小林一三のニュース

曾祖父が稀代の実業家・小林一三! 長女が宝塚音楽学校合格で松岡修造の家系がスゴいと話題

ガジェット通信 / 2017年04月02日17時00分

そして、曽祖父には小林一三氏(1873- 1957)の名も。阪急東宝グループの創始者として阪急電鉄・阪急百貨店・東宝などの事業を拓いた稀代の実業家です。 また、小林氏は宝塚歌劇団の創始者としても知られています。さらに、松岡さんの母の千波静さんは宝塚歌劇団44期生で宝塚歌劇団星組男役と活躍していました。それだけに、今回の恵さんの合格はサラブレット中のサラブ [全文を読む]

松岡修造、スター候補の娘の将来

NewsCafe / 2017年04月02日07時00分

記者「この前も話題にしたスポーツキャスターでタレントの松岡修造(49)の長女、恵さん(17)が宝塚音楽学校に合格しましたね」 デスク「倍率26倍を突破…、父親は長身だし、母親の元テレビ東京アナウンサーの田口惠美子さん(51)は美人アナで知られたけど、当然娘も美人で長身だ」 記者「宝塚ファンの間からは早くも、将来の男役トップスター候補だって…」 デスク「いう [全文を読む]

祖父が宝塚歌劇団の創設者の松岡修造 長女は宝塚ガチ受験

NEWSポストセブン / 2017年01月17日07時00分

そもそも松岡といえば、曾祖父が阪急グループの創始者で、宝塚歌劇団の創設者でもある小林一三。父親は昨年、『君の名は。』や『シン・ゴジラ』で大ヒットを飛ばした東宝の名誉会長で、母親は宝塚44期の千波静というバリバリの“宝塚ファミリー”だ。 「お母さんの姉妹も宝塚女優で、従兄弟には宝塚歌劇団の理事と、宝塚女優の千波ゆうがいます。しかも大スターの蘭寿とむは、千波 [全文を読む]

神戸で映画をお届けして おかげさまで70年。 「OS創立70周年記念チケット」販売のお知らせ

@Press / 2016年11月28日15時45分

創業者は阪急電鉄、宝塚歌劇団、阪急百貨店、東宝をはじめとする阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創始者でもある小林一三翁。創業当時、敗戦の混乱が続き、先の見えない時代にあった中、小林一三翁が目を向けたのが、当時娯楽の中心であった映画でした。戦時中に多くの映画館が失われ、残った映画館はいずれも超満員の盛況ぶりで、特に戦時中に上映を禁じられていた外国 [全文を読む]

阿部サダヲ、学ラン姿で出発進行!?

Smartザテレビジョン / 2015年05月07日19時54分

NHK総合で9月5日(土)、12日(土)に放送される放送90年ドラマ「『経世済民の男』小林一三~夢とそろばん~」のロケ取材会が行われ、主演の阿部サダヲが登壇した。 本作は、阪急電鉄、阪急百貨店や宝塚歌劇団をユニークな手法で創設した小林一三が主人公。もともとは小説家志望の落ちこぼれ銀行員だった小林氏が、ある人物に出会い、事業の面白さに目覚め、独創的な手段で弱 [全文を読む]

いまもっとも人気の高い評伝作家がおくる最新刊『叛骨の宰相 岸信介』。「昭和の妖怪」とよばれた岸信介の知られざる実像と多大な功績に迫る!

PR TIMES / 2014年01月20日12時08分

東条英機、小林一三、吉田茂に挑み、国民に媚びることなく、真の指導者たらんとした政治家がかつていた――。 東大教授の椅子を蹴って農商務省に入り、小林一三大臣と経済政策をめぐり衝突。戦時中は圧倒的権力を握る東条英機に退陣を迫り大臣を辞任。戦後は戦犯として巣鴨プリズンに収監され、釈放後は、時の首相吉田茂と真っ向からぶつかる。そして、安保闘争では、巻き起こるデモ [全文を読む]

