寺原隼人のニュース

ソフトB・寺原が2シーズンぶり先発登板 23日のパ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年04月23日11時00分

◆ 15年9月29日、楽天戦以来の先発 ソフトバンクの寺原隼人が、首位・楽天との6回戦(ヤフオクドーム)に今季初先発する。 寺原は今季ここまで、5試合すべて中継ぎ登板で防御率1.80をマーク。先発登板は2015年9月29日の楽天戦(ヤフオクドーム)以来で、この試合は3回5失点で黒星を喫している。 ソフトバンクは開幕投手を務めた和田、WBCに出場した武田が登 [全文を読む]

DeNAの最近10年の開幕投手を振り返る

ベースボールキング / 2017年03月27日10時00分

DeNAの最近10年の開幕投手をみると、三浦大輔が2度、寺原隼人、ランドルフ、山本省吾、高崎健太郎、藤井秀悟、三嶋一輝、久保康友、井納翔一と毎年のように変わっている。 また、この間に白星を挙げた投手は、昨年開幕投手を務めた井納だけ。残りの投手は、敗戦投手、もしくは勝ち負けがつかなかったということになる。 長年、エースと呼べる投手が不在となっていたが、今季は [全文を読む]

DeNAの勝ち頭といえば…最近10年の年度別最多勝利を振り返る

ベースボールキング / 2017年02月25日10時00分

最近10年間のDeNAの年度別最多勝利投手を振り返ると、07年にソフトバンクからトレードで加入した寺原隼人が12勝をマーク。08年から5年連続最下位に沈んだが、09年の三浦大輔が11勝、10年の清水直行が10勝を挙げた。チーム先発防御率両リーグワーストの4.34だった11年は、三浦大輔、高崎健太郎の5勝に終わった。特に高崎は1年間ローテーションを守ったが [全文を読む]

あのスターを生んだ夏の甲子園(14)宮崎の至宝・寺原隼人が投じた21世紀初の剛球

アサ芸プラス / 2016年08月19日17時58分

01年のドラフト会議で4球団競合の末、抽選で福岡ダイエー(現・ソフトバンク)への1位入団が決まった寺原隼人。その年の春までは無名だった寺原の名が全国に知れ渡ったのは、01年の夏。各地で県予選が行われている真っ只中だった。 今大会でも大健闘中の日南学園(宮崎)だが、その当時のエースだった寺原は県大会の3回戦でノーヒットノーランを達成、一躍その存在がクローズア [全文を読む]

アントニオ猪木を悩ませたアリからの90億円請求

アサ芸プラス / 2012年11月22日09時59分

自分もまだまだやるぞと、沸々と湧いてくるものがある」 猪木、新間の名コンビは、平成の世でも旋風を巻き起こすか? 【関連記事】 今年は特に!プロ野球がつまらなすぎるツ(4) 伝説の引き分けの舞台裏!(2)サッカー 福田正博の眼前で起きた「ドーハの悲劇」 「スローモーションのように時が止まった」 阪神VS巨人「ベンチ裏3位争い」オフレコ舌戦(3)「またアルバラ [全文を読む]

成田美寿々、濃厚密着サービスでトリコに

アサ芸プラス / 2012年10月31日10時59分

【関連記事】 今年は特に!プロ野球がつまらなすぎるツ(4) 伝説の引き分けの舞台裏!(2)サッカー 福田正博の眼前で起きた「ドーハの悲劇」 「スローモーションのように時が止まった」 阪神VS巨人「ベンチ裏3位争い」オフレコ舌戦(3)「またアルバラデホかよ!」 プロ野球 逆境に勝った男たち(2)寺原隼人オリックス寺原隼人を苦しめた「甲子園最速」の呪縛 「な [全文を読む]

“鬼門”東京Dの巨人戦で3連勝!チームを支えたオリファンの声援

ベースボールキング / 2017年06月05日18時30分

2010年以降になると、T-岡田の連日本塁打、寺原隼人の四球、坂口智隆の負傷退場、4時間48分の死闘劇、森脇浩司監督休養発表後の3連敗などなど、東京ドームに詰めかけたファンは、チームとともに幾多の喜怒哀楽を共有してきた。 大半のファンは「東京ドームの巨人戦は勝てないんだよなぁ…」と思いつつ、「でも巨人ファンに囲まれた東京ドームで、巨人に勝ったときの喜びは [全文を読む]

