藤村富美男のニュース

「ミスター・長嶋茂雄」を育んだ佐倉ものがたり(6)阪神の藤村富美男に憧れた

アサ芸プラス / 2016年12月07日12時56分

茂雄ちゃんは阪神の藤村富美男(三塁手。本塁打王3回。打点王5回)の大ファンでした」 藤村の攻守にわたるアグレッシブなプレーが好きで、自分の部屋に写真をベタベタ貼り付けていたという。のちに「ミスタージャイアンツ」と呼ばれる長嶋が、阪神びいきで、「ミスタータイガース」と称された藤村の大ファンだったというから面白い。松下茂典(ノンフィクションライター) [全文を読む]

阪神タイガース球団創設80周年メモリアルフォトブック10月5日販売開始

PR TIMES / 2015年10月05日10時14分

初代ミスタータイガースと呼ばれた藤村富美男をはじめ、村山、江夏、バース、掛布、岡田といった往年の名選手から鳥谷、藤浪をはじめとする阪神タイガースをけん引する現役選手まで全82選手の写真から自分の好きな写真を選ぶことができます。 [画像2: http://prtimes.jp/i/2816/65/resize/d2816-65-700812-5.jpg ] [全文を読む]

【日本ハム】67年前にも1試合7本塁打 君は「東急フライヤーズ」を知っているか?

文春オンライン / 2017年05月19日11時00分

それがわずか3年後、ホームラン王の「物干し竿」藤村富美男(大阪)は46本を量産した。 だから1950年の「1試合7本塁打」には「ラビットボール」の影響がなかったとは言いにくい。各球団のホームラン数が跳ね上がった時期だ。ただそんなの関係なく、1949年も嬉しかっただろう。2017年もウヒョウヒョだった。また相手がロッテだ。(今はお互い別々の道を行くが?)あの [全文を読む]

阪神の4番といえば…最近10年の最多出場選手を振り返る

ベースボールキング / 2017年03月11日10時00分

◆ 金本は3年連続4番でフル出場 阪神の4番といえば、藤村富美男、田淵幸一、掛布雅之、金本知憲などが務めてきた。昨年は3番打者タイプの福留孝介が、チーム最多の103試合出場だった。 では、最近10年の阪神の年度別4番最多出場は誰になるのだろうか…。10年前の07年は現在指揮を執る金本監督が、4番にどっしりと座っていた。フルイニング出場を続けていた当時07年 [全文を読む]

不世出の大投手、沢村栄治をめぐるスピードボール論議

経済界 / 2017年03月01日15時03分

今から26年前、“初代ミスタータイガース”と呼ばれた藤村富美男に沢村とビクトル・スタルヒンを比較してもらったことがある。沢村と同学年のスタルヒンは、日本最初の300勝投手だ。 「確かにスタルヒンは速かったよ。ズドンという重いボールで威圧感ちゅうものがあったな。しかし、バットに当てることはできた。 ところが沢村のいい時は、高目のボールがグーンと伸びてきてか [全文を読む]

【プロ野球】監督に牙を剥いた男たち。野茂英雄は任意引退の末に海を渡った……。プロ野球「確執」列伝!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月21日17時05分

金田監督は1年に2回、選手に殴られたことになるが、実は現役時代に当時の監督・藤村富美男に退陣要求を突きつける「藤村排斥事件」を起こしており、確執の歴史が繰り返された形となった。 ■任意引退して海を渡った野茂英雄(元近鉄ほか) メジャーリーグへの道を切り拓き、パイオニアたる存在になった野茂英雄(元近鉄ほか)も監督との確執に左右された男のひとりだ。近鉄時代の1 [全文を読む]

【プロ野球】「神ってる」鈴木誠也(広島)も仲間入り!? 高卒4年目で飛躍を遂げた名選手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年09月29日16時05分

この年に積み重ねたシーズン193安打は、藤村富美男(大阪タイガース)が持っていた日本人右打者の最多安打記録を塗り替える偉業だった。 さらに昨年はトリプルスリーを達成し、リーグMVPを獲得。日本シリーズでも史上初の3打席連続本塁打を放つなど、球界を代表するバッターとなった。 文=武山智史(たけやま・さとし) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】あふれる他球団愛! まさかの裏切りFA宣言!? 熱狂的他球団ファンのプロ野球選手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年09月10日17時04分

華麗なプレーで昭和を代表する大スターに登り詰めたが、少年時代は藤村富美男(元阪神)にあこがれ、藤村のようになりたいとサードを選んだという。 藤村も派手なプレーやパフォーマンスで黎明期のプロ野球を沸かせた。長嶋の日本中を沸かせたプレーには「藤村イズム」が流れていたのだろう。 その長嶋に惚れたのが掛布雅之(元阪神)だ。プロ入り初安打を記録した試合では、三塁でタ [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ 「首位打者特集 ~虎のヒットメーカーたち~」

@Press / 2016年04月04日15時45分

《企画展 概要》 【企 画 展 名 称】「首位打者特集 ~虎のヒットメーカーたち~」 【主な展示内容】 ◎首位打者特集 ~虎のヒットメーカーたち~ ・展示品 松木謙治郎氏(サインボール) 金田正泰氏(サインボール) 藤村富美男氏(引退記念盾) 田宮謙次郎氏(首位打者トロフィー) 藤田平氏(1981年ダイヤモンドグラブ賞トロフィー) 真弓明信氏(サインバッ [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ 「首位打者特集 ~虎のヒットメーカーたち~」

