平賀源内のニュース

都内スラム街“山谷”住人の悲痛な叫び! 「テレビが見えねぇ」「人魂がいる」 “幽霊騒動”の実態に迫った30日

ハピズム / 2013年06月14日21時00分

それが、“平賀源内”幽霊騒動だ。今回は、山谷住民を脅かすこの問題について、写真家が30日間取材した。 【取材した写真家が捉えた山谷の現状写真14枚はコチラ】→http://happism.cyzowoman.com/2013/06/post_2552.html■“世紀のキワモノ”平賀源内とは? 平賀源内(1728~1780)といえば、本草学者、蘭学者、画家 [全文を読む]

アヘン戦争!メタ推理!騎兵隊!過去の「必殺スペシャル」を振り返ってみた

デイリーニュースオンライン / 2015年12月20日16時00分

日本にまで娘を追ってきたイギリス人と中国人から逃げる途中、国定忠治や遠山金四郎に助けられ、協力を申し出た平賀源内と共に熱気球で旅立つ。さらにナポレオンと合流し、敵の襲撃を受けながらも仕事人たちは清へ上陸。アヘン商人たちを暗殺して娘の恨みを晴らした。 かつての必殺スペシャルには歴史上の有名人を節操無くゲスト登場させる風潮がありました。しかし、国定忠治や遠山金 [全文を読む]

江戸時代に平賀源内が恐龍と対峙! 夢枕獏の怪獣冒険小説が誕生

週プレNEWS / 2014年03月18日06時01分

静電気を使った発電器「エレキテル」を世に送り出した江戸時代の鬼才・平賀源内が、江戸、大阪、南の孤島を舞台に、絶滅したはずの恐龍と対峙する―。 『陰陽師』『餓狼伝』シリーズ、『神々の山嶺(いただき)』などのベストセラーでも知られる作家・夢枕獏氏が、執筆期間約10年にも及ぶ大巨編『大江戸恐龍伝』を完結させた。単なるSF小説というジャンルの枠を飛び越える、唯一無 [全文を読む]

妖怪育成カードゲーム「あやかし百鬼夜行~妖怪育成奇譚~」 絡繰人形となった尾光と尾咲を救え! シナリオイベント「彷徨いのワンダーハロウィンドリーム」開催!

DreamNews / 2016年10月14日18時00分

【特別報酬】 (1)撃破ポイント総合ランキング上位報酬 →[SRカード] 《ファントムシーフ》平賀源内 (一例) (2)撃破ポイント報酬 →[HRカード] 反魂香(すもも) (一例) (3)アメリの助っ人ガチャ →[SRカード] 《祭り囃子》猫又(アメリ) (一例)【今回のイベントの見所】 (1)撃破ポイント獲得数のランキング上位者には、通常では入手不可能 [全文を読む]

土用の丑の日が生まれたのは、ある発明家が仕掛け人だった!?

マイナビ進学U17 / 2016年01月05日12時02分

暑い時期にウナギが売れないことを悩んだ商人は学者や発明家として活躍していた、平賀源内にこのことを相談しました。そこで源内が思いついたのが、「本日、土用の丑の日、ウナギの日」というキャッチコピー。このコピーを書いた張り紙によって、ウナギが飛ぶように売れ、これによって「土用の丑の日」が定着したといわれています。エレキテルをつくったことで知られる平賀源内ですが、 [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(5)究極の時代劇ベスト5

アサ芸プラス / 2013年03月15日09時54分

主人公は平賀源内で、山口崇が演じます。その最終回ですが、史実でいうと平賀源内は獄死しています。だけどこのドラマでは、なんと気球に乗ってフランスへ旅立つんです。 しかも飛び立ったはずの平賀源内のその後が、時代劇「びいどろで候~長崎屋夢日記」(NHK・90年)で描かれていて、また山口崇が演じています。 次は「御家人斬九郎」(フジテレビ・95年)。すごく評価の高 [全文を読む]

「土用丑の日」以外も食べたい!夏のキレイに効く“うなぎ”のお手軽レシピ【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年07月24日10時15分

