江利チエミのニュース

高倉健の養女が生前の住居を解体工事、江利チエミとの水子を祀った墓地も更地に! 深まる“殉愛“疑惑

リテラ / 2016年06月10日11時41分

その水子地蔵は63年、高倉が元妻の故・江利チエミとの間に授かったものの、江利が妊娠高血圧症候群のために中絶を余儀なくされた胎児を祀った地蔵だ。 高倉が愛した"聖地"が相次いで消滅してしまう。もちろんこの解体工事や墓地を更地にしたのは問題の養女Aさんだ。 高倉が多くの人々に惜しまれつつ逝去したのは2014年11月10日のことだが、その直後、世間の注目を集めた [全文を読む]

追悼・高倉健 不器用すぎた女性関係(1)唯一結婚した江利チエミとの生活

アサ芸プラス / 2014年12月02日09時58分

56年の映画「恐怖の空中殺人」での共演を機に、歌手の江利チエミと急接近したのだ。ゴールインはその3年後、高倉が28歳、江利22歳の時だった。当時を知る映画関係者が回想する。 「江利の芸能界の母と言うべき存在だったのが清川虹子。江利が高倉にたいそう惚れ込んでしまい、清川に相談した。清川は健さんに『チエミちゃんのこと、何とかしてあげなさいよ』と言い、交際が始ま [全文を読む]

高倉健さん 大物女優に結婚迫られたが江利チエミへの想い貫いた

NEWSポストセブン / 2014年11月22日07時00分

それが1959年2月に結婚した江利チエミさん(享年45)だった。彼女は美空ひばり、雪村いづみと“三人娘”と呼ばれた昭和を代表する歌手だ。 「交際当初、お互い多忙な日々を送っていたふたりは、なかなか会うことができなかったそうです。 あるとき健さんは“風邪を引いて、入院した”とチエミさんに連絡。心配した彼女が病室に駆けつけると“あなたに会うための仮病でした” [全文を読む]

元祖“三人娘”雪村いづみ79歳「スタアは消えていくもの」

WEB女性自身 / 2016年05月21日06時00分

美空ひばり、江利チエミと同時代を生きた伝説の歌姫とともに スタアとは何か について考えました。 桜沢「はじめまして。お会いできてうれしいです。雪村さん、美空ひばりさん、江利チエミさんの『三人娘』は大人気でした」 雪村「本当に、あの2人に会えなかったら私はこうしていないと思うのよ。『ジャンケン娘』『ロマンス娘』『大当り三色娘』『三人よれば』って、大ヒットの映 [全文を読む]

一周忌の高倉健さん 養女以外の遺族は遺骨の場所を知らない

NEWSポストセブン / 2015年11月05日07時00分

「20平方メートル超の土地には、健さんの小さな墓石や、12年間の結婚生活を送った故・江利チエミさん(享年45)との水子地蔵が建てられています。健さんは生前、ここを頻繁に訪れて供養していました。ただ、今後もここには納骨される予定はないようです」(高倉さんの知人) 実は高倉さんはごく近しい人に、「比叡山(京都、滋賀)に墓がほしい」と語っていたという。高倉さん [全文を読む]

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(9)寒いロケ地には行きたくない!

アサ芸プラス / 2014年12月25日09時57分

それが一変したのは82年2月13日、45歳の若さで元妻・江利チエミが不慮の死を遂げたことだった。 高倉は訃報を森繁久彌とのテレビ対談直後に聞いた。自分でもコントロールできないほど気持ちが滅入った。そして「南極物語」にもチーフプロデューサーに名を連ねていた田中に告げた。 「日本にいたくないんだ」 さらにフジテレビの角谷を呼び、すぐに北極ロケに参加する形で「 [全文を読む]

美空ひばり、幻の『第15回紅白歌合戦』音声テープ&初公開インタビューを生誕80周年記念作に収録

okmusic UP's / 2017年03月27日15時30分

司会の江利チエミから『さて、紅組の締めくくりは、もう何に申し上げることはありません、美空ひばりさん『柔』です。』と紹介されると、大きな喝采の中、楽曲がスタート。ひばりは朗々と歌い上げている。 また、今回の商品には『不死鳥コンサート』の直前に収録された、NHKの山川静夫アナウンサーによる本邦初公開のインタビューが収録されることも判明。これは1988年(昭和6 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「大村崑」(4)あのスターたちの素顔はどうですか

