雪村いづみのニュース

佐野元春が雪村いづみと夢の共演、楽曲提供も

リッスンジャパン / 2012年04月01日09時00分

佐野元春と、50年代中盤から歌手・映画スターとして活躍してきた雪村いづみが5月、ビルボードライブ東京/大阪で共演することが明らかになった。佐野元春 - アーティスト情報二人はかねてから交流があり、今年3月に行なわれた元春レイディオ・ショーでも貴重な対談を行い話題を呼んだ。佐野元春は「戦後モダニズムの精神を最も純粋なかたちで生き抜いた女性」と雪村いづみを評し [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「大村崑」(2)収入よりも舞台を選んだんですね!

アサ芸プラス / 2016年11月24日12時57分

美空ひばりさん、江利チエミさん、雪村いづみさん、力道山とか。テリー すごい! 当時の大スターばかりじゃないですか。大村 それで、そのキャバレーで司会の仕事をするようになって、そのうち雪村いづみさんのマネージャーと親しくなるんですよ。その人に「プロの司会者になりたいんです」って頼んだら、名司会者の大久保怜さんを紹介してもらって、弟子入りすることになりました。 [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、焼跡に響く復興歌姫の50年代

アサ芸プラス / 2015年09月07日17時58分

89年の没後に国民栄誉賞に輝いた実績の数々は広く知られているが、ひばりには江利チエミ、雪村いづみという仲間がいた。これを「三人娘」と称して映画でも共演したが、この方法はアイドル史において大きな意味を持った。トリオという形はバランスが抜群に良く、ファンの相乗効果をあおることもできる。ひばりに引っぱられる形で三人娘の人気が爆発し、人々は少しずつ豊かになってゆく [全文を読む]

女優の源川瑠々子が、三越劇場で開催の「春のポピュラー音楽祭2015」に司会と歌で出演が決定!

PR TIMES / 2015年05月07日18時00分

そして、朝丘雪路、菅原洋一、雪村いづみ、などシャンソン・タンゴの名曲やジャズのスタンダードなど一流の歌手が出演する。 日 時:2015年 5月13日(水)・14日(木)・15日(金) 開 演:午後2時 (開場:午後1時30分) 入場料:7,500円(当日指定) 会 場:三越劇場(日本橋 三越本館6階) 出 演:朝丘雪路、菅原洋一、雪村いづみ、ボニージャック [全文を読む]

おめでとう!東京キューバンボーイズ 結成65周年記念コンサート

DreamNews / 2014年11月20日17時00分

今回のコンサートでは、戦後、東京キューバンボーイズが根城とし、シニア世代には想い出深い “日劇” 時代の懐かしいラテン・ヒット・ナンバーを往年のシンガー、ペギー葉山、雪村いづみ、水谷八重子に加え、元劇団四季トップスター久野綾希子、元宝塚トップスターえまおゆう、湖月わたるの豪華キャスト陣の歌で綴る “日劇 歌の祭典” を再現。また、今年結成25周年を迎え、 [全文を読む]

佐野元春&雪村いづみ共演曲「トーキョー・シック」配信限定リリース

リッスンジャパン / 2012年05月07日14時00分

佐野元春&雪村いづみ共演の新曲「トーキョー・シック」が5月9日、iTunes Store限定リリースされる。佐野元春 - アーティスト情報二人はかねてから交流があり、今年3月に行なわれた元春レイディオ・ショーでは貴重な対談を行い話題を呼んだ。また、5月9日(水)にビルボードライブ東京、翌10日にビルボードライブ大阪で行われる佐野元春の公演に特別ゲストとして [全文を読む]

プロマイド販売のマルベル堂が守る「撮影3大原則」

NEWSポストセブン / 2017年02月16日11時00分

すると、若尾文子や雪村いづみ、池内淳子、中村玉緒などの銀幕スターたちも、プロマイドの中でラケットを手に持った。雪代敬子はセーラー服におさげ髪でラケットを持ち、木にもたれ掛かるショットを撮っている。 歴代最多となる1488種類ものプロマイドを撮影したのは、昭和の大スターである美空ひばりだ。昭和24年、11歳で大映映画『のど自慢狂時代』でデビューして以来、25 [全文を読む]

