宍戸留美のニュース

不思議な縁で結ばれた3人がLOFTに集結! 『絵恋ちゃん×里咲りさ新春ツーマン~スペシャルゲスト 宍戸留美さん~』ライブレポート

おたぽる / 2017年02月25日21時00分

2月18日、新宿LOFT BAR LOUNGEで開催された、『絵恋ちゃん×里咲りさ新春ツーマン~スペシャルゲスト 宍戸留美さん~』では、その縁の不思議さを改めて実感することができた。 感動と、熱気に包まれたライブをレポートする。 今回は、今のライブアイドル界で異彩を放つ2人、絵恋ちゃんと里咲りさの競演に加え、25年前、当時所属していた事務所を辞めフリーと [全文を読む]

フリーアイドル歴23年の宍戸留美が明かす「事務所に所属しない」という芸能界サバイブ術とは

おたぽる / 2015年08月22日14時00分

その後、業界初の事務所に所属しないまま活動するフリーアイドルとして活躍し、アニメ声優としても『ご近所物語』の幸田実果子役、『おジャ魔女どれみ』の瀬川おんぷ役などで人気を得てきた“ルンルン”こと宍戸留美。 そんなルンルンも今年で歌手デビュー25周年ということで、クラウドファンディングを利用して25周年記念のCD&写真集を制作するプロジェクトを始動させたとい [全文を読む]

【インタビュー】フリーランスになって「よかったことしかない」デビュー25周年、宍戸留美の現在地

おたぽる / 2016年11月05日13時00分

彼女の名前は宍戸留美。 彼女は、アイドルとなり、フリーランスのアーティストとなり、声優になり、フォトグラファーにもなっていった。 そして今年8月、クラウドファンディングによって集まった資金で、活動25周年記念CDと写真集を発売。その経緯と反響を中心に、これまで26年間の活動について、ファン目線でたっぷり話を聞かせていただいた。──8月に、クラウドファンディ [全文を読む]

三代目JSBのレコ大買収疑惑でベテラン歌手が暴露「金を出さないと取れない」

しらべぇ / 2016年10月26日23時05分

詳細は27日に発売される号に掲載されるそうだが、この問題を受けてベテラン歌手の宍戸留美も音楽業界における賞レースの実情をTwitterで暴露していた。■宍戸留美もレコ大の実情を暴露『最優秀新人賞、お金出せないからとれないからね♪』って16歳の時、大人にいわれました。期待しなくてよかったので、言ってもらってよかったです。笑。 https://t.co/qpD [全文を読む]

Yun*chi、恒例のニコ生「スナックYun*chi」開催決定

okmusic UP's / 2015年04月12日16時00分

リリース記念特番として恒例の「スナックYun*chi」だが、今回のニコニコ生放送には、元祖コスプレアニソンDJとして活躍したサオリリス、おジャ魔女どれみの声優を担当していた宍戸留美、「アニ*ゆん」のスーパーバイザーで秋葉原MOGRA店長のD-YAMAという豪華な面々がスナックに遊びに訪れる。この放送でしか聞けない「アニ*ゆん」に関する話が盛りだくさん [全文を読む]

Yun*chi恒例のニコ生「スナックYun*chi」臨時OPEN決定!

dwango.jp news / 2015年04月11日18時48分

リリース記念特番として恒例の「スナックYun*chi」だが、今回、4月14日(火)のニコニコ生放送には、元祖コスプレアニソンDJとして活躍したサオリリス、おジャ魔女ドれみの声優を担当していた宍戸留美、「アニ*ゆん」のスーパーバイザーで秋葉原MOGRA店長のD-YAMAという豪華な面々がスナックに遊びにくる。この放送でしか聞けない「アニ*ゆん」に関する話が盛 [全文を読む]

「『マネーの虎』で1,435万円マネー成立が、芸能の代表作です」【揚田亜紀】今は、“奇跡のストレスフリー”42歳

日刊サイゾー / 2015年01月26日09時00分

元祖フリーアイドルで声優のルンルンこと宍戸留美さんが、自らカメラマンとしてかわいい声優さんたちの写真を撮り、さらにアイドルライターの私(小明)がインタビューする不思議な連載の31回目! 今回は1990年に「今世紀最大の美女」「第二の山口百恵」のキャッチコピーでアイドルデビューした後、『マネーの虎』(日本テレビ)にて華麗に実業家に転身。現在は健康総合プロデュ [全文を読む]

