山中崇のニュース

偶然の産物「つゆ焼きそば」

ぐるなび / 2016年06月06日14時10分

6月5日放送の「遠くへ行きたい」(日本テレビ系、午前06時30分~)では、青森県・青森~白神山地をめぐる旅のコーナーで、山中崇さんが「妙光食堂」(青森県黒石市)を訪れた。 江戸時代に商業の街として栄え、今でも古い商家や歴史的な建物が数多く残る黒石市にある食堂。 山中崇さんが「元祖つゆ焼きそばというのはどういうものなんですか?」と尋ねると、店主は笑いながら「 [全文を読む]

アジアトップ女優・田中千絵、“月9”でゴールデン連ドラ初出演!

ザテレビジョン / 2017年06月05日19時07分

そんな田中が演じるのは水橋佐和子という名の女性ジャズシンガーで、夫(山中崇)はサラリーマン。大人気作家(小市慢太郎)と結婚した元女優(高岡早紀)を姉に持ち、性格は自由奔放で、異性に対しても開放的という役どころ。ある日、佐和子の家族と姉の家族、また両家族と親交のある男性ミュージシャン(中村俊介)の5人で、その姿を見た者は運命の人と結ばれると言われている“あか [全文を読む]

2017年サンダンス映画祭にて日本人初のグランプリを獲得した映画『そうして私たちはプールに金魚を、』のバンタン卒業生、長久 允監督による公開講座を実施!2017年4月27日(木)バンタンデザイン研究所東京校

@Press / 2017年04月13日10時00分

お問い合わせ: 0120-03-4775 (バンタンデザイン研究所 東京校/ 担当: 影正)『そうして私たちはプールに金魚を、』ご紹介【キャスト】湯川ひな・松山莉奈・西本まりん・菊地玲那・黒田大輔・山中崇・増渕来夢・ユキちゃん・クリトリックリス・NATURE DANGER GANG・フジロッ久(仮)・並木愛枝・石本径代・三科喜代・野上絹代【スタッフ】製作: [全文を読む]

2017年サンダンス映画祭にて日本人初のグランプリを獲得した 映画『そうして私たちはプールに金魚を、』の バンタン卒業生、長久 允監督による公開講座を実施!

DreamNews / 2017年04月13日10時00分

お問い合わせ: 0120-03-4775 (バンタンデザイン研究所 東京校/ 担当: 影正)『そうして私たちはプールに金魚を、』ご紹介【キャスト】湯川ひな・松山莉奈・西本まりん・菊地玲那・黒田大輔・山中崇・増渕来夢・ユキちゃん・クリトリックリス・NATURE DANGER GANG・フジロッ久(仮)・並木愛枝・石本径代・三科喜代・野上絹代【スタッフ】製作: [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】野田洋次郎主演ドラマ『100万円の女たち』 撮影現場で皆が「爆笑しながらでんぐり返し」

TechinsightJapan / 2017年04月10日11時25分

慎の父親で死刑囚の道間達之役をリリー・フランキー、人気作家・花木ゆず役を中村倫也、編集者・桜井誠二役を山中崇、評論家・森口竜市役を池田鉄洋が務めるほか、遠藤雄弥、吉村界人、保紫萌香などといった個性豊かなキャストが盛り上げる。 青野春秋(あおの しゅんじゅう)氏が4月6日、『青野春秋(aonoshunju)ツイッター』で挨拶を兼ねてドラマの現場を訪れたとこ [全文を読む]

RADWIMPS・野田洋次郎、俳優としての可能性は? 『100万円の女たち』小説家役との相性を読む

リアルサウンド / 2017年04月03日06時00分

慎が大嫌いだと言い放つ人気作家の花木ゆず役には着実にファンを増やし続けている中村倫也、慎を支える編集者・桜井誠二役に山中崇、慎を嫌う評論家・森口竜市役に池田鉄洋と、個性と実力を兼ね備えたキャスティングが嬉しい。 慎に毎月100万円を支払い同居している謎の美女5人には、福島リラ(『ウルヴァリン:SAMURAI』)、松井玲奈(『笑う招き猫』)、我妻三輪子(『ヒ [全文を読む]

