浜木綿子のニュース

浜木綿子“10年愛”恋人の急逝に送った花

WEB女性自身 / 2014年09月13日06時00分

「龍虎さんは51歳と晩婚でしたが、彼の結婚が遅くなったのは、女優・浜木綿子さん(78)との“悲恋”があったからです」と打ち明けるのはベテラン演劇評論家。2人の交際が始まったのは、龍虎さんが角界を退いた75年夏ごろだったという。その7年前の68年に市川猿翁(74・当時猿之助)と離婚した浜木綿子は、1人息子の香川照之(48)を育てながら女優を続けるシングルマザ [全文を読む]

浜木綿子 初めて語る襲名裏「香川照之の名前を捨てると…」

WEB女性自身 / 2013年04月06日07時00分

今年、舞台デビューから60周年をむかえる浜木綿子(77)が初めて、”元夫と息子”の関係を語ってくれた。元夫は市川猿翁(73)、そして息子は香川照之(47)。昨夏、照之は歌舞伎界入りし市川中車として襲名披露を行った。元夫と照之の長男・政明くん(9)も同時に襲名し、大きな話題に。浜は複雑な思いをこう明かす。「襲名の話は照之からまったく知らされていなかったんです [全文を読む]

【ウラ芸能】加藤茶の嫁、写真だけじゃないブログ騒動

NewsCafe / 2014年12月21日15時00分

その手口は?」記者「女優、浜木綿子(79)が秋の叙勲で旭日小綬章を受章した時のこと。評価対象になった喜劇舞台『売らいでか!』に加藤が出演していたこともあり、さっそく茶のブログに『旭日小紋章を受賞おめでとうございます』とアップしたんですが…」デスク「それじゃ、『きょくじつしょうじゅしょう』じゃなくて『しょうもんしょう』だぞ。受けるのは賞状じゃなくて、勲章だか [全文を読む]

香川照之の息子・市川團子が猿之助の名前を継ぐ可能性も

NEWSポストセブン / 2013年03月31日16時00分

女優・浜木綿子(77才)との間に男子(中車)がいたが離婚。その後、日本舞踊家・藤間紫さん(享年85)との結婚、死別後の女性関係も報じられた。 続いては、猿翁の息子で、執念の歌舞伎デビューを果たした澤瀉屋の市川中車(47才)と、その家族をめぐる物語。 母は女優・浜木綿子。東京大学を卒業、役者・香川照之として有名になり、断絶していた父・猿翁と和解。昨年、中車を [全文を読む]

香川照之、今頃「反省の弁」が出た事情

NewsCafe / 2017年02月08日12時00分

いうまでもなく、父親は先代・猿之助の市川猿翁(77)、母親は女優、浜木綿子(81)という血筋…何をとっても自信のある香川にとっては、今回の離婚は大きなつまずきでした」 夫人は歌舞伎俳優の仕事もする香川の面倒をみたくなかった、というのが離婚の主因とされる。 「香川の野望は、息子・団子を将来は一門の澤瀉屋(おもだかや)を支える猿之助の名跡を継がせること。しかし [全文を読む]

起源はさんま&しのぶ…芸能界にみる「別れても頼れる人」という関係

WEB女性自身 / 2017年01月27日12時00分

さんまさん以前の、平幹二朗さん・佐久間良子さんや、香川照之のご両親の市川猿翁さん・浜木綿子さんのころの離婚は、別れたら子どもには会わせない、親子でも縁が取り戻せない 離縁 の多い時代でした」 92年に離婚したさんま・しのぶ以降は、元夫婦が子どもを通して会うように変化した。 「さんまさんは大変だったはずですが、『バツイチ』という言葉がブームになるほど、建てた [全文を読む]

陰湿な嫁いじめが原因?香川照之の離婚か示す”梨園妻の内情”

デイリーニュースオンライン / 2017年01月04日11時45分

香川の実父でもある市川猿翁(77)も、香川の実母である浜木綿子(81)と離婚後、女優の故・藤間紫との同棲をスタートしています。一般からすると女好きといわれても仕方ないのですが、“女遊びは芸の肥やし”との考えがあるのは確かなのです」(芸能記者) 一般の常識とはかけ離れた特殊な梨園のしきたりに耐えることも、梨園の妻の試練の一つということなのだろうか。 文・佐々 [全文を読む]