「地下アイドルは、お金が回ってた!」【里咲りさ】社長の“たったひとりからの卒業”宣言

日刊サイゾー / 2017年05月24日21時00分

元祖フリーアイドルで声優のルンルンこと宍戸留美さんが、自らカメラマンとしてかわいい声優さんたちの写真を撮り、さらにアイドルライターの私(小明)がインタビューする不思議な連載の48回目! 今回はアイドル・シンガーソングライターで元アイドルグループの運営、現在は社長(!!)という波乱の人生を送る、里咲りささんが来てくれました!──よろしくお願いします! まさか [全文を読む]

「女は40歳になるとレオタードを着たくなるんです」【真珠子】絵描きから始まった“飽きないことを探す”人生

日刊サイゾー / 2017年05月07日20時00分

元祖フリーアイドルで声優のルンルンこと宍戸留美さんが、自らカメラマンとしてかわいい声優さんたちの写真を撮り、さらにアイドルライターの私(小明)がインタビューする不思議な連載の47回目! 今回は昨年声優デビューを果たした画家・アニメーション作家の真珠子さんが来てくれました!――ご無沙汰してます! 真珠子さんと初めてお会いしてから、もう12年近くたってるんです [全文を読む]

アイドルやめすぎ問題:ロマン優光連載79

ブッチNEWS / 2017年03月17日19時15分

宍戸留美さんのいわゆるアイドルとしての活動期間も三年内でした。それを思うと充分長く活動を続けられた人が多いのではないでしょうか。理不尽な匂いを感じる辞め方も中にはあるけれども。 ライブアイドルシーンの過剰供給による共倒れは続くだろうし、メジャーどころも今の状態がいつまで続くかわからない感じもありますが、個人的にはあまり気にはしてないのです。自分が面白ければ [全文を読む]

『アイドル冬の時代 今こそ振り返るその光と影』出版──現場にいたアイドルヲタクの雑感

おたぽる / 2016年09月21日11時00分

答えているのは、高橋由美子、相田翔子(Wink)、田中律子、はねだえりか(CoCo)、宍戸留美、下川みくに(チェキッ娘)、森下純菜の7人。いずれも、冬の時代において重要な意味合いを持つアイドルたちの人選である。 [全文を読む]

「頑張ってアイドルを演じていた」 高橋由美子らが語るアイドル冬の時代

AOLニュース / 2016年09月14日18時00分

他に、アイドル歌手だった経歴があまり知られてない田中律子、元CoCoで最近シングルマザーだとカミングアウトしたはねだえりか(羽田恵梨香)、異例の事務所に入らないフリーのアイドルとなった宍戸留美らに登場してもらった。 冬の時代にも頑張っていたアイドルたちはいたし、苦境のアイドルを懸命に応援するファンもいた。そんな方たちに、時代が"冬"だからこそ熱くなった記 [全文を読む]

「おニャン子クラブ以降、モーニング娘。以前」アイドル冬の時代にも情熱や夢あった

dwango.jp news / 2016年08月18日13時36分

・インタビュー:高橋由美子、相田翔子、田中律子、はねだえりか、宍戸留美、下川みくに、森下純菜/さんみゅ~、ハコイリ♡ムスメ ・評論、コラム:埋もれさせたくない11年間 冬の時代年表/歌番組が激減 当時のメディア状況を振り返る/冬の中で枝分かれした アイドルニュータイプ研究/いまのブームの原点がここにある ライブ文化の検証/冬の時代の音楽性を分析 アイドル [全文を読む]

「いろんな伝説が出てきて、おもしろいよね(笑)」【田中陽子】今、あの“1年半”のすべてを語る!?