1. 夏の土用の丑の日には「う」のつく食べ物(梅・うり・うなぎ等々、地方によって違う)を食べる風習があった2. うなぎは夏バテに効くということを、昔の人は経験上よく知っていた3. 夏枯れで商売あがったりの鰻屋さんが困っているのを知った平賀源内(江戸時代の蘭学者・発明家)が、丑の日にはうなぎを食べよう!と宣伝した3つめの説は有名ですよね。この宣伝文句を作った [全文を読む]

江戸時代からタイムスリップしてきた人に会える!?「ご~るでんうぃ~くはねだ江戸祭り2016」<PR>

ITライフハック / 2016年05月25日10時00分

大岡越前がいます このマフラーは……必殺の主水さんですか? 絵描きとして登場する平賀源内 おやおや・・・鼠小僧もいますよ 「輝&輝」という女性の三味線デュオのライブも開催●ターミナル内でのイベントなど「寺子屋わーくしょっぷ」で体験できたおりがみ教室こんな感じのものが作れました 巨大な紙相撲。かなり大きいですが、ちゃんと紙相撲してくれましたこちらは手裏剣投げ [全文を読む]

うなぎ高すぎ! なので、ちくわで土用丑の日を味わってみる

まぐまぐニュース! / 2015年08月04日19時00分

平賀源内もアドバイスできない酒のアテ gatugatuです。 TOPの料理の写真、なんとなく、うなぎの蒲焼に見えませんか? 2015年の土用の丑の日は7/24(金)と8/5(水)です。 土用の丑の日に、なぜうなぎを食うのか? いろんな説がありますが、私が初めに教えてもらったのは、平賀源内さんが、商売の上手くいかないウナギ屋に相談され、「『本日、土用の丑の [全文を読む]

【夏の謎】「土用の丑の日」って何?なんでうなぎを食べるの?

Woman Insight / 2015年07月23日19時00分

その中でも最も有名な説は「平賀源内が発案した」というもの。西洋画や浄瑠璃の作品を残しつつ、蘭学にも通じ、さらにエレキテルをはじめとした発明家でもあった……ということで歴史の教科書にも載っているあの平賀源内です。そんな彼が、夏場にウナギが売れないのでなんとかしたい、と近所のウナギ屋に相談され、「本日、土用丑の日」と張り紙をしたら大繁盛した、ということがきっ [全文を読む]

人気者をつくる言葉

インフォシーク / 2012年10月31日18時00分

「土用の丑の日には、夏バテ防止のためにうなぎを食べる」という現在の習慣は、コピーライターの元祖と言われている平賀源内が江戸時代につくったと言われている。夏にうなぎが売れずに困っていた近所のうなぎ屋から相談された平賀源内が、丑の日に「う」がつく物を食べると身体によいという風習からヒントを得て、「本日、土用の丑の日」と書いた張り紙をするように勧めたところ大繁盛 [全文を読む]

「本日、土用丑の日」を超えるキャッチコピーは?~キャッチコピー好感度Top10 ビデオリサーチ調べ~

PR TIMES / 2012年07月26日15時03分

当時、夏場の売上不振に困っていたうなぎ屋が発明家・平賀源内に相談したところ「本日、土用丑の日」とキャッチコピーを打ち出したところから、一気に「夏場に鰻を食べて元気を出そう」という風習が広まったといわれています。エレキテルをつくった科学者として有名な平賀源内ですが、実は日本初のコピーライターでもあったと言えるかもしれません。そんなうなぎを売るために作られた「 [全文を読む]

味の民芸で「鹿児島県産 うなぎ」メニューを販売

@Press / 2017年05月31日10時00分

「土用の丑の日」にうなぎを食するようになったのは江戸時代、平賀源内がうなぎ店にアドバイスしたのが最初だといわれています。 【メニュー概要】 ◆販売期間 2017年6月1日(木)~ 8月下旬まで ◆販売店舗 味の民芸54店舗(府中店を除く) ◆販売商品 『重ねうな重』 3,200円+税 鹿児島産うなぎを贅沢に1.5尾使用し、2段重ねにしました。うなぎのうまさ [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】お江戸日本を震撼させた傑物4人!クイズ「私は誰でしょう?」(全4問)

