源義経のニュース

【京都】絶世の美女・常盤御前の生涯と、義経が剣を磨いた鞍馬寺

まぐまぐニュース! / 2016年09月23日16時12分

悲劇の英雄・源義経の母、「常磐御前」は身分こそ低かったものの、絶世の美女と伝わります。そんな彼女の生涯はまさに源氏と平氏に翻弄されたと言ってもいいでしょう。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では、常磐御前の生涯を追いながら、義経が剣の腕を磨いたことでも知られる源氏ゆかりの地「鞍馬寺」の魅力に迫ります。 常盤御前と牛若丸が武者修行した鞍馬寺 夫が敗れた [全文を読む]

【試写室】「ドラえもん」流“源平合戦”の泣き所

Smartザテレビジョン / 2016年01月15日08時45分

1月15日(金)に放送される「ドラえもん」(テレビ朝日系)は、のび太らがひょんなことから平安時代末期にタイムスリップし、伝説の武将・源義経に出会う時空を超えた物語。今回、源平フェチとして放送を待ちきれない筆者が、一足先に視聴し見どころを紹介する。ストーリーは、学校からの帰り道、平安時代末期の武将・源義経の活躍を描いた「義経物語」について、出木杉(声=萩野志 [全文を読む]

新感覚操作型タワーディフェンスゲーム『戦国ディフェンス』4日間限定スペシャルイベント「すみ姫のホワイトデープレゼント回収計画」を実施!【トランスコスモス株式会社】

DreamNews / 2015年03月13日14時00分

◆詳細ニュースレター⇒http://www.trans-cosmos.co.jp/company/newsletter/150313.html平将門(ステージ14)、藤原道長(ステージ18)、源義経(ステージ27)など、7つの特定ステージをクリアしたユーザーに対して、イベント期間中の初回クリア時に、すみ姫から豪華なご褒美をプレゼントします。-------- [全文を読む]

大正の大衆が熱狂した「源義経=ジンギスカン」の奇想天外説

NEWSポストセブン / 2014年11月13日07時00分

「日本人は古代ユダヤ人の末裔である」「源義経は大陸でジンギスカンになった」日本人のルーツに関わる奇想天外な言説は数多い。『偽史冒険世界』などの著書がある長山靖生氏が解説する。 * * * 東北で自害したはずの源義経が生き延びて秘かに蝦夷地に渡りアイヌ王と崇められ、さらに大陸で蒙古の騎馬民族の支配者となり、中国に攻め入る現在もよく知られる「義経=ジンギスカン [全文を読む]

鍋と焼肉を一緒に味わえるメニュー「義経鍋」

ぐるなび / 2017年06月05日15時10分

6月3日放送の「世界ふしぎ発見!」(TBS系、午後21時00分~)では、1189年に自害したとされる武将・源義経の死の謎の真相に、各地に残る伝承を辿りながら迫った特集の中で、白石みきさん、横浜流星さんが「酒と肴・大」(岩手県奥州市)を訪れた。 同店は水沢駅から徒歩でおよそ2分という立地のお店。番組では源義経ゆかりの少し変わったグルメがあるお店として放送され [全文を読む]

横浜流星、『ふしぎ発見』出演報告! 義経特集参戦に「温かく見守って」

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年05月31日19時45分

新ドラマ『怪獣倶楽部~空想特撮青春記~』(MBS・TBS/6月放送開始)に出演する俳優の横浜流星が30日、源義経に扮し馬に乗った姿を自身のインスタグラムで公開し反響を呼んでいる。 この姿は、6月3日に放送されるクイズバラエティ番組『世界ふしぎ発見!』(TBS系)への出演の際のもので、この回では源義経の特集が行われる。写真とともに横浜は「とても興味深く、楽し [全文を読む]

タッキー主演舞台であった「前代未聞のトラブル」

日刊大衆 / 2017年03月21日15時05分

滝沢は、この前年に大河ドラマ『義経』(NHK)で主役の源義経を演じたが、『滝沢演舞城』の中でも源義経を演じている。 初演当時、新橋演舞場でアイドルが座長を務めたのは史上初。さらに男性座長としても、同劇場史上最年少だった。輝かしい記録を続々と打ち立ててきた『滝沢演舞城』だが、さまざまなトラブルにも見舞われている。06年3月22日の夜公演では、舞台が始まってお [全文を読む]

