渡辺喜美のニュース

【参院選スタート】久しぶりに見た渡辺喜美候補の寂しい現状

東京ブレイキングニュース / 2016年06月27日21時00分

もう久しぶりに見ましたよ、渡辺喜美氏! おおさか維新の会から比例区候補として出馬していますよね。選挙戦第3日目の6月24日、新宿駅西口で街宣していましたよ!ちょっと痩せたようですが、「渡辺喜美は三枚目ですが、2枚目の投票用紙には是非『渡辺喜美』と書いて下さい!」という、オヤジギャグは健在でした(笑)。 でもね、ちっとも観衆が集まらないの。6年前の参院選では [全文を読む]

経済産業省・元幹部官僚、古賀茂明「みんなの党・渡辺代表辞任で笑う人、泣く人」

週プレNEWS / 2014年04月16日06時00分

政治資金の不正疑惑により、「みんなの党」の渡辺喜美(よしみ)代表が辞任することになった。かつては有力野党だった同党も渡辺氏の辞任劇によって支持率を大きく下げている。 そして、そんななかでほかの野党たちはどのような動きを見せるのか。混迷する野党再編の行方を、経済産業省の元・幹部官僚、古賀茂明氏が占う! ■渡辺喜美氏の「復活のシナリオ」 化粧品会社会長から8億 [全文を読む]

小池「新党」は自民・民進に次ぐ「第三極」に化けるのか?

プレジデントオンライン / 2017年03月02日09時15分

そうなると、やはり自民党でもなく民進党でもない第三の道、つまり「第三極」を目指すということになりそうだが、果たしてどうだろうか?そもそも小池「新党」は「第三極」たりうるのだろうか? ■立ち位置が難しい「第三極」 筆者は「第三極」の一翼を担っていた、みんなの党の代表であった渡辺喜美衆議院議員(当時)の政策担当秘書を、2012年の第46回衆議院議員選挙での党 [全文を読む]

「政界“怪”人プロファイリング」 -渡辺喜美-

アサ芸プラス / 2014年11月03日09時56分

◆今週のキーマン:渡辺喜美〈わたなべ・よしみ〉(みんなの党前代表)●52年生まれ。第一次安倍内閣で規制改革担当相、金融担当相を歴任後、09年に離党し、みんなの党結党。今年3月、使途不明の多額借金問題が浮上した。 「名優は『出』が大事」を知らねば大根役者 前回の当コラムに登場の小渕優子前経産相は「政治とカネ」疑惑が急展開、松島みどり前法相ともども辞任に追い込 [全文を読む]

みんなの党「渡辺喜美VS江田憲司」大ゲンカ分裂の裏に「告発怪文書」

アサ芸プラス / 2013年08月16日09時57分

渡辺喜美代表が、日本維新の会や民主党の一部議員との連携を独自に模索する江田憲司前幹事長が気に入らないからと、更迭した一件である。その裏には「渡辺喜美 立法事務費、公金の私物化」と題する一枚の「怪文書」が暗躍していた──。 〈みんなの党の立法事務費。(議員一人当たり月額65万円/年間780万)。渡辺本人は自分の懐に入れているが他の議員は党に召し上げ。しかし、 [全文を読む]

渡辺喜美が突きつけた「橋下徹への公開絶縁状」(1)維新の極右網領にのけぞった

アサ芸プラス / 2013年05月30日09時57分

みんなの党・渡辺喜美代表は19日、維新との選挙協力関係を「完全に断ち切る」と宣言。自民党の暴走を止めるべく、タッグを組んだ両者が真っ向勝負する運びとなった。渦中の渡辺氏が本誌に語る真意とは──。 2年前の大阪ダブル選挙では、渡辺喜美代表(61)が橋下徹大阪市長(43)の応援に駆けつけるなど、両者は蜜月の関係だった。しかし、昨年末の衆院選の選挙協力失敗から溝 [全文を読む]

渡辺喜美こそ類まれな優れたリーダーだった!リーダーはこう「ダメ」になっていく!

Business Journal / 2015年12月05日06時00分

江口氏が政界入りしたきっかけになった元みんなの党代表の渡辺喜美氏だ。 2010年の参議院議員選挙で江口氏はみんなの党から全国比例候補として出馬し、当選した。渡辺氏が江口氏の自宅を直接訪問し、三顧の礼をもって出馬を要請した。 渡辺氏が自民党を離党したのは09年1月。その直前、グランドプリンスホテル赤坂(11年3月閉鎖)で開かれたパーティーでのことをよく覚えて [全文を読む]

渡辺喜美氏、落選確実に 衆院選・栃木3区

NewsCafe / 2014年12月14日21時04分

第47回衆院総選挙は14日投開票され、栃木3区でみんなの党の代表だった無所属前職の渡辺喜美氏の落選が確実となった。自民前職の簗和生氏に破れた。 [全文を読む]

猪瀬直樹氏の16倍の金受け取った渡辺喜美氏 検察のシナリオ

NEWSポストセブン / 2014年04月24日16時00分

みんなの党・前代表の渡辺喜美氏が化粧品大手「DHC」の吉田嘉明会長から受け取っていた「8億円問題」。検察関係者がいう。 「渡辺氏は、猪瀬直樹前都知事と同じように、個人的な借入金で“逃げ切り”を図ろうとしている。だが、渡辺氏は猪瀬氏の16倍もの大金を受け取った。猪瀬氏と同様の決着では、世論が許さない。国会閉幕後の6月、本格的に捜査に着手する予定だ。猪瀬氏とは [全文を読む]

DHC会長「武闘派フィクサー」のケンカ人生(1)窮地に立たされた渡辺喜美氏

アサ芸プラス / 2014年04月15日09時52分

09年にみんなの党代表の渡辺喜美衆院議員(62)と出会った吉田氏は、〈官僚機構の打破〉という一点で意気投合。当時、自民党を離党したばかりの渡辺氏を支援し始める。結党時から資金援助を惜しまなかった吉田氏は、10年の参院選前に3億円、12年の衆院選前に5億円を提供する。 しかし、これは正規の献金ではなく、渡辺氏の個人口座に振り込まれた“裏金”だった。当然、渡 [全文を読む]

フォーカス