香川照之 離婚の陰で元CA妻が耐え続けた「梨園いじめ」の地獄

WEB女性自身 / 2016年12月20日00時00分

「香川さんがまだ1歳のときに市川猿翁さん(77)と浜木綿子さん(81)が離婚。彼は母に育てられたため、45年にわたって父子関係は断絶状態でした。しかし香川さんは歌舞伎役者になる夢を捨てきれなかった。そのため父との和解を模索し、中車として梨園入りを果たしたのです。そこには『自分が澤瀉屋の看板名跡である市川猿之助を継げなくても、息子には何としても継がせたい』 [全文を読む]

成功する2世、ヒントは「才能を社会のために」との使命感

NEWSポストセブン / 2016年12月19日11時00分

市川猿翁は猿之助だった1965年2月に女優・浜木綿子と結婚、同年12月に香川が誕生した。ところが結婚から2年もしないうちに猿之助は家を飛び出し、後に妻となる日本舞踊藤間流紫派家元・藤間紫さんのもとへ。以来、香川は、成人するまで父親と会うことがなかった。 しかし、2003年に親子は和解。香川は歌舞伎界に入り、9代目市川中車を襲名した。 「役者としての香川は [全文を読む]

ますます梨園で孤立か? 香川照之「力不足」という言葉で、離婚理由をうやむやに……

日刊サイゾー / 2016年12月18日09時00分

子どもや、母で女優の浜木綿子にも報告していないことを明かした。 「離婚を報じた報知は、もともと香川が懇意にしている記者がいて、関係者への根回しも済んだことからリークしたようだ。そのため、香川にとって都合の悪いことには、まったく触れていなかった」(芸能デスク) 香川と夫人は1995年12月に結婚。1男1女をもうけ、長男の政明は香川と親子で2011年に歌舞伎界 [全文を読む]

梨園の常識は世の非常識 歌舞伎役者は艶聞に事欠かない

NEWSポストセブン / 2016年09月28日16時00分

市川猿翁(76)は初恋の相手だった故・藤間紫のことが忘れられず、妻の浜木綿子と、まだわずか1歳だった息子・香川照之を置いて出奔する。この親子が雪解けするまでには45年の歳月を要した。 故・坂東三津五郎は寿ひずるとの婚姻中に近藤サトと不倫が発覚。三津五郎は泥沼の離婚協議を経て近藤と再婚したものの、一門や家族の大反対にあいわずか1年7か月で離婚した。 竹内結子 [全文を読む]

市川右近「独立」で香川照之の澤瀉屋から弟子流出危機

NEWSポストセブン / 2016年06月07日16時00分

香川は先代と女優・浜木綿子(80)との間に誕生したが、先代は香川が1歳の時に家を出た。以来、45年間、父子断絶の状態が続いた。だが、2004年に長男・政明くんが誕生すると香川の歌舞伎への思いは一気に熱を帯びる。息子を猿之助に、との思いで歌舞伎界入りに尽力し、2011年、香川と政明くんはそれぞれ「九代目市川中車」と「五代目市川團子」を襲名した。 もともと先 [全文を読む]

「お小遣いはサラリーマンの年収ぐらい」芸能一家の実際

WEB女性自身 / 2015年10月15日06時00分

それでも俳優への興味を捨てきれなかった香川を、母・浜木綿子はTBSのADとして働かせれば「役者の大変さがわかるので嫌になるだろう」と考えた。しかし「裏方がつらかったから、やはり役者をやりたい」と、かえって俳優への志が強くなった。 '11年には、父・猿翁(えんおう)と和解し、市川中車(ちゅうしゃ)を襲名。40代になって梨園に入るというのはきわめて異例である。 [全文を読む]

香川照之 父・猿翁が愛した別荘を「もういらない」非情の売却

WEB女性自身 / 2015年08月19日06時00分

紫さんのために猿翁さんは、香川さんの母・浜木綿子さん(79)と離婚しました。2人の愛の思い出が詰まった場所に、好意的にはなれないのも仕方がないでしょう」売却にあたり、猿翁がこだわったことがあるという。「(猿翁さんは)土地を分割せずに、いまある建物も有効利用してくださる方にお譲りしたいと、希望されています」(別荘の販売を手がける不動産業者) せめて亡き妻・紫 [全文を読む]

『横溝正史&金田一耕助シリーズ DVDコレクション』2015年2月17日(火)創刊!

