石川ひとみのニュース

アナログタロウが選ぶ、なつかしのアイドルコンピAL発売

dwango.jp news / 2014年07月30日19時55分

[収録楽曲]1. 水色の恋 / 天地真理2. 純潔 / 南 沙織3. 芽ばえ / 麻丘めぐみ4. 渚のシンドバッド / ピンク・レディー5. 夏のお嬢さん / 榊原郁恵6. くるみ割り人形 / 石川ひとみ7. ジュリーがライバル / 石野真子8. 涼風 / 岩崎良美9. まちぶせ / 石川ひとみ10. スマイル・フォー・ミー / 河合奈保子11. 夏色のナ [全文を読む]

78年の石野真子と石川ひとみ(3)ひとみちゃんは学級委員みたいな存在

アサ芸プラス / 2013年07月31日10時00分

当時のひとみは、木之内みどりに比べればポッチャリした印象が大輪にはあった。ともに男性グラビア誌では絶大な人気を誇った「ビジュアル系」だが、さて、歌手としてはどうイメージすべきか──。 「健康的な笑顔だけど、歌としては“陰り”があったほうが合うんじゃないかと思ったんです」 2作目に用意した「くるみ割り人形」は、粉々に砕かれるほどの失恋ソングである。自身を「あ [全文を読む]

78年の石野真子と石川ひとみ(2)真子の素直な性格がプラスに作用した

アサ芸プラス / 2013年07月31日09時59分

そんな真子から2カ月遅れで「右向け右」でデビューしたのが石川ひとみだった。レコード制作に携わったディレクターの大輪茂男は、実はあまり乗り気でなかったと言う。 「担当して軌道に乗った矢先の木之内みどりが失踪して、もうアイドルはやりたくないと思ったんです」 それでも大輪は、音楽屋の“サガ”としてひとみに向き合った。 [全文を読む]

78年の石野真子と石川ひとみ(1)デビュー前なのに「真子ちゃ~ん!」の雄叫び

アサ芸プラス / 2013年07月26日10時00分

それでも‥‥78年の石野真子や石川ひとみは、懸命に可憐な花を咲かせていた。 「ええっ? 会場だけでいっちゃったよ、おい!」 70年代のアイドル史に欠かせぬ「スター誕生!」(日本テレビ)において、司会の萩本欽一は驚きの声を上げた。通常は会場の票が500点、審査員の票が500点、その合計を7人の出場者が分け合い、合わせて250点を超えた者が決戦へコマを進める。 [全文を読む]

「THE MUSIC DAY」出演アーティスト71組発表!DEAN FUJIOKAはシンガポールから生ライブ

ザテレビジョン / 2017年06月10日21時55分

■ 「THE MUSIC DAY 願いが叶う夏」出演アーティスト(※50音順)相川七瀬、秋川雅史、嵐、 [Alexandros]、E-girls、家入レオ、石川ひとみ、VAMPS、UVERworld、ウルフルズ、HKT48、AKB48、A.B.C-Z、EXILE THE SECOND、SKE48、F-BLOOD、大塚愛、岡村孝子、 [全文を読む]

tres-men、「夏のめぐり逢い feat.奇妙礼太郎」のMVがYouTubeにて公開

okmusic UP's / 2017年04月14日18時00分

■「夏のめぐり逢い feat.奇妙礼太郎」MVhttps://youtu.be/XA3aBgp0H6U■アルバム『和音 COVERED by tres-men』発売中 TYOR-0003/¥2,500+税 <収録曲> 1. 夏のめぐり逢い feat.奇妙礼太郎(原曲:加山雄三) 2. まちぶせ feat. Lyn(原曲:三木聖子・石川ひとみ) 3. 想い出 [全文を読む]

「第58回輝く!日本レコード大賞」各賞決定!宇多田ヒカルらが選出

Smartザテレビジョン / 2016年11月18日06時00分

」 RADWIMPS THE YELLOW MONKEY 「シン・ゴジラ」 鷺巣詩郎・伊福部昭 BIGBANG (50音順) 【特別話題賞】 「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」/ピコ太郎 【特別栄誉賞】 船村徹 【作曲賞】 岡千秋 「命の恋」/神野美伽 【作詩賞】 原文彦 「秋恋歌」/香西かおり 【編曲賞】 SEKAI NO OWARI 「Hey [全文を読む]

