榊英雄のニュース

【若手女優の競演】長野×愛媛 初の共同制作ドラマ『りんごとミカン』6月3日(土)OA!

ガジェット通信 / 2017年05月14日21時50分

長野編『ずくなし』(監督:榊英雄 脚本:根本ノンジ) 【物語】長野でりんご農家を営む夫婦の元に、ある朝、東京で働いているはずの娘が帰って来る。突然の帰省の理由を聞けずに戸惑う家族の物語。『ずくなし』とは長野の方言で”根性なし”の意味。 【出演】佐津川愛美、原日出子、石倉三郎 愛媛編『だんだん』(監督:大澤健太郎 脚本:根本ノンジ) 【物語】東京から来た転 [全文を読む]

甲斐バンドの名曲を日本を代表する5人の映画監督が映像化した短編映画の劇場公開が決定

okmusic UP's / 2014年12月25日17時00分

【その他の画像】甲斐バンド『破れたハートを売り物に』は甲斐バンドの楽曲をモチーフに新たなストーリーで誕生する短編映画集で、青山真治、榊英雄、長澤雅彦、橋本一、三島有紀子がメガホンをとる。さらにこのほど、大森南朋、船越英一郎、マキタスポーツ、松田美由紀、光石研、山田瑛瑠(50音順)ら、豪華キャストが出演することも発表された。2015年3月18には、これらの短 [全文を読む]

日本を代表する5人の映画監督の手によって、甲斐バンドの楽曲をモチーフにした新たな5つの物語が誕生!短編映画集『破れたハートを売り物に』2015年春、劇場公開決定!!

PR TIMES / 2014年12月25日13時37分

メディアファクトリー ブランドカンパニー 日本を代表する5人の映画監督「青山真治」「榊英雄」「長澤雅彦」「橋本一」「三島有紀子」の手によって、甲斐バンドの楽曲をモチーフに新たなストーリーで誕生する短編映画集『破れたハートを売り物に』が、2015年春に劇場公開されることが決定した。また、大森南朋、船越英一郎、マキタスポーツ、松田美由紀、光石研、山田瑛瑠(50 [全文を読む]

5人の映画監督と 甲斐バンドによる短編映画制作がスタート!DVD発売も決定!

PR TIMES / 2014年11月16日10時17分

メディアファクトリー ブランドカンパニー 5人の映画監督《青山真治、榊英雄、長澤雅彦、橋本一、三島有紀子(50音順)》が甲斐バンドの楽曲をモチーフに、それぞれの視点で短編映画を制作することが発表された。この映像はKADOKAWAメディアファクトリーからDVD BOXセットして発売されることも決定し、予約受付も開始された。 青山真治(『EUREKA (ユリイ [全文を読む]

タブーを突破する男たちの覚悟──映画『木屋町DARUMA』

日刊サイゾー / 2015年10月06日18時00分

メガホンをとったのは、映画監督で俳優の榊英雄。『誘拐ラプソディー』で日本映画批評家大賞新人監督賞を受賞、また『捨てがたき人々』ではKINOTAYO現代日本映画祭批評家賞を受賞している。<画像はこちら> 物語の主人公は、かつて京都木屋町を牛耳る組織を束ねていた勝浦茂雄(遠藤憲一)。彼は、5年前のある事件で四肢を失った。今では、ハンデのある身体で債務者の家に乗 [全文を読む]

WOWOW FILMS最新作 河瀬直美監督『2つ目の窓』製作決定!

PR TIMES / 2013年10月01日10時51分

さらに、杉本哲太、松田美由紀、渡辺真起子、村上淳、榊英雄、常田富士男といった映画界を代表する実力派のキャストが脇を固めます。 この作品は、島に抱かれ暮らす16歳の少年と少女、そして彼らを取り巻く大人たちの姿を通して、人類創生からの魂はすべてが同じところへ還りつく物語を提示し、この時代を生きる人々への一筋の希望を伝える、生と死が絡み合う奄美の風土の中で繰り広 [全文を読む]

ちょっと過激な映画フェス!? OP PICTURES+フェス2017inテアトル新宿、2017/7/1-14開催

ブッチNEWS / 2017年06月28日22時17分

(文・ブッチNEWS編集部)メイン画像:「静寂(しじま)に抱かれる女」より(C)OP PICTURES [全文を読む]