「第58回輝く!日本レコード大賞」各賞決定!宇多田ヒカルらが選出

Smartザテレビジョン / 2016年11月18日06時00分

」 RADWIMPS THE YELLOW MONKEY 「シン・ゴジラ」 鷺巣詩郎・伊福部昭 BIGBANG (50音順) 【特別話題賞】 「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」/ピコ太郎 【特別栄誉賞】 船村徹 【作曲賞】 岡千秋 「命の恋」/神野美伽 【作詩賞】 原文彦 「秋恋歌」/香西かおり 【編曲賞】 SEKAI NO OWARI 「Hey [全文を読む]

「輝く!日本レコード大賞」各賞決まる 大賞候補にAKB48や宇多田ヒカルなど10組

dwango.jp news / 2016年11月18日00時00分

』 RADWIMPS THE YELLOW MONKEY 『シン・ゴジラ』 鷺巣詩郎・伊福部昭 BIGBANG (※50音順) 【特別話題賞】 『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』 ピコ太郎 【特別栄誉賞】 船村 徹 【作曲賞】 岡 千秋 「命の恋」神野美伽 【作詩賞】 原 文彦 「秋恋歌」 香西かおり 【編曲賞】 SEKAI NO OWARI 「 [全文を読む]

元祖“三人娘”雪村いづみ79歳「スタアは消えていくもの」

WEB女性自身 / 2016年05月21日06時00分

昭和のはなやかなりし芸能界を描いた本作の刊行を記念して、作者である漫画家・桜沢エリカが会いたかった、雪村いづみとの対談が実現。美空ひばり、江利チエミと同時代を生きた伝説の歌姫とともに スタアとは何か について考えました。 桜沢「はじめまして。お会いできてうれしいです。雪村さん、美空ひばりさん、江利チエミさんの『三人娘』は大人気でした」 雪村「本当に、あの2 [全文を読む]

<更地ベスト~SAKURA~>大森カンパニーの舞台で体感「劇場が波打つ笑い」

メディアゴン / 2016年03月31日07時20分

ユーミン、中島みゆき、吉田拓郎、井上陽水、浜田省吾、五輪真弓、忌野清志郎、泉谷しげる、チューリップ、六文銭、矢沢永吉、宇崎竜童、甲斐バンド、長谷川きよし、雪村いづみ、ヨネヤマ・ママコ、淡谷のり子、美輪明宏、浅川マキ、坂本龍一、矢野顕子・・・。渋谷ジァン・ジァンはなくなってしまったが、このジァン・ジァンのような劇場でやらせてみたいと思うのが東京ヴォードヴィル [全文を読む]

OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.10 吉澤嘉代子×ハマ・オカモト

NeoL / 2016年02月19日16時00分

エルビス・プレスリーで有名ですけど、私は雪村いづみさんの歌唱法が大好きで。いろいろ調べたらそれがヒーカップ唱法と呼ばれていることがわかって」 ——ふたりは同級生でもありますけど、吉澤さんはハマくんやOKAMOTO'Sというバンドに対してどういう印象がありましたか? 吉澤「19歳のときに閃光ライオットにエントリーしている同世代の人たちのことを調べたら、ズット [全文を読む]

美空ひばりとペレス・プラード楽団とのコラボを含む貴重音源集が1月27日に発売

okmusic UP's / 2016年01月22日15時00分

【その他の画像】美空ひばり1956年に国際スタジアムで行なわれた、美空ひばり・江利チエミ・雪村いづみの三人娘と、初来日したマンボの王様「ペレス・プラード楽団」による公演を初CD化。スペイン語と英語で生き生きと歌いこなした、ひばり自身初となる外国楽団との貴重な共演が収められている。 ほかに1958年3月26日、27日に行なわれた芸能生活10周年を記念した歌 [全文を読む]

村井邦彦70歳を記念。松任谷正隆が総合演出。松任谷由実の荒井由実名義での出演をはじめ、アルファミュージック、アルファレコードの所属アーティストが出演!

