松島みどりのニュース

「政治とカネ」気になる有権者は8割超え なぜあの候補者は優勢なの?【衆院選2014】

しらべぇ / 2014年12月13日21時00分

同日、松島みどり前・法相(衆院東京14区)も、選挙区内で「うちわ」を配ったことが、公職選挙法の「寄附行為」にあたると批判され、更迭された。 小渕氏の後釜となった宮沢洋一経産相(参院広島県)は、広島市内にあるSMバーでの支出を政治資金として処理していたことが判明。国内外もメディアに大きく取り上げられた。 他にも、高級ブランドへの支出を「渉外費」として処理して [全文を読む]

選挙戦で蠢く魑魅魍魎…「妖怪政界ウォッチ」で期日前“裏”投票を慣行!(2)松島みどりはおわび行脚

アサ芸プラス / 2014年12月09日09時55分

安倍総理があえて総選挙に踏み切ったのは、与党・自民党の勝利を確信したからに他ならないとはもっぱらの声だが、そうした中でも苦戦が予想されているのが、東京14区の松島みどり氏(58)だろう。何しろ、うちわを配布した行為が公職選挙法の禁止する寄付行為に該当するとして、法務大臣を辞任したにもかかわらず、その後も何事もなく本会議に臨むなど、厚顔ぶりは、やはり妖怪その [全文を読む]

松島みどり氏「うちわはもう作らないの?」と聞かれ頭に来る

NEWSポストセブン / 2014年12月03日16時00分

「2か月にもならないうちに大臣を辞めてしまって、本当に申し訳ありません」 うちわ問題で辞任に追い込まれた松島みどり・前法相は選挙区(東京14区)で謝罪行脚に余念がない。解散直後の週末も自民支持者のミニ集会を回って頭を下げた。松島氏の支援者はこういう。 「集会に出席した人の中には『こういう集まりで頭を下げるのは初めて見た』と驚く人もいて、地元区議らしき人が『 [全文を読む]

「うちわ問題」松島氏アウトで蓮舫氏セーフのワケ

JIJICO / 2014年10月29日12時00分

松島みどり前法務大臣が「うちわ」問題で辞任 松島みどり前法務大臣が、自身の似顔絵や政策を記載した「うちわ」を選挙区内で配布していたとして問題となり、政治責任を取って辞任するという一幕がありました。この問題について、民主党の蓮舫議員など、複数の議員が選挙でうちわを配ったとしてネットで話題になっていますが、公職選挙法に違反する等の指摘はありません。 同じうちわ [全文を読む]

松島みどり氏のうちわ配布事件 東京都選挙管理委員会の見解

NEWSポストセブン / 2014年10月27日16時00分

選挙区で政策などを書いたうちわを配ったことを追及され大臣を辞職した松島みどり・前法務相。この「うちわ配布事件」は、すでに民主党の告発を東京地検特捜部が受理した。今後、公選法違反容疑で捜査が行なわれる。松島氏の選挙区(東京14区)を管轄する東京都選挙管理委員会に聞いた。 「候補者が選挙区内で『うちわ』という認識をもってうちわを配布することは、公選法で禁止され [全文を読む]

安倍内閣のファッションリーダー松島みどりが連日炎上

東京ブレイキングニュース / 2014年10月14日16時05分

松島みどり法務大臣が、盆踊りで配布したウチワ問題、そして特例で赤坂宿舎に入っていた問題で「炎上」している。それがけっこう女性秘書の間で人気、いや話題だ。 もともとそのファッションが注目されていた。松島氏といえば真っ赤なジャケットだが、以前はそれに蛍光色の黄緑色のヴィトンのショルダーバッグ、そして白いスニーカーがトレードマーク。というか、目立っていました。 [全文を読む]

松島みどり法相「ヘイトスピーチは絶対許さない」 在特会は?「何も言いようがない」

弁護士ドットコムニュース / 2014年09月26日20時20分

松島みどり法務大臣が9月26日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開き、大臣としての抱負を語った。記者たちからは、特定の民族や人種に対する「ヘイトスピーチ」への対処や、在日韓国・朝鮮人の排斥を主張する在特会(在日特権を許さない市民の会)についての質問が出た。 ●ヘイトスピーチ「規制強化」には言及せず 「『韓国人を殺せ』『在日韓国人出て行け』というヘイ [全文を読む]