忽然と消えたJ‐POPの歌姫50人を追跡リサーチ(8)愛内里菜は垣内りか名義で歌手復帰

アサ芸プラス / 2017年05月03日17時58分

現在は映画監督・榊英雄の妻で、夫の映画音楽などをサポートしている。・元ちとせ 代表曲「ワダツミの木」(02年) 鹿児島・奄美大島出身で、民謡の要素を取り入れた独自のビブラート唱法で脚光を浴びた。現在は実家に戻って子育て中心の生活をしており、仕事の時だけ上京するスタイル。 [全文を読む]

市川由衣、窪塚×降谷W主演作のヒロインに「夢にも思いませんでした」

Smartザテレビジョン / 2017年02月24日08時00分

また、監督は「木屋町DARUMA」や、連続ドラマ「侠飯~おとこめし~」('16年、テレビ東京系)など、幅広い視点で人間ドラマを描く榊英雄が務める。 そしてこのたび、本作のヒロイン役が発表された。シングルマザーとしてひたむきに生きるヒロイン・土屋冴子を演じるのは、実力派女優の市川だ。 「呪怨」で映画デビューを果たした市川は、映画やドラマを中心に活躍し、演技 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『ゴーバスターズ同窓会』に馬場良馬、吉木りさら集結 “エスケイプ”水崎綾女の結婚祝いも

TechinsightJapan / 2017年02月02日19時30分

鈴木勝大(桜田ヒロム/レッドバスター)は仕事で来られなかったが、小宮有紗(宇佐見ヨーコ/イエローバスター)や松本寛也(陣マサト/ビートバスター)、榊英雄(黒木タケシ)、吉木りさ(桜田リカ)、陳内将(エンター/エンター・ユナイト)、水崎綾女(エスケイプ/エスケイプ・エボルブ)、佐藤太輔(ビート・J・スタッグ/スタッグバスター)といったキャストに加え「アクショ [全文を読む]

2017年の注目映画は? 「こうあるべき」を揺さぶる4作品【邦画編】

ウートピ / 2017年01月02日20時45分

女優の小西真奈美さんが主演する映画『トマトのしずく』(榊英雄監督)はいじっぱりで素直になれない娘と口下手で不器用な父との葛藤を描いた作品。俳優の石橋蓮司さんが小西さん演じるさくらの父親、吉沢悠さんがさくらの夫を演じます。父と娘の関係を支えるように、夫・真の優しさも際立ちます。親子の話でありながら、夫婦についても考えさせられる作品です。1月14日公開。笑って [全文を読む]

窪塚洋介×降谷建志がバディムービーで初タッグ!

Entame Plex / 2016年12月19日19時15分

そしてメガホンをとるのは『木屋町DARUMA』『トマトのしずく』など幅広い視点で人間ドラマを描く榊英雄監督。 今回の発表を受けて、窪塚は「俺にとって久々の主演映画。それが降谷建志くんと共演で作り上げることが出来て、本当に良かったなって思います。撮影に入るまで身構えていたと思うんですが、実際共演して、一緒に芝居したことで、役者じゃない男から役者として凄く刺激 [全文を読む]

窪塚洋介「刺激もらった」降谷建志と映画で初共演

Smartザテレビジョン / 2016年12月19日15時35分

榊英雄監督「二人が素晴らしい」 小さなロードムービーです。街の片隅にひっそりと生きる野良猫と目が合ってから、この映画は始まりました。 すてきな主演二人、窪塚洋介、降谷建志のまなざしに何かを感じ取りながら撮影しました。二人の感性のスパークが素晴らしい。二人の佇まいが素晴らしい。二人の声と手が素晴らしい。とにかく素晴らしい。出会えてよかった。また街の片隅 [全文を読む]