アイドル女優の元カレ、大河でも活躍…だけで語るのはもったいない!舞台の尾上松也がいかに“イイ男”か

messy / 2017年03月01日14時00分

舞台経験で培った実力と色気 長い原作のうちの二段目にあたるのが「渡海屋」「大物浦」で、「平家物語」では壇ノ浦の合戦で死んだはずの平知盛や安徳天皇が実は生き延びており、源義経への復讐と平家再興を狙うという“もしもストーリー”で、言葉遣いだけクリアできれば漫画やライトノベルなどと変わらず気軽に楽しめます。花形歌舞伎は“若手に初めての大きな役を担わせ経験を積ませ [全文を読む]

大好物はクレープ!もっと知りたい大谷翔平トリビア

WEB女性自身 / 2016年10月27日12時00分

【トリビア1】名前の由来は源義経 地元・奥州にちなみ、源義経の 空翔る から「翔」を、ゆかりのある平泉から「平」をとったそう。 【トリビア2】井上雄彦のマンガを好む読書家 『スラムダンク』や『リアル』などのマンガを、お風呂で読むことも多いが、本がぬれるのは気にしないそう。 【トリビア3】試合前はスポーツ映画を見る アメフト映画『フェイシング・ザ・ジャイア [全文を読む]

霊山・鞍馬山の神秘の寺!5分で知る鞍馬寺の見どころ

Walkerplus / 2016年09月12日20時53分

少年期の源義経(牛若丸)が天狗と修行した場としても知られ、平安時代には京都の北方守護の寺として信仰された。境内の霊宝殿には鞍馬を愛した歌人・与謝野夫妻の遺品をはじめ、多くの寺宝や重要文化財を展示する。桜や紅葉の時季には建造物との美しいコントラストを楽しめるほか、近年はパワースポットとしても人気を博している。 ■ 文化財 <木造毘沙門天立像、木造吉祥天立像、 [全文を読む]

GACKT、延べ12万人を動員したツアーがついにフィナーレ

okmusic UP's / 2016年07月04日12時30分

物語は源義経と兄頼朝との戦い。幾つもの矢が刺さった義経=GACKTに頼朝の命令により放たれた矢が、まさに刺さろうとした瞬間に「ARROW」が流れ、ライブがスタート。花びらが散りゆく映像の中歌い上げる「花も散ゆ」、切ないバラード「RETURNER~闇の終焉~」と続く。熱き思いを「RIDE OR DIE」で歌いあげ、「暁月夜-DAY BREAKERS-」へ。そ [全文を読む]

GACKT 7年ぶりの「VISUALIVE」 1万2千人のファンと圧巻のフィナーレ

dwango.jp news / 2016年07月04日12時03分

物語は源義経と兄頼朝との戦い。幾つもの矢が刺さった義経=GACKTに頼朝の命令により放たれた矢が、まさに刺さろうとした瞬間に『ARROW』が流れ、ライブがスタート。花びらが散りゆく映像の中歌い上げる『花も散ゆ』、切ないバラード『RETURNER~闇の終焉~』と続く。熱き思いを『RIDE OR DIE』では歌いあげ、『暁月夜-DAY BREAKERS-』へ。 [全文を読む]

日本の歴史を変えた源平の名刀 「小烏丸」「薄緑」を紹介

NEWSポストセブン / 2016年04月26日16時00分

【薄緑】(うすみどり) 重文 鎌倉時代(*伝承と、推定制作年代が異なる) 所有者:源満仲→源家→源義経 刃長:87.8cm 反り(※):3.7cm 京都大覚寺蔵 (※「反り(そり)」とは、切先と茎(なかご、柄部分に隠れた部位)を直線で結んだ際に、棟(刃の反対側)と最も離れた距離のこと。より少ない力で効果的に切るための工夫と言われている。) 「源平の戦い」 [全文を読む]

