藤本敦士のニュース

甲子園歴史館特別企画 V戦士トークショー開催決定!明日(11月27日)から予約受付を開始します。

PR TIMES / 2014年11月26日15時45分

当日は、ゲストとして、2003年、2005年のリーグ優勝に導いたV戦士の中から、赤星憲広氏、濱中治氏、藤本敦士氏の3氏をお招きします。第1部では、濱中治氏、藤本敦士氏の2氏が、また、第2部では、赤星憲広氏が、それぞれ今シーズン球団初のクライマックスシリーズ突破を果たしたタイガースの2015年シーズンの展望を中心に語っていただきます。なお、トークショーの後に [全文を読む]

甲子園歴史館特別企画 阪神タイガース選手OBクリスマストークショー開催決定!赤星さん、濱中・藤本両コーチが登場 明日から予約受付を開始

@Press / 2015年12月01日15時45分

第1部では、現役コーチである濱中治打撃コーチと藤本敦士ファーム守備走塁コーチの2氏に、第2部では、解説者としておなじみの赤星憲広氏に、それぞれ、金本新監督が就任したタイガースの2016年シーズンの展望を中心に語っていただきます。また、トークショーの後には、握手会・記念撮影会も予定しています。このトークショーの申込み受付を、明日12月2日10時から開始します [全文を読む]

甲子園歴史館特別企画 阪神タイガース選手OBクリスマストークショー開催決定!赤星さん、濱中・藤本両コーチが登場 明日から予約受付を開始

PR TIMES / 2015年12月01日15時34分

第1部では、現役コーチである濱中治打撃コーチと藤本敦士ファーム守備走塁コーチの2氏に、第2部では、解説者としておなじみの赤星憲広氏に、それぞれ、金本新監督が就任したタイガースの2016年シーズンの展望を中心に語っていただきます。また、トークショーの後には、握手会・記念撮影会も予定しています。このトークショーの申込み受付を、明日12月2日10時から開始します [全文を読む]

球史に残る!「名監督たちの神采配」伝説プレイバック

日刊大衆 / 2017年05月04日09時05分

その翌年のオープン戦では、「F1セブン」の一角として売り出した、ルーキーの藤本敦士を一塁、赤星憲広を三塁に置いた場面。藤本にわざとつまづかせて、赤星に本盗をさせるというトリックプレー(フォースボーク)も成功させている。 楽天監督時代の08年「巨人対楽天戦」も、野村監督の策士ぶりが際立った試合。巨人の原辰徳監督は、2点ビハインドの9回2死から盗塁のサインを出 [全文を読む]

【プロ野球】《元旦・初夢予想!?》2017年、阪神優勝!? そんな初夢を正夢にするシミュレーション!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月01日16時05分

2005年の阪神では、将来を期待される若手のレギュラーは鳥谷と、あえて挙げるなら藤本敦士くらいだった。 年齢で見れば、今季以降は若手への期待がさらに高まる。 ■「未知数」が夢を抱かせる 最後に守りについて触れてみよう。2005年は扇の要を担った捕手・矢野輝弘(現・燿大)の存在が非常に大きかった。 矢野に代わる捕手は一朝一夕では育成できないし、現状でも登場し [全文を読む]

【プロ野球】金本・阪神と野村・阪神の1年目を比較…優勝まで何年待つべきか?

デイリーニュースオンライン / 2016年07月24日16時05分

野村監督時代にデビューした赤星や藤本敦士が主力になった2003年のことである。 若手選手を成長し花が咲くまで、大なり小なり時間を要するのは確かだ。選手がモチベーションを失い、戦える集団を作れなかった野村監督。現在のところ、日々もがき苦しむ金本監督ではあるが、選手個々のモチベーションが低下しているとは思えない。 これは、161球を投じた藤浪晋太郎しかり、大ス [全文を読む]

阪神・金本新監督“来季V逸宣言”の意図とは?「革新的な組閣にこだわったワケ」

アサ芸プラス / 2015年12月07日01時56分

二軍にも今岡誠打撃兼野手総合コーチ(41)、藤本敦士守備走塁コーチ(38)と、03年、05年にリーグ制覇した「第二次黄金期」のメンバーを次々と招集したのである。 球団関係者は今回の入閣メンバーをこう評価する。「中西清起前投手コーチ(53)や吉田康夫前二軍バッテリーコーチ(54)ら年上の古株コーチが辞め、よけいな気を遣う必要がなくなった。組閣の目玉はファンは [全文を読む]

泥舟に乗りたくない…阪神、金本ら有力OBが、過去の確執で軒並みコーチ就任拒否?

Business Journal / 2014年11月12日06時00分

阪神は11月6日、チームOBの藤本敦士、濱中治両氏のコーチ就任を発表した。SMBC日本シリーズへの進出は果たしたものの、ペナントレースでは2年連続で勝負どころの終盤戦に失速しており、一時は和田豊監督の引責辞任説が連日伝えられていた。リーグ優勝が至上命令となる来季に向け、チーム再建を担う新コーチの責任は重要だが、両氏の招聘には複雑なお家事情も隠されていた。 [全文を読む]

短期決戦に特化「代打の神様」だけでWBC代表を選んだら?

NEWSポストセブン / 2012年10月10日07時00分

「ここぞ」に強い選手たち「代打の神様ジャパン」】 「野手」 (打順/名前/チーム名/ポジション/代打での打率/同出塁率) 1:石井義人/巨/三/.417/.500 2:二岡智宏/日/遊/.292/.370 3:前田智徳/広/H/.340/.389 4:福浦和也/ロ/一/.438/.486 5:金城龍彦/横/中/.316/.409 6:堂上剛裕/中/右/.2 [全文を読む]

フォーカス