小林一三のニュース

曾祖父が稀代の実業家・小林一三! 長女が宝塚音楽学校合格で松岡修造の家系がスゴいと話題

ガジェット通信 / 2017年04月02日17時00分

そして、曽祖父には小林一三氏(1873- 1957)の名も。阪急東宝グループの創始者として阪急電鉄・阪急百貨店・東宝などの事業を拓いた稀代の実業家です。 また、小林氏は宝塚歌劇団の創始者としても知られています。さらに、松岡さんの母の千波静さんは宝塚歌劇団44期生で宝塚歌劇団星組男役と活躍していました。それだけに、今回の恵さんの合格はサラブレット中のサラブ [全文を読む]

松岡修造、スター候補の娘の将来

NewsCafe / 2017年04月02日07時00分

記者「この前も話題にしたスポーツキャスターでタレントの松岡修造(49)の長女、恵さん(17)が宝塚音楽学校に合格しましたね」 デスク「倍率26倍を突破…、父親は長身だし、母親の元テレビ東京アナウンサーの田口惠美子さん(51)は美人アナで知られたけど、当然娘も美人で長身だ」 記者「宝塚ファンの間からは早くも、将来の男役トップスター候補だって…」 デスク「いう [全文を読む]

祖父が宝塚歌劇団の創設者の松岡修造 長女は宝塚ガチ受験

NEWSポストセブン / 2017年01月17日07時00分

そもそも松岡といえば、曾祖父が阪急グループの創始者で、宝塚歌劇団の創設者でもある小林一三。父親は昨年、『君の名は。』や『シン・ゴジラ』で大ヒットを飛ばした東宝の名誉会長で、母親は宝塚44期の千波静というバリバリの“宝塚ファミリー”だ。 「お母さんの姉妹も宝塚女優で、従兄弟には宝塚歌劇団の理事と、宝塚女優の千波ゆうがいます。しかも大スターの蘭寿とむは、千波 [全文を読む]

神戸で映画をお届けして おかげさまで70年。 「OS創立70周年記念チケット」販売のお知らせ

@Press / 2016年11月28日15時45分

創業者は阪急電鉄、宝塚歌劇団、阪急百貨店、東宝をはじめとする阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創始者でもある小林一三翁。創業当時、敗戦の混乱が続き、先の見えない時代にあった中、小林一三翁が目を向けたのが、当時娯楽の中心であった映画でした。戦時中に多くの映画館が失われ、残った映画館はいずれも超満員の盛況ぶりで、特に戦時中に上映を禁じられていた外国 [全文を読む]

阿部サダヲ、学ラン姿で出発進行!?

Smartザテレビジョン / 2015年05月07日19時54分

NHK総合で9月5日(土)、12日(土)に放送される放送90年ドラマ「『経世済民の男』小林一三~夢とそろばん~」のロケ取材会が行われ、主演の阿部サダヲが登壇した。 本作は、阪急電鉄、阪急百貨店や宝塚歌劇団をユニークな手法で創設した小林一三が主人公。もともとは小説家志望の落ちこぼれ銀行員だった小林氏が、ある人物に出会い、事業の面白さに目覚め、独創的な手段で弱 [全文を読む]

いまもっとも人気の高い評伝作家がおくる最新刊『叛骨の宰相 岸信介』。「昭和の妖怪」とよばれた岸信介の知られざる実像と多大な功績に迫る!

PR TIMES / 2014年01月20日12時08分

東条英機、小林一三、吉田茂に挑み、国民に媚びることなく、真の指導者たらんとした政治家がかつていた――。 東大教授の椅子を蹴って農商務省に入り、小林一三大臣と経済政策をめぐり衝突。戦時中は圧倒的権力を握る東条英機に退陣を迫り大臣を辞任。戦後は戦犯として巣鴨プリズンに収監され、釈放後は、時の首相吉田茂と真っ向からぶつかる。そして、安保闘争では、巻き起こるデモ [全文を読む]

世界で初めて自動改札機を導入、圧巻の3本同時発車……『阪急電鉄のひみつ』を発刊

PR TIMES / 2013年07月11日12時09分

また、創業者の小林一三は、沿線の開発に力を入れ、住宅地分譲や宝塚歌劇団などの事業を多角的に展開しました。日本の私鉄の中でも先進的な経営を行っていることで知られています。本書では、そんな阪急電鉄の魅力、雑学を、たくさんの写真とともに紹介します。まず、京阪神を結ぶ阪急の各路線と主要駅について。「阪急マルーン」と呼ばれるこげ茶色の車体、オリーブ色の座席、木目調の [全文を読む]

なぜミシュランはガイドブックを出すのか

プレジデントオンライン / 2017年06月08日09時15分

阪急電鉄の創業者、小林一三は、潰れかけていたローカル線の会社を立て直すため、路線の周囲に通勤生活者用の住宅地を開発。駅前に広場とスーパーマーケットを、ターミナル駅にはデパートを、さらに郊外のターミナルには劇場(現在の宝塚歌劇団)などの娯楽施設をつくり、今では当たり前になっている日本の大都市生活者の暮らし全体をデザインしました。 また、明治期に国産初のオルガ [全文を読む]

松岡修造、宝塚入学の娘・恵さんに助言「朗らかにが一番大事」

ORICON NEWS / 2017年05月24日20時53分

裏からやってない?」と投げかけると、マジメな顔で松岡は「(自身の曽祖父にあたる宝塚歌劇団創始者の)小林一三先生の考えですから。そこに一番、厳しい」とキッパリ言い切っていた。現状について「毎日が必死だと思いますよ。彼女がどうなるか、わかりません。僕は応援するし、彼女の人生を全うしてほしい」と話し、背中を押した。最後は「清く、正しく、美しく、あと、朗らかにって [全文を読む]

宝塚合格者 松岡修造長女合格、最後の挑戦・黒木瞳長女は?

NEWSポストセブン / 2017年04月06日07時00分

そもそも、松岡の曾祖父・小林一三は阪急グループの創始者で、宝塚歌劇団の創設者だ。父親は映画会社・東宝(“東京宝塚”の略)の名誉会長で、母親は宝塚第44期の千波静。しかも、千波の姉・淳と妹・薫も元タカラジェンヌで、かつて花組トップスターだった蘭寿とむ(41才)は薫の息子の妻。さらに薫の娘・千波ゆう(現・田中里衣・45才)も宝塚出身。恵さんは“華麗なる一族”の [全文を読む]

フォーカス