「輝く!日本レコード大賞」各賞決まる 大賞候補にAKB48や宇多田ヒカルなど10組

dwango.jp news / 2016年11月18日00時00分

』 RADWIMPS THE YELLOW MONKEY 『シン・ゴジラ』 鷺巣詩郎・伊福部昭 BIGBANG (※50音順) 【特別話題賞】 『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』 ピコ太郎 【特別栄誉賞】 船村 徹 【作曲賞】 岡 千秋 「命の恋」神野美伽 【作詩賞】 原 文彦 「秋恋歌」 香西かおり 【編曲賞】 SEKAI NO OWARI 「 [全文を読む]

石川ひとみ「病気になっても、心の髄の部分には“歌”がずっと残っていた」

日刊大衆 / 2016年10月16日09時00分

その後、歌番組『レッツゴーヤング』の司会など歌手以外でも大活躍された石川ひとみさん。87年に大病を経験され、今、再び歌手として輝く彼女に、アイドル時代から最近のライブ活動まで聞いた!――最近、この美女トークには岡田奈々さん、石野真子さんといった70、80年代のアイドルの方々が登場してくださってます。石川さんも相変わらずお美しい!石川:そんなことないですよ( [全文を読む]

カバー続々『木綿のハンカチーフ』は太田裕美の手離れた

NEWSポストセブン / 2016年06月06日07時00分

『ザ・ベストテン』(TBS系・1978年1月~1989年9月)が最高視聴率を記録した日のベスト10 【1】ハイスクールララバイ/イモ欽トリオ【2】白いパラソル/松田聖子【3】悲しみ2(トゥー)ヤング/田原俊彦【4】守ってあげたい/松任谷由実【5】もしもピアノが弾けたなら/西田敏行【6】まちぶせ/石川ひとみ【7】みちのくひとり旅/山本譲二【8】もういちど思春 [全文を読む]

全曲名曲!奇跡のライブを、ラジオ独占オンエア!TOKYO FM開局45周年記念特別番組「風をあつめて~風街レジェンド2015 Live at 東京国際フォーラム ホールA」

PR TIMES / 2015年10月13日15時11分

♪「夏なんです」はっぴいえんど ♪「はないちもんめ」はっぴいえんど ♪「はいからはくち」はっぴいえんど ♪「驟雨の街」はっぴいえんど ♪「風をあつめて」はっぴいえんど ♪「木綿のハンカチーフ」太田裕美 ♪「てぃーんずぶるーす」原田真二 ♪「卒業」斉藤由貴 ♪「シンプルラブ」大橋純子 ♪「ぺイパームーン」大橋純子 ♪「三枚の写真」石川ひとみ ♪「東京ららば [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、アイドル確立の70年代

アサ芸プラス / 2015年09月08日17時58分

木之内みどりや榊原郁恵、石川ひとみや大場久美子もまた、グラビアでの人気が歌手としての売上げに還元されたケースである。 この時代のアイドルは、どんなフィールドであれ、レコードを出すというのが絶対的な帰る場所だった。芸能界の中枢は「歌謡曲」によって支配され、巨額が生み出されていたのである。天地真理雲の上からニコニコと地上を見つめているイメージで、愛称は「白雪姫 [全文を読む]

​松本隆「風街レジェンド2015」の打ち上げ集合写真がレジェンド勢揃いで豪華すぎると話題に

AOLニュース / 2015年08月24日19時00分

先述の面々に加え、伊藤銀次、河野紘子、杉真理、石川ひとみ、イモ欽トリオ...という非常に華やかな、まさに"レジェンド大集合"な記念撮影の様子である。 (function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = [全文を読む]

