奥浩哉のニュース

玄野と加藤が歌う!? 『GANTZ:O』キャラソン発表に困惑「どんなノリ?」「漫画からは想像してなかった」[オタ女]

ガジェット通信 / 2016年08月23日18時00分

『GANTZ』は死んだはずの人間達と謎の星人との壮絶な死闘を描いた奥浩哉先生のSFアクション作品。女性ファンはもちろんいますが、基本的には男性向けの硬派なアクション漫画のイメージ。この発表を受けて、ファンのネットでの反応はというと……。 ・志摩さん、小野D、梶くん。なんて嬉しいミックスなんだ。 ・キャラソンは激アツ ・絶対買う…!!! といった楽しみにす [全文を読む]

「オッパイ、ちゃんと揺らせよ」新作スピンオフに3DCGアニメ劇場版!『GANTZ』新展開にファンたちの反応は…!?

おたぽる / 2015年11月17日18時00分

奥浩哉が2000~13年にかけて連載した『GANTZ』が新展開! 17日発売の「ミラクルジャンプ」1月号にて、16年公開に向けフル3DCGアニメーション映画『GANTZ(仮)』の製作、さらに新作スピンオフマンガ『GANTZ:G』の連載開始などが一挙に公開された。 『GANTZ』は死んだはずの高校生・玄野計が謎の黒い球体・GANTZに呼び出され、同じく死んだ [全文を読む]

新宿に“リアルいぬやしき”が出現!? 最新5巻発売記念『いぬやしき』×アニマリアルコラボ・実写版“リアルいぬやしきポスター”公開!

PR TIMES / 2015年11月16日09時18分

“リアルいぬやしきを探せ!”Twitterキャンペーン&電子書店で1巻まるごと試し読みも実施! 奥浩哉(『GANTZ』)が描く、話題の最新作『いぬやしき』第5巻の発売を記念し、この度講談社では新宿駅に実写版“リアルいぬやしきポスター”の掲出を行います。 [画像1: http://prtimes.jp/i/1719/829/resize/d1719-829- [全文を読む]

パクリ扱いは「最大の侮辱だ」 『GANTZ』『いぬやしき』のマンガ家・奥浩哉が気炎を吐く

おたぽる / 2015年06月15日19時00分

今月11日、『GANTZ』(集英社)、『いぬやしき』(講談社)の作者として知られるマンガ家・奥浩哉が、ツイッター上にて自身の作品が"パクリ"扱いされることへの不満を述べ、ネット上では奥作品について議論が起こることとなった。 奥浩哉の代表作といえば、SFマンガ『GANTZ』。『GANTZ』は過激な描写や非日常の世界観が魅力の作品で、アニメ化やゲーム化、さらに [全文を読む]

2014年の漫画界の大本命!『GANTZ』の奥浩哉最新作! 『いぬやしき』単行本1巻が遂に5.23発売!!

PR TIMES / 2014年05月23日09時59分

だが、奥浩哉が描いて地味に終わるわけがない! 誰も見たことのない世界は見たくはないですか? 『いぬやしき』にその世界があります。 『GANTZ』奥浩哉最新作『いぬやしき』。 主人公は、58歳サラリーマン2児の父。 希望もなければ人望もない冴えない初老。 しかしある日を境に男のすべては一変する――…!! イブニング(講談社刊)での連載開始当初より、 その予測 [全文を読む]

スマートフォン版「モバ7」で「ぱちんこ GANTZ」を配信

PR TIMES / 2017年03月30日16時34分

【アプリ概要】 ▽アプリ名称:[モバ7]ぱちんこ GANTZ ▽提供開始日:2017年3月30日(木) ▽利用料:アイテム課金制 ▽著作権表記 ・サービスの権利表記:(C)DeNA (C)Butterfly ・画像の権利表記:(C)奥浩哉/集英社 (C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会 (C)OK!! ■Android版 ▽URL:https [全文を読む]

奥浩哉『いぬやしき』2017年TVアニメ化、2018年に実写化決定に反響続々!「アニメでグロシーンどこまでやってくれるか」期待をよせる声

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月24日15時00分

『GANTZ』の奥浩哉による、まったく新しいSFヒーロー漫画『いぬやしき』が2018年に実写映画化されることが決定、さらに映画に先駆け2017年10月にテレビアニメ化されることも発表された。これに対し「映画化もうれしいけどその前にアニメ化!? これは期待大」「犬屋敷を誰が演じるのかめちゃくちゃ気になる」「アニメ化ってあのグロシーン放送できる!? そもそも再 [全文を読む]

漫画「いぬやしき」実写映画化決定に早くも不安の声が!

