井伊直孝のニュース

真田丸ロスまであと2話。幸村と共に闘った「五人衆」のその後は?

まぐまぐニュース! / 2016年12月07日04時30分

『真田丸』で真田丸が完成し「完封」した回、真田丸を包囲する徳川勢を見て、 高梨内記「あちらにも赤備えがおりますぞ」 真田幸村「あれは井伊直孝(なおたか)の陣。かの井伊直政の次男坊じゃ」 高梨内記「井伊でございますか」 真田幸村「向こうにも、ここにいたるまでの物語があるのだろうな」 高梨内記「一度、聞いてみたいものですなあ」 というやり取りがあったのを、覚え [全文を読む]

ニンテンドー3DS(TM)の「テーマショップ」にて「ひこにゃん」、本日5月31日より配信開始

PR TIMES / 2017年05月31日13時00分

[価格] 200円(税込) [仕様] 壁紙 上画面:パノラマ壁紙 下画面:ノーマル壁紙 効果音:あり BGM:あり 「ひこにゃん」テーマ用オリジナルBGM [著作権表記] 許諾番号 第A1710101号 (C) FURYU Corporation. ■「ひこにゃん」とは お寺の門前で手招きして彦根藩二代当主である井伊直孝公を雷雨から救ったと伝えられる“招 [全文を読む]

衝撃の光景!無数の招き猫が迎える豪徳寺の「招き猫奉納所」

サライ.jp / 2017年05月22日17時00分

そのなかの武士のひとりが彦根城主の井伊直孝で、豪徳寺を菩提寺とし、田畑を多く寄進し、一大伽藍を築いた。和尚は、この吉運はまったく猫のおかげとし、後世になってここで招き猫を崇め祀れば、家内安全、心願成就が約束されると世間に広く知られ、今に至るという。■無数の招き猫が誘う不思議ワールドそんな由来のある豪徳寺は、小田急小田原線豪徳寺駅(改札前に招き猫像がある)か [全文を読む]

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」放送まであと少し! 『井伊直虎ぴあ』(ぴあMOOK)発売 ~ゆかりの地・人物・歴地・人間関係 この一冊ですべてわかる~

PR TIMES / 2017年01月04日10時24分

[表: https://prtimes.jp/data/corp/11710/table/334_1.jpg ] [画像1: https://prtimes.jp/i/11710/334/resize/d11710-334-487647-0.jpg ] 【商品概要】 『井伊直虎ぴあ』(ぴあMOOK) 出版:ぴあ株式会社 発売日:2016年12月31日 定 [全文を読む]

『真田丸』最終回を10倍おもしろく見る方法!

日刊大衆 / 2016年12月17日16時00分

「あちらにも赤備えがおりますぞ」という内記に、幸村が、「あれは井伊直孝の陣。かの井伊直政の次男坊じゃ。……あちらにも、ここに至るまでの物語があるのだろう」という。次回大河のヒロイン・直虎は、その井伊直政を慈しみ、育てる役回り。そこで、内記はすかさず「一度、その話も聞いてみたいものですなあ」とつぶやく。 [全文を読む]

隠し子から大出世。江戸の知られざる名君・保科正之の数奇な運命

まぐまぐニュース! / 2016年12月14日04時45分

この案に63歳になる幕府大番頭の井伊直孝が反対の声を上げた。その上水に沿って、敵の大軍が侵入してきたらどうするのか、というのである。 その下座にひかえていた正之はおだやかに尋ねた。 「掃部頭(かもんのかみ、直孝)さまの仰せはごもっともですが、ひとつだけお教えいただきけますまいか。いま、敵の大軍ということばが出ましたが、それはいったいいずれの家中を念頭に置 [全文を読む]

真田丸『第45話』解説。敵に余計な一手間をかけさせる築城のセオリー

まぐまぐニュース! / 2016年11月13日22時00分

#真田丸 pic.twitter.com/PyRsvb5JOU — Watanabe (@nabe1975) 2016年11月13日 家康ネチネチと嫌な奴…というよりむしろこんだけ言われてもチベスナ顔な鉄面皮の直江を誉めたい #真田丸 pic.twitter.com/Uab3xqFiil — しめじ (@shimeji_b) 2016年11月13日 おっ、 [全文を読む]