小西真奈美「たくさんの方の心に届いた」

Smartザテレビジョン / 2016年12月17日20時16分

'17年1月14日(土)から東京・渋谷シネパレスほか全国で順次公開される映画「トマトのしずく」の試写会が都内で行われ、小西真奈美、吉沢悠、榊英雄監督が登壇した。 同作品は、結婚した娘と関係を避け、疎遠になっていた父との葛藤、絆、そして家族の愛を描いたヒューマンドラマ。各世代が共感できる娘の視点、父の視点、夫の視点といろんな形が詰まっている。 撮影は'10年 [全文を読む]

シシド・カフカ、初の一人芝居に挑戦する東名阪ツアー開催決定

okmusic UP's / 2016年10月09日13時00分

【その他の画像】シシド・カフカ通常のLIVE同様、自身のレパートリー曲から音を奏でる事はもちろん、今回の『DO_S』では演出家にドラマ「侠飯」の榊英雄氏、脚本に根本ノンジ氏を迎え、シシド・カフカにしか出来ない、一人芝居という新たな試みに挑戦! テレビの前の女優のシシド・カフカ、そしてミュージシャンのシシド・カフカを同時に観ることができるまたとないチャンスと [全文を読む]

「侠飯」BD&DVD発売決定!満腹必至の特典とは!?

Smartザテレビジョン / 2016年09月04日16時54分

さらに、パッケージのためだけに新撮された「(5)ぶらり侠飯の旅!原作者×出演者×監督ぶっちゃけトーク」では、原作者・福澤がお薦めの店で福澤、榊英雄監督、柄本、内田理央らが飲みながら撮影裏話などを繰り広げる。 福澤自らが調理した柳刃顔負けの絶品侠飯に、一同が驚愕する場面も。そして、Blu-ray&DVDで登場する絶品料理の全レシピを網羅した「侠飯~おとこめ [全文を読む]

小西真奈美主演映画「トマトのしずく」蔵出しが決定

Smartザテレビジョン / 2016年08月14日12時03分

榊英雄監督(監督・脚本/製作・企画)】 映画「トマトのしずく」は、私にとってわが子のようにいとおしい作品です。完成まで時間をかけ、手作りで創った映画です。家族という普遍的な題材を自分なりに描きました。 また、「トマトのしずく」の撮影前年に父が亡くなり、私なりに父へのメッセージも込めて撮影しました。製作会社ファミリーツリーを設立し、そして初めて製作企画、 [全文を読む]

家ではパンイチ&風呂は父親と一緒...武田梨奈、驚きのプライベート告白

メンズサイゾー / 2016年07月22日21時30分

その演技力の幅広さを榊英雄監督は舞台挨拶や制作会見で何度も絶賛していました。ルックス的にはほんわかした印象もありますが、ヤルと決めたらとことん突き詰めるタイプみたいです。その資質は根性とも呼べそうなものですが、それも子どものころから鍛錬してきた空手の影響なのかもしれません」(芸能ライター) アクションだけではないところもしっかり"魅せる"武田。女優としての [全文を読む]

メ~テレドラマ「まかない荘」柳沢慎吾がダメ親父役で「あばよ!」

PR TIMES / 2016年06月06日16時00分

■プロデューサー 新村裕(メ~テレ)松岡達矢(メ~テレ)、八木亜未(ラフ・アット)渡辺良介(ラフ・アッ ト) ■監督 榊英雄、山口雄也、松岡達矢 ※榊は、木偏の右側は神という字が正式です。 ■制作協力 ラフ・アット ■制作 メ~テレ ■放送エリア 愛知・岐阜・三重 毎週月曜 深夜0:20~0:50 ※柳沢慎吾さん出演回は、6月13日(第9話)・20日(最 [全文を読む]

遠藤憲一に聞いた! 公開できるかギリギリの問題作『木屋町DARUMA』に出演した理由

tocana / 2015年10月03日09時00分

裏社会に蠢く異質すぎる人間たちの生き様を、気鋭の監督である榊英雄のもと、主役である手足をなくした元ヤクザの取り立て屋、勝浦茂雄役に遠藤憲一、その世話を命じられた坂本役に三浦誠己、勝浦に追い込まれる多重債務者の一家に寺島進と武田梨奈など、個性派のキャストが集結し、見事に描き上げている。今回、TOCANAでは主演を務める遠藤氏のインタビューに成功。障がい者、 [全文を読む]

フォーカス