中原昌也のニュース

音楽レーベルLD&Kが画廊をはじめます

PR TIMES / 2014年10月27日14時57分

【2014年11月21日(金)12:00 OPEN】記念すべきオープニングを飾るのは、鬼才「中原昌也」コラージュ展示 音楽レーベルを営んできました株式会社LD&K(代表:大谷秀政、東京都渋谷区)は、このたび文化発信地帯、「裏渋谷」においてギャラリー「秘密画廊」を2014年11月21日(金)よりオープンする運びとなりました。 弊社は長年このエリアでカフェやラ [全文を読む]

「小説なんて書きたくない」という作家・中原昌也が断筆を経て文学の世界に戻ってきた理由

週プレNEWS / 2012年06月26日06時00分

断筆を経て、4年ぶりに短編小説集『悲惨すぎる家なき子の死』を刊行した中原昌也。残酷なスプラッターシーンや無意味な引用の合間に、「小説なんて書きたくない」という著者らしき人間のグチが延々と続く特殊な作風に、かつては芥川賞の選考会で「0票」を記録したことも。そんな彼が、なぜ文学の世界に戻ってきたのか? ―執筆再開、待っていました! 「いや、再開したつもりはない [全文を読む]

人々はゾンビ・パンデミックを求めている? 映画秘宝セレクション『ゾンビ論』で振り返るゾンビの歴史

ガジェット通信 / 2017年02月04日23時00分

最終章は、ミュージシャン・ライター・映画評論家の中原昌也氏が、“恐怖”を失い始めた“ゾンビ映画”というジャンルの行く末を語る。 映画公開当時の宣伝文句などにも言及されており、最初のゾンビブームをリアルタイムに体験していない世代でも当時のムードが臨場感たっぷりに伝わる内容になっている。ちなみに『ゾンビ3』ソフト発売時のホラー映画専門誌での見出しは「スーパー・ [全文を読む]

“あり得ないけど見たい!” そんな夢から生まれたコンサート・フライヤー&ポスター展 THE DREAM SCENE

NeoL / 2016年07月03日10時32分

LAから持ち込んだ作品が一同集められたまたとない機会、ぜひ足を運ぼう! 『THE DREAM SCENE 夢想が生んだ架空のコンサート・フライヤー&ポスター展』 会期:2016年7月18日(月曜日/祝日) - 24日(日曜日) 会場:KATA[LIQUIDROOM 2F]*渋谷区東3-16-6-2F ・2016年7月18日(月曜日/祝日) 「オープニング・ [全文を読む]

△特集:Kosuke Kawamura Interview

NeoL / 2017年02月28日03時43分

19歳で上京したんですけど、学校にも行かずバイトしながら、買ったMacの使い方を自分で覚えて、中原昌也さんなど友だちまわりのイベントのフライヤーやトラッシュ・マウンテン・ビデオからリリースされていた当時は全然注目されてなかった「ジャッロ」というジャンルのイタリアのB級ホラーなどのジャケットを作ったりしていました。B級だから予算もなければ素材もないから全部キ [全文を読む]

芥川賞作家・羽田圭介、最新刊『成功者K』3月10日発売決定。発売前から話題騒然!

PR TIMES / 2017年02月22日17時41分

中原昌也作・書店用ポスター [画像2: https://prtimes.jp/i/12754/65/resize/d12754-65-637406-1.jpg ] 企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

階級社会の男たちが使い分ける“妻にする女”と“遊びの女”。いまだこの国は昭和な価値観から逃れられない?