奇跡の2日間、いよいよ開催。「風街レジェンド2015」追加出演者発表

PR TIMES / 2015年07月27日15時21分

追加出演者として、石川ひとみの出演が決定、演奏予定曲には「三枚の写真」が追加された。さらに[風街ばんど]でも 笠原あやの(Cello)が出演決定、レジェンドの名にふさわしい総勢14名の豪華編成となった。 加えて、テノール 鈴木 准、ピアノ 河野 紘子が出演。松本 隆が現代語訳を行ったシューベルト歌曲集「冬の旅」を披露することも発表された。 トリビュートア [全文を読む]

相武紗季 “ヴァンパイア顔“を矯正した理由

tocana / 2015年07月24日11時00分

古くは70年代デビューのアグネス・チャン、麻丘めぐみ、石川ひとみら、80年代では川島なお美、中山美穂、渡辺満里奈らが挙げられるだろう。90年代以降でも坂下千里子、篠原ともえ、平山あや、00年代ではモーニング娘。'15の工藤遥や卒業してしまったが元・AKB48の板野友美や大島優子が挙げられる。また11年には八重歯が見える女性を「八重ガ」と称し、『八重歯ガール [全文を読む]

武藤彩未が80年代アイドルの名曲を歌い上げる!「A.Y.M. ROCKS ~MUTOな夜~」ライブレポート

エンタメNEXT / 2015年06月14日07時00分

石川ひとみ『まちぶせ』、あみん『待つわ』、中森明菜『十戒(1984)』、アン・ルイス『六本木心中』といった、武藤彩未ファン世代にとっては青春ど真ん中と言える名曲のオンパレードに、場内の熱気は最高の熱いライヴを行った前日よりも明らかに上だ。前日以上の熱く激しいライヴになるだろうという予感を、フロアの観客皆が感じている、そんな高揚感に包まれた。 BGMがレベ [全文を読む]

斉藤和義にボカロに冬のバラード!? 百花繚乱な1月チャート発表!

okmusic UP's / 2015年02月18日11時00分

年末から1月中旬にかけては、心に沁みる「泣ける曲」チャンネルの支持も高く、10位の石川ひとみ「元気を出して」などはそこでの支持が集まった形となっている。 [全文を読む]

カラオケで何を歌うかわからない人に朗報!この曲を抑えておけば99%盛り上がる!

しらべぇ / 2015年01月31日19時00分

これは特に上司に対して行うと大変ウケます! (62才・男性・宮城) 曲中にこんなテクニックを… デュエットなど、本来二人で歌う歌を一人で歌って声色も変えるなどします (38才・女性・東京) 『男と女のラブゲーム』を一人二役で歌う (36才・女性・福岡) 『EZdoDANCE』は絶対盛り上がるようにカンペキに歌い上げます (43才・女性・富山) 「石焼き芋ー [全文を読む]

植松晃士氏「まちぶせ」「恋チュン」に潜む女の心情を解説

NEWSポストセブン / 2014年02月03日16時00分

* * * 昭和歌謡といえば、石川ひとみさんの『まちぶせ』の衝撃は、今もはっきりと覚えています。蜘蛛の巣を張って虎視眈々と獲物を狙うしたたかな女の描写と、ひとみさんのかわいらしい外見とのギャップに、心の底からタマゲたもの。 あの歌詞は、荒井由実時代のユーミンさんよね。「大人しそうに見える女のコほど、要注意」という永遠の教訓をここから学びました。 そうそう [全文を読む]

86年の斉藤由貴と浅香唯(1)由貴のはつらつとした笑顔が絶大な支持を集めた

アサ芸プラス / 2013年07月19日10時00分

こちらはデビュー曲をとにかくいいものにしたいと懸命で、その結果、彼女のCMに使いたいという形になりました」 かつて甲斐バンドのベーシストだった長岡は、ディレクターに転身して石川ひとみや中島みゆき、後にはチャゲ&飛鳥も手掛けるが、デビュー曲から関わった数少ない例が由貴だった。シングルの発売日が決まると、同時期に尾崎豊、菊池桃子、倉沢淳美が同じ「卒業」のタイト [全文を読む]

フォーカス