平野恵一のニュース

【オリックス】平野恵一から中島宏之、小谷野栄一に託された「常勝」のバトン

文春オンライン / 2017年04月26日11時00分

平野恵一から託されたバトン 2015年11月23日。割れんばかりの歓声と拍手に送られながら、小さくも偉大な名選手はグラウンドを後にした。ORIX Buffaloesの黎明期を二塁手として支えたリードオフマン、平野恵一(現・阪神打撃コーチ)である。 内野・外野を自在にこなすユーティリティプレーヤー、時に繋ぎの2番打者、時に斬り込み隊長とその器用な印象が先行す [全文を読む]

【プロ野球】谷口雄也(日本ハム)が今季絶望…。復活を祈願して、ここ10年のカムバック賞受賞者を紹介!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月14日16時05分

平野恵一(阪神/2008年受賞) オリックス時代の2006年、ロッテ戦でファウルフライを追って一塁フェンスに激突した平野恵一。胸部軟骨損傷、右腰の肉離れ、手首と右股関節の捻挫などの重傷を負った。今でも衝撃映像としてテレビなどで振り返られることもあるプレーだった。 トレードで阪神に移籍した初年度の2008年、平野は開幕スタメンをつかみ規定打席に到達。リー [全文を読む]

【プロ野球】FAの人的補償をチャンスに変えた選手たち

デイリーニュースオンライン / 2015年01月12日11時50分

1996年 川辺忠義投手(河野博文の補償で巨人→日本ハム) 2002年 平松一宏投手(前田幸長の補償で巨人→中日) 2002年 ユウキ投手(加藤伸一の補償で近鉄→オリックス) 2006年 小田幸平捕手(野口茂樹の補償で巨人→中日) 2006年 江藤智内野手(豊田清の補償で巨人→西武) 2007年 吉武真太郎投手(小久保裕紀の補償でソフトバンク→巨人) 2 [全文を読む]

【プロ野球】西野真弘、安達了一は盤石。残る一、三塁で激しい戦いが…。オリックスのレギュラー争い~内野手編

デイリーニュースオンライン / 2017年02月26日17時05分

■師匠の背番号5を継承した西野真弘 入団3年目にして、師匠ともいえる先輩・平野恵一(現阪神コーチ)の背番号5を継承した西野真弘。昨季は全143試合に出場。打率.264、33打点、63得点の成績を残し、ガッチリと正二塁手の座をキープした。 西野の魅力は、小柄な体格ながらパンチの効いた打撃。リードオフマンとしてさらに貢献度を高めるなら、昨季.335だった出塁 [全文を読む]

FA移籍しても活躍できない阪神。糸井が成功する条件は“まとも”でないこと?

週プレNEWS / 2016年12月18日06時00分

だが、オリックス在籍時から親交の厚い平野恵一(阪神新一軍打撃コーチ)は「嘉男は宇宙人じゃない。すごくまともだし、礼儀正しい男」と評する。 筆者が知る限り、新井も小林宏も性格が優しく、繊細だったように思う。“世界一の重圧”に打ち勝つには“まとも”ではないほうがよさそうだ。金本監督は糸井に「あまり気を使わないように」と助言する。いっそのこと宇宙人になりすます [全文を読む]

【プロ野球】《二遊間の系譜》西野真弘、安達了一で時代を築け! 阪急、オリックスのキーストーンコンビ

デイリーニュースオンライン / 2016年12月11日17時05分

以前、背番号5をつけていたのは、すでに引退した平野恵一(現阪神コーチ)だ。 平野が5の番号が入った愛用の遠征バッグを西野にプレゼントするなど、西野の入団当時から平野と西野の間には師弟関係が築かれていた。。今回、西野はバッグだけでなく、背番号も継承したことになる。 そこで、阪急、オリックスで継承されていた二遊間の名選手を振り返ってみたい。 ※野球の見方が変わ [全文を読む]