RADWIMPS・野田洋次郎主演ドラマにリリー・フランキーら出演決定

Smartザテレビジョン / 2017年03月28日12時00分

慎の父親で死刑囚の道間達之役にリリー・フランキー、人気作家・花木ゆず役に中村倫也、慎を支える編集者・桜井誠二役に山中崇、慎を嫌う評論家・森口竜市役に池田鉄洋と深夜とは思えない豪華な顔触れだ。 ほかにも遠藤雄弥、吉村界人、保紫萌香、井端珠里、筒井真理子、古舘寛治など幅広い世代の超個性的な俳優陣が勢ぞろいする。 [全文を読む]

映画『相棒』シリーズの観客動員数が1000万人を突破!水谷豊がファンとの出会いに感謝

Movie Walker / 2017年02月11日14時19分

ドラマ「相棒」シリーズの劇場版第4弾『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』の初日舞台挨拶が2月11日に丸の内TOEIで開催され、水谷豊、反町隆史、山口まゆ、鹿賀丈史、鈴木杏樹、川原和久、山中崇史、神保悟志、小野了、片桐竜次、橋本一監督が登壇。この日で映画『相棒』シリーズの累計の観客動員数が1000万人を突破し、水谷が「感 [全文を読む]

ファン500人が唖然!水谷豊が明かした『相棒』の衝撃的エピソード

Movie Walker / 2017年01月24日20時12分

会場に用意されたピンクカーペットには、水谷と反町に加え、仲間由紀恵、及川光博、鈴木杏樹、川原和久、山中崇史、山西惇、神保悟志、小野了、片桐竜次、北村一輝、山口まゆ、鹿賀丈史の計14名が登壇。 水谷は「『相棒』がスタートした当初、我々にはひとつの夢がありました。それは『相棒』で映画を作ることでした。この度、4回目の夢が叶いました」と、2000年から続く本シ [全文を読む]

瀬々敬久監督最新作『菊とギロチン』の主人公女相撲力士役に木竜麻生、アナキスト役に東出昌大が決定!

AOLニュース / 2016年10月22日14時00分

他に渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、川瀬陽太など日本映画界を背負う豪華な個性派キャス派キャストが勢揃いした。<関連動画はこちら> 『菊とギロチン』は2017年公開 ■参照リンク 『菊とギロチン』公式サイトhttp://kiku-guillo.com ■急上昇ワード「ボブ・ディラン」 ・ボブ・ディラ [全文を読む]

女相撲力士役に木竜麻生!初主演映画で東出昌大と共演

Smartザテレビジョン / 2016年10月22日12時00分

ほか、渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、川瀬陽太などの出演も発表された。 [全文を読む]

「相棒」激動の新シーズン開幕!初回から豪華布陣が集結

Smartザテレビジョン / 2016年10月12日05時00分

捜査一課の伊丹憲一(川原和久)と芹沢慶二(山中崇史)はそう初恵をなだめ、迎えに来た梶原脩斗とともに引き取ってもらうのだが、この奇妙な訴えに興味を抱いた右京は、一人で捜査を始めることに。 右京が面会した初恵は、本気で自分が呪い殺したと信じ切っていた。なぜ、そこまで確信できるのか。右京は過去にも例があるのではないかと考える。その推理は的中し、初恵はこれまで、 [全文を読む]

杏・東出昌大夫妻らが「ごちそうさん」同窓会!

Smartザテレビジョン / 2016年09月23日18時28分

集まったのは、ヒロイン・め以子役の杏をはじめ、東出昌大(夫・悠太郎役)、近藤正臣(義父・正蔵役)、宮崎美子(義母・静役)、木本武宏(大阪市役所の藤井役)、山中崇(桜子の夫・室井役)、前田亜季(め以子の級友・桜子役)。この作品での出会いをきっかけにリアルに夫婦となった杏と東出夫妻の共演が実現する。 一同は「印象に残ったシーン」「今だから言える話」「オフの過 [全文を読む]

「相棒」反町隆史が仲間由紀恵の部下に!