サライ.jp / 2017年03月15日19時00分

さて、私は誰でしょう?(い)平賀源内(ろ)杉田玄白(は)関孝和(に)渋川春海【クイズ2】私は宝暦10年(1760)、江戸で生まれました。狩野派・土佐派や西洋画など諸画報を習得し、自分の画風を大成しました。とくに「神奈川沖浪裏」や「凱風快晴」をはじめとする版画シリーズ『冨嶽三十六景』は有名です。さて、私は誰でしょう?(い)歌川広重(ろ)鈴木春信(は)葛飾北斎 [全文を読む]

THE CONRAN SHOP×天草陶石研究開発推進協議会 天草陶磁器『Amacufa』のキャンドルホルダーを発売

@Press / 2017年02月15日09時30分

高品位の陶石の発見は17世紀中頃で、才人平賀源内も「陶器工夫書」の中で絶賛している逸品です。現在、有田焼、清水焼の主原料として使用され、海外にも輸出されており、国内の陶石生産量の8割を占めています。 今回、天草陶石研究開発推進協議会を中心に、アーティスト 古門圭一郎氏、株式会社コンランショップ・ジャパン 後藤陽次郎氏をアドバイザーとして招聘し、天草陶石を世 [全文を読む]

黒毛和牛関係者の苦境 肥育農家も飲食店も薄利に悲鳴

NEWSポストセブン / 2017年02月12日16時00分

江戸時代に平賀源内が「土用の丑の日はうなぎ」というキャッチコピーをつけたことで、うなぎは人気を博した……という俗説がある。当時定着していなかった食文化を定着させたという意味では意義深かったのかもしれないが、いまやウナギどころか肉食もすっかり定着済み。いちいちSNSで「肉が! 肉が!」と喧伝しなくても、みなさんしっかり召し上がっているのでは……。なんて偉そ [全文を読む]

夏じゃなくて今が旬って知ってた?知れば食べたくなる「うなぎ」の雑学

WooRis / 2016年12月18日11時30分

■土用丑の日の由来旬の時期ではない夏になぜ、うなぎが売れるようになったのでしょうか?“土用丑の日”にうなぎを食べる習慣ができたのは、一説として、幕末の万能学者として有名な平賀源内が、夏場にウナギが売れないので何とかしたいと近所のウナギ屋に相談されたことがきっかけだといいます。「本日丑の日」と書いた張り紙を張り出したところその店は大繁盛したそうです。そして、 [全文を読む]

「東芝」の創業者は「からくり儀右衛門」と呼ばれた技術者だった! 江戸時代の優れた科学を多くの図版で解説

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月28日17時30分

例えば平賀源内。彼は医薬に関する「本草学」を学び、『物類品隲(ぶつるいひんしつ)』という博物学書を遺した。また西洋画法に傾倒し、自ら「西洋婦人図」を描きあげている。そして源内の事跡で最も有名だと思われるのが「エレキテル」だ。これは摩擦によって電気を発生させる機械で、故障していた物を手に入れた源内はそれを修理することに成功。さらに模造も行なっている。本書では [全文を読む]

絶滅危機のうなぎは「高嶺に返すべき花」なのだ

NEWSポストセブン / 2016年07月27日16時00分

夏場のスタミナ食として、平賀源内が広めたという説が知られている。もっとも当時の丑の日には「う」のつくうどんや梅干しを食べるという習慣もあり、いまほど「うなぎ」一色ではなかったと言われている。ちなみに18世紀中ごろの蒲焼きの値段は200文。当時のそばを1杯16文として現在の価格に換算すると4000~6000円といったところ。現代における高級店の価格並だ。 明 [全文を読む]

近畿大学が世に放つ「ウナギ味のナマズ」はキワモノではない

NEWSポストセブン / 2016年07月23日16時00分

今のようにウナギの蒲焼きがメジャーになった背景には、平賀源内による上手な広告戦略があった、という説が有力だ。 [全文を読む]

フォーカス