【ソフトバンク】「ポスト森福」ホークス嘉弥真新也という男・前編

文春オンライン / 2017年05月24日11時00分

「普段、どの選手と仲良しですか?」と聞くと、 「プライベートだと寺原隼人投手。先輩だけどしゃべってて楽。野球の話は全然しない」と意外な答えが! 「あとはやっぱり岩嵜翔投手。岩嵜とは逆に野球の話ばっかりしてます」 実はニィニィ(松中信彦)も嘉弥真投手を可愛がってたのを知ってたので、嘉弥真くんってどんな子って聞いたら、「沖縄出身だから酒が強い。あとカラオケが [全文を読む]

西武・ウルフ、ソフトB・サファテを抹消…ロッテは石川を登録 22日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月22日15時09分

<5月22日の公示情報> ※再登録=6月1日以降 ■ 福岡ソフトバンクホークス =抹消= 20 寺原隼人/投手 58 サファテ/投手 ■ 千葉ロッテマリーンズ -登録- 12 石川歩/投手 =抹消= 19 唐川侑己/投手 38 伊志嶺翔大/外野手 ■ 埼玉西武ライオンズ =抹消= 54 ウルフ/投手 ■ オリックス・バファローズ =抹消= 68 鈴木優/ [全文を読む]

西武ウルフ、古巣ソフトB相手に3連勝なるか!? 21日のパ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年05月21日12時15分

【21日の試合予定】 西武(ウルフ)- ソフトバンク(寺原隼人) <メットライフ 13時00分> ・最近5試合の成績 西(3位):○○○●○ ソ(2位):●○○○● 日本ハム(メンドーサ)- オリックス(山岡泰輔) <札幌ドーム 14時00分> ・最近5試合の成績 日(5位):○●●○○ オ(4位):○●●●● ※4連敗中… ロッテ(唐川侑己)- 楽天( [全文を読む]

聖地・神宮で大卒ドラ2ルーキーが激突! 21日の予告先発

ベースボールキング / 2017年05月20日17時45分

【パ・リーグ】 日本ハム(メンドーサ)-オリックス(山岡泰輔) <札幌ドーム 14時00分> 西武(ウルフ)-ソフトバンク(寺原隼人) <メットライフ 13時00分> ロッテ(唐川侑己)-楽天(岸孝之) <ZOZOマリン 14時00分> 【セ・リーグ】 ヤクルト(星知弥)-阪神(小野泰己) <神宮 18時00分> DeNA(今永昇太)-巨人(田口麗斗) [全文を読む]

楽天・岸、好相性のヤフオクDで先発 14日のパ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年05月14日12時06分

【14日の試合予定】 オリックス(山岡泰輔)- 西武(ウルフ) <京セラD大阪 13時00分> ・最近5試合の成績 オ(3位):●●●●● ※5連敗中… 西(3位):●○●○○ ソフトバンク(寺原隼人)- 楽天(岸孝之) <ヤフオクドーム 13時00分> ・最近5試合の成績 楽(1位):○●○○● ソ(2位):○○○○○ ※5連勝中! 日本ハム(メンドー [全文を読む]

オリックス・山岡、初勝利へ5度目の挑戦…14日の予告先発

ベースボールキング / 2017年05月13日19時00分

【パ・リーグ】 日本ハム(メンドーサ)-ロッテ(唐川侑己) <東京ドーム 14時00分> オリックス(山岡泰輔)-西武(ウルフ) <京セラドーム大阪 13時00分> ソフトバンク(寺原隼人)-楽天(岸孝之) <ヤフオクドーム 13時00分> 【セ・リーグ】 ヤクルト(星知弥)-中日(吉見一起) <松山 13時00分> DeNA(今永昇太)-阪神(藤浪晋太 [全文を読む]

オリのドラ1・山岡、初勝利目指し4度目の先発 7日のパ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年05月07日11時17分

