山本學のニュース

俳優・山本學「人が下手に見えたら、気をつけろ」

NEWSポストセブン / 2017年01月27日07時00分

今回は、数々の大女優たちの相手役を務めてきた山本學が、共演のなかで培った自分の役割について語った言葉からお届けする。 * * * 山本學は舞台やTBSの「東芝日曜劇場」などで、数々の大女優たちの相手役を務めてきた。 「僕ぐらい、いろいろな女優さんと共演している役者はいないと思います。山田五十鈴さん、杉村春子さん、森光子さん、当時の大女優さんはほとんど絡んで [全文を読む]

俳優・山本學、森光子さんを見て「俺はなんて甘いんだ」

NEWSポストセブン / 2017年01月20日16時00分

今回は、森光子主演の舞台『放浪記』に20年以上出演し続けた山本學が、森との共演の思い出を語った言葉からお届けする。 * * * 森光子主演の舞台『放浪記』は上演二千回を超える人気公演であった。山本學は1987年から参加、以降、森が亡くなるまで出演を続けている。「途中からの参加で、役柄を僕なりに作り変えたんですよ。 その前の人は、気持ち悪い、嫌な人間として演 [全文を読む]

俳優・山本學、田宮二郎さんとの最後の握手は痛かった

NEWSポストセブン / 2017年01月12日11時00分

劇団俳優としてキャリアをスタートした、テレビドラマで活躍していた山本學は、テレビドラマ『白い巨塔』(1978年)で田宮二郎が演じる財前五郎と対立する医師、里見脩二を演じた。田宮との共演の思い出を語った言葉からお届けする。 * * * 山本學は1964年のテレビドラマ『愛と死をみつめて』(TBS)で人気を博した後は脇役を中心に多くの作品に出演した。「スケール [全文を読む]

俳優・山本學「ぶつかり合いが、世界をつくる」

NEWSポストセブン / 2017年01月03日07時00分

今回は、約50年前、劇団俳優としてスタートしテレビドラマで活躍し始めた山本學が、役者としての歩みをスタートさせた時代について語った言葉からお届けする。 * * * 山本學は1955年に俳優座養成所に入所、役者としての歩みをスタートさせている。「僕は役者になる気はなくて、舞台装置をやりたかったんです。ちょうど東野英治郎さんの息子さんが弟の友達で、東野さんに相 [全文を読む]

吉永小百合「多情交遊の履歴書」(1)元親友“暴露本作家”が惜別激白

アサ芸プラス / 2013年08月13日09時59分

過去、吉永のロマンスの相手として「噂」が報じられた相手は山本學(76)、山本圭(73)、浜田光夫(69)、中尾彬(70)、加藤剛(75)、石坂浩二(72)、渡哲也(71)などだ。中平氏は言う。 「山本學・圭兄弟への思いは相当強かったでしょうね。新劇系の人には弱いから。加藤に対しては『なんて立派な顔の人だろうと思った』と言い、好きだという気持ちは伝わってい [全文を読む]

柳楽優弥、『おんな城主 直虎』登場!直虎と運命的な出会いを果たすその男の正体は…

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年04月22日12時30分

乗り気になった直虎は瀬戸村の百姓・甚兵衛(山本學)に相談するが、井伊領内は深刻な人手不足であり、木綿作りを担う人材がいないことがわかる。人手を探して村々をまわる直虎だったが、ある日水浴びをする若い男(柳楽優弥)と運命的な出会いを果たす。 耕し手のいない荒地を再び耕せるようにした者には、その土地を与え、実りが出て三年は年貢をとらない。そんな「三年荒野」の策 [全文を読む]

『おんな城主 直虎』、百姓の直訴で今川から徳政令発布の指示 直虎の対抗策は…

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年04月08日12時30分

9日に放送となる第14話は、直虎が徳政令の約束を破ったことに腹を立てた甚兵衛(山本學)ら百姓たちが、蜂前神社の禰宜(ダンカン)を通して、今川に徳政令の発布を直訴したところから始まる。 直虎の政策に家臣たちが異を唱える中、政次(高橋一生)は徳政令の発布を命じる今川の書状を読み上げるが、直虎は驚くべき策でこれをはねのける。徳政令を無効にされた甚兵衛たちは、つ [全文を読む]

『おんな城主 直虎』、ついに“おんな城主”となった直虎だがさまざまな壁が…

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年04月01日12時30分

ある日、領主が代替わりしたことを聞きつけた瀬戸村の百姓・甚兵衛(山本學)が直虎のもとを訪れ、借金の棒引きを意味する「徳政令」の発布を求める。 ついに、おんな城主の誕生となった井伊家。次郎法師の出家は井伊の本領安堵と引き換えであるため、次郎は還俗せぬまま、領主としての名を直虎とし、あくまでも虎松が元服するまでの後見ということに。しかし、出家していた者がいき [全文を読む]

常盤貴子、和久井映見、原田知世、谷原章介が出演!北川悦吏子脚本で贈る珠玉のスペシャルドラマ 月シリーズ三部作 セル・レンタル発売決定

@Press / 2016年07月21日12時30分

【2015年 三つの月】 <出演> 小坂繭…原田知世、秋風蒼太…谷原章介、並木孝…山本學、小坂綾…八千草薫 <ストーリー> 美しくも退屈な山間の町で、小坂繭(原田知世)は夫の赤字経営の食堂を切り盛りし、愛息は進学で遠く離れてしまい、長患いをする姑・綾(八千草薫)の看病に追われ、ただの「おばさん」でしかない自分の生き方に息苦しい孤独と静かな絶望を抱えていた [全文を読む]

石原さとみ「何度も涙しました」

モデルプレス / 2016年06月28日23時16分

ほかに吉沢悠、泉澤祐希、篠田三郎、市毛良枝、石丸謙二郎、山本學らが出演する。 ◆2バージョンで放送 石原は「真実を知る勇気を持つこと、真実を知ってそこから学ぶ力を持つこと、そして真実を知ったからには責任を持つこと。その大切さをあらためて知りました。私と同世代の人たちを含め、沢山の方に観て感じ取ってもらえたらうれしいです」とメッセージを送った。 放送は、8 [全文を読む]

フォーカス