道路交通法:歴史の途上:真田幸村のアナザーフィクション

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年11月09日09時00分

して、敵軍の配置はどのようになっておる? <佐助> はっ!すでに前田利常、井伊直孝、松平忠直の軍が大阪城の南に迫っております! <幸村> 相手にとって不足はない。出城(真田丸)を築き、知略を尽くして迎え撃ってくれよう。 <佐助> ・・・・・ <幸村> どうした佐助?何か言いたいことがあるなら申してみよ。 <佐助> 主力軍の先鋒に、徳川に加勢した二人の武将が [全文を読む]

指ネコ「またたび」ソロ活連載【6】まねき猫であふれかえったお寺で癒される

TABIZINE / 2016年08月23日12時00分

直弼より何代も前の井伊直孝が、豪徳寺の猫の手招きによって雷雨を免れたという言い伝えから、まねき猫が縁起物として祀られているんだって。 実はこのまねき猫たちは全部参拝者が奉納したもの。まねき猫に願いを込めた人々が、願いが叶った後にこの豪徳寺へ奉納するらしいよ。それにしてもこれだけたくさんの猫を見ていると、かなり不思議な気持ちになってくる(汗)。 絵馬にももち [全文を読む]

招き猫発祥地争い 浅草・今戸神社と世田谷・豪徳寺が主張中

NEWSポストセブン / 2016年03月06日07時00分

「彦根藩第2代藩主の井伊直孝が鷹狩りの最中に突然の豪雨に見舞われ、豪徳寺前の大木で雨宿りしていました。そのとき寺で飼っていた“たま”という名の白い猫に手招きされたので近づいたところ、直後にその大木に落雷した。九死に一生を得て、“たま”をかたどった『招福猫児』が作られた。こうして招き猫ができたのです」(豪徳寺関係者) なるほど、どちらの話も思わずうなずいて [全文を読む]

【東京散歩】招き猫発祥の地、東京世田谷区「豪徳寺」で晩秋を感じる散策をしてみてはいかがでしょうか?

GOTRIP! / 2015年12月07日14時00分

・あの「ひこにゃん」にも通じる豪徳寺発祥の招き猫 その説とは、江戸時代に彦根藩第二代藩主・井伊直孝が鷹狩りの帰りに豪徳寺の前を通りかかった折のこと、豪徳寺の猫が門前で手招きするような仕草をしていたため寺に立ち寄り休憩すると雷雨が降りはじめたそうです。この時、雨に降られずにすんだことを喜んだ直孝は、豪徳寺を建て直すために多額の寄進をし、豪徳寺は現在まで続く [全文を読む]

招き猫発祥の地は豪徳寺? 新年の福を呼び込む愛くるしいお菓子

Daily Beauty Navi / 2014年12月31日09時00分

江戸時代にこの地を訪れた彦根藩第二代藩主・井伊直孝が、猫の手招きで雷雨を逃れることができたという逸話が残っているんです。ちなみに招き猫は、上げている手で呼び込む運が変わるってご存知ですか? 右手が金運、左手がお客さんを招くとされています。「吉祥最中 まねきねこ」は右手を上げているので金運。臨時収入を期待したくなるお菓子ですね。 次は縁結びの神様で有名な、島 [全文を読む]

会津VS長州だけじゃない日本の郷土紛争 彦根VS薩摩の争点

NEWSポストセブン / 2013年08月28日07時00分

支援者には“選挙のことだけ考えろ”と怒られましたけどね」(獅山氏) 彦根市の有名ゆるキャラ「ひこにゃん」は、二代目藩主・井伊直孝を難から救ったという白猫がモデルという。ぜひこの騒動について意見を聞きたいものだ。 ※週刊ポスト2013年8月30日号 [全文を読む]

フォーカス