【7日の試合予定】 西武(ウルフ)- 楽天(岸孝之) <メットライフ 13時00分> ・最近5試合の成績 西(4位):●●●○● 楽(1位):●○○●○ ロッテ(唐川侑己)- ソフトバンク(寺原隼人) <ZOZOマリン 13時00分> ・最近5試合の成績 ロ(6位):●●●●○ ソ(2位):○○○○● オリックス(山岡泰輔)- 日本ハム(メンドーサ) < [全文を読む]

楽天・岸が所沢に帰還…7日の予告先発

ベースボールキング / 2017年05月06日18時00分

【パ・リーグ】 西武(ウルフ)-楽天(岸孝之) <メットライフ 13時00分> ロッテ(唐川侑己)-ソフトバンク(寺原隼人) <ZOZOマリン 13時00分> オリックス(山岡泰輔)-日本ハム(メンドーサ) <京セラドーム大阪 13時00分> 【セ・リーグ】 DeNA(久保康友)-ヤクルト(星知弥) <横浜 13時00分> 中日(ジョーダン)-巨人(内海 [全文を読む]

西武加入後負けなしのウルフ、チームの連敗を止められるか 30日のパ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年04月30日10時00分

【29日の試合予定】 日本ハム(メンドーサ)- 楽天(岸孝之) <札幌ドーム 14時00分> ・最近5試合の成績 日(6位):●●●○○ 楽(1位):○○○○● 西武(ウルフ)- ロッテ(唐川侑己) <メットライフ 13時00分> ・最近5試合の成績 西(3位):●●●△● ※4連敗中 ロ(5位):○●●△○ オリックス(山岡泰輔)- ソフトバンク(寺原 [全文を読む]

楽天は前回登板回避の岸が先発 DeNA・久保が今季初登板!30日の予告先発

ベースボールキング / 2017年04月29日18時05分

【パ・リーグ】 日本ハム(メンドーサ)-楽天(岸孝之) <札幌ドーム 14時00分> 西武(ウルフ)-ロッテ(唐川侑己) <メットライフ 13時00分> オリックス(山岡泰輔)-ソフトバンク(寺原隼人) <京セラドーム大阪 14時00分> 【セ・リーグ】 ヤクルト(星知弥)-巨人(内海哲也) <神宮 18時00分> DeNA(久保康友)-広島(九里亜蓮) [全文を読む]

【プロ野球】ホークス最強は「2003年世代」。そのなかで今も現役を続けている選手は何人いる?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月16日17時05分

和田毅が14勝、杉内俊哉が10勝、新垣渚が8勝、寺原隼人が7勝と充実。和田と新垣はルーキー、杉内と寺原は2年目と若手が頭角を現した年でもあった。 日本シリーズでは阪神タイガースを相手に4勝3敗。お互い本拠地で勝利する内弁慶シリーズを制して、1999年以来の日本一を達成した。 あれから14年。あの最強世代で今もなお現役を続けている選手は5人となった。しかし、 [全文を読む]

【プロ野球】先発候補が17人!? 田中正義、高橋純平、松本裕樹のソフトバンク・ドラ1トリオは厚い壁を破れるか

デイリーニュースオンライン / 2017年02月23日17時05分

そこに昨季9勝の東浜巨と7勝の中田賢一、復活を期す攝津正に松坂大輔、さらには大隣憲司、寺原隼人、岩嵜翔、山田大樹もいる。さらに昨季、2軍で結果を残した笠原大芽に石川柊太。これに田中、高橋、松本を加えると……、んっ、17人!? 「あれっ、1軍の投手って何人いればよかったんだっけ?」と、他球団のファンに聞くと、どつきまわされそうだが、ホークスファンの立場から [全文を読む]

武田、千賀、バンデンが代表も…熾烈な先発争いが予想されるソフトB

ベースボールキング / 2017年02月22日18時00分

武田、千賀、バンデンハークの3人がWBCのためチームを離れるが、このほかにも摂津正、寺原隼人、松坂大輔、大隣憲司、中田賢一、岩崎翔、東浜巨、さらにはルーキーの田中正義などがおり、先発のイスを巡った争いはかなり熾烈。現状ではWBC組を除くと、昨季タイトルを獲得した和田毅がローテーション入りが濃厚。残りの枠を25日から始まるオープン戦で、アピール合戦を行うこ [全文を読む]

フォーカス