山口瞳のニュース

なぜ「おなら」は臭い? 我慢し続けるとどうなる? 放屁の速度は時速約12キロ!

ヘルスプレス / 2015年11月25日20時27分

「人間は考える葦である」と言ったのはブレーズ・パスカルだが、「人間は、しょせん一本の管である」と言い放ったのは誰か? 作家の山口瞳だ。雑誌『週刊文春』に連載していた「山口瞳のマジメ相談室」の1967年7月10日号の記事を見ると、25歳の主婦から切実な相談が寄せられる。山口がマジメに答えているのが可笑しい。 主婦:結婚して2年、二人でいるときに平気でおならを [全文を読む]

「走りつづけてバッタリ倒れて、それがようやく終わりである」(坂口安吾)【漱石と明治人のことば97】

サライ.jp / 2017年04月07日06時00分

山口瞳の手になる、ウイスキーの広告コピーの1行を思い出す。 「諸君! この人生、大変なんだ」 文/矢島裕紀彦 1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 [全文を読む]

アワビの濃厚な旨味と香りを堪能できる!平翠軒の「アバロンパテ」【倉敷・平翠軒のごちそう6】

サライ.jp / 2017年03月12日19時00分

作家の山口瞳、俳優の三國連太郎、脚本家の橋田壽賀子などの著名人も、おしのびで通うという、知る人ぞ知る名店だ。 すべての商品について、店主である森田昭一郎氏自らが全国津々浦々に足を運び、自分の舌で確かめた旨いものだけを選んでいることが、この店の何よりの特徴である。 今回は、このたび刊行された森田氏の著書『倉敷・平翠軒のごちそう宝箱』(小学館)の中から、「平 [全文を読む]

日本でもっとも高価な餃子!? 平翠軒の「黒豚ぜいたく餃子」【倉敷・平翠軒のごちそう5】

サライ.jp / 2017年03月11日19時00分

作家の山口瞳、俳優の三國連太郎、脚本家の橋田壽賀子などの著名人も、おしのびで通うという、知る人ぞ知る名店だ。 すべての商品について、店主である森田昭一郎氏自らが全国津々浦々に足を運び、自分の舌で確かめた旨いものだけを選んでいることが、この店の何よりの特徴である。 今回は、このたび刊行された森田氏の著書『倉敷・平翠軒のごちそう宝箱』(小学館)の中から、「平 [全文を読む]

ロブスターの濃厚な旨味が絶品!平翠軒の「オマールロブスターの缶詰」【倉敷・平翠軒のごちそう4】

サライ.jp / 2017年03月10日19時00分

作家の山口瞳、俳優の三國連太郎、脚本家の橋田壽賀子などの著名人も、おしのびで通うという、知る人ぞ知る名店だ。 すべての商品について、店主である森田昭一郎氏自らが全国津々浦々に足を運び、自分の舌で確かめた旨いものだけを選んでいることが、この店の何よりの特徴である。 今回は、このたび刊行された森田氏の著書『倉敷・平翠軒のごちそう宝箱』(小学館)の中から、「平 [全文を読む]

ワイルドな甘味がやみつきに!平翠軒の「タスマニア産ジャム」【倉敷・平翠軒のごちそう3】

サライ.jp / 2017年03月09日19時00分

作家の山口瞳、俳優の三國連太郎、脚本家の橋田壽賀子などの著名人も、おしのびで通うという、知る人ぞ知る名店だ。 すべての商品について、店主である森田昭一郎氏自らが全国津々浦々に足を運び、自分の舌で確かめた旨いものだけを選んでいることが、この店の何よりの特徴である。 今回は、このたび刊行された森田氏の著書『倉敷・平翠軒のごちそう宝箱』(小学館)の中から、「平 [全文を読む]

爽やかな辛味がご飯にも酒にも合う!平翠軒の「うまみ油漬櫻じゃこ」【倉敷・平翠軒のごちそう2】

サライ.jp / 2017年03月08日19時00分

作家の山口瞳、俳優の三國連太郎、脚本家の橋田壽賀子などの著名人も、おしのびで通うという、知る人ぞ知る名店だ。 すべての商品について、店主である森田昭一郎氏自らが全国津々浦々に足を運び、自分の舌で確かめた旨いものだけを選んでいることが、この店の何よりの特徴である。 今回は、このたび刊行された森田氏の著書『倉敷・平翠軒のごちそう宝箱』(小学館)の中から、「平 [全文を読む]

カラスミよりもコクがあって断然旨い!平翠軒の「酒宝あかひら」【倉敷・平翠軒のごちそう1】

サライ.jp / 2017年03月01日19時00分

作家の山口瞳、俳優の三國連太郎、脚本家の橋田壽賀子などの著名人も、おしのびで通うという、知る人ぞ知る名店だ。 すべての商品について、店主である森田昭一郎氏自らが全国津々浦々に足を運び、自分の舌で確かめた旨いものだけを選んでいることが、この店の何よりの特徴である。 今回は、このたび刊行された森田氏の著書『倉敷・平翠軒のごちそう宝箱』(小学館)の中から、「平 [全文を読む]

『SINRA』2017年1月号が発売! 特集は「冒険家の食卓」

PR TIMES / 2016年11月28日17時11分

[画像3: http://prtimes.jp/i/5875/1445/resize/d5875-1445-384570-1.jpg ]【特別企画】開高健 わが人生、酒と食の冒険~開高の旅には必ず酒があった~歴史に名高い名コピーを生んだサントリーの宣伝を手掛けた作家・開高健の食と酒、サントリーや山口瞳との物語。[画像4: http://prtimes.jp [全文を読む]

