police.jp/ 関連記事のまとめ [全文を読む]

松田翔太主演「ディアスポリス」ドラマ化&映画化決定

Smartザテレビジョン / 2016年02月12日08時00分

ドラマ版の監督には、日本の映画界を担う冨永昌敬監督、茂木克仁監督、真利子哲也監督、熊切和嘉監督の4人が集結。映画版では熊切監督がメガホンをとることも発表されている。“裏警察”を演じる松田と、注目を集める映画監督陣により、今までにない新たな作品を作り上げていく。■松田翔太コメントこのような作品に参加できて、心からうれしく思います。この作品を通して4人の映画監 [全文を読む]

第15回ニッポン・コネクションの受賞作品が発表!

Movie Walker / 2015年06月09日18時36分

賞のノミネート対象としては、日本で製作もしくは日本人監督のもとで撮影された2014年および、2015年の長編作品となっており、受賞の結果と共に、ニッポン・ヴィジョンズ部門の審査員を務めた映画監督の廣木隆一氏、熊切和嘉氏、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭ディレクターである塩田時敏氏の3人の選評をフランクフルトから速報で届けてもらった。●Nippon Vi [全文を読む]

THE BACK HORNの映画が本日11月1日(土)公開!劇場にて週替わり先着プレゼント配布決定!

okmusic UP's / 2014年11月01日17時00分

11月1日(土)より全国ロードショーされる、熊切和嘉監督によるTHE BACK HORNの映像作品『光の音色-THE BACK HORN Film-』の週替わり先着プレゼントが発表された。【その他の画像】THE BACK HORN同作はTHE BACK HORNと鬼才・熊切和嘉監督とのタッグによって生み出された、これまでどこにもなかった映像作品。10月23 [全文を読む]

THE BACK HORNが10月22日にライヴDVD『KYO-MEIツアー ~暁のファンファーレ~』を発売

okmusic UP's / 2014年09月18日18時00分

THE BACK HORNは、世界4大映画祭の1つであるモスクワ国際映画祭コンペ部門で最新作『私の男』が最優秀作品賞•最優秀男優賞(浅野忠信)をダブル受賞する快挙を成し遂げたことでも話題の鬼才・熊切和嘉監督とのタッグによって生み出された映画『光の音色 –THE BACK HORN Film-』が11月1日(土)より全国ロードショーとなる。THE BACK [全文を読む]

THE BACK HORNがクリープハイプと赤い公園とのKYO-MEI対バンライブ開催を発表

okmusic UP's / 2014年09月07日15時00分

また、世界4大映画祭の1つであるモスクワ国際映画祭コンペ部門で最新作『私の男』が最優秀作品賞•最優秀男優賞(浅野忠信)をダブル受賞する快挙を成し遂げたことでも話題の鬼才・熊切和嘉監督とのタッグによって生み出された映画『光の音色 –THE BACK HORN Film-』が11月1日(土)より全国ロードショー。THE BACK HORNと熊切和嘉監督によるス [全文を読む]

『私の男』、モスクワ映画祭グランプリ “無表情に徹する”浅野忠信の演技に海外注目

NewSphere / 2014年07月01日11時30分

6月21日、熊切和嘉監督の『私の男』がモスクワ国際映画祭で最高賞のグランプリ(最優秀作品賞)を受賞、主演の浅野忠信さんも最優秀男優賞を受賞した。モスクワ国際映画賞での受賞は、1999年、新藤兼人監督の『生きたい』以来となる。 台湾での映画祭に出席のため不在であった監督と、浅野忠信さんに代わり、モスクワの日本大使館員が賞を受け取り、両受賞者からのメッセージを [全文を読む]

禁断の愛を描いた直木賞受賞小説「私の男」が映画化!

Entame Plex / 2014年03月05日21時02分

映像化不可能と言われてきた本作が、「海炭市叙景」「夏の終り」など、人間の心の機微を美しい映像に乗せて深く丁寧に描き、国内外で高く評価される熊切和嘉監督の手により映画として、6月14日より新宿ピカデリーほかにて全国公開することが決定した。 そして、このたびマスコミ向けの完成披露試写会にて、熊切和嘉監督と原作者の桜庭一樹が登壇し舞台挨拶を行った。 2013年 [全文を読む]

【最新作『アウトレイジ 最終章』公開直前】映画監督・北野武の「現在」を思考する書籍が発売!

PR TIMES / 2017年09月08日13時30分

【ロング・インタビュー】 監督:北野武 プロデューサー:森昌行 カメラマン:柳島克己 俳優:大杉漣 俳優:大森南朋 【執筆陣】 伊藤洋司、入江哲朗、上野昂志、荻野洋一、北村匡平、熊切和嘉、黒岩幹子、河野真理江、杉田俊介、數藤友亮、角井誠、武田砂鉄、月永理絵、土田環、冨樫森、南波克行、樋口尚文、深田晃司、藤井仁子、降矢聡、松江哲明、三浦哲哉、モルモット吉田 [全文を読む]

国際暗黒プロデューサー・康芳夫が語る“怪優業”と『家畜人ヤプー』を書いた覆面作家の正体!!

日刊サイゾー / 2017年08月27日19時00分

』(14)や熊切和嘉監督の『ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS』(16)などに出演し、新たに“怪優”という肩書きも最近は手に入れている。今年80歳を迎えた康氏が、初の悪役に挑戦した最新出演作『干支天使チアラット』、そして実写映画化の準備が進む『家畜人ヤプー』について大いに語った。──河崎実監督の『干支天使チアラット』を拝見しました。主人公た [全文を読む]

観て読んで楽しめる「恋愛映画&小説」3選!

ananweb / 2017年07月02日12時00分

どちらが好みかは、人によるかも? 映画:『私の男』 監督/熊切和嘉 出演/浅野忠信、二階堂ふみほかDVD&ブルーレイ発売中。DVD¥4,200 Blu-ray¥5,200 発売元:ハピネット 販売元:ハピネット(C)2014「私の男」製作委員会 本:『私の男』桜庭一樹 文春文庫 670円 ■ 純情な恋物語なのにラストに驚きの真相が!『イニシエーション・ラブ [全文を読む]

綾野剛と村上虹郎の“現代の侍”がセクシーすぎる!! 『武曲 MUKOKU』

dmenu映画 / 2017年06月13日07時00分

若手の中でも特に演技力を高く評価されている2人のぶつかり合いは、すさまじかった!藤沢周の小説を原作に、『私の男』や『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』などを手掛けてきた熊切和嘉監督が贈る男同士の熱い戦い。2人が抱える過去のトラウマも戦う原動力になり、剣を交わすことで自分の過去とも向き合うことになっていきます……。 綾野の“危険な男”ぶ [全文を読む]

フォーカス