PR TIMES / 2016年04月04日15時14分

《企画展 概要》 【企 画 展 名 称】「首位打者特集 ~虎のヒットメーカーたち~」 【主な展示内容】 ◎首位打者特集 ~虎のヒットメーカーたち~ ・展示品 松木謙治郎氏(サインボール) 金田正泰氏(サインボール) 藤村富美男氏(引退記念盾) 田宮謙次郎氏(首位打者トロフィー) 藤田平氏(1981年ダイヤモンドグラブ賞トロフィー) 真弓明信氏(サインバッ [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ ~球団創設80周年記念~ 「タイガース2015年の足跡と虎の背番号列伝」

@Press / 2015年09月07日15時45分

) ◎虎の背番号列伝(数字は背番号) 10 藤村富美男選手(藤村選手モデルバット:通称「物干し竿」) ※一般的なバット(福留選手モデル)と長さ比べができます。 11 村山実 選手(サイン色紙) 23 吉田義男 選手(監督時代のユニフォーム(背番号は81)) 6 藤田平 選手(ダイヤモンドグラブ賞トロフィー) 6 金本知憲 選手(バット、ユニフォーム) 8 [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ ~球団創設80周年記念~ 「タイガース2015年の足跡と虎の背番号列伝」

PR TIMES / 2015年09月07日15時37分

) ◎虎の背番号列伝(数字は背番号) 10 藤村富美男選手(藤村選手モデルバット:通称「物干し竿」) ※一般的なバット(福留選手モデル)と長さ比べができます。 11 村山実 選手(サイン色紙) 23 吉田義男 選手(監督時代のユニフォーム(背番号は81)) 6 藤田平 選手(ダイヤモンドグラブ賞トロフィー) 6 金本知憲 選手(バット、ユニフォーム) 8 [全文を読む]

バックトス代名詞の鎌田実氏「魅せるプレーで日本は遅れてる」

NEWSポストセブン / 2015年08月19日07時00分

僕が入団した1957年当初は、藤村富美男監督の発案で、試合前のシートノックにショーの要素を交えて観客を楽しませていました。「ノックだけでカネがとれる」といわれたものです。 肩の強いサードの三宅秀史さんにはライン際のゴロを打ち、ショートの吉田義男さんにはクイックスローができるようにバントを転がし、僕には二塁ベース上に打ってジャンピングスローをさせる具合です [全文を読む]

鎌田実のバックハンドトス 吉田義男が相棒だから生まれた

NEWSポストセブン / 2015年03月31日16時00分

これは当時の阪神で選手兼任監督だった藤村富美男さんの発案でした。試合前のシートノックにショーの要素を入れて観客に見せていたのです。肩の強い三塁手の三宅さんには、ライン際に鋭いゴロを、吉田さんにはクイックスローができるようにボテボテの当たりを転がす。僕には二塁ベース付近に打ってジャンピングスローをさせた。相手チームもベンチから見ているし、どこの球場でもゲー [全文を読む]

「NPB80周年ベストナイン」発表に便乗! “水島”野球マンガの最強ベストナインを勝手に決めてみた

週プレNEWS / 2014年12月02日17時00分

これに阪神で藤村富美男の10番とミスタータイガースの呼び名を継承した“南の虎”王島大介、さらにあぶさんもいる! オグマ:あぶさんこそ、最強です。現役37年間、ホークス一筋。3年連続三冠王に4割達成、ケガをしてもオールスターに代打で出てホームランを打つ鉄人ですよ。あと、僕は真田一球(いっきゅう)は外せない。微笑より一球さんですよ。 小島:人気ないね……三太郎 [全文を読む]

伝説となった選手たち…「日本野球界の永久欠番」といえば

NewsCafe / 2014年09月28日12時00分

[女性/50代/専門職]【5位】10番・藤村富美男(阪神)(1.5%)■ミスタータイガース![男性/40代/会社員]そして6位以下は【24番・稲尾和久(西武)(1.4%)】【8番・山本浩二(広島)(1.4%)】【23番・吉田義男(阪神)(0.4%)】【34番・金田正一(巨人)(0.3%)】という結果に。1959年から1974年まで読売ジャイアンツで活躍した [全文を読む]

掛布雅之「後継者誕生こそが阪神を磐石にさせる」(2)

アサ芸プラス / 2014年04月16日09時57分

数ミリ感覚でボールの下に角度をつけてバットを入れ、逆回転を与えて飛ばす技法を磨きました」 藤村富美男、村山実、田淵幸一からバトンを受けた4代目ミスタータイガース・掛布雅之はこうして作られた。そしてこの体験が今、阪神DCとしての指導にも大きな影響を与えているのだった。 [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ「景浦将と虎の歴代スラッガー特集」

PR TIMES / 2013年04月08日19時33分

■企画展の概要 【企 画 展 名 称】「景浦将と虎の歴代スラッガー特集」 【主な展示内容】 ◎景浦将特集 ・1937年のホームランボール、日本職業野球首位打者メダル、株式会社大阪野球倶楽部選手契約書など ◎歴代スラッガー特集 ・藤村富美男選手(記念楯)、山内一弘選手(バット)、田淵幸一選手(記念メダル)、ランディ・バース選手(バット)、金本知憲選手(バッ [全文を読む]

阪神「悲願の日本一」を85年Vメンバーが激白

アサ芸プラス / 2012年12月18日09時58分

サッカーやバレーボールなどの(チーム)スポーツを見ても一緒でしょう、柱がしっかりしていると強い」 かつて初代ミスタータイガース・藤村富美男率いる猛虎はダイナマイト打線と呼ばれて恐れられたが、この年のクリーンアップ、3番・バース、4番・掛布、5番・岡田は3割、30本、100打点超を果たす。特に打率3割5分、54本塁打、134打点という驚異的な数字を残したバー [全文を読む]

フォーカス