平山郁夫のニュース

ワセダ野球部前監督と津田大介が熱トーク!体験の言語化で輝くあなたのキャリア!

PR TIMES / 2016年07月29日10時53分

公開!「体験の言語化」シンポジウム開催(参加無料)[画像1: http://prtimes.jp/i/20323/2/resize/d20323-2-597308-2.jpg ]早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター※1(〒169-0071 東京都新宿区 戸塚町1-103、早稲田STEP21 2F、所長 村上公一、以下WAVOC)は、リオオリンピック開 [全文を読む]

教えるな!揺さぶれ。公開!「体験の言語化」シンポジウム大盛況!

PR TIMES / 2016年08月09日11時15分

勝敗の喜びや苦しみの後に、体験の言語化が役に立つ [画像1: http://prtimes.jp/i/20323/3/resize/d20323-3-677796-0.jpg ] 早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター※1(〒169-0071 東京都新宿区 戸塚町1-103、早稲田STEP21 2F、所長 村上公一、以下WAVOC)は、早稲田大学が3年 [全文を読む]

文豪の作品も展示!下鴨神社「式年遷宮展」が開催

Walkerplus / 2015年09月28日11時46分

下鴨神社を愛する著名人、文豪・夏目漱石、画家・平山郁夫、俳優・井浦新の下鴨神社を題材にした各作品も特別に展示される。エッセイ・絵画・写真と秀逸な作品が、一堂に展示されるのは、今回が本邦初となる。 展示される各作品の詳細は、夏目漱石が書いた下鴨神社短編エッセイ「京に着ける夕」直筆原稿。平山郁夫が描いた下鴨神社「神殿爽春 下鴨神社 京都」「橋殿・舞殿」「御手 [全文を読む]

『大学生×難民支援』あなたのアイディアを実現します!

PR TIMES / 2013年12月02日11時27分

(http://www.japanforunhcr.org/idea2013/)■□■□■□■□■□■□■□■□【大学生 × 難民支援 ―学生アイディア・コンペ― 概要】◇開催日程: 2013年12月23日(月・祝) 13:00~15:00◇開催場所: 早稲田大学 国際会議場 第二会議室(アクセス:東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩10分)◇主催: 学生団体 [全文を読む]

~明治から受け継がれてきたもの、未来へ受け継いでいくもの~近現代 日本絵画展

PR TIMES / 2017年06月08日10時00分

≪主な出品予定作家≫(敬称略) 日本画 橋本雅邦 上村松園 片岡球子 東山魁夷 加山又造 平山郁夫 洋 画 岡田三郎助 梅原龍三郎 安井曾太郎 小磯良平 森本草介 ≪館内イベント≫ ・6月10日(土)10時30分~ ギャラリートーク、公開制作 奥村 美佳先生(本展出品日本画家)、立島 惠氏(佐藤美術館 学芸部長) ・6月18日(日)14時~ ギャラリート [全文を読む]

商船三井客船×JR西日本×JTB 3社協力 「にっぽん丸で航(い)く 絶景の瀬戸内・錦江湾・桜島ゆったりクルーズと鹿児島3・4日間」

PR TIMES / 2017年05月09日18時00分

平山郁夫美術館を館長による特別解説とともにご鑑賞いただくプランや、当企画オリジナルのオプショナルツアーもご用意しております。また、船上でもプロカメラマンによるフォト教室やフォトコンテストをはじめとする数々のイベントやエンターテイメントが催され、退屈する暇がありません。[画像2: https://prtimes.jp/i/5912/1141/resize/d [全文を読む]

日本画と洋画、二つの大河の流れを秘蔵の名品から感じる「絵画の潮流展」

サライ.jp / 2017年03月07日11時30分

日本画では横山大観はじめ、東山魁夷・杉山寧・村上華岳・速水御舟・片岡珠子・田中一村・加山又造・平山郁夫ら、洋画では高橋由一はじめ、青木繁・岸田劉生・梅原龍三郎・安井曾太郎・佐伯祐三・小磯良平ら、誰もが知る近代日本の画家たち34名、約60点の作品を紹介します」 伝統を継承しつつ新たな挑戦によって生み出された日本画、写実と立体的な表現を求めた洋画、それぞれの [全文を読む]

日本を代表する洋画家・小磯良平の名作展などを開催小田急百貨店新宿店・8月の美術展を紹介します

@Press / 2016年07月29日12時00分

〈出品予定作家〉 シャガール、ピカソ、ユトリロ、ビュフェ、アイズピリ、カトラン、ブラジリエ、藤田嗣治、平山郁夫、上村松園、他 迎賓館赤坂離宮通年一般公開記念 小磯良平 名作版画展 期間:8月23日(火)~30日(火) ※最終日は16時30分閉場 場所:新宿店本館10階 美術画廊 迎賓館赤坂離宮の壁を飾る大作「絵画」・「音楽」を手がけ、1983年には文化勲 [全文を読む]

それ、ワセダが答えます。アスリートキャリア問題は"体験の非言語化"にある?