第一次安倍内閣の嫌なムードに似てきたと安倍首相こぼす

NEWSポストセブン / 2017年02月28日07時00分

この間、小渕優子・経産相と松島みどり・法相のダブル辞任(2014年10月)をはじめ、西川公也・農水相(2015年2月)、甘利明・経済再生相(2016年1月)が不祥事で辞任に追い込まれたが、政権基盤が揺らぐことはなかった。 それがなぜ、急にガタガタになったのか。政治ジャーナリスト・野上忠興氏は「ファイアマン(火消し役)の不在」を指摘する。 「安倍政権が再登板 [全文を読む]

民進党・蓮舫がひた隠す“チャラチャラ正体”を全暴露(3)ツイッターでの失言も…

アサ芸プラス / 2016年09月19日05時55分

当時、法相を担当していた松島みどり氏(60)が選挙区内で「うちわ」を配っていたとして、公選法が禁じる寄付行為に該当すると“口撃”をして追い込んでいった。しかし、その直後に蓮舫氏も以前、円形の「うちわ」に公約を書いて配っていたことが発覚。思わぬブーメランに釈明するハメになってしまったのだ。 [全文を読む]

都知事候補増田寛也氏 穴あき厚紙を「うちわではない」

NEWSポストセブン / 2016年07月23日07時00分

2年前、松島みどり法相(当時)が選挙中に政策が書かれたうちわを有権者に配っていたことが公選法違反と批判されて法相辞任に追い込まれた。一方、増田氏の場合は長方形。堂々と配布しているところを見ると、「円形」がアウトでも、「長方形」ならセーフという判断のようだ。 前出の東京都選挙管理委員会事務局に確認すると、こちらも「違法か合法かは、警察が個々のケースで判断し [全文を読む]

橋下が出なければ都知事選最有力? 蓮舫の当選を阻止しようと安倍官邸と内調が金と下半身を徹底調査!

リテラ / 2016年06月18日08時00分

たとえば、2014年、安倍内閣の大臣に就任した小渕優子と松島みどりに公職選挙法違反が発覚した直後、読売新聞が民主党(当時)幹部の政治資金問題を書き立てたが、これは内調の仕掛けだった。 また、「保育園落ちた」ブログの一件を国会質問して安倍首相を追い詰めた山尾志桜里衆院議員が民進党政調会長に大抜擢された直後、「週刊新潮」(新潮社)に山尾議員のガソリン代問題が [全文を読む]

「日本はどうしてしまったんだ?」=“きれいな国”日本に異変―華字メディア

Record China / 2016年06月17日07時50分

舛添知事の前任の猪瀬直樹氏や、安倍内閣の小渕優子氏、松島みどり氏、下村博文氏、宮沢洋一氏、甘利明氏らに相次いでスキャンダルが発覚。さらに、高市早苗総務相にも数百万円に上る闇金疑惑が報じられており、こうした一連の騒動が、日本政府が蓄積してきた信用をむしばんでいると記事は指摘する。 また、政治だけでなく経済界でも同様で、三菱自動車のデータ改ざん問題や東芝の不正 [全文を読む]

【永田町炎上】甘利氏を不起訴にした”ザル法”と検察の及び腰

デイリーニュースオンライン / 2016年06月12日17時05分

うちわを有権者に配ったとして法務大臣を更迭された松島みどりや政治資金の不透明な扱いをして同じく経産大臣を辞任に追い込まれた小渕優子などが不起訴処分になったのも「起訴便宜主義」の恩恵を受けたからだ。 5月31日、報道各社は「斡旋利得処罰法」違反と政治資金規正法違反の疑いで告発されていた甘利明前経済再生相と元公設秘書2人に就ての立件を見送り、嫌疑不十分で不起訴 [全文を読む]

