安保徹のニュース

ちょっと気になる「股関節とウツ」の意外な関係

anan NEWS / 2016年09月25日22時00分

ウツになる原因は低酸素と低体温が原因だと新潟大学名誉教授・安保徹先生。 「うつ病の原因には、意欲や活力などを伝達する働きがある、セロトニンやノルアドレナリンなどの脳内の神経伝達物質の不足が考えられます。ただ、この憂うつ感の原因は、低体温だと考えています。脳の神経細胞にはミトコンドリアが多いのですが、低体温になるとミトコンドリアの活動は鈍り、結果、心の活力が [全文を読む]

スマホから出る電磁波の浴びすぎに注意! 疲れの原因にも…

anan NEWS / 2016年09月24日20時00分

でも、現代社会は、様々な電子機器で溢れ、それらが電磁波を発生しているので、私たちは毎日必要以上に大量の電磁波を浴びて、体内に静電気が溜まっている状態だといえます」(新潟大学名誉教授・安保徹先生) その結果、カラダには様々なトラブルが起こる。 「溜まった電気が赤血球に悪影響を及ぼすと、赤血球同士がくっつき、血液はドロドロになります。血流が滞ると、体内に栄養が [全文を読む]

「ミトコンドリア」が女子の味方? 代謝UPのワザとは

anan NEWS / 2016年09月24日12時00分

ミトコンドリア系が作るエネルギーは、持久力があり、血流を上げ、病気や怪我を治す酵素も生成しています」(新潟大学名誉教授・安保徹先生) 冷えや酸素不足で全身の血流が滞り、免疫力が下がることは知られているけれど、これもミトコンドリアと深~い関係が。 「ミトコンドリアは酸素がある温かい世界を好みます。だから、ストレスで呼吸が浅い状態が続いたり、冷えが常態化すると [全文を読む]

多忙やストレスで、なぜ不妊症・肌の吹き出物・胃潰瘍・便秘が発症?明確な医学的根拠

Business Journal / 2016年08月16日06時00分

(文=安保徹/新潟大学名誉教授、医学博士) [全文を読む]

早くボケる老人には共通点があった!老人こそ体を鍛えないと要介護や早く死ぬ危険増

Business Journal / 2016年06月26日06時00分

(文=安保徹/新潟大学名誉教授、医学博士) [全文を読む]

脳、子供時代に完成で成長終了?「細胞分裂」が人間の病気と老化を支配

Business Journal / 2016年06月08日06時00分

(文=安保徹/新潟大学名誉教授、医学博士) [全文を読む]

ビジネス社のロングセラーがわかりやすい図解版に! 『完全図解! 一日一食のススメ』 100年を生きるセンテナリアン(百寿者)の秘密。 少食こそが長寿の必要条件です!!

DreamNews / 2016年05月30日10時00分

著書は『日本人はもう55歳まで生きられない』『一日一食』(ビジネス社)、『生姜力』(主婦と生活社)、『食べない健康法』(PHP研究所)、『ガンが逃げ出す生き方』(講談社、安保徹教授との共著)、『体を温めると病気は必ず治る』(三笠書房)他、この37年間で300冊以上にのぼる。米国、ロシア、ドイツ、フランス、中国、韓国、台湾、タイなどでもそれぞれの言語に翻訳さ [全文を読む]

ケガや病気の発熱や痛み、無理に止めると危険!治らなくなる恐れも

Business Journal / 2016年03月09日06時00分

(文=安保徹/新潟大学名誉教授、医学博士) [全文を読む]

36℃以下の低体温は危ない!病気や疲れやすくなる、多忙や運動不足の恐ろしさ

Business Journal / 2016年02月16日06時00分

(文=安保徹/新潟大学名誉教授、医学博士) [全文を読む]

ストレスの多い忙しい生活が、がんの危険を大きく高めるメカニズム

Business Journal / 2015年11月05日06時00分

(文=安保徹/新潟大学名誉教授、医学博士) [全文を読む]

薬や湿布薬、かえってマイナス?病気がいつまでも治らない「本当の」理由

Business Journal / 2015年10月03日06時00分

(文=安保徹/新潟大学名誉教授、医学博士) [全文を読む]

アゲてこー!すぐ風邪ひいちゃう「免疫力モロ下がり」なNG生活習慣3つ

WooRis / 2015年09月27日22時00分

しかし、その“免疫力”とは、どうしたら高めることができるのでしょうか?そこで今回は、免疫学の世界的権威である安保徹さんの著書『病気にならない体をつくる免疫力』を参考に、“免疫力が高まらないNGな生活習慣”を3つ紹介します。なぜかしょっちゅう風邪をひく人、体の調子がどうも悪い人は注目です。■1:食事に気をつけていない<病気にならない体の基本は、腸にあります。 [全文を読む]

アラフォーでも遅くない!「病気になりにくい体」を作るたった2つのポイント

WooRis / 2015年06月11日22時00分

そこで今回は、医学博士で免疫学の世界的権威である安保徹さんの著書『病気にならない体をつくる免疫力』を参考に、“アラフォーから始める病気にならない体作り”を紹介します。■平均寿命は世界一、でも病気が多い日本人ところが、おかしなことに、便利になった反面、病気になる人は減っていません。>世界的にも日本食は健康に良い、と言わていますが、一方で、近年では「日本人の3 [全文を読む]

フォーカス