アサ芸プラス / 2016年12月20日09時58分

「『いぬやしき』は、『GANTZ』で知られる奥浩哉氏が『イブニング』(講談社)で連載中の最新作です。家族から爪弾きにされている58歳のサラリーマンが、宇宙人によって機械の体に改造され、そのスーパーテクノロジーを使って世界を守ろうとする物語。奥浩哉氏が描く独自の世界観とキャラクターで高い人気を誇っています」(アニメ誌ライター) 監督やキャストなど詳細はまだ決 [全文を読む]

映画「GANTZ:O」に絶賛の声続出!「完成度が高すぎます」「アクションシーンは口あんぐり状態」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月23日18時00分

原作『GANTZ』は、命を落とした人間たちが謎の星人と闘う姿を描いた奥浩哉による大人気コミック。映画では大阪市中央区道頓堀を舞台に、主人公の加藤勝をリーダーに据え、東京と大阪のガンツチームが結託して妖怪たちに立ち向かう。 予告編からその3DCGのクオリティに期待の声が上がっていた同作だったが、映画情報やレビューの総合サイト「Yahoo!映画」には「ラスト [全文を読む]

人気漫画「GANTZ」ヒロインの爆乳が、フル3DCGで揺れまくる!?

Movie Walker / 2016年10月14日18時00分

奥浩哉の人気コミックを、新たにフル3DCGアニメーションで映画化した『GANTZ:O』(公開中)。二宮和也と松山ケンイチを主演に迎えて実写映画化された『GANTZ』(11)と比べても、フル3DCGで描くことでよって原作により忠実な世界観となっているが、じつは“乳揺れ”にも相当なこだわりがつまっている!? 死んだはずの人間たちと様々な星人との壮絶な死闘を描く [全文を読む]

フル3DCG映画『GANTZ:O』奥浩哉インタビュー「“誰も観たことがない”という刺激に飢えている人たちに」

ガジェット通信 / 2016年10月13日19時30分

今回ガジェット通信では「GANTZ」原作の奥浩哉先生にインタビューを敢行。「人生の宝物になった」と話す作品の魅力や、先生が影響を受けた映画まで、色々とお話を伺ってきました。 ―フル3DCGの『GANTZ :O』、大興奮で拝見させていただきました! 完成した映画をご覧になって、率直な感想を教えてください。 奥先生:漫画と違って映画なので、音楽が入った分、もの [全文を読む]

映画「GANTZ:O」の武器“Xガン”が実物大で登場 トリガーで銃が展開する映画本編の発射ギミックを搭載

@Press / 2016年10月12日14時00分

(発売元:株式会社メガハウス)※商品購入ページ: http://p-bandai.jp/item/item-1000107659/?rt=pr■商品特長死んだはずの人間達と謎の星人との壮絶な死闘を描いた奥浩哉氏による大ヒットSFアクションコミック「GANTZ」。映画「GANTZ:O」は、原作コミック「GANTZ」の中でも特に高い人気を誇る「大阪編」を完全映 [全文を読む]

大森靖子、ニューアルバムで漫画家・奥浩哉&直木賞作家・朝井リョウとコラボ

okmusic UP's / 2016年02月25日12時00分

ジャケットは『GANTZ』『変』『いぬやしき』など数多くの名作を発表してきた漫画家、奥浩哉が担当。CDジャケットを手がけるのは初とのことで、大森からの“中央線沿いに住んでいそうなやわらかくて可愛くてエロい女の子を描いてください!”という要望に応え、大森の愛器かつ名器であるギブソンのハミングバードをありのままの姿で抱える絵となっている。 さらに【穴盤】の穴場 [全文を読む]

【アニメ映画トピックス・11月後半】『ラブライブ!』紅白に向け再加熱!?