【プロ野球】猛牛? それとも虎? オリックスと阪神間のFA移籍を振り返りつつ糸井嘉男の去就を気にしてみる

デイリーニュースオンライン / 2016年11月13日17時05分

逆に阪神からオリックスへFA移籍したのが平野恵一だ。平野は2007年オフのトレードでオリックスから阪神への移籍。その後2012年オフにFA移籍で阪神からオリックスへ出戻った。FA移籍後、オリックスでは3シーズンプレーし、引退した。 ■もしも糸井が阪神に移籍したら 糸井が阪神にFA移籍をしたらどうなるだろうか? 糸井は現在35歳。普通の選手なら下り坂、もし [全文を読む]

【速報】ハマの番長・三浦大輔が引退会見!ファンは悲しみの声

しらべぇ / 2016年09月20日15時20分

悲しいよおおおおおおおおおア゙ア゙ア゙— よっしー@木﨑ゆりあは俺の嫁 (@yossykart) September 20, 2016昨年和田一浩氏、小笠原道大現中日二軍監督、高橋由伸現巨人監督、井端弘和コーチ、谷佳知氏、平野恵一現阪神コーチなど続々と大物が引退したが、今年も三浦大輔に加えロッテのサブローも引退を表明。さらに広島黒田博樹も昨年引退をほのめか [全文を読む]

清原の有罪判決でこれまでの背番号が事実上の永久欠番に確定!

アサ芸プラス / 2016年06月03日17時59分

そしてオリックスでは背番号『5』を付けていた平野恵一が昨季限りで引退し、今季は欠番状態。2月に逮捕された時点で、清原の背番号を誰かに付けることを避けたんでしょうね」 どうやら清原の背番号は、西武とオリックスでは事実上の欠番扱いとなり、巨人では外国人選手専用の番号となりそうなのだ。この状況は裏永久欠番とでも呼べばいいのか、なんとも皮肉な話である。(金田麻有) [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ 「首位打者特集 ~虎のヒットメーカーたち~」

@Press / 2016年04月04日15時45分

《企画展 概要》 【企 画 展 名 称】「首位打者特集 ~虎のヒットメーカーたち~」 【主な展示内容】 ◎首位打者特集 ~虎のヒットメーカーたち~ ・展示品 松木謙治郎氏(サインボール) 金田正泰氏(サインボール) 藤村富美男氏(引退記念盾) 田宮謙次郎氏(首位打者トロフィー) 藤田平氏(1981年ダイヤモンドグラブ賞トロフィー) 真弓明信氏(サインバッ [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ 「首位打者特集 ~虎のヒットメーカーたち~」

PR TIMES / 2016年04月04日15時14分

《企画展 概要》 【企 画 展 名 称】「首位打者特集 ~虎のヒットメーカーたち~」 【主な展示内容】 ◎首位打者特集 ~虎のヒットメーカーたち~ ・展示品 松木謙治郎氏(サインボール) 金田正泰氏(サインボール) 藤村富美男氏(引退記念盾) 田宮謙次郎氏(首位打者トロフィー) 藤田平氏(1981年ダイヤモンドグラブ賞トロフィー) 真弓明信氏(サインバッ [全文を読む]

【プロ野球】JFK、スーパーカー、100打点…球史に残るあの”名トリオ”

デイリーニュースオンライン / 2016年01月23日18時00分

これは昨季まで阪神に在籍していたマット・マートンと、平野恵一の1・2番コンビが揃って打率3割5分と打ちまくり、それをクリーンナップがしっかりと還すという、お互いの仕事を全うした結果だ。 ちなみに阪神からは、1985年にバース、掛布雅之、岡田彰布という100打点トリオが生まれている。しかし2010年のトリオは、当時の半分くらいのホームランで100打点に達し [全文を読む]

阪神・金本新監督“来季V逸宣言”の意図とは?「改革に見え隠れするあの人物」

アサ芸プラス / 2015年12月08日01時56分

今季引退後に入閣した平野恵一二軍守備走塁コーチ(36)のことである。 さるテレビ局が専属解説者のオファーを出したことで、金本監督が電話をかけて「絶対に専属のほうがええから解説をやれ」と言うと「わかりました! 先輩にやれと言われたらイエスしかありません」と答えたという。が、その3日後に「平野、コーチやれ」と言うと「わかりました!」と。 さらには、こんな過激な [全文を読む]