PR TIMES / 2015年11月06日16時48分

出演:荒井由実(松任谷由実)、大野真澄(元GARO)、加橋かつみ、小坂忠、コシミハル、後藤悦治郎(赤い鳥&紙ふうせん)、サーカス、シーナ&ロケッツ、鈴木茂(Tin Pan Alley)、高橋幸宏(YMO)、浜口茂外也、林立夫(Tin Pan Alley)、日向大介 with encounter、平山泰代(赤い鳥&紙ふうせん)、ブレッド&バター、細野晴臣( [全文を読む]

【フランク永井】シングル20タイトルをMEG-CDにて復刻!

DreamNews / 2015年09月30日10時00分

発売商品■グッド・ナイト・スイート・ハート 収録曲:1. ジングル・ベル・マンボ/雪村いづみ 2. グッド・ナイト・スイート・ハート/フランク永井 MSCL-12793 価格 :¥1,000+税■ひとり暮しの港町 収録曲:1. ひとり暮しの港町 2. 泣くなサキソフォン MSCL-12794 価格 :¥1,000+税■からっ風の唄 収録曲:1. からっ風の [全文を読む]

“村井邦彦×高橋幸宏”が語るユーミンからYMOまで “町山智浩×萩原健太”は「ラブ&マーシー」を中心に音楽に絡まる映画対談 フリーの電子版音楽雑誌「ERIS」第12号9月3日発行

@Press / 2015年08月27日10時30分

イベントにはかつてアルファに在籍した荒井由実、細野晴臣、高橋幸宏、赤い鳥、雪村いづみや伝説的なティン・パン・アレー復活など素晴らしいアーティストが、村井邦彦の70歳を祝して一度限りの集結をします。 「町山智浩×萩原健太」対談。米国に在住して活躍中の映画評論家の町山智浩と本誌編集長・音楽評論家の萩原健太が、ブライアン・ウィルソンの半生を描いた話題の映画「ラブ [全文を読む]

吉永小百合、松田聖子、AKB48‥‥戦後70年「日本のアイドル」を振り返る!

アサ芸プラス / 2015年08月06日09時58分

のちに江利チエミ、雪村いづみと「三人娘」として人気爆発。日本の経済復興の象徴として昭和の芸能界に君臨し、時代が平成に変わったと同時に没した大スターであった。 そして現在のアイドルシーンの原型を作ったのが70年代だ。アイドル第1号と呼ばれた南沙織、天地真理、小柳ルミ子の「新・三人娘」、森昌子、桜田淳子、山口百恵の「中3トリオ」らが続々とデビュー。70年代半ば [全文を読む]

<合掌・桂米朝、享年89>「地獄八景亡者戯」を聞いて妄想する娑婆より豊かな「地獄の興行」

メディアゴン / 2015年03月21日00時48分

美空ひばり、越路吹雪、雪村いづみ、江利チエミの歌謡ショウ。忌野清志郎と尾崎豊のロックンロールにジョンレノンが飛び入り。森繁久彌と徳川夢声のトークショウは構成・脚本が向田邦子。志ん生と、文楽と、談志と志ん朝の4人会、小さん師匠にも入ってもらおう。膝代わりはアダチ龍光の手品。チャップリンとロイドと、キートンが共演映画の撮影現場で喧嘩をしている「俺よりおもしろい [全文を読む]

宝田明 ケレン味溢れる芝居で無理なく舞台の世界入り込めた

NEWSポストセブン / 2015年02月01日07時00分

「美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみの『三人娘』が東宝の映画によく出ていて、僕がいつも共演していました。そのうちにチエミが『お兄ちゃんね、ミュージカルを一緒にやってくれない?』と言うんです。『あなた、歌えるから』と。僕は当時、自分の映画の主題歌をかなり歌っていましたからね。 それからはチエミと一緒になってボイストレーニングに通いました。アメリカのミュージカ [全文を読む]

追悼・高倉健 不器用すぎた女性関係(1)唯一結婚した江利チエミとの生活

アサ芸プラス / 2014年12月02日09時58分

江利は酒を飲んで酔うと、美空ひばりとともに「3人娘」と呼ばれた雪村いづみに、「夫婦らしいことは何もしてくれない」とボヤいていたという。 江利の異父姉の件もあり、2人は71年に離婚。12年の結婚生活だった。当時、取材に当たった芸能レポーターの石川敏男氏は言う。 「東映の撮影所まで行って健さんを直撃したところ、『ちょっと待ってて』と言って、わざわざセットの裏ま [全文を読む]

フォーカス