Movie Walker / 2015年11月28日11時28分

魔戒騎士たちの活躍を描くダークアクション『牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-』、奥浩哉の人気コミックをフル3DCGアニメとして劇場映画化する『GANTZ』、『ラブライブ! The School Idol Movie』の観客動員200万人&興収28億円突破など、11月下旬に明らかになったニュースをチェック! ■ 『牙狼〈GARO〉』シリーズ初の劇場 [全文を読む]

奥浩哉の大人気コミック「GANTZ」が再始動!謎解きスペシャルWEBコンテンツ「GANTZ:X」をリリース

PR TIMES / 2015年11月17日09時55分

公式サイト GANTZ:X http://gantzx.jp/公式twitter https://twitter.com/GANTZ_X_Projコミックス累計1,907万部を突破!奥浩哉の大人気コミック「GANTZ」が再始動!プロジェクト名は「GANTZ:X」 2016年にはフル3DCGアニメーション映画GANTZ(仮)の公開も決定!2000年:週刊ヤン [全文を読む]

『GANTZ』作者・奥浩哉氏の新連載の主人公は…58歳の中年男!?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年06月10日07時20分

【本文画像あり】関連情報を含む記事はこちら 『いぬやしき』(講談社)は 『GANTZ』(集英社)で名高い奥浩哉の新作マンガだ。2014年から『イブニング』(講談社)で連載がスタートしてから読者の間で大きな反響を呼んでいる。緻密な作画とスリルある壮大な展開は本作でも顕在で、SF的な思いがけない展開からは目が離せない。先が全く予想できずに、誰もが、かぶりつく [全文を読む]

『GANTZ』の奥浩哉がマンガの新しい地平に挑む! 大注目の新連載『いぬやしき』はイブニングにてスタート!!

PR TIMES / 2014年01月28日10時16分

奥浩哉にしか描けない新連載『いぬやしき』が遂に始まります。 初回は表紙&巻頭カラー! 会心の57ページ掲載!! 2014年最大の衝撃は、イブニングから始まる! SFアクションのマスターピース『GANTZ』を描き切った奥浩哉。その注目の次作はイブニング4号(毎月第2・4火曜発売)から連載開始。タイトルは『いぬやしき』。 その主人公は、イケメンでもない。美少 [全文を読む]

10位に「風の谷のナウシカ」が―全巻読破.COM、2012年上半期に最も全巻読破されたコミックランキング100を発表【インターネットコム】

インフォシーク / 2012年07月02日16時21分

■2012年上半期 最も全巻読破された人気コミックランキング100◆第1位ONE PIECE(ワンピース) [1~66巻 全巻 最新刊] (著)尾田栄一郎◆第2位HUNTER × HUNTER(ハンターハンター) [1~30巻 全巻 最新刊] (著)冨樫義博◆第3位SLAM DUNK(スラムダンク) [1~31巻 全巻] (著)井上雄彦◆第4位僕等がいた [全文を読む]

Yahoo!ブックストア 2017年2月の月間ランキング『僕だけがいない街』、『キングダム』の最新刊が上位ランクイン!ドラマ原作『突然ですが、明日結婚します』、『東京タラレバ娘』にも注目。

PR TIMES / 2017年03月10日17時15分

[画像1: https://prtimes.jp/i/1485/603/resize/d1485-603-560960-1.jpg ][画像2: https://prtimes.jp/i/1485/603/resize/d1485-603-235514-0.jpg ][画像3: https://prtimes.jp/i/1485/603/resize/d1 [全文を読む]

Yahoo!ブックストア 2017年1月の月間ランキング 最新刊が発売された『弱虫ペダル』『ウロボロス』とドラマで話題の『東京タラレバ娘』が上位ランクイン!

PR TIMES / 2017年02月10日15時14分

[画像1: https://prtimes.jp/i/1485/598/resize/d1485-598-741043-0.jpg ][画像2: https://prtimes.jp/i/1485/598/resize/d1485-598-605456-1.jpg ][画像3: https://prtimes.jp/i/1485/598/resize/d1 [全文を読む]

フォーカス