牛島信のニュース

「同じ釜の飯」文化の日本企業に最適なガバナンスとは―金成憲道(ドイツ証券会長)×牛島信(弁護士、作家)後編

経済界 / 2016年11月24日10時26分

日本とは大きく違う米国式のガバナンスを肌で体感してきた金成憲道氏。今回は、組織のリーダーに必要な資質、日本式の内部昇進型トップ人選の是非などについて、議論が展開された。構成=本誌/吉田 浩 写真=佐藤元樹株主だけを重視するガバナンスで良いのか牛島 日本企業はアメリカ企業とは違って、「同じ釜の飯を食った仲」という意識があり、なかなか社外取締役が機能しきれない [全文を読む]

日本の不動産市場に変革をもたらした男のガバナンス論 ― 岩沙弘道(三井不動産会長)×牛島 信(弁護士、作家)

経済界 / 2016年12月13日09時48分

今回で最終回となった本対談シリーズのゲストは、牛島信氏がどうしても話を聞きたいと、かねてから熱望していた岩沙弘道氏。日本の不動産市場に大きな変革をもたらした岩沙氏の経営者論、ガバナンス論をじっくりと堪能したい。牛島 今回でこの対談シリーズも最終回なのですが、終わる前にぜひともお話を伺いたいと思っていたのが、岩沙さんです。対談を続けていく中で意識していたのは [全文を読む]

就任前に能力を疑われた日本人CEOの奮闘―金成憲道(ドイツ証券会長)×牛島 信(弁護士、作家)前編

経済界 / 2016年11月09日10時11分

キャリアを積む中で目の当たりにした、日本とは全く違う米国企業のCEO選定プロセスや、ガバナンスに対する姿勢の違いについて、牛島信氏が切り込む。構成=本誌/吉田 浩 写真=佐藤元樹東京で既定路線の人事が白紙撤回になりかけた牛島 今日は、以前本コーナーにご登場いただいたJPモルガン証券の森口隆宏シニアアドバイザーと同じく、三菱東京UFJ銀行出身で海外経験も長い [全文を読む]

[安倍宏行]【形骸化しているコーポレートガバナンスを正せ】~東芝不適切会計問題~

Japan In-depth / 2015年07月26日05時00分

企業法務に詳しい、牛島総合法律事務所の牛島信弁護士に聞いた。まず、監査委員会のメンバーは「全員社外監査委員(社外取締役)にすべき」だと牛島氏は主張する。その理由として、牛島氏は内部の監査委員がいた場合、社外の監査委員が内部の監査委員に引きずられ易いことを挙げた。ではそれを防ぐことは出来るのか。 牛島氏は、「外部だけの監査委員会のみでは情報アクセスが限られて [全文を読む]

“お手本だった東芝が…日本のガバナンス改革は大丈夫か”不正会計問題、海外も衝撃

NewSphere / 2015年07月23日11時56分

INYT紙では、NPO法人「日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク」の理事長を務める牛島信弁護士が、「東芝には140年の歴史があり、コーポレートガバナンスに関してはオールAの優等生のようでした」と語っている。 東証は6月1日より、上場企業に対し、「コーポレートガバナンス・コード」に従うことを求めている(従わない場合は、その理由を説明しなければならない) [全文を読む]

フォーカス