中島岳志のニュース

「存在すること自体の罪」を自覚せよ

NHKテキストビュー / 2017年03月08日00時00分

東京工業大学教授の中島岳志(なかじま・たけし)さんは、それがガンディーの宗教や信仰のあり方だったと思う、と語ります。では、そうした「近代人」であるガンディーは、人間というものをどう捉えていたのでしょうか。* * *まず、ガンディーが考えたのは、「人間には存在すること自体の中に罪深さが含まれている」ということでした。英語では「罪」を意味する言葉に、crime [全文を読む]

「非暴力」には勇気が必要だ

NHKテキストビュー / 2017年03月07日17時00分

東京工業大学教授の中島岳志(なかじま・たけし)さんにお話を伺いました。* * *たとえば、デモのとき。インドの警官は、ラーティーという、警棒のようなものをもっています。実は私も、インドで暮らしていたころ、当時のクリントン米大統領が来るというので大統領官邸まで見に行き、よく見えないので近くにあった壁によじ登ろうとして警官にラーティーで殴られたことがあるのです [全文を読む]

欲望まみれだった若き日のガンディー

NHKテキストビュー / 2017年03月03日17時00分

これは、ガンディーの思想を知る上で非常に重要な部分だと、東京工業大学教授の中島岳志(なかじま・たけし)さんは指摘します。彼の若き日、前半生を振り返ってみましょう。* * *ガンディーはインド西部のグジャラート州で、商人の家に生まれました。カーストはそんなに高くありませんが、それなりに裕福な家だったようです。母親は非常に敬虔なヒンドゥー教徒で、肉食をせず、断 [全文を読む]

政治家・宗教家ガンディーの真骨頂 「塩の行進」

NHKテキストビュー / 2017年03月01日17時00分

この決意の意味について、東京工業大学教授の中島岳志(なかじま・たけし)さんが解説します。* * *■政治の中に、宗教を取り戻す当時のインドでは、塩はイギリスによる専売制となっており、勝手に塩をつくることは法で禁じられていました。どんな貧しい人も、塩は植民地政府から買わなくてはならなかったのです。人間の身体にとって不可欠な、しかも天からの恵みであるはずの塩を [全文を読む]

ガンディーの思想が現代に投げかけるもの

NHKテキストビュー / 2017年02月28日00時00分

2017年2月の『100分de名著』では、東京工業大学教授の中島岳志(なかじま・たけし)さんを講師に迎え、この『獄中からの手紙』を読み解きます。* * *まず、1946年のインド・カルカッタ──今はコルカタといわれている町ですが──からお話をはじめたいと思います。当時のインドは、19世紀から続くイギリス植民地支配から脱しようという独立解放運動のさなかにあり [全文を読む]

集英社クオータリー『k o t o b a』第27号 3月6日発売!

DreamNews / 2017年02月24日15時00分

【特集構成】Part1 聞く 沢木耕太郎×梯 久美子 「作家の妻」をめぐる二つの物語 ジョン・クラカワー 「少なくとも一〇〇回は書き直している」 国分 拓 「ノンフィクションのようなドキュメンタリーを作りたい」Part2 読む 池澤夏樹 ノンフィクションと文学のあいだ 福岡伸一 文化の狭間を生きた建築家ミノル・ヤマサキの人生を読む 中島岳志 見えないタブー [全文を読む]

集英社クオータリー『k o t o b a』第25号 9月6日(火)発売! 特集テーマは「雑誌を哲学する。」

DreamNews / 2016年09月06日16時00分

【特集構成】巻頭言松岡正剛 雑誌の妙 伏せて/開けるPart1 国内の雑誌黒川 創 鶴見俊輔と『思想の科学』中島岳志 論壇誌から読み解く戦後保守思想武田 徹 『文藝春秋』の役割大森 望 もし、日本に『SFマガジン』がなかったら泉 麻人 わが青春の愛読コラム片岡義男 男性誌は"アメリカ文化への憧れ"の教科書だった山崎浩一 『ワンダーランド』のお宝佐藤卓己 「 [全文を読む]

今日マチ子さんが新装版カバーを描き下ろし!衝撃の傑作ノンフィクションが復刊!!

PR TIMES / 2016年07月29日13時25分

近年、「サークル村」や谷川雁を再評価する動きがあり、それにともない、中島岳志氏や水溜真由美氏などの若い研究者・評論家が、森崎に関連する本を出版するなど、関心が高まっています。 [全文を読む]

宗教学者・島薗進×憲法学者・小林節が読み解く日本会議 「宗教や思想を押しつける世界では民主主義なんて絶対に成立しない」

週プレNEWS / 2016年06月19日11時00分

主な著書に『国家神道と日本人』(岩波新書)、『愛国と信仰の構造 全体主義はよみがえるのか』(中島岳志氏との共著・集英社新書)など ●小林節(こばやし・せつ) 1949年生まれ。憲法学者、弁護士。慶應義塾大学名誉教授。モンゴル・オトゥゴンテンゲル大学名誉博士。元ハーバード大学ケネディ行政大学院フェロー。著書に『「憲法改正」の真実』(樋口陽一氏との共著・集英社 [全文を読む]

宗教学者・島薗進×憲法学者・小林節 「靖国参拝を“日本人なら当然の常識”と考える『日本会議』には歴史の反省がない」

週プレNEWS / 2016年06月18日06時00分

主な著書に『国家神道と日本人』(岩波新書)、『愛国と信仰の構造 全体主義はよみがえるのか』(中島岳志氏との共著・集英社新書)など ●小林節(こばやし・せつ) 1949年生まれ。憲法学者、弁護士。慶應義塾大学名誉教授。モンゴル・オトゥゴンテンゲル大学名誉博士。元ハーバード大学ケネディ行政大学院フェロー。著書に『「憲法改正」の真実』(樋口陽一氏との共著・集英社 [全文を読む]

フォーカス