日刊サイゾー / 2015年07月05日19時00分

元祖フリーアイドルで声優のルンルンこと宍戸留美さんが、自らカメラマンとしてかわいい声優さんたちの写真を撮り、さらにアイドルライターの私(小明)がインタビューする不思議な連載の32回目! 今回は声優から少し逸れ、1989年の某Hプロスカウトキャラバングランプリを受賞し、『陽春(はる)のパッセージ』で各賞を総なめにしたにもかかわらず、たった1年半で芸能界を引退 [全文を読む]

アイドルは「さよなら」の代わりに映画を残した 銀幕越しの温もり『世界の終わりのいずこねこ』

日刊サイゾー / 2015年03月05日21時00分

学校から帰ったイツ子は母親(宍戸留美)への「ただいま」もそこそこにお気に入りの衣装に着替え、ネット配信を使って、アイドル活動を行なっていたのだ。自分の部屋に篭り、鬱病を患う父親(いまおかしんじ)が若い頃に作った曲を、自分で考えた振り付けで歌い踊るイツ子。アクセス数は大したことないけど、ネット上のファンたちとのコール&レスポンスがイツ子には楽しい。週末ヒロイ [全文を読む]

新進気鋭の地下アイドルが大挙出演、どの娘がお好み!?

Movie Walker / 2015年02月26日17時00分

また、ヒロインの親友スウを演じる蒼波純はミスiD2014グランプリ受賞者、ヒロインの母親役の宍戸留美も90年代にはアイドルとして人気を博していたのはご存じの方も多いはずだ。 そんな新旧アイドル好きにはたまらない、まさに“アイドル好きのためのアイドル映画”といっても過言ではない本作。それだけに新しもの好きな人は絶対に見ておくべき1本だ。【トライワークス】 [全文を読む]

いずこねこが最後の新曲をリリース!映画サントラCDが3月4日に発売

エンタメNEXT / 2015年02月05日18時00分

<『世界の終わりのいずこねこ オリジナル・サウンドトラック』> 発売日:3月4日 価格:2,500円(税込) 1. BGM01 2. e.c.l.s 3. BGM10 4. BGM03 5. BGM02 6. izukoneko_SE 2012 7. BGM06 8. Jupiter Girl(movie edit) 9. BGM04 10. BG [全文を読む]

いずこねこ、最初で最後の主演映画にライムベリー、姫乃たま、レイチェル、ゆるめるモ!ら参加

リアルサウンド / 2014年09月27日19時00分

これまではいずこねこ(イツ子役)、西島大介(ミイケ先生役)、緑川百々子(レイニー役)、蒼波純(スウ子役)、永井亜子(アイロニー役)、小明(ヤマト先生役)、宍戸留美(ママ役)、いまおかしんじ(パパ役)の出演が発表されてきたが、今回はさらにいずこねこ演じるイツ子のクラスメイト役として、新たに14組のアイドルがアナウンスされた。 今回発表されたのは、姫乃たま、 [全文を読む]

音楽プロデューサー・桑原茂一の番組がTOKYO FMにて1ヶ月限定独占O.A.

okmusic UP's / 2014年05月27日13時00分

■【『桑原茂→の×××ラジオ(ピーラジオ)』番組概要】6月2日より、TOKYO FMにて毎週月曜日21:00~21:20 ■構成・選曲・演出 桑原茂一 ■キャスト 大堀こういち、小林顕作、金剛地武志、宍戸留美、森戸宏明 他 ■脚本 桑原茂一、大堀こういち、大野ケイスケ、天明晃太郎、熊本浩武 [全文を読む]

スネークマンショーを世に問うた1人、桑原茂一があなたの想像力を刺激する!『桑原茂→の×××ラジオ』、定額制音楽配信3社5サービスで 番組オンエア楽曲の「プレイリスト」展開!

PR TIMES / 2014年05月26日15時55分

http://pee-radio.com 【『桑原茂→の×××ラジオ(ピーラジオ)』番組概要】 ■番組タイトル:桑原茂→の×××ラジオ ■放送局:TOKYO FM ■放送日:2014年6月2日より、毎週月曜日21:00~21:20 ■構成・選曲・演出:桑原茂一 ■キャスト:大堀こういち、小林顕作、金剛地武志、宍戸留美、森戸宏明 他 ■脚本:桑原茂一、大堀 [全文を読む]

フォーカス