PR TIMES / 2015年02月06日16時52分

【複雑怪奇な事件の謎を解き明かす、名探偵・金田一耕助の物語がここに集結!】 創刊号・2号は「犬神家の一族」(上・下)、以降「八つ墓村」「獄門島」「本陣殺人事件」「悪魔が来りて笛を吹く」「悪魔の手毬唄」「女王蜂」など、人気作品が続々ラインナップ! 共演者も、京マチ子、浜木綿子、草笛光子、夏目雅子、竹下景子、古手川祐子、秋吉久美子、高峰三枝子、多岐川裕美、十 [全文を読む]

歌舞伎を巡りすれ違い 香川照之が妻と娘と家庭内別居状態に

NEWSポストセブン / 2014年07月19日07時00分

しかし、香川さんの奥さん・A子さんは歌舞伎座に姿を見せずに、代わりに母親の浜木綿子さん(78才)がロビー活動をおやりになっていました。これはかなり異例のことといえますよ。夫婦間に何かトラブルでもあったのかな…って思ってました」 そんな心配をする梨園関係者。その予感が的中する記事が、直後の7月8日発売の写真週刊誌『FLASH』(7月22日号)で報じられる。《 [全文を読む]

香川照之に離婚寸前報道、ユリオカ超特Q似の変装スタイル

messy / 2014年07月08日17時00分

歌舞伎界の重鎮である市川猿翁を父に持ちながらも、母である女優の浜木綿子に引き取られたため、父とは数十年にわたり絶縁状態だった香川。東京大学を卒業したのち、俳優として芸能界デビューを果たした香川が、猿翁に挨拶に行った際「お前は私の子ではない」と言われたというのは有名なエピソードだ。しかし香川は長い時間をかけて猿翁との関係を構築。晴れて長男とともに自らも歌舞伎 [全文を読む]

【ウラ芸能】笑福亭鶴瓶、「半沢直樹」にネジ込んだ!?

NewsCafe / 2013年09月11日15時00分

歌舞伎俳優、二代目市川猿翁(73)と女優、浜木綿子(77)のひとり息子です」デスク「悪役で手練の芝居を見せてるな…」記者「一番おいしい役は、経営危機のホテルの若社長役の駿河太郎(35)。落語家、笑福亭鶴瓶(61)の息子で、今回は若き経営者を好演、評価が高まっています」デスク「あれが鶴瓶の息子っていうのはびっくりだな。鶴瓶は半沢の父親役で出演してるから、ある [全文を読む]

森光子、でんぐり返しな「裏」放浪記

アサ芸プラス / 2012年11月27日10時00分

いつも『舞台は戦場ですから』と話されていました」 と語るのは、女優・浜木綿子(77)だ。浜といえば、11月10日に永眠した森光子が生涯を賭けて演じ続けた舞台「放浪記」の初演から、再々演まで共演した“戦友”だ。 森は、東宝の取締役だった菊田一夫氏に見初められ、大阪から38歳で上京。ところが、すぐには女優として芽が出ず、41歳になってようやく抜擢されたのが、の [全文を読む]

TV美女50人「女優力」最新ランキング(3)ブッタ斬りインタビュー

アサ芸プラス / 2012年01月26日11時00分

浜木綿子さんには女優としての、また違った一面を教わりました。役になりきるのはもちろんのこと、役になりきりながら全体を見渡している。舞台は映画やドラマのように、もう一度演じるわけにはいきませんから、全体に目を配る広い視野も必要なんです」 ――今回アンケート第1位に選ばれた夏目雅子さんとも共演されていますよね。 「ええ。雅子ちゃんは本番まではサッパリして男 [全文を読む]

フォーカス