「郷愁を感じる絵柄だった──」イラストレーター・柳原良平氏の訃報に、悲しみと感謝の声

おたぽる / 2015年08月22日09時00分

作家・山口瞳氏、小説家・開高健氏らと広告制作を担当した。 柳原氏が脚光を浴びたのは、TVCM「トリスバー」に登場した二頭身キャラクター「アンクルトリス」。テレビコマーシャル賞、毎日広告デザイン賞、毎日産業デザイン賞など数多くの賞を受賞し、その後フリーとして活動を始めた。大好きな船や港をテーマにした作品や文章を数多く発表。また、『かお かお どんなかお』『ゆ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪・番外編】吉高由里子が“トリスウイスキー”の画像を投稿。 アンクルトリスを描いた柳原良平さんを偲ぶ。

TechinsightJapan / 2015年08月21日13時10分

彼は寿屋(現サントリーホールディングス)の宣伝部で作家・開高健さん、山口瞳さんらと広告制作を担当し、トリスウイスキーのキャラクター“アンクルトリス”を考案した。 女優の吉高由里子が、8月20日に『吉高由里子(ystk_yrk)ツイッター』で「ウイスキー トリス 山崎10年 ハイボール ロック 水、湯割り」と書かれた画像を投稿。なんの説明もされていないことか [全文を読む]

人間に焦点を当てたサントリー"社史"に心をつかまれる

ニューズウィーク日本版 / 2015年08月07日19時45分

佐治、開高、そして山口瞳ら「寿屋(サントリーの前身)宣伝部」の面々が真剣に、破天荒に仕事に取り組んでいたさまが、ここにはヴィヴィッドに描かれている。 あの時代はみんな気が違ってた。(中略)一日一日が楽しかったねえ。朝から晩まで働いて、後は酒飲むだけだったから。 みんなが「狂」の時代でした。何かに取り憑かれるように仕事していた。だが、誰かに怒られるから仕事し [全文を読む]

サントリー佐治信忠社長 幼少期に開高健の薫陶受けて育った

NEWSポストセブン / 2014年08月04日16時00分

「トリスを飲んでハワイへ行こう」とは同社宣伝部に在籍していた山口瞳の名コピーだ。戦後日本人の憧れ、ハワイと看板商品を見事に結びつける。洋酒市場を切り拓いた祖父、企業に文化的価値を見い出した父。ちなみに母方の祖父は戦艦「大和」の設計者で、第十三代東大総長の平賀譲だ。 そんな華麗なる一族の嫡男として1945年、佐治社長は生を受ける。幼少時の記憶は、やはり“普通 [全文を読む]

魁傑と輪島が一緒にちゃんこを食べていた頃

クオリティ埼玉 / 2014年06月03日10時30分

ご登場いただいた方々は巨人軍の長島新監督、作家の深沢七郎さんと山口瞳さん、飛鳥田一雄横浜市長、女優の島田陽子さん、タレントの堺正章さん、女子プロレスのマッハ文朱選手など、みんな忙しい中をよくぞ撮らせてくれたものだ。 花籠部屋には朝稽古が終わる前に熊切圭介カメラマン、助手とともに出向いた。当時、部屋は隆盛をきわめていた。横綱の輪島をはじめ、龍虎や荒勢など人気 [全文を読む]

すごい、しびれる、食べてみたい。厳選食べ歩きエッセイ

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月23日11時20分

■『文士の料理店(レストラン)』 嵐山光三郎 新潮文庫 704円 森鷗外、永井荷風、岡本かの子、池波正太郎、山口瞳ら22人の文士が愛したレストランを、文士たちがなぜその店を愛するのか、当時の暮らしぶりも含め、嵐山流の味つけで紹介。 そば、洋食、牛鍋、割烹、いわずと知れた名店と、それぞれの名物料理も掲載されている。 ■『銀座のすし』 山田五郎 文春文庫 5 [全文を読む]

酒を水で割って飲むほど貧乏しちゃいない? 粋人たちによる「ウイスキー」の愛し方

ダ・ヴィンチニュース / 2013年07月16日11時40分

その名コピーを作ったのが、当時サントリー宣伝部に所属していた、作家の山口瞳だった。その山口、酒場でウイスキーを注文し、バーテンダーから「水割りですか?」と聞かれると「酒を水で割って飲むほど貧乏しちゃいねえや」と答えていたという。しかし晩年になると寄る年波から体調を慮り、ローヤルの水割りを愛飲。「裏切られたと思う方は、67歳という年齢に免じて許してもらいたい [全文を読む]

坪内祐三氏が雑誌『GORO』を回顧 「連載が充実していた」

NEWSポストセブン / 2012年05月03日16時00分

例えば創刊号から連載されていた山口瞳の「礼儀作法」(および「続・礼儀作法」)。この連載は祥伝社のNON BOOKから刊行され、集英社文庫に入り、それから二十年以上のち平成十二(二〇〇〇)年、新潮文庫に収録され、遅れてきたベストセラーとして話題になった(十代の時に激写目当てで『GORO』を買っていた人たちがこの連載も読み――つまり頭のどこかにすりこまれ―― [全文を読む]

フォーカス