世界で初めて自動改札機を導入、圧巻の3本同時発車……『阪急電鉄のひみつ』を発刊

PR TIMES / 2013年07月11日12時09分

また、創業者の小林一三は、沿線の開発に力を入れ、住宅地分譲や宝塚歌劇団などの事業を多角的に展開しました。日本の私鉄の中でも先進的な経営を行っていることで知られています。本書では、そんな阪急電鉄の魅力、雑学を、たくさんの写真とともに紹介します。まず、京阪神を結ぶ阪急の各路線と主要駅について。「阪急マルーン」と呼ばれるこげ茶色の車体、オリーブ色の座席、木目調の [全文を読む]

なぜミシュランはガイドブックを出すのか

プレジデントオンライン / 2017年06月08日09時15分

阪急電鉄の創業者、小林一三は、潰れかけていたローカル線の会社を立て直すため、路線の周囲に通勤生活者用の住宅地を開発。駅前に広場とスーパーマーケットを、ターミナル駅にはデパートを、さらに郊外のターミナルには劇場(現在の宝塚歌劇団)などの娯楽施設をつくり、今では当たり前になっている日本の大都市生活者の暮らし全体をデザインしました。 また、明治期に国産初のオルガ [全文を読む]

宝塚合格者 松岡修造長女合格、最後の挑戦・黒木瞳長女は?

NEWSポストセブン / 2017年04月06日07時00分

そもそも、松岡の曾祖父・小林一三は阪急グループの創始者で、宝塚歌劇団の創設者だ。父親は映画会社・東宝(“東京宝塚”の略)の名誉会長で、母親は宝塚第44期の千波静。しかも、千波の姉・淳と妹・薫も元タカラジェンヌで、かつて花組トップスターだった蘭寿とむ(41才)は薫の息子の妻。さらに薫の娘・千波ゆう(現・田中里衣・45才)も宝塚出身。恵さんは“華麗なる一族”の [全文を読む]

松岡修造の娘が宝塚合格!君島十和子の娘とのタカラジェンヌ対決に勝つのは?

アサジョ / 2017年04月02日10時14分

しかも、高祖父の小林一三氏は宝塚歌劇団をはじめとした、阪急東宝グループの創業者という超サラブレッド。周囲の期待も熱く、いずれは男役トップスターかと期待も大きいようだ。 しかし、そんな状況に焦りを感じているのが、昨年一足早く宝塚の初舞台を踏んだ元女優で実業家の君島十和子の娘・蘭世惠翔。松岡の娘とは日本女子大付属高校の先輩に当たる。すでに宝塚・月組で男役として [全文を読む]

since 1929 神戸・六甲の歴史を今に伝える 六甲山ホテル 開業88周年企画 始動!

@Press / 2017年03月17日15時45分

阪急東宝グループ(現 阪急阪神東宝グループ)の創業者 小林一三翁が避暑地として愛用するなど、多くの著名な方々にもご利用いただきました。創業当時から現存する旧館は、ヨーロッパの工法を取り入れた建築物として、近代化産業遺産にも指定されています。 画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/124672/img_124672 [全文を読む]

since 1929 神戸・六甲の歴史を今に伝える 六甲山ホテル 開業88周年企画 始動!

PR TIMES / 2017年03月17日15時29分

阪急東宝グループ(現 阪急阪神東宝グループ)の創業者 小林一三翁が避暑地として愛用するなど、多くの著名な方々にもご利用いただきました。創業当時から現存する旧館は、ヨーロッパの工法を取り入れた建築物として、近代化産業遺産にも指定されています。 [画像2: https://prtimes.jp/i/2504/1697/resize/d2504-1697-58 [全文を読む]

国に喧嘩を売った電力の鬼・松永安左ヱ衛門の知られざる生涯

まぐまぐニュース! / 2017年02月16日09時00分

松永は太田垣に目をつけて、関西電力の社長に据えようと、阪急の創立者・小林一三に頼みこんだ。しかし小林は、太田垣は病弱で、新会社の難局に当たらせてはその命を奪いかねないと断った。松永はこう言い張った。 今回の一件は国家の将来にも影響を与える大事なのだ。その事態の中で、仮に太田垣君の生命が奪われたとしても、それは男子の本懐の部類に属することだ。(同上) この言 [全文を読む]

松岡修造、宝塚目指す娘に待つモノ

NewsCafe / 2017年01月18日14時30分

デスク「スポーツキャスターでタレントの松岡修造(49)が、長女を宝塚歌劇団に入れようとしてるってね」 記者「松岡には1男2女がありますが、現在高校生の長女は2月4日まで願書受付、3月にある宝塚音楽学校の入学試験を受験すると見られています」 デスク「その長女って昨年も音楽学校を受験してるっていうから、ヅカファンには知られた話なんだろうけど、まあ松岡の血筋を考 [全文を読む]