30本塁打でも引退!? 好成績の年にプロ野球界を去った男たち

デイリーニュースオンライン / 2015年11月19日15時00分

山本昌(50) 1試合/0勝0敗/防御率9.00 中嶋聡(46) 2試合/打率.000/0本/0打点 斎藤隆(45) 3試合/0勝0敗/防御率7.71 谷繁元信(44) 30試合/打率.277/1本/4打点 和田一浩(43) 79試合/打率.298/5本/26打点 西口文也(43) 2試合/0勝1敗/防御率9.00 谷佳知(42) 11試合/打率.185 [全文を読む]

オリックス、異例の優勝争いでもまったく話題にならず スポーツ紙も無視

Business Journal / 2014年09月19日14時00分

この日、2年ぶりに一発を放ち、お立ち台に上がったのは、1番・平野恵一だった。試合後、頼れるベテランは「明日は(スポーツ紙の)1面でしょ?」と笑みを浮かべながらコメント。確かに、この時期に優勝争いをしていること自体、かなり珍しいチームだけに、もっと大騒ぎしてもいいはずなのだが、この日の地元・関西のスポーツ紙1面はやっぱり「トラ」だった。 「やはり、1面はケガ [全文を読む]

オリックス 他球団のリストラ選手寄せ集めで快進撃続く裏側

NEWSポストセブン / 2014年05月15日07時00分

以下同)、平野恵一(阪神)、糸井嘉男(日ハム)、ペーニャ(ソフトバンク)、鉄平(楽天)と、4月の快進撃を支えたのは他球団から来たリストラ選手ばかり。投手で頑張っているのも井川慶(ヤンキース)に馬原孝浩(SB)というんですから、まさに寄せ集め軍団です」(オリックス担当記者) これをまとめているのも、秋山幸二監督が就任後、SBで一悶着あった森脇浩司監督ときてい [全文を読む]

FA人的補償 移籍後もっとも在籍年数が長い選手は中日・小田

NEWSポストセブン / 2014年02月12日16時00分

■1995年オフ 【FA】河野博文(巨人)4年【人的補償】川辺忠義(日本ハム)2年 ■2001年オフ 【FA】前田幸長(巨人)6年【人的補償】平松一宏(中日)4年 【FA】加藤伸一(近鉄)3年【人的補償】ユウキ(オリックス)7年 ■2005年オフ 【FA】野口茂樹(巨人)3年【人的補償】小田幸平(中日)9年 【FA】豊田清(巨人)5年【人的補償】江藤智( [全文を読む]

“ワケあり”選手を次々獲得! オリックス“ちょいワル補強”の狙いとは?

週プレNEWS / 2013年02月08日10時00分

ソフトバンクから馬原(まはら)孝浩、阪神から平野恵一、巨人から東野峻(とうのしゅん)、そして、日本ハムから糸井嘉男(よしお)、八木智哉と、実績のある大物を次々と獲得したのだ。 でも、ちょっと待った。馬原、八木はともかく、ほかの3人はいずれも前所属球団で問題を起こした“ワケあり”の選手ばかり。 まず、昨年11月に交換トレードで加入した東野。 「2010年に1 [全文を読む]

プロ野球「火薬庫男」たちの遺恨爆弾(3)中田との「新ON砲」プラン

アサ芸プラス / 2013年02月06日09時59分

そもそも球団は西岡を獲ることを前提として、FA宣言した平野恵一(33)を引き止めなかった。『給料は下がってもかまわないから、2年契約してほしい』という平野の要求を頑として飲まず、オリックスへと追い出した。実質的に平野が出て行くように仕向けたわけで、その過程を知っている選手たちは『何やねん、この球団は』と不満を抱いています。内外野ともに守備力抜群で実績もある [全文を読む]

野村克也、阪神のクビにならない担当コーチ

アサ芸プラス / 2012年12月27日09時59分

野村氏は返す刀で、平野恵一もバッサリ。無死二、三塁のピンチで、内野ゴロなら一塁送球という指示を無視してバックホームし暴投となった守備や、併殺を狙った送球を捕球し損ねた鳥谷敬を「こっちはきちっと投げたつもりだけど」と責めたことを取り上げ、 〈もし私が監督なら、平野のこうした一連の言動は看過できないだろう。(中略)平野は、12年オフに国内FA権を行使(中略)、 [全文を読む]

フォーカス