アサ芸プラス / 2016年11月25日12時57分

当時、江利チエミさんが、北野劇場で年2回ぐらいショーをやっていたんだけど、時間が空くと必ず僕を外出に誘うんです。だから、僕はてっきりチエミちゃんに好かれていると思ってた(笑)。テリー そんなムードだと勘違いしちゃいますね。大村 ある時、チエミちゃんの楽屋に行ったら、彼女がいい男と一緒にメロンを半分に切って、カレーのスプーンで食べてたんです。で、チエミちゃん [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「大村崑」(2)収入よりも舞台を選んだんですね!

アサ芸プラス / 2016年11月24日12時57分

美空ひばりさん、江利チエミさん、雪村いづみさん、力道山とか。テリー すごい! 当時の大スターばかりじゃないですか。大村 それで、そのキャバレーで司会の仕事をするようになって、そのうち雪村いづみさんのマネージャーと親しくなるんですよ。その人に「プロの司会者になりたいんです」って頼んだら、名司会者の大久保怜さんを紹介してもらって、弟子入りすることになりました。 [全文を読む]

「第58回輝く!日本レコード大賞」各賞決定!宇多田ヒカルらが選出

Smartザテレビジョン / 2016年11月18日06時00分

」 RADWIMPS THE YELLOW MONKEY 「シン・ゴジラ」 鷺巣詩郎・伊福部昭 BIGBANG (50音順) 【特別話題賞】 「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」/ピコ太郎 【特別栄誉賞】 船村徹 【作曲賞】 岡千秋 「命の恋」/神野美伽 【作詩賞】 原文彦 「秋恋歌」/香西かおり 【編曲賞】 SEKAI NO OWARI 「Hey [全文を読む]

「輝く!日本レコード大賞」各賞決まる 大賞候補にAKB48や宇多田ヒカルなど10組

dwango.jp news / 2016年11月18日00時00分

』 RADWIMPS THE YELLOW MONKEY 『シン・ゴジラ』 鷺巣詩郎・伊福部昭 BIGBANG (※50音順) 【特別話題賞】 『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』 ピコ太郎 【特別栄誉賞】 船村 徹 【作曲賞】 岡 千秋 「命の恋」神野美伽 【作詩賞】 原 文彦 「秋恋歌」 香西かおり 【編曲賞】 SEKAI NO OWARI 「 [全文を読む]

舞台のパタリロ役に加藤諒を起用 原作ファンも高評価

NEWSポストセブン / 2016年09月21日07時00分

古くは昭和のスター江利チエミが主演した実写版。その視聴率は37%を超えたという人気ぶりだった。 その後、星野知子、浅野温子、観月ありさが元気のいいサザエさんに。まだまだこの伝統は受け継がれていく気がする。そして、私個人の「マイベスト実写キャスト」は、この観月ありさ版『サザエさん』に登場した、武蔵の穴子さんであった。何もしてないのにあまりに似ていて、腹を抱え [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「八名信夫」(2)大スターばかりの現場は大変ですね

アサ芸プラス / 2016年08月31日05時57分

テリー 確かにその頃の出演作の主役は、江利チエミさんや美空さんでした。その頃、健さんは愚痴を言ったり、弱みを見せたりしたんですか。八名 それは見たことないな。何でもこらえる人だから。ただ、健さんと鶴田(浩二)さんはあんまり仲がよくなくてね、お互いに険悪な雰囲気だった。テリー お互い東映の大スターじゃないですか。何でですか?八名 当時、俊藤浩滋さんというプロ [全文を読む]

知られざる高倉健の素顔。不器用ではない本名・小田剛一が自らに見出した“日本の美”