Smartザテレビジョン / 2016年09月14日05時00分

初恵は自分を罰してほしいと訴えるが、伊丹憲一(川原和久)や芹沢慶二(山中崇史)は現行法では逮捕することも罰を与えることもできないと初恵をなだめる。 この奇妙な訴えに興味を持った右京は一人で捜査を始めることに。自分が呪い殺したと本気で信じ切る初恵と面会した右京は、過去の例を調べると、初恵がこれまで宮田を含めて3人を呪い殺したと告白。そして、それは青森に住ん [全文を読む]

沢村一樹が体当たりでアクションに挑戦!

Smartザテレビジョン / 2016年08月26日05時00分

その他の出演は、渡辺いっけい、水橋研二、遠藤雄弥、温水洋一、堀部圭亮、山中崇、加藤雅也ら。 [全文を読む]

「原作への愛もリスペクトもなしに、なにがテレビだ…!」 堺雅人(そして杉村太蔵)がドラマ『弱ペダ』を援護射撃!

おたぽる / 2016年07月28日22時00分

CMは“朝まで生テレビ”風のスタジオで、堺が「これまでにスカパー!の実写化は、常に原作ファンの期待に答えてきたんです」と猛プッシュしたり、山中崇の「どうせ原作イメージと違うキャストでがっかり」という声には、「それはない!! 似合ってもないのに、話題性だけでキャスティングすることは決してしない!」と猛反論。どこかの某実写化作品たちにケンカを売るような発言だら [全文を読む]

あの人とあの人が昔は一緒の劇団に!?意外と知らない劇団俳優の繋がり

日本タレント名鑑 / 2016年03月28日14時55分

学生劇団のポテンシャル! 学生演劇から・・・という流れは意外に多く、厚木高校が母体の「劇団扉座」は、『相棒』でおなじみ六角精児さん、山中崇史さんが所属。早稲田大学の「第三舞台」(2012年解散)には筧利夫さん、勝村政信さん、仮面ライダーウィザードで白い魔法使い・ワイズマンを演じた池田成志さんも所属していました。同じく早稲田大学は「カムカムミニキーナ」など [全文を読む]

堀北真希「暴力刑事」がソソる! 女の園『ヒガンバナ』の“超オメデタキャスト”に注目

日刊サイゾー / 2016年01月15日00時00分

オリンピックに絡む政治家の秘書である唐島新之助(山中崇)、その妻で妊婦の珠美(ともさかりえ)、被害者の同級生・絢香(小野ゆり子)に、フリーターの大山(矢本悠馬)など容疑者が浮上するものの、どの人物にもアリバイがある。その中で大きなヒントとなるのが、来宮が「シンクロ」によって発した「ウソツキ」という言葉であり、事件解明の決定打にもなるのでした。 [全文を読む]

立ち見続出映画『恋人たち』の監督が恐れたものとは?

Movie Walker / 2015年11月28日20時17分

『ゼンタイ』の篠原篤、成嶋瞳子、『ghost dance ゴースト・ダンス』の池田良、『ピース オブ ケイク』の安藤玉恵、『滝を見にいく』の黒田大輔、『家路』の山中崇、『きみはいい子』の内田慈、『映画 鈴木先生』の山中聡、『そして父になる』のリリー・フランキーらが出演する。 今月14日に公開がスタートすると、連日満席、立ち見が続き、SNSには「今年1番の映 [全文を読む]

売れっ子猫・のり子が4つの物語で涙と笑いを誘う!

Smartザテレビジョン / 2015年10月30日17時14分

キャスト陣も三浦誠己、木南晴夏、柴田杏花、長谷川朝晴、山田キヌヲ、朝倉あき、山中崇といった実力派俳優、若手俳優がそろい、心温まる人間ドラマを織りなしている。 そして、本作のキーとして登場するのが猫ののり子ちゃん。4つの物語で、ある時は優しく寄り添い、ある時は物語を思わぬ方向へと導き、またある時は大切な愛に気づかせてくれる、そんなのり子の演技にも注目が集まっ [全文を読む]

フォーカス