PR TIMES / 2016年07月14日11時43分

公開!「体験の言語化」シンポジウム~8月2日(火)13時からパネリストに津田大介氏登場 インターネット生中継も!早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター※1(〒169-0071 東京都新宿区 戸塚町1-103、早稲田STEP21 2F、所長 村上公一、以下WAVOC)は、社会の枠組みの中で、国内外の問題を主体的に捉え、学術的知識と結びつけて行動できる人材 [全文を読む]

若手作家から、あこがれの巨匠作家まで多彩な作品を一堂に取り揃える展示即売会などを開催小田急百貨店新宿店・7月の美術展を紹介します

@Press / 2016年07月05日15時00分

【版画 出品作家】 小倉遊亀、竹下夢二、東山魁夷、平山郁夫、藤田嗣治、三岸節子、カシニョール、シャガール、ピカソ、ビュフェ、ブラジリエ、カトラン他 【日本画・洋画 出品作家】 東郷青児、池田靖史、大平由香里、杉本澄男、中司満男、福島一二三、増田誠、三浦賢一、百瀬智宏、柏本龍太、河西昭治、辻真砂、若佐慎一 他 佐藤(さとう)祐治(ゆうじ) 油絵展 期間:7 [全文を読む]

京セラ美術館 2016年春季特別展 「伏見歳時記 ~節句人形編~」

@Press / 2016年03月18日14時30分

中国・清朝時代の乾隆ガラス、ピカソ銅版画347シリーズ、東山魁夷や平山郁夫らによる現代日本画等を常設展示しており、開館以来約23万人(2016年2月現在)の方々にご来場いただいています。 常設展示以外の特別展としては、「現代日本画展」(2000年)、「アンセル・アダムス、アメリカ大自然を撮る」(2008年)、「ふるさとの詩 ~中村晋也、日本の心を刻む~」( [全文を読む]

“その道の現役最高齢女性”長寿の奥義(1)112歳画家の場合

WEB女性自身 / 2015年09月26日06時00分

数多くの作品を描かれた後藤さんは、日本画の大家、故・平山郁夫さんからも称賛される。 99歳のときに「自分が描きたいと思うものが描けなくなったから」と後藤さんは絵筆をおく。しかし、100歳を過ぎてから、これまで描きためた作品の個展を各所で開催することとなり、再び注目されるように。現在は、実家でもある、新潟県妙高市赤倉温泉「赤倉ワクイホテル」で作品が展示され、 [全文を読む]

【著者に訊け】『「私の履歴書」──昭和の先達に学ぶ生き方』

NEWSポストセブン / 2015年07月23日16時00分

文化スポーツ界からは稲尾和久、東山千栄子、田河水泡、土門拳、田中絹代、ミヤコ蝶々、中村歌右衛門、森光子、平山郁夫等、本書では計70名のエピソードを紹介。さらに終章「あなたも「私の履歴書」を遺す―自分史をまとめるコツ」まで付録につく。 [全文を読む]

【パシフィコ横浜×はまぎん こども宇宙科学館】『みなとみらいで星空観察~ステンドグラスの星座とともに~』 初の共同企画は、好評のうちに開催終了

PR TIMES / 2015年06月11日16時56分

国立大ホールの大ステンドグラス『星座’94横浜』(平山郁夫画伯原画)には、横浜の開港記念日(6月2日)の横浜上空の星空が描かれています。このステンドグラスに描かれた星座と天体望遠鏡から眺める星空とを比較して観察する予定でした。当日は雨天のためプログラムを一部変更し、「天体望遠鏡体験」では、星の代わりにマリンタワー(鉄骨躯体)を観察し、望遠鏡では上下左右が逆 [全文を読む]

【大学生×難民支援】大学生のアイディアで、世界の難民を救います。

PR TIMES / 2013年12月27日17時57分

(主催:国連UNHCR協会、学生団体SOAR、協賛:イオン1%クラブ、共催:早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター、協力:国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所) -------------------------------------------------------------------------------------------- [全文を読む]

アイデムフォトギャラリー[シリウス] 池谷俊一研写真展「第一回 池谷俊一研 東京展」 期間:2013年3月21日(木)~3月27日(水)

PR TIMES / 2013年03月18日10時11分

1990年 写真集「顔カオカオス」(装丁・池田満寿夫)主婦の友社版 1994年 小澤征爾氏の撮影依頼受け300枚撮影 1996年 日本経済新聞文化欄全国版にインタビュー記事掲載 1998年 映画キャメラマン姫田真佐久を偲ぶ会写真制作(新宿センチュリーホテル) 1999年 「池谷俊一写圧界」 神田オリンパスギャラリー 2000年 映画「狗神」原田真人監督よ [全文を読む]

夏の美術女子会 in 山種美術館 ◇山種美術館×TOKYO FM「NOEVIR Color of Life」◇

PR TIMES / 2012年08月23日17時57分

これは、恩師の故・平山郁夫氏から言われた、「人間、いいときにニコニコしているのは当たり前。悪いときにどれだけニコニコしていられるかということが人間の価値を決める」という言葉や生き方に影響を受けた、という山崎館長のモットーが紹介されました。 今回のイベントの模様は、8/25(土)、9/1(土)のTOKYO FM「NOEVIR Color of Life」にて [全文を読む]

フォーカス