週プレNEWS / 2016年08月20日06時00分

最愛の人(江利チエミ)との離婚や死別、オフの間の生活ぶり、撮影時のエピソードなどを通じ、様々な葛藤や苦悩があったからこそ、これだけ凄いスターになったという部分を伝えたかった。 とはいえ、作り手側から結論を押し付けるような映画にはしたくない。だから、まずは世界の映画人が語るアーティストとしての健さん、国内の関係者が語る素顔の小田剛一(高倉健の本名)というふた [全文を読む]

美空ひばりとペレス・プラード楽団とのコラボを含む貴重音源集が1月27日に発売

okmusic UP's / 2016年01月22日15時00分

【その他の画像】美空ひばり1956年に国際スタジアムで行なわれた、美空ひばり・江利チエミ・雪村いづみの三人娘と、初来日したマンボの王様「ペレス・プラード楽団」による公演を初CD化。スペイン語と英語で生き生きと歌いこなした、ひばり自身初となる外国楽団との貴重な共演が収められている。 ほかに1958年3月26日、27日に行なわれた芸能生活10周年を記念した歌 [全文を読む]

吉永小百合、松田聖子、AKB48‥‥戦後70年「日本のアイドル」を振り返る!

アサ芸プラス / 2015年08月06日09時58分

のちに江利チエミ、雪村いづみと「三人娘」として人気爆発。日本の経済復興の象徴として昭和の芸能界に君臨し、時代が平成に変わったと同時に没した大スターであった。 そして現在のアイドルシーンの原型を作ったのが70年代だ。アイドル第1号と呼ばれた南沙織、天地真理、小柳ルミ子の「新・三人娘」、森昌子、桜田淳子、山口百恵の「中3トリオ」らが続々とデビュー。70年代半ば [全文を読む]

元<ル・クプル>藤田恵美、名曲の数々をカバー

dwango.jp news / 2015年04月14日19時19分

江利チエミの『酒場にて』(作詞:山上路夫、作曲:鈴木邦彦)、西田佐知子の『東京ブルース』(作詞:水木かおる、作曲:藤原秀行)、藤圭子の『京都から博多まで』(作詞:阿久悠、作曲:猪俣公章)といった1960年代から1970年代の日本を彩った演歌、歌謡曲もたっぷりとカヴァーしており、「子供の頃から好きだった曲や父の影響で親しんでいた歌にもチャレンジしました。今回 [全文を読む]

宝田明 ケレン味溢れる芝居で無理なく舞台の世界入り込めた

NEWSポストセブン / 2015年02月01日07時00分

「美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみの『三人娘』が東宝の映画によく出ていて、僕がいつも共演していました。そのうちにチエミが『お兄ちゃんね、ミュージカルを一緒にやってくれない?』と言うんです。『あなた、歌えるから』と。僕は当時、自分の映画の主題歌をかなり歌っていましたからね。 それからはチエミと一緒になってボイストレーニングに通いました。アメリカのミュージカ [全文を読む]

高倉健 人格を形成した「信仰心」に迫る(1)手記で明かした“神秘体験”

アサ芸プラス / 2015年01月05日09時55分

「ちょうど江利チエミとの離婚問題や大量の映画に出演し続け、肉体的にも精神的にも限界だった1971年頃、東京12チャンネル(現・テレビ東京)から高倉さんの生き方を紹介するドキュメンタリー番組出演の依頼があった。手記では『魔が差した』と記していますが、断り続けていたテレビ出演を承諾し、その代わりに、滝行を希望。それで大阿闍梨と出会ったんです。江利との離婚が発 [全文を読む]

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(12)若い頃は遅刻グセがあった

アサ芸プラス / 2015年01月02日09時57分

また江利チエミとの結婚後も吉田はグチを聞かされた。 「健さんの主演1本が60万円になっていたけど、それでも家に帰ればチエミは東宝で1本250万円と聞かされる。何とかなんねえかなって訴えてきたね」 そして大スターへ飛躍したのが「昭和残侠伝」や「日本侠客伝」(64年)、「網走番外地」(65年)の人気シリーズが立て続けに始まった頃である。 とりわけ「昭和残侠伝 [全文を読む]

フォーカス