週プレNEWS / 2016年12月30日11時00分

私の中でそういう一番カッコいいタイプの小説家が中原昌也さんだったんだけど、私は真逆で、文学的貧乏ニートみたいな20代を過ごして、全然カッコよくないほうなんです(笑)! ―そんな山内さんに読者も寄り添って好きなんだと。こちらも読み続けさせていただきたいです! 山内 ありがとうございます。常にブレイク前夜で30年やります(笑)。 (取材・文/明知真理子、写真/ [全文を読む]

ジェームス・チャンス来日のブルーノート東京で、アンダーカバー高橋盾やヒステリックグラマー北村信彦らがDJ

FASHION HEADLINE / 2016年01月10日18時00分

1月22日には、ヒステリックグラマーの北村信彦、アンダーカバーの高橋盾が、23日にはミュージシャン兼音楽プロデューサーの中西俊夫、ミュージシャン兼作家の中原昌也が、24日にはイラストレーターでアートディレクターの伊藤桂司、現代美術家の松蔭浩之が登場する予定だ。 また、1月13日から24日までは、ジェームス・チャンスの恋人でマネージャーだったアーニャ・フィリ [全文を読む]

芥川賞作家や翻訳家、書評家たちがとっておきの本を連想形式で紹介する読書ガイド、1月25日に発売!

PR TIMES / 2015年12月24日16時49分

』□著者:都甲幸治、武田将明、藤井 光、藤野可織、朝吹真理子、和田忠彦、石井千湖、阿部賢一、岡和田 晃、江南 亜美子□定価:1,620円(本体1,500円+税)□仕様:四六判/ 256ページ□発売:2016年1月25日□発行:立東舎(発売:リットーミュージック)□ISBN978-4-8456-2749-3詳細はこちら http://rittorsha.jp [全文を読む]

東京・新宿のゴールデン街が観光地化、インバウンド需要の新たな可能性

HANJO HANJO / 2015年10月28日17時42分

東京・新宿の紀伊國屋書店で29日、トークイベント「ヴィヴィアン佐藤と中原昌也が語るゴールデン街の楽しみ方」が開催される。開催時間は17時30分から18時30分まで。 ゴールデン街は古くから作家やアーティストなど、文化人に愛される飲み屋街として人気を集めていた場所。昭和の空気を伝える街並みが今に残され、近年では観光客を中心に、外国人も数多く訪れている。アメリ [全文を読む]

ニール・ヤング3連発。関連書籍発売&映画『ヒューマン・ハイウェイ<ディレクターズ・カット版>』公開!

NeoL / 2015年08月26日17時37分

湯浅学、松村雄策、五十嵐正、北中正和、大友博、直枝政広、中原昌也、青山真治、柴田聡子、山本精一、桜井鈴茂といった錚々たる面々の寄稿とともにニール・ヤングに迫る情報満載のファン必携書だ。 最新アルバム「ザ・モンサント・イヤーズ」で、遺伝子組み換え食物を世界へと供給するモンサント社に真正面からかみついたニール・ヤングだが、『ヒューマン・ハイウェイ』では反核を題 [全文を読む]

浅野忠信に贈る特別ライブと音楽と詩をテーマにしたライブ・コンサートを山口県の山口情報芸術センターで、2月21日に同日開催!

@Press / 2015年02月03日11時00分

今春、浅野忠信がカセットテープで音源をリリースすることを記念するライブ・コンサートで、『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』で浅野と共演した音楽家、中原昌也(Hair Stylistics)のほか、長きにわたり多種多様な音楽を作り出し、2014年待望のライブ活動をスタートしたNyantora(Koji Nakamura/ナカコー)、福岡を拠点に活動し、国内外の実 [全文を読む]

MEDIA AMBITION TOKYOライブイベント開催!DJ TOWA TEI ,MADEMOISELLE YULIA,渋谷慶一郎など出演者多数

PR TIMES / 2014年02月06日15時09分

【2014.2.7(FRI)】Media Ambition Tokyo "Opening Night"DJ:TOWA TEI / MADEMOISELLE YULIADJ HICO / DJ RUBY / PELI / HAZUKIVJ:ENLIGHTENMENT日時:2014年2月7日(金) 19:30開場 20:00開演 24:00終了場所:六本木ヒル [全文を読む]

フォーカス