Eテレで偉人演じる中村獅童 印象に残ったのは近松門左衛門

NEWSポストセブン / 2015年01月07日16時00分

源義経の回で着ていた衣装は、タッキー(滝沢秀明・32才)がNHK大河ドラマ『源義経』で着ていたものでしたね」(中村獅童、以下同) 小学生向けの子供番組だからこそ、手を抜かないというこだわりも見え隠れする。 「たとえば、平塚らいてうは、女性地位向上のために尽力した人だけど、強くなりすぎず、あえてかわいく演じました。北条政子は気性の激しさが有名だけど、彼女 [全文を読む]

GACKT自身が執筆した小説『MOON SAGA -義経秘伝-』発売開始!

okmusic UP's / 2014年08月02日00時00分

【その他の画像】GACKTヴァンパイアの起源に『源義経』が関わっていたという、GACKTなりの新しい解釈で描かれている同小説。GACKTがソロデビューより15年間拘り続け、様々なジャンルを駆使しながら表現をして来た『MOON SAGA』の世界が今回は書籍という形で誕生したことになる。 歴史文学としてももちろん、現代にも通ずる青春ドラマとしても楽しめるため、 [全文を読む]

叡山電鉄の駅と列車が南部風鈴で飾られる「悠久の風」

Walkerplus / 2017年05月26日13時15分

鞍馬は、源義経が幼少期に預けられ修行を積んだ地としても知られている。義経が後に奥州平泉(岩手県)に渡った縁もあり、岩手県の南部風鈴を約190個飾りつけ、涼しさと癒しの音色で迎えようというものだ。そのほかにも、デザイン電車「こもれび」の車内に南部風鈴を吊るした「悠久の風」号の運行や、うちわ型1日乗車券の発売など、さまざまなイベントが予定されている。 鞍馬の夏 [全文を読む]

叡山電車 鞍馬駅に南部風鈴で古の風と涼風を「悠久の風~南部風鈴によせて~」を開催します

@Press / 2017年05月26日10時45分

その鞍馬に位置する鞍馬寺は、牛若丸(源義経)が幼少期に預けられ、修行を積んだ地としても有名です。その後、彼は奥州平泉(岩手県)へと渡りました。その縁もあって、岩手県の南部風鈴で、訪れた方を涼しさと癒しの音色でお迎えします。この「悠久の風~南部風鈴によせて~」は、2013年から開始したイベントで、夏の風物詩として沿線へ観光に来ていただくきっかけの一つになれば [全文を読む]

尾上松也、BS11を見る前に「諦めないで!」

Smartザテレビジョン / 2017年05月10日09時00分

――これまでの放送では織田信長や豊臣秀吉、源義経などの武将を取り扱ってきましたが、松也さんが最も好きな歴史上の人物や武将はどなたですか?人物は坂本龍馬が一番好きです。というのも、僕の龍一という本名は坂本龍馬から取られているのですが、そもそも僕の父と母は坂本龍馬を描いた「寺田屋お登勢」というお芝居で共演したことがきっかけで結婚したという経緯があるんです。その [全文を読む]

思わず背筋がゾッとする。京都の地名に隠された怖いエピソード8選

まぐまぐニュース! / 2017年05月09日04時30分

蹴上 源義経は16才になった時に、金商人の金売吉次(かねうりきちじ)に伴われて奥州平泉へ旅立ちました。粟田口から九条山の坂に向かっていた時、平家の家臣ら10名が正面からやってきました。すれちがいざまに、彼らが乗っていた馬が水たまりの水を蹴り上げ、汚れた水が義経にかかってしまいました。義経はこれに激怒し、10名を即座に切り捨てたという言い伝えが残されていま [全文を読む]

「奇跡の親子共演」を実現したジャニーズアイドル

日刊大衆 / 2017年03月16日15時05分

京本親子は、タッキー&翼の滝沢秀明が主演するミュージカル『滝沢歌舞伎2013』で初共演を果たし、劇中の演目『源義経』では父が弁慶、大我は新之助にふんした。二人のアドリブシーンがファンには好評で、翌14年も続投。さらに二人は、テレビでも『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で共演している。 父から端正な容姿と才能を引き継いだ岡本圭人と京本大我。これからますますの活 [全文を読む]

フォーカス