古屋圭司のニュース

安倍政権は沖縄ヘイトの常習犯だ! 「詐欺行為にも等しい沖縄特有の戦術」という自民・古谷の差別発言に党内では同調の声

リテラ / 2017年04月20日12時51分

●自民・古屋圭司選対委員長が沖縄差別をFBに 問題発言を連発している安倍政権だが、今度は自民党の四役級から飛び出した。自民党選挙対策委員長・古屋圭司衆院議員がFacebookで差別的記述を行ったのだ。 古屋選対委員長は4月16日、沖縄県うるま市で同日に告示された市長選挙の出陣式に参加し、そのことを自身のFacebookに投稿。〈夢子供基金10億を積み国の交 [全文を読む]

自民、憲法改正とLGBT 自民党憲法改正推進本部長代理古屋圭司氏

Japan In-depth / 2016年05月12日09時30分

自民党憲法改正推進本部長代理の古屋圭司衆議院議員を招き、憲法改正について聞いた。安倍政権にとって、憲法改正は大事なテーマだ。どのようなテーマで改正を進めていこうとしているのかと細川氏が問うと、古屋氏は、「憲法とは、それぞれの考えによってどこを変えるべきか大きく変わる。一本化することは無理。初めての改正なので、皆が納得できるところを変えることが必要だと思う。 [全文を読む]

自民・古屋氏、金正恩氏は「デブどうしようもない人」

J-CASTニュース / 2017年06月05日17時08分

自民党の古屋圭司選対委員長は2017年6月4日に岐阜県瑞浪市で行った街頭演説で、北朝鮮の金正恩委員長について「デブでどうしようもない人」と呼び、北朝鮮について「みんな首根っこかかれたり、ミンチになっちゃったりする。そういう国だが、それでもやっているのだから、ただ者ではない」などと批判した。共同通信などが報じた。 古屋氏の公式サイトに掲載されている演説の要約 [全文を読む]

北朝鮮の暴発危機! 新大統領誕生でどうなる韓国?

PR TIMES / 2017年04月28日10時16分

今回は、衆院議員で自民党選対委員長の古屋圭司氏と産経新聞社会部編集委員で元ソウル支局長の加藤達也氏が講師をつとめます。古屋氏は安倍政権の動向と日本の将来を、加藤氏は北朝鮮の動向が不透明な中、5月に新大統領が誕生する韓国との関係について語ります。ぜひ開催や参加者募集の告知をお願いいたします。 [画像: https://prtimes.jp/i/22608/7 [全文を読む]

「国営マンガ喫茶」と批判されたMANGA図書館は単なる箱物か?それとも文化として発信するための手段なのか?

ニコニコニュース / 2016年12月27日11時00分

今回はMANGA議連から、会長の自民党衆議院議員古屋圭司氏、ゲストにMANGA議連アドバイザーで弁護士の桶田大介氏を迎えた。ニッポン放送アナウンサー吉田尚記氏が司会を務め、「PLANETS」編集長の宇野常寛氏がネットの声、アニメファンの声をぶつける。すべての写真付きでニュースを読む 最終回である第3回目のテーマは、「MANGA図書館は必要か?」。2009年 [全文を読む]

クラウドファンディングは疲弊するアニメ業界を救うウルトラCになるのか?

ニコニコニュース / 2016年12月09日15時30分

第1回目のゲストに「アニメーション制作者実態調査報告書2015」を発行した、日本アニメーター演出協会事務局長の大坪英之氏を迎え、司会にニッポン放送アナウンサー吉田尚記氏、MANGA議連の会長で自民党衆議院議員古屋圭司氏、幹事の自民党参議院議員赤池誠章氏が参加し、「PLANETS」編集長の宇野常寛氏がネットの声、アニメファンの声を議員にぶつける機会となった。 [全文を読む]

安倍政権が「神武天皇は実在した」を本気で喧伝、産経もトンデモ神武本出版! 神話で国民を支配するカルト国家化

リテラ / 2016年11月17日20時30分

その集会に、安倍首相の盟友である古屋圭司自民党選対委員長、稲田朋美防衛相らが参加。稲田は壇上でこう息巻いたという。「神武天皇の偉業に立ち戻り、日本のよき伝統を守りながら改革を進めるのが明治維新の精神だった。その精神を取り戻すべく、心を一つに頑張りたい」(朝日新聞11月2日付) ......おいおいマジかよ?と突っ込まざるをえないが、この安倍政権の神武天皇ゴ [全文を読む]

