中村梅雀のニュース

「鬼平」「剣客」「梅安」その魅力、ここに結集 スカパー!・時代劇専門チャンネル オリジナル長篇時代劇最新作 原作 池波正太郎「闇の狩人」 主演 中村梅雀はじめ、風吹ジュン、福士誠治、津川雅彦が登壇~ 完成披露記者会見・試写会レポート ~

@Press / 2014年09月02日10時30分

オリジナル時代劇第1作「鬼平外伝 夜兎の角右衛門」で鮮烈な印象を残し本作でも主演を務める中村梅雀をはじめ、風吹ジュン、福士誠治、津川雅彦といった実力派が登壇し作品の魅力や撮影秘話を語ったほか、放送より一足早く「闇の狩人」前篇を上映し、集まった時代劇ファンの皆様を魅了しました。中村梅雀<主演・盗賊、雲津の弥平次(くもつのやへいじ)役>コメント弥平次はとても難 [全文を読む]

中村梅雀「本当に出合えて良かった」酒への愛を語る

Smartザテレビジョン / 2017年03月15日06時05分

今回、レギュラーで登場するマスター役の中村梅雀と、BARの常連客のメガネさん役の川原和久、フリー・ライターの松ちゃん役の松尾諭に、DVD発売と新作について感想を聞いた。 ――中村さんは“BAR レモン・ハート”のマスターを務めていかがですか? 中村:シーズン2の最後の収録が2016年8月で、今回の収録までだいぶ時間がたちましたが、ごく普通に(カウンターに [全文を読む]

中村梅雀演じる“伝七親分”が再び難事件に挑む

Smartザテレビジョン / 2017年03月09日17時23分

この夏、NHK BSプレミアムで中村梅雀主演「伝七捕物帳」の続編が制作されることが決定した。 父・梅之助のかつての当たり役を引き継いだ梅雀による同作は、北町奉行・遠山左衛門尉(松平健)から特別に十手を授かる奉行直属の岡っ引き・黒門町の伝七の活躍を描いている。 伝七は、人情に厚いところを見せながら難事件を鮮やかに解決していく。 今シリーズのテーマは「命の大切 [全文を読む]

『直虎』 大河常連の前田吟の好演、中村梅雀の語りに注目

NEWSポストセブン / 2017年01月11日07時00分

また、もうひとりの「大河ラッキー男」は、語りを担当する中村梅雀。『天と地と』(1969年)以来、11作目の大河ドラマとなるが、『八代将軍吉宗』(1995年)で言葉をうまく話せず、苦しむ徳川家重を熱演し、高い評価を得た。その後、『葵 徳川三代』(2000年)では、助さん格さんを従えた水戸光圀(黄門様)として軽妙な語りを担当。こちらも評判となっている。 柴咲 [全文を読む]

「釣り刑事7」中村梅雀『渓流の爽かな空気を感じて』

Smartザテレビジョン / 2016年07月27日06時01分

「釣り刑事」は、中村梅雀演じる、釣り好きの元刑事・五右衛門が奥多摩でペンションを営みながら、釣り人ならではの知識を駆使して事件解決に挑む人気シリーズだ。'10年に第1作が放送され、今回で7作目となる。 今回の事件は、“毒舌ニュースキャスター殺害事件”。五右衛門の釣り仲間であり、ニュースキャスターとして活躍していた糸井川直人(橋本じゅん)が遺体で発見された。 [全文を読む]

中村梅雀、亡き父の姿と重なる「伝七捕物帳」

Smartザテレビジョン / 2016年06月16日11時35分

NHK BSプレミアムで7月15日(金)からスタートするBS時代劇「伝七捕物帳」(毎週金曜夜8:00-8:45)の試写会が行われ、主演の中村梅雀の他、出演する田中美佐子、徳重聡、上遠野太洸、原田夏希、松平健が出席した。 「伝七捕物帳」は、陣出達朗による時代小説が原作で、ことし1月に亡くなった梅雀の父・梅之助が'70年代に演じた同タイトルのドラマの主人公・黒 [全文を読む]

ゆかりの東銀座にある中村梅雀の大好物はインド料理「ムルギランチ」

ぐるなび / 2013年10月07日16時10分

10月6日の「メトログ」(TBS系、毎週日曜午前11時40分)で、歌舞伎俳優の中村梅雀さんが東京メトロ東銀座駅周辺を散策し、東京都中央区の「ナイルレストラン」を訪れた。 梅雀さんにとって東銀座駅は、9歳のときに新橋演舞場で初舞台を踏んで以来、歌舞伎座にもよく足を運ぶゆかりの場所。梅雀さんが大好きな店というのが、インド料理専門店「ナイルレストラン」だ。この店 [全文を読む]

『 「池波正太郎の江戸料理帳 第一章」DVD+ブックレットで味わう』DVDブックシリーズ第1弾を2014年4月17日(木)に発売!

PR TIMES / 2014年03月11日12時04分

DVDは各巻に番組本編2~3回分を収録(120~180分) ●4月17日(木)発売 第1弾 【vol.1(第1回、第2回を収録)】案内人/笹野高史 ゲスト/内海桂子(第1回)、逢坂剛(第2回) 【vol.2(第3回、第4回を収録)】案内人/笹野高史 ゲスト/重金敦之(第3回)、波乃久里子(第4回) ●5月中旬発売予定 第2弾 【vol.3(第5回、第6回を [全文を読む]

【キントリ週報】天海祐希らがオウムを取り調べ!?

Smartザテレビジョン / 2017年05月04日08時00分

中村梅雀さん!?」「あんまり違和感ない!」など、反響を呼んでいる。本作で天海の脇をガッシリ固めているいぶし銀の俳優“おじさまトリオ”大杉、小日向、でんでんの3人によるコメントと共に見どころを紹介する、ザテレビジョンオリジナル連載【キントリ週報】。今回は5月4日(木・祝)放送の第3話の見どころと、おじさまトリオがシーズン1に比べて変わったと思うところについ [全文を読む]

寺脇康文「『この役は寺脇じゃない』という意見はよく見た」

Smartザテレビジョン / 2017年04月14日06時00分

やはり、竹村役は中村梅雀さんのイメージが強いんです。そういったイメージの後を継ぐコロンボとして「俺でいいのかな?」「俺じゃないんじゃないかな」という思いが正直ありました。それが一番悩んだところですね。 梅雀さんのコロンボを見られていた方々に「ちょっと違うんじゃないか」と、言われる可能性も絶対にあると思ったし。そのことに打ち勝つくらい、この役をやりたいのか [全文を読む]

フォーカス