【永田町炎上】官僚が描いた「政治劇」を演じる安倍首相と与野党議員

デイリーニュースオンライン / 2016年01月27日12時00分

2014年の9月の内閣改造で法相に抜擢されながら「うちわ問題」で失脚した松島みどりの後任の上川陽子などは初歩的な法律知識さえ持たない人物だから、答弁もしどろもどろになり、しばしば後ろに控えている法務官僚が耳打ちしたり、メモを差し入れたりして助け舟を出していたことなどは「官僚依存体質」の典型例であろう。 本会議にせよ委員会にせよ、国会質疑にはルールがある。質 [全文を読む]

パンツ泥棒にワイロ大臣…悪人が顔を見せはじめた”安倍政権の正体”

デイリーニュースオンライン / 2016年01月23日12時00分

「これまで安倍政権は、小渕優子元経産相の政治資金規正法違反疑惑や、松島みどり元法相の〝うちわ問題〟など、度々閣僚の『政治とカネ』の問題に直面してきた。直近では高木毅復興担当相に過去の『パンツ泥棒』疑惑が浮上したが、今回のスキャンダルはこれまでのものとはワケが違う。甘利氏は第2次政権の発足時から安倍首相を支える再側近の1人。大臣辞任に追い込まれれば政権に与 [全文を読む]

福島みずほ氏「2016カレンダー」30円也 値段の意味は何か?

NEWSポストセブン / 2015年11月20日07時00分

松島みどり元法相のうちわ問題(*注)以降、政治家関連のグッズは公職選挙法の禁じる寄附行為にあたる可能性があるとして、厳しくチェックされるようになっています。 【*注:選挙区内でうちわを無料で配ったことが寄附行為だと指摘された。その後、2014年10月に大臣の職を辞任。公選法違反容疑で告発されたが、嫌疑不十分で不起訴処分となった】 自身のカレンダーを選挙区内 [全文を読む]

パンティ大臣に目立ってほしい? 安倍政権が隠したい島尻スキャンダル

週プレNEWS / 2015年11月04日06時00分

うちわの松島みどりがアウトで島尻がセーフでは釣り合いが取れないですし、仮に島尻辞任となれば、政権のダメージは小さくない。 そう考えると、高木大臣が下着ドロ疑惑で注目を集めてくれている状況は、安倍政権にとってウエルカムなんです。何しろ注目度が異様に高い分、島尻大臣のスキャンダルが霞(かす)んで見えますから」 気の毒なのは高木大臣だ。自民党関係者が言う。 「今 [全文を読む]

安倍-菅コンビに不仲説 きっかけは稲田朋美氏の入閣見送り

NEWSポストセブン / 2015年11月03日11時00分

「昨年の内閣改造後に小渕優子と松島みどりのスキャンダルが発覚したとき、総理は、小渕辞任は仕方がないが、うちわ配布の松島は辞めさせるほどの問題ではないと考えていた。だが、菅さんは2人一緒にクビを切った。総理のお友だちを排除したかったからだ。 あのときはまだ政権の危機管理という建前があったが、菅さんは今回、稲田の入閣見送りで空いた大臣枠に自分と同じ神奈川選出 [全文を読む]

「下着ドロ」高木復興相だけではない…永田町「性的倒錯議員」伝説

デイリーニュースオンライン / 2015年10月29日12時00分

筆者が最初に仕えたⅠ代議士などは小学生の国会見学の際に自分の全身写真が入ったカレンダーをバスの中で「お土産」に配り、「お父さんやお母さんがよく見えるところに貼ってね」などと言ってあどけない子供まで利用して集票の道具にしていたくらいだが、むろん松島みどり元法相の「うちわ」の配布と同様、公選法が禁止する寄付に当たる可能性が強い。 変態議員はまだまだいた! 性的 [全文を読む]

日歯連で再び逮捕者…圧力団体の“巣窟”となった「参院比例区」改革の必要性

デイリーニュースオンライン / 2015年10月13日07時00分

松島みどりや小渕優子が「嫌疑不十分」として不起訴処分になったのも、その結果だ。いずれにせよ「日歯連」というのは、過去にもこれだけの事件を引き起こしているのだから、つくづく「懲りない面々」という他はない。 国民生活より診療報酬の引き上げを優先する圧力団体 憲法43条は「両議員は全国民を代表する選挙された議員でこれを組織とする」とし、国会議員は全国民の代表であ [全文を読む]

フォーカス