安倍政権と日本会議が復活狙う「明治の日」は日本の伝統じゃない! 長州支配のアイコンにしたい安倍の醜悪な野望

リテラ / 2016年11月06日23時00分

自民党から安倍首相に近い議員ら12人が駆けつけ、古屋圭司国対委員長が約63万8000筆の署名を受け取った。 11月3日は1946(昭和21)年に日本国憲法が公布された日で、48年に施行された祝日法で「文化の日」と定められた。「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨としている。ところがこの日は明治天皇の誕生日でもあり、大日本帝国憲法下の明治時代は「天長 [全文を読む]

9条改正 日本会議国会議員懇談会メンバーは一枚岩でない

NEWSポストセブン / 2016年08月15日07時00分

国会では安倍側近の古屋圭司・元拉致担当相を会長に超党派の「憲法96条改正を目指す議員連盟」(96条改正議連)が立ち上がった。だが、まず改憲ルールを変えようという発想はメディアや改憲論者の学者からも批判を浴び、事実上、方針撤回に追い込まれる。 次に浮上したのが大規模テロや災害時に内閣に強い権限を与える「緊急事態条項」の創設だ。民進党など野党内にも支持する声 [全文を読む]

台湾総統の就任式に日本から252人が出席=「これは靖国参拝より悪いことだ」「中国も代表団を送って祝福すれば…」―中国ネット

Record China / 2016年05月21日14時10分

出席者の中には、交流協会の今井正理事長や、日華議員懇談会の古屋圭司幹事長など国会議員12人も含まれている。台湾外交部は、日台関係は友好で緊密であり、この良好な関係の基礎の上に関係をさらに深化させたいと語ったという。 これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。 「日台は併合する勢いか?」 「台湾問題はずっと頭の痛い問題だよな」 「こ [全文を読む]

ホンダ、「次世代レジリエンスホーム[家+X]Powered by Honda」が「ジャパン・レジリエンス・アワード2016」特別顧問賞を受賞

JCN Newswire / 2016年03月16日16時43分

TOKYO, Mar 16, 2016 - (JCN Newswire) - Hondaが株式会社LIXIL住宅研究所(本社:東京都江東区 社長:今 城幸)と合同で2015年11月に発表したコンセプトホーム「次世代レジリエンスホーム※1『家+X(いえプラスエックス)』Powered by Honda」(所在地:東京都葛飾区)が、「ジャパン・レジリエンス・ア [全文を読む]

何が北朝鮮を追い詰めるのか~日本人拉致事件と私~

Japan In-depth / 2016年02月11日18時00分

同じポストにあった古屋圭司、松原仁、中山恭子各議員も出席していた。 その会合の最終部分で司会役の「救う会」の西岡力会長から私は突然、指名されて挨拶と激励の言葉を簡単に語る次第となった。西岡氏の紹介は「いつも我々をワシントンで助けて下さっている古森義久さん」という表現だった。 ちなみに私は第二次安倍内閣の発足時に拉致問題担当大臣が任命した「有識者懇談会」の一 [全文を読む]

イギリスに暴走族がいないワケは? F1女子がフォーミュラEの裏話を独占取材!?

clicccar / 2015年08月26日12時32分

次に登場したのは、自民党モータースポーツ振行議員連盟・会長の古屋圭司氏。日本で実施する公道レースの意義、フォーミュラE招致に向けた動きについてお話してくれました。 「日本の自動車産業は世界一だけれど、モータースポーツはどうなのか。かつての自動車産業に戻したい。モータースポーツを盛り上げるには新たな法律があったほうが良い。10年前から考えているが、なかなか [全文を読む]

電気自動車のF1が六本木を駆け抜ける! 日本初フォーミュラEデモ走行にF1女子も大興奮!!