「コメの文化」と我が国のバス事業

HANJO HANJO / 2017年01月10日14時15分

さらに、沿線で不動産開発や観光開発、小売業(百貨店やスーパーマーケット)などを展開し収益を上げるとともに、それらの事業が沿線価値を向上させ本業たる運輸業にも貢献(ついでに、地価も右肩上がり)するという「ミニ阪急」(このモデルは、阪急電鉄、阪急東宝グループの創業者である小林一三が作り上げた)が全国で展開された。 [全文を読む]

渋沢栄一、松下幸之助、土光敏夫……PHP経営叢書『日本の企業家』シリーズ 創設70周年記念として全13巻を刊行

@Press / 2016年10月28日14時15分

※いずれも消費税込◆発刊ラインナップ(予定)1巻 渋沢栄一 宮本又郎編著(大阪大学名誉教授・大阪企業家ミュージアム館長)2巻 松下幸之助 加護野忠男編著(甲南大学特別客員教授・神戸大学名誉教授)3巻 土光敏夫 橘川武郎著(東京理科大学教授・東京大学名誉教授・一橋大学名誉教授)4巻 久保田権四郎 沢井実著(南山大学教授・大阪大学名誉教授)5巻 小林一三[全文を読む]

関西5私鉄と歴史街道推進協議会の共同キャンペーン 第3回「関西5私鉄スタンプラリー」を開催!

@Press / 2016年06月16日16時15分

【各社のスタンプポイント(スタンプ設置箇所)】( )内は最寄り駅<社名> 近鉄<ジャンル>【パワースポット】春日大社(近鉄奈良駅)、誉田八幡宮(古市駅)【伝統産業】箱本館「紺屋」(近鉄郡山駅)【食・グルメ】おたべ本館(十条駅)【武将・偉人】誉田八幡宮(古市駅)<社名> 南海<ジャンル>【パワースポット】淡嶋神社(加太駅)【伝統産業】岸和田だんじり会館(岸 [全文を読む]

関西5私鉄と歴史街道推進協議会の共同キャンペーン第3回「関西5私鉄スタンプラリー」を開催!沿線の名所を巡る「関西5私鉄スタンプラリー歴史街道おすすめスポット巡り」を実施!

@Press / 2016年06月16日15時30分

【各社のスタンプポイント(スタンプ設置箇所)】( )内は最寄り駅・近 鉄春日大社(近鉄奈良駅)、誉田八幡宮(古市駅)、箱本館「紺屋」(近鉄郡山駅)、おたべ本館(十条駅)・南 海淡嶋神社(加太駅)、岸和田だんじり会館(岸和田駅)、西條酒造(河内長野駅)、、道の駅「柿の郷くどやま」(九度山駅)・阪 急箕面山瀧安寺(箕面駅)、 大阪くらしの今昔館(天神橋筋六丁目 [全文を読む]

作家・北康利氏 「昭和の経営者の言葉には重みがあった」

NEWSポストセブン / 2016年05月26日16時00分

果たしてそれでいいのだろうか? 阪急東宝グループ創業者の小林一三は自前の人材で事業を切り盛りすることで知られていた。鉄道もバスも百貨店も歌劇も遊園地も劇場も野球チームも、人事異動の一環として人が行き来した。 その根底にあるのは、事業はすべて大衆を相手にした顧客サービスであり、その極意さえつかめば応用が利くというものである。そして大卒社員であっても車掌や運転 [全文を読む]

明日の鉄道を考える! 超座談会を開催!

ITライフハック / 2016年05月02日15時00分

小林一三の念願だったんです。うちの会社の事業としてはすごい事業で、神戸線を走る列車にヘッドマークを付けています。デザインは個人的に僕がしました(笑)。是非神戸、大阪、阪急電車に乗るときには前等しろと違うマークを付けているので楽しんでください。また線路を歩くときには背面で歩くのは常識。電車が接近した場合は白線を越えないようよろしくお願いします」(阪急の藤田さ [全文を読む]

フォーカス