牧原大成のニュース

巨人が脇谷を登録抹消…ソフトB・牧原、DeNA下園も 5日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年06月05日15時09分

また、ソフトバンクは3日に登録されたばかりの牧原大成を登録抹消。再登録されてからは、4日のDeNA戦で守備固めとして出場した。 DeNAは下園辰哉を登録抹消した。 <6月5日の公示情報> ※再登録=6月15日以降 ■ 福岡ソフトバンクホークス =抹消= 36 牧原大成 / 内野手 ■ 広島東洋カープ =抹消= 98 佐藤祥万 / 投手 ■ 読売ジャイアン [全文を読む]

ソフトバンク・内川が抹消 3日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年06月03日13時19分

なお、代わりに牧原大成が一軍昇格した。 13時現在の公示は以下の通り。 <6月3日の公示情報> ※再登録=6月13日以降 ■ 福岡ソフトバンクホークス -登録- 36 牧原大成/内野手 =抹消= 1 内川聖一/外野手 ■ 東北楽天ゴールデンイーグルス -登録- 91 久保裕也/投手 =抹消= 60 古川侑利/投手 ■ 広島東洋カープ -登録- 19 野村 [全文を読む]

いよいよムネリンが一軍昇格! 二軍では打率4割越え 28日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年04月28日15時08分

特に二塁は既に、川島慶三と明石健志、牧原大成の4人が守備に就いており、ここに川崎が加わることが考えられる。 その他の公示情報は以下の通り。 <4月28日の公示情報> ※再登録=5月8日以降 ■福岡ソフトバンクホークス -登録- 52 川崎宗則/内野手 =抹消= 36 牧原大成/内野手 ■千葉ロッテマリーンズ -登録- 1 清田育宏 ■東京ヤクルトスワローズ [全文を読む]

【プロ野球】本多雄一、明石健志、川島慶三。川崎宗則復帰で激化するソフトバンクのセカンド争い!

デイリーニュースオンライン / 2017年05月18日16時05分

毎年、1軍と2軍を行ったり来たりでなかなか1軍に定着できない牧原大成(24歳)や、入団4年目で育成から支配下登録された曽根海成(22歳)、高卒1年目ながらフレッシュオールスターゲームの推薦選手に名を連ねた三森大貴(18歳)らがベテラン陣を脅かす存在になると、ソフトバンクはもっと強くなる。 (成績は5月15日現在) 溝手孝司(みぞて・たかし)札幌在住の47 [全文を読む]

ソフトB・明石が抹消 1日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年04月01日14時30分

<4月1日の公示情報> ※再登録=4月11日以降 ■ 福岡ソフトバンクホークス -登録- 36 牧原大成 / 内野手 =抹消= 8 明石健志 / 内野手 ■ オリックス・バファローズ =抹消= 38 小島脩平 / 内野手 ■ 横浜DeNAベイスターズ -登録- 35 平田真吾 / 投手 ■ 中日ドラゴンズ -登録- 44 バルデス / 投手 [全文を読む]

【プロ野球】若鷹が羽ばたき、若虎は猛虎へ!? 侍ジャパンを破った若鷹と若虎。ソフトバンクと阪神の未来は明るい

デイリーニュースオンライン / 2017年03月09日16時05分

高卒7年目の牧原大成も追加点を奪うタイムリーを放つなど、1軍で41試合出場した昨季を上回るための準備は万全と言えそうだ。 ■「若虎」から進化し「猛虎」へ 直前に行われた台湾代表との壮行試合2戦目に初勝利を挙げた侍ジャパン。続く阪神戦にもきっちりと勝って調子を上げたかったが、結果には2対4と、返り討ちにあった。 阪神勝利の要因となったのは、北條史也、高山俊、 [全文を読む]

地元出身の選手が多い球団は?

ベースボールキング / 2017年02月25日17時00分

【日本ハム=北海道】 鍵谷陽平 瀬川隼郎 玉井大翔 大累 進 【ソフトバンク=福岡県】 中田賢一 二保 旭 笠原大芽 牧原大成 本多雄一 吉村裕基 【ロッテ=千葉県】 涌井秀章 唐川侑己 有吉優樹 島 孝明 吉田裕太 福浦和也 大木貴将 清田育宏 【西武=埼玉県】 豊田拓矢 斉藤彰吾 【楽天=宮城県】 岸 孝之 阿部俊人 【オリックス=大阪府】 岸田 護 [全文を読む]

侍ジャパン、ソフトBに4安打完封負け

ベースボールキング / 2017年02月25日16時10分

6回から登板した藤浪晋太郎(阪神)、7回の平野佳寿(オリックス)はそれぞれ1イニングを無失点に抑えたが、8回にマウンドにあがった松井裕樹(楽天)は、牧原大成にタイムリーを浴び1失点。9回は秋吉亮(ヤクルト)走者を出しながらも、無失点で切り抜けた。 ◆ 打線は繋がりを欠く 打線はソフトバンク投手陣に苦戦した。初回、2番菊池涼介(広島)、4番筒香嘉智(DeN [全文を読む]

【プロ野球】細川亨無きソフトバンクの正捕手争い。名乗りを挙げるのは7年目の斐紹&拓也だ!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月08日17時05分

■育成から急成長中の拓也 斐紹と同期の拓也は楊志館高から育成6位で入団(余談だが、この年の育成指名は4位の千賀滉大、5位の牧原大成と活躍している選手が多い)。 3軍を中心にプレーした拓也は、3年目のオフに支配下登録を勝ち取り、2014年に1軍登録を果たす。 2014、2015年はいずれも1試合のみの出場だったが、今季は13試合に出場。9月19日のオリック [全文を読む]

【プロ野球】ソフトバンク・金子圭輔戦力外通告。若手の手本となった男に新天地は見つかるか?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月03日17時05分

高田知季、牧原大成、川瀬晃ら伸び盛りの若手も多く、実績を見れば戦力外通告も仕方なかったのかもしれない……。 ■2軍のキャプテンとして活躍 しかし、チームにとって金子の必要性は高い。 昨季、ウエスタン・リーグの優勝決定後、水上善雄2軍監督に次いで金子が胴上げされた。ベテランにもかかわらず2軍の練習で誰よりも声を出し、汗を流す姿は若手選手からも手本とされた。 [全文を読む]

【プロ野球】1軍に帰ってきたソフトバンク・福田秀平の逆襲が始まる

デイリーニュースオンライン / 2016年07月28日17時05分

チャンスに凡打することも多く、5月になると牧原大成や江川智晃にスタメンを明け渡すことも……。 そして運命の5月18日。 6回裏。ヒットを放った6番・ライトの江川の代走として福田が途中出場、そのままライトのポジションについた。続く7回、チャンスに福田の打順が回ってきたところで、城所が代打出場したのだ。 城所の代打3ランで歓喜に沸くベンチのなか、藤井康雄打撃コ [全文を読む]

【プロ野球】ソフトバンク強さの秘密?未来にはばたく”3軍ホークス”

デイリーニュースオンライン / 2016年06月14日17時05分

ソフトバンクの先発ローテーションの一角として活躍する千賀滉大、1軍メンバーの飯田優也や牧原大成、上林誠知(写真)。そして、他球団で活躍する巨人の立岡宗一郎や中日の亀澤恭平。 彼らはホークスの3軍からプロ生活をスタートさせ、そして1軍のグラウンドに立った選手たちである。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■ルーキーも実践で育て [全文を読む]

フォーカス