韓英恵のニュース

NU’ESTのメンバーが 主演作『知らない、ふたり』の生コメンタリーに挑戦!! サプライズのバースデーケーキにレン大感激!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2016年11月10日10時26分

『知らない、ふたり』DVD発売中発売元:日活販売元:ポニーキャニオン【初回限定生産特別版DVD-BOX(DVD 2枚組)】\6,200(本体)+税<映像・音声特典/封入特典(☆は特別版のみの収録)>①本編ディスク・映画本編・NU’ESTによるオーディオコメンタリー(日本語字幕対応)☆・ビハインド・ザ・シーン(NU’ESTメンバーそれぞれのクランク・インや [全文を読む]

【イベントレポ】レン(NU’EST)、舞台あいさつで共演者がレンの本当の姿を明かす

Wow!Korea / 2015年10月24日23時52分

上映前には舞台挨拶が行われ、今泉監督とともに「NU’EST」のレン、青柳文子、韓英恵、芹澤興人らが登壇した。司会者の紹介で大きな拍手に迎えられ俳優陣が登場。レンは黒のスーツ姿で現れ、母性本能をくすぐるルックスで世界中を虜にしているアイドルとしての顔ではなく、俳優としての存在感で集まった観客の目をひきつけた。キャスト陣が揃ったところで舞台挨拶はスタート。まず [全文を読む]

帰化しても消えない在日コリアン差別…韓国籍を選んだ女優・韓英恵

Business Journal / 2013年06月23日06時00分

先日、『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ)で放送された『ハナエゆれる』は、韓国人の父と日本人の母を持つ22歳の韓英恵を追ったドキュメンタリーだ。 僕は彼女のことは『ピストルオペラ』『誰も知らない』『マイ・バック・ページ』といった映画で見ていた。繊細かつ大胆な、スクリーンに合うお芝居をする女優さんだな、と思っていた。もちろん名前から韓国の血を引くことは知 [全文を読む]

交通事故のように唐突に襲い掛かる制御しがたい感情、それは“ひと目惚れ” 2016年の注目監督・今泉力哉の世界

おたぽる / 2016年01月04日23時00分

『知らない、ふたり』は韓国の男性アイドルグループ「NU’EST」(ニューイースト)のレン、ミンヒョン、JRの3人、さらに人気モデルの青柳文子、『誰も知らない』(04)や『アジアの純真』(11)で強いインパクトを放った韓英恵、若手実力派の木南晴夏らによる恋愛群像劇となっている。 本作に登場する国籍も職場も異なる多彩なキャラクターたちを突き動かしているのは、人 [全文を読む]

心を閉ざした青年がある日出逢った女性に心を惹かれていく…男女7人のすれ違いの群青劇

Woman Insight / 2015年10月23日22時24分

現在開催中の第28回東京国際映画祭にて、日本映画スプラッシュ部門公式出品作品となり、10月23日(金)、東京・TOHOシネマズ六本木でワールドプレミア上映され、今泉力哉監督をはじめ、主演を務めたNU’ESTのレンさん、青柳文子、韓英恵、芹澤興人らがゲストにて登壇。即日完売となった大注目のワールドプレミアにて、舞台挨拶を行いました。 本作は、お互いの想いを [全文を読む]

【イベントレポ】レン(NU’EST)、俳優として、今泉監督と共に東京国際映画祭レッドカーペットに登場

Wow!Korea / 2015年10月23日19時03分

東京国際映画祭の開幕を飾るに相応しい豪華なゲストが次々と登場する中で、今泉監督、青柳文子、韓英恵らと共に、ブラックのタキシードに蝶ネクタイというフォーマルな装いでレンが階段をゆっくり降りてくると会場からは大きな歓声が上がった。 和服姿の青柳文子とドレス姿の韓英恵と艶やかな2人の女優を伴い、魅力的な笑顔を湛えるレンは颯爽とレッドカーペットを歩いた。 会場の [全文を読む]

有森也実主演「いぬむこいり」カオスに満ちた予告編&ポスターを入手!

映画.com / 2017年03月31日12時00分

オフビートなペテン師・須藤アキラ役に扮したバンド「勝手にしやがれ」のリーダー・武藤昭平のほか、江口のりこ、尚玄、笠井薫明、山根和馬、韓英恵、ベンガル、PANTA、緑魔子、石橋蓮司、柄本明らが一癖も二癖もある役どころを体現している光景を切り取っている。 モーリス・ラベル作曲のバレエ音楽「ボレロ」がBGMとして使用されている予告編は、ゴロツキの革命家、引きこも [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】山本彩のCM曲『ひといきつきながら』が胸に響く オリジナルは“ゲラゲラポー”の渋い人

TechinsightJapan / 2017年02月01日18時54分

これまで山本彩やNMB48が登場したバージョンと趣向が違い、『JT CM ひといきつきながら それぞれの道篇』は小学生の時に同級生だった女友達2人が成人して母校で再会するストーリーとなっており、韓英恵(かん はなえ)と多賀麻美(たが あさみ)によるミニドラマを牧歌的な歌声が引き立てる。山本彩も当初はソウルフルなオリジナルを聴いて練習しただろうが、そこから [全文を読む]

アントニー、映画出演オファーに「確実にドッキリだと」

Smartザテレビジョン / 2017年01月24日08時00分

伊藤沙莉と須賀健太がW主演を務める映画「獣道」(今夏公開)に、吉村界人、アントニー、でんでん、矢部太郎、韓英恵らの出演が決定。今回、アントニー、でんでん、矢部からのコメントが到着した。 映画「獣道」は、閉塞感の中でもがく今時の青春を描いたブラックコメディーで、脚本・監督を務めるのは、昨年「下衆の愛」で話題となった内田英治。前作に引き続き、オリジナル脚本での [全文を読む]

【イベントレポ】「NU’EST」、キス&ハグシーンにファン悲鳴! レンの誕生日に日本初主演映画DVD購入者限定イベント開催

Wow!Korea / 2016年11月07日20時40分

JRは女優の韓英恵のノートを取り上げ、ビリビリに破った後ハグをするという男らしいシーンがあった。リハーサルの様子がスクリーンに映るとファンからは「キャー」と悲鳴のような黄色い声が。JRは恥ずかしくなり椅子から下りてステージに座りこみ、笑いを誘った。韓はこの映画で初めて韓国語で演技をしたというが、アロンは「上手でした。僕よりうまいと思います」と絶賛した。レン [全文を読む]

フォーカス