clicccar / 2015年08月24日03時39分

ぜひ実現させてほしいです! [自民党モータースポーツ振興議員連盟・会長/古屋圭司氏] モータースポーツが大好きな古屋さん。古屋さんを含めた4人の国会議員のメンバーでチームを作り、富士スピードウェイで行われた軽自動車のレースに参戦したそうです。結果は32台中18位だったとか! 「モータースポーツを盛り上げ、モータースポーツ文化を作りたい。日本の公道でレースが [全文を読む]

新型オービスの実験配備スタート! 一般道での取り締まり強化が着々進行中

週プレNEWS / 2015年03月22日06時00分

「おそらくこの話の発端は2013年6月、古屋圭司・国家公安委員長が記者会見で、交通違反の取り締まりに関して、もっと国民に理解されるようにすべきという発言をしたことでしょう」 確かに当時、古屋氏はこんな意見を述べている。 「(現状の交通取り締まりは)取り締まりのための取り締まりになっている傾向がある。片側2車線で真っすぐの道、歩行者が出てくる危険性もない道 [全文を読む]

安倍首相にも韓国差別発言の過去!衆院選候補者“極右ヘイト“ランキング(後編)

リテラ / 2014年12月13日19時27分

また、伊吹氏は長らく志帥会=旧中曽根派の会長をつとめていたが、この志帥会は安倍首相の出身派閥である清和会と並ぶ極右派閥で、故・中川昭一氏を筆頭に、古屋圭司氏(休会中/岐阜5区)、林幹雄氏(千葉10区)、江崎鉄磨氏(愛知10区)、西川京子氏(九州ブロック比例)、伊東良孝氏(北海道7区)、高木宏壽氏(北海道3区)、そして参議院議員では衛藤晟一、片山さつきなど、 [全文を読む]

歴史文化放送局「チャンネル桜」から日本を主語とする大人の言論マガジン新装刊『言志vol.1 2014・10』(チャンネル桜責任編集)装刊号は、日本のあり方を大特集

DreamNews / 2014年09月30日09時00分

(価格)741円+税〈発売日〉2014年9月20日 〈発行〉株式会社日本文化チャンネル桜 (発売)ビジネス社 【Vol.1 コンテンツ】 巻頭言 悪夢に悪夢を重ねるのか壮大な虚構としての戦後日本 _ 水島総 総力3大特集 これからの日本をどうしたいのか I 次世代の政治となるか? 次世代の党 石原慎太郎「“次世代”に日本人の感性を評価する社会を築く」 平 [全文を読む]

「耐震住宅」始動

PR TIMES / 2014年09月27日10時38分

さらに初代国土強靭化担当大臣の古屋圭司衆議院議員と、内閣官房参与としてレジリエンスジャパンを推進している京都大学教授、藤井聡先生からもVTRにて応援のメッセージを頂き、「国土強靭化基本計画」(※2)にて耐震住宅を95%にするという目標が掲げられたことを受けて、我々住宅業界は100%を目指そうという決意のもと、参加者が決起致しました。 閉会の挨拶にて実行委員 [全文を読む]

<北朝鮮拉致>古屋担当相「日本国民が中途半端な調査で納得することは100%ない」

弁護士ドットコムニュース / 2014年09月01日22時34分

古屋圭司・拉致問題担当大臣は9月1日、「北朝鮮による日本人拉致問題」について、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開いた。 北朝鮮が現在おこなっている拉致被害者の再調査について、記者から「北朝鮮の調査を信用できるのか」と問われ、古屋大臣は「日本国民が中途半端な中身で納得することは100%ない」「北朝鮮が今までと同じように不誠実な態度をとれば、取り返しの [全文を読む]

“「国家防衛のため」はごまかし” 靖国参拝、中韓怒りの理由を米メディア解説

NewSphere / 2014年08月18日17時45分

閣僚では古屋圭司国家公安委員長、新藤義孝総務相らが参拝した。 ワシントン・ポスト紙によると、荻生田議員は自民党総裁としての安倍氏から「国のために尊い犠牲となられたご英霊に尊崇の念を持って謹んで哀悼の誠をささげてほしい、揺るぎない恒久平和をしっかりと誓ってほしい」と頼まれたという。 今回の安倍首相による靖国神社参拝見送りについて海外メディアは